はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「花森安治の仕事 ― デザインする手、編集長の眼」展へ

遅まきながら、「心をこめた丁寧な絵が描けたらいいなぁ。」と、日ごろの気持ちに引っ張られて
楽しみにしていた「花森安治の仕事 ― デザインする手、編集長の眼」展 (世田谷美術館)が
始まりましたので見に行ってみました。

20170222花森安治展 チケットと展覧会の案内状

クリックで→ 世田谷美術館 企画室

展覧会を見て知ったことはいろいろありますが、編集長・花森安治さんが描いた
「美しい 暮らしの手帖」の表紙の原画は、思った通りとても丁寧で美しい絵の数々でした。
現代であったとしても、色合いも平和的でモダン。
よくこの時代に・・・・と、こういうトーンのいろいろが生み出されたと思いました。

表紙に使われた画材は、水彩、色鉛筆、オイルパステル、グワッシュなど、技法もコラージュやスクラッチ
など、なんでも試しています。

花森安治さんという人は、ずどんと太い芯の入った人間だったのだと思います。
自分の信念を本気で貫く強い方だったのでしょう。

20170222暮らしの手帖1号表紙 創刊号表紙

暮らしの手帳が、どういう本だったかはもう多くの人が知っての通りですが。

今に思えば早過ぎる晩年でしたが(66歳没)
晩年、孫に当てた絵手紙(と言っても、絵文字絵が入ったような)が、誰でもが家族を思う日常に
あふれていてとても印象的でした。
この手紙もとても丁寧に描かれたお手紙でしたね。
私もあんな手紙を書きたいものだと思いました。

“自分で作れるアクセサリ創刊号” の中での文の一節ですが、
私の心にしまっておきたい一節でもありますので記録しておきます。

『美しいものは、いつの世でも
お金やヒマとは関係がない
みがかれた感覚と、
まいにちの暮しへの、しっかりとした眼と、そして絶えず努力する手だけが、
一番うつくしいものを、いつも作り上げる
                            花森安治    』

戦後の、未来への見通しが立たない世の中では、工夫して生きるとか、毎日を大切にするというものが
大きな意味を持ったわけですが、現代においても本当の豊かさとはどういうことだろうかと考えると
そんなに大差は無いように私には思えます。

お金をかけさえすればそれなりのいいものは何でも手に入る時代ではありますが、心に沁みる
長い記憶の先に心に残るようなものは
自分なりの工夫から生まれることや、ものではなかろうかと、私も思うのです。

編集長・花森安治が全身全霊をかけて、打ち込んだ生涯の多彩な活動の記録の展覧会でした。

                    ※

さて、世田谷美術館へは小田急線・成城学園から~渋谷行きのバスに乗って砧町まで。
そこから歩いていったのですが
この成城学園前駅というのが、私にとって懐かしい駅だったのです。
高校生から結婚するまでこの駅を使っていました。
結婚後も思い出せば45歳頃まで実家に帰る時はこの駅からでした。
その後、実家に帰るのは車でになり、すっかりこの駅にはご無沙汰してしまいました。

駅前はすっかりお洒落な街へ変貌していましたが改札口を出ると、美味しそうなコーヒーの香り
父が好きだったスーパー「成城石井」、懐かしいベーカリーの「成城パン」
(帰りにパンを買って帰りました)が、今も健在で
洋菓子とケーキのお店“アルプス”は、チョコレートの「GODIVA」のお店になっていました。

23歳の頃だったか、バスの停留所でぱったり帰宅の父と出会って、
「ちょっとコーヒーでも飲んで帰らない?」と、立ち寄ったあの店は、今もあったのだろうかと・・・・・

もう少し街探検もしたかったのですが、もうこの日は充分歩いたので、帰ってきました。







晩御飯  すき焼き風煮物 芽かぶとろろポン酢 海苔
晩御飯  焼き鳥 スパゲティサラダ 納豆芽かぶ
20170215banngohann 20170222晩御飯

変わり映えもしない毎日の晩ごはんが終わると、早々と一日が暮れてゆく。


 [ 2017/02/25 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(1)

ワンポイント遊び

20170217しゃもじ

気分がモヤモヤすることがあった後、なにかに集中したいような気分で
在庫の遊び道具の中に3本の“木のしゃもじ”があったので、それに絵付けをしました。

集中して描いて、出来あががると、達成感が、そのモヤモヤをどこかへ持って行ってくれました。
小一時間も無かったと思いますが、そのあとは集中力が無くなってしまいましたので
この晩はこれでお終いにいたしました。

