はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

オキザリス(紫の舞) スケッチ

20170912okizarisu紫の舞 F2

オキザリス・紫の舞もちらほらと花が咲いてきましたので、スケッチしました。

夏の庭は半分、手入れが終わりました。
冬は地上部が何もなくなりますが紫の舞はインパクトのある葉色ですから
新しくしたガーデンに4株、新しく植えました。

このオキザリスは思いもよらないところから出て来る時がありますね。
根っこは、夜盗虫のような形をしています。


昨日は絵好きの友人と待ち合わせて、先輩画家の市内の絵の展覧会を見てきました。
見終わって美術館の椅子に腰かけて長いこと、おしゃべりして・・・
秋の日は短くて、あっという間に暗くなってきました。






晩御飯 生鱈のムニエル ゴーヤト茄子の味噌炒め 烏賊酢味噌掛け
晩御飯 雑魚大根おろし 茄子の肉巻き  豚汁 枝豆
20170914晩御飯 20170916晩御飯
 [ 2017/09/22 10:26 ]  スケッチ | TB(0) | コメント(3)

ヒガンバナ咲く

秋が深まってきたとはまだ言えませんが、夏の日差しは残るものの秋めいてきました。
先日通過の台風で傾いた、ルドベキア・タカオをお終いにしたら庭は夏の姿は無くなってきました。

カレンダーを知ってか知らぬか、律儀に秋の彼岸の日を目指して♪ヒガンバナが咲いてきました。

29190919ヒガンバナ

本当に不思議な花ですね。
何年経っても、ちゃんとこの日を覚えて咲くなんて、認知症にもならずに偉い花だと感心します。
こんな風に誰かにプレゼントを贈るとしたら、それは中々出来ることではありません。

玄関のツリバナにしている♪コクリュウの花も可愛らしく咲いていたのを今朝、気がつきました。

20170919コクリュウの花

黒い葉っぱの中に咲く白い花(ほんのちょっぴりあずき色かかっていますが)、中々おしゃれです。
春に咲いた花から?実った黒い実も鈴なりになっています。

20170919kokuryuunomi

きっと、鉢分けをしなくてはいけないくらいぎっちりと根が回っているでしょう。
種を取って撒いてみたら更に増えて面白いでしょう。

庭に一角にもこんな風に、この秋にコクリュウの別の鉢植えを壊して地に植えてみました。
何か、親子か近類のように見えますが全く別物です。

20170915コクリュウ

植えるところは日向より、半日陰か、日陰の方がいいのです。
秋の庭作業は、こんな狭い庭でも沢山あります。

♪ニラの花、綺麗なので植えたのが咲いてきました。

20170919ニラの花

野菜の花も中々素敵な花がありますね。
ルッコラの花なども、大好きです・・・・・





晩御飯 春巻き 小松菜お浸し 湯豆腐
晩御飯 鰯のかば焼き ポテトサラダ もずくキュウリ
20170917晩御飯 20170918晩御飯

湯豆腐をした日、ちょっと気温が低かったのです。
お風呂もこれからは、シャワーで無くて湯船がいいですね。


 [ 2017/09/20 03:45 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

茗荷 スケッチ

2017-906ミョウガスケッチ

友人の庭で出来た掘りたてのミョウガを頂きました。
前回は、もぅ沢山の大葉も頂きました。
それもみんなに下さるほど、庭になっているとおっしゃるのです。
なにか、宝石箱のような庭だなぁと思いました。(家には蛇しか出ないのとは大違いだわ。)

秋のミョウガは、しっかりと固くて太っています。

ちょっと画面が暗い感じなのはバックの色のせいか?・・・まだまだ研究がいるところです。
その内に、分かってくるでしょう。






晩御飯 鰯刺身 ヒジキと豆煮 厚油揚げの味噌ネギやき 茄子の明太子マヨ焼き
20170904晩御飯


 [ 2017/09/17 00:00 ]  スケッチ | TB(0) | コメント(8)