真ん中の絵はキリン。写真を見ながら描きました。
左右のしゃもじの絵柄は、その時の細筆が好き気ままに遊んだ跡です。







晩御飯  赤魚麹漬け 切干煮 丸のまま新玉ネギとベーコンのスープ煮(パセリ) 海苔
晩御飯  おでん ほうれん草お浸し 鶏手羽の甘辛煮
20170220晩御飯 20170221晩御飯

自作の切干大根を煮ました。
5人分ぐらいの干した大根を煮たのですが、それが、大根の1本分の量だってことに気がつきました。
いつもこんなに沢山、煮てたのです。
歯ごたえがあり甘みもあり美味しい切干大根でした。
料理に歯ごたえは大事な要素ですね。

マンサク咲く

やっと、まとまった雨が降りました。
春風二番も吹き、あの強い風が吹いたら畑のからからの土が舞いあがって溜まらないところでした。

20170219マンサク1 20170219マンサク2

マンサクの花が満開になりました。
冬眠状態から“まんず咲く”ですから、春、早いころ・・・ですね。
これが部屋の中から見ると、とても綺麗です。

20170219Mannsaku3

しばらく楽しめます。

強風で、終わりに近づいた冬咲きクレマチスの白い花がたくさん地面に散っていました。
風にあおられてホロホロと、転がって・・・・・。こちらは終わっていきますね。





晩御飯 カレー サラダ ヨーグルト
晩御飯  あさりとベーコンのトマトソーススパ レンソウお浸し 竹輪きゅうりワサビ漬け
20170217晩御飯 20170218晩御飯

エビとカニは食物アレルギーがあって、好んで食べたいとは思いません。
調理済のものならば、ほぼ大丈夫ですが生を触ると、手が痒くなったり目が腫れたりします。
若いころはうんとひどかったのを思い出します。

 [ 2017/02/20 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

草間彌生さんの絵が見たくて 

国立新美術館で今月22日から始まる「草間彌生 わが永遠の魂」展は
ぜひとも見にいってみたいと思っていますが、その前に藤沢市アートスペースでも
20点ばかり展示があると聞いて、出かけてみました。

藤沢市が松本市と姉妹都市を結んでいるので、松本市ゆかりの多彩な作家の作品と
今や世界的に有名な草間氏の絵画20点を展示していました。

藤沢市アートスペースギャラリー1パンフ パンフから 1

藤沢市アートスペースギャラリー2 パンフから 2

このパンフに出ている作品のほかに、
ケータイ電話に絵を施した作品 「宇宙旅行へ行くときに持っていくかばん」や「私のイヌのリンリン」や
(これらはとても可愛くって。)
他に壁面オブジェ?の展示がありました。

これは携帯電話会社から4月に発売されるようですね・・・・
草間さんのグッズ類もこの頃は幅広いです。水玉模様の幸せ感がいっぱい・・・・
多分人気が出るのではなかろうかと思います。

昔の森英恵さんの蝶の図柄を思い出されます。

一緒に展示されていた作品の中で画風が全く違うのですが、
私は田村一男作 「白月」「くもる日」「北新早春」
河越虎之進作 「山岳展望図絵」3点
が、印象に残りました。

私の予想では、草間彌生さんの展覧会はきっと人気を博し、ヒットする展覧会になる気がします。
実物の絵は、パンフレットでは受けとれ切れないメッセージに感動するに違いない気がしますが
さて、いかがなものでしょう?
デザイン性も高度で斬新、迫力ありで永遠のなにかを感じます・・・・


この日(2月17日)、気温は暖かくなると聞き出掛けましたが、春一番が吹き荒れました。





晩御飯  鰯の刺身 ホヤきゅうり酢物 じゃが芋のガレット
20170216晩御飯
 [ 2017/02/19 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(3)

ブックカバー・イーラーショシュのそれから・・・2

今年になってから、ブックカバー(A5サイズ)を縫って、それにルーマニア刺繍をしていました。
いつの間にか9冊出来上がっていました。

20170216ブックカバー1
20170216ブックカバー2

そしてこちらは、裏表紙面の刺繍。

20170216ブックカバー3
20170216ブックカバー4


出来上がりのものが糸でつったり、目が揃わなかったりと、いろいろ苦労はしましたが
なんとなく次へ行ける気持ちにもなってきましたので、ブックカバーはお終いにして
次は、こちら(テーブルクロス)をのんびりやっていこうかと思っています。

イーラーショシュ201702本

鳩のモチーフの大きいテーブルセンターを。
↓こちらは2年くらい前に、クラッチバックに刺繍したことのあるモチーフですから、思い出しながら
やっていきたいと思います、鳩を5羽連続して・・・・。出来るかな?

20170205 昔作ったクラッチバック

白い糸は暑くなってきますとなんとなく汚れるような気がしますので、まぁ、6月くらいまでに
出来上がればと思っています。
刺繍は細切れの小さな時間にもちょっと手掛けられるのでいいですね。
と、思ったら編み物もそうだそうです。(私はやれませんが)






晩御飯  豚肉味噌漬け焼き 野菜添え 鮪山芋 大根の皮煮  
晩御飯  タンのレモン焼 シュウマイ 南瓜の塩煮
20170204晩御飯 20170214晩御飯



フキノトウ

裏庭で ♪フキノトウの花が開きそうです。

20170214フキノトウ

例年ならば前年12月にフキノトウの蕾を見つけるのですが、随分抜いてしまったので
数が少ないので、見つけられなくなってしまいましたね。

♪フクジュソウも
でも、まだまだこれから咲いてきそうです。
福寿草の家族は15個ぐらい咲くのではないかしら。

20170214福寿草


先日、面白い?ことがありました。
急に暴風が一瞬吹きまくり、あたりに畑の土を舞い上げ外の風景が土色になったかと思ったら、
枯れたツルがデッキや2階のベランダに舞散って・・・
そして、どういう訳か少し高いところにあげていた重い大きな鉢だけが落下しました。
側に軽い鉢もいくつかあったのですが、それらは何事も無かったという風でした。

「何だろうね?」と言っていたのですが、今日のニュースで、隣の市に竜巻が起こったことを
知りました。
多分この余波だったのでしょう。
一瞬のことでしたが、今までにない様子でした。

マンサクの蕾もかなり開いて来て、またクロッカスやヒヤシンス、ムスカリの姿も見えてきました。
クリスマスローズもぼちぼちとです。


家に入ってきたら、鼻が花粉症に反応してきたのを覚えました。
いよいよやって来たかと・・・・・。
調度花粉症歴30年になり、4月中旬頃まで薬を飲むようになります。
咋年から薬はジェネリックが後発されましたのでそれにしています。
薬によってはジェネリックでもそんなに薬価が変わらないものもありますが、この花粉症の後発薬は
先発品の半分で、低価格になりました。
お薬、高いですから。





晩御飯  鱈のバター焼き 他野菜 コーンスープ ゼンマイ煮 
晩御飯  焼鮭 菜の花辛し和え 切干煮  きんぴら牛蒡
20170212晩御飯 20170213晩御飯

白菜の漬物がとっくに終わり糠漬け(赤蕪)をはじめました。

 [ 2017/02/15 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

レモンピールの砂糖菓子

20170202レモンピール1

これはレモン酢を作って後、酢から引き上げたレモンから
作ったレモンピールの砂糖菓子です。

ピールの砂糖菓子は香りがあり小さいけれども存在感のあるお菓子ですから
捨ててしまっては勿体ないと作ってみました。
言わば、リメイクの産物です。

簡単に作り方を
ー材料ー 
レモン酢を漬け終わった後のレモン (重さをはかって置く)
砂糖  レモンの重さと同じ量の砂糖 (私はやや少なめでしたが)
仕上げ用に グラニュー糖

ー作り方ー
① 引き上げたレモンに水をかぶるくらい入れて煮こぼす・・・を2回して、水を切る。(苦みを取るため)
② 鍋に①と分量の砂糖を入れて15分位汁気が無くなるか、とろみがつく位まで煮る。
③ 皿などに広げて、水分を飛ばす。(私の場合は丸1日だけ干したが、乾き具合によっては2-3日乾す)
④ 乾しあがったら③にグラニュー糖をまぶして出来上がり。

チョコレートをかける場合は
チョコをレンジで柔らかくして、ピールを付けて、さらにチョコが固まるまでさます・・・で
出来上がりです。

↓作り方③の状態の写真

20170202レモンピール2


レモン酢に漬けたレモンは、ジャムにしてもとても美味しいらしいです。
無農薬、防腐剤なしの国産レモンですから、安心して最後まで頂けます。






晩御飯 乾しハタハタ焼 ホワイトシチュウ 新玉ネギのマヨネーズサラダ
20170211banngohann 20170211ハタハタ干す

ハタハタは生魚で買いましたが、一夜干しにしました。
寒さが強く乾燥しているので、きれいに出来上がります。
内臓を取り、かるく塩して干します。


 [ 2017/02/13 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(5)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索