トリカブト 咲く

♪トリカブトの花が咲いてきました。

20170915torikabuto

悪名高いので、最近はめっきり見なくなりました。
私のところでも花が咲くまで、汚くなってしまって中々、花まで毎年たどり着けないのですが
今年は庭の隅で何本か、咲いています。
でも植えていても仕方ないし、今年が最後と思いながら記録しました。

昔、近所でもこの辺りで野生のトリカブトを見たこともあります。
草むらにひと際美しかったのを覚えています。

旅行でもちょっとした高原で咲いているのも見たことは有りますが。

♪萩

20170915萩

何年か前に整理したつもりの萩がこの辺りでまた生えてきました。
また来年には大きくなっていくかもしれません。

♪ミセバヤ

20170915ミセバヤ斑入り

これは斑入りのミセバヤなのですが、、これもお片付けのカテゴリーの仲間でしょうか。
大鉢にあったミセバヤも昨年片づけてありません。

♪ヒガンバナの黄花も咲きました。

20170915ヒガンバナ黄色

今年は増えて、花が2本上がってきました。

夏を終わると鉢も庭もとても乱れて、あれこれと植替えや片づけに追われます。
台風も近付いていますし、早く片づけてしまいたいですね。






晩御飯 鶏のから揚げ モロヘイヤお浸し ミネストローネ
晩御飯 ミートボールスパゲッティー サラダ 若芽スープ 枝豆
20170905晩御飯 20170907banngohann
 [ 2017/09/16 07:06 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)

ツユクサ スケッチ

20170904ツユクサスケッチ

同じ雑木林で、ツユ草を見つけました。
ツユ草は摘んでしまうと花がすぐに萎れてきますから、すぐにスケッチしました。

この頃は、何か目新しいものにあうとすぐに、「スケッチをしておこう。」と思います。
20年前に、絵手紙を書きはじめた頃もこんな風でした。

少しさみしげなスケッチになりましたが、私の心理状態とは関係ありません。
至って元気です。

ヒガンバナが咲きそうです。
あっという間に伸びて来ますね。






晩御飯 茹で豚 煮豆 ジャガイモガレット 
20170910banngohann

ちょっと食べすぎかも。

最近、土井義晴さんのエッセイで「一汁一菜食」を読みました。
普段のご飯は、「ご飯、具沢山の味噌汁、香の物」でよい。
毎日がハレの献立ではいけない。普段はケの献立でよい。・・・というものでした。
なんと毎日、全部食べるとは限らなくとも、何と食べすぎていることか。

しかし毎晩、「一汁一菜食」では、どんなもんか?
具沢山のお汁と、香の物と、ご飯ねぇ・・・・。

一汁三菜位は習慣で作ってしまいますが、現代は、これでは食べすぎになるかもね。

 [ 2017/09/14 07:04 ]  スケッチ | TB(0) | コメント(6)

ドングリ見つけた スケッチ

20170906ドングリスケッチ

夏の日差しが秋に傾きかけた雑木林で、可愛いシイの実(ドングリ)を拾いました。
ちょっとした強い風が吹いて、木の枝から振り落とされたみな同じようが格好の小枝つきドングリです。

昔・・犬を飼っていた頃、散歩道で拾い、家に持って帰って学校から帰って来た子供に
見せましたっけね。

秋の始まりは、こんなものでもとても新鮮です。

色が緑ばかりで、思うようにうまく描けませんでした。
こんなのが気にいるように描きたいものだと思いました。
その内に・・・・。






晩御飯  焼きししゃも 車ふの巣ごもり煮 小松菜の胡麻たれ
20170902晩御飯 20170831アオトウのもろ味噌

冷蔵庫に頂ものの、もろ味噌がいつまでも残っていました。
青唐辛子が出て来た時に、下処理してこのもろ味噌に漬けてから一か月。
とても美味しいなめ味噌に仕上がりました。これを食べると夏疲れが吹き飛びます。

青唐辛子味噌の下処理
青唐は洗ってビニール袋に入れて5%の塩をします。
丸一日冷蔵庫におき、それに熱湯をかけて、適当な大きさに切って味噌に漬けます。
私は種ごとです。

普通の味噌にも味醂、砂糖、酒などと一緒に漬けたものもあります。

青唐辛子の扱いはくれぐれも気を付けて。
目などその手でこすったりしたら、大変なことになりますから。






 [ 2017/09/12 00:00 ]  スケッチ | TB(0) | コメント(7)

決断

大きいことや、または小さなことであっても人生は、毎日が決断の連続。
今日は何をするか・・・何を食べようか・・・何を買うか、誰と会うか・・・果てしない決断の連読です。

201709チョウチョ

あのヤマカカシがヒキガエルを飲み込んだ日の後、再び、あのヤマカカシに出くわす事件があったのです。
庭仕事の道具を物置に取りに裏へ回ったところ、その瞬間、吾亦紅がざわざわと揺れて、ザワーと動くものが
視界に入りました。
ガス器の裏へ入ったところ、「ヒャ、あの蛇だ!」と、蛇の身体が見えましたから、夫を呼びましたが
半ズボンに半そでシャツのサンダル履きで出て来た夫を見て
(夫は何事か?と思っただけですから)
「これはダメだな・・・。」と、せっかちな私は直感しましたが
ふたりしてああだこうだと言いながら成り行きを見ていましたら、ヤマカカシはそれを聞いて
私達が怖かったのでしょう。
スルスルと長い体を波打たせながら、やはり物置の裏側へと入って行きました。
「結構、でかいな。」と、夫。

「やっぱり、捕獲を頼もうか、○○さん。?」 (来てもらっても大抵は居ないらしいが)
夫は即答せず「今日はもう、びっくりして出てこないだろう。」と言い、家の中に引き返して行きました。

蛇がヤマカカシでなく毒の無い蛇でしたらそんなに気にはならないとは思うのですが
検索してYouTubeなどを見てしまったら、いろいろな知識と蛇のことが頭に残り
放っておけなくなった今日この頃です。

蛇は縁起の良い生きものと言いますし(まぁ、こういう迷信は信じていませんが)、害虫やネズミなどを
食べてもくれるだろうし・・・
形カッコウは違っても、命ある生きものと考えると、だたやみくもに殺すことはできないだろう・・・と
いう決断はしました。

私達は、どうか引っ越しをしてもらいたいだけなのですが。
「お願いですから、どこかへ引っ越して。」と、頼みたい気持ちだけなのです。

巣があるとは限りませんが、近じか行くいくは、あの辺りを全片づけして巣を作らせないように
しなくてはいけないでしょう。
何年も動かしていない古いブロック石は、よくないのだそうです。
誰がやるの?  猫の首に鈴を付けに行くネズミの心境です。

10年前からに比べると、庭にあんなにいたトカゲやカナヘビもめっきり数が少なくなりました。
それもあの蛇が食べてしまったかどうかは分かりませんが、ちょっとした戦いのゴングは鳴りました。
自然に居なくなれば、それが一番いいのですが・・・。


朝ウォーキングから帰った夫が、無言で何かを作っていました。
生きて、引っ越しさせることはできるのか?
困った問題になっています。
私も家の裏側に行くのは、蛇も私が怖いかもしれませんが私も蛇様が怖いです・・・・。

ヤマカカシは日本で一番の猛毒を持っている蛇だそうですが、性格はおとなしく
こちらが悪さをしなければ、向かってくることはまずないらしいです。(例外はあるのではないか?)

だらだらと書いてしまいました。






晩御飯  ホワイトシチュウ サラダ 鯵干物
20170909晩御飯

まだまだ気温は高く、シチュウというものでもないだろうがと思いながら
牛乳が溜ってきてしまったのでシチュウにしました。

 [ 2017/09/10 00:00 ]  生き物 | TB(0) | コメント(6)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索