はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

お宝

昨今のところ、これが私のお宝です~

20161219お宝

こぐれひでこさんを今まで知りませんでしたが、
いやー驚きましたね!
こんなダイアモンドのような本があるなんて!

料理あり、スケッチあり、読書あり、私の楽しみのツボが効きすぎている・・・・
amazonの古本ですけど、あーワクワクしちゃいます。
家事はさっさと片付けて。
パスはしませんって。さっさと片づけてから楽しみます。






晩御飯  牛肉と野菜のさっと炒め 煮物(主に大根) ジャコさらだ
晩御飯  鶏鍋
20161219晩御飯 20161218晩御飯

週末は鍋。
この日は、出汁をよく取ったもので煮た骨付き鶏と野菜のごった煮をポン酢で。
〆は太めのうどん。
それぞれに飲みたいものをお供に。

 [ 2016/12/19 22:02 ]  | TB(0) | コメント(5)

「エプロンメモ」よりぬき集

20160816エプロンメモ

こんなに読み物がデジタル版や電子図書が出てきても、私は読書は本で読むのが好きです。

先日図書館から、懐かしい本を借りました。
ひとつひとつのセンテンスもとても短くて、読みやすいです。
まるで誰かのブログの1ページを読んでいるようです。
もしかするとこの2冊は、昔読んだ本の抜粋かもしれませんんが、生活の中の一こまに
よくもまぁこんなに沢山のヒントがあるものだと感心します。

温かな眼差しで細かな生活の場面を見つめる女性の目を感じます。

この頃、読んだものもすぐ忘れてしまうようで、こんなよいヒントを忘れてしまわないかと心配ですが
機会があれば、図書館で手に取ってみて下さい。

暑くて一休みに横になった時にでも、広げてみても気楽に読めますよ。





晩御飯 茄子と挽肉のキーマカレー風 サラダ 枝豆
朝御飯 ザワークラウトとスパムミート缶詰め肉のサンドイッチ 胡瓜酢の物 ヨーグルト
20160813晩御飯 20160809ザワークラウトサンドイッチ

合びき肉とさいの目に刻んだ茄子、ニンジン、玉ネギ、ピーマンの、ルウが少ないカレーです。
「いつもと違って、美味しいね。」と食欲がない晩御飯に頂きました。
何時もカレーは二回分は作ってしまうのですが、この時は調度一回のご飯で終わるだけを作りました。

ザワークラウトの2回目を作りました。
1回目より思い切っての発酵はしませんでしたが、試食してみると酢っぱくなっているので1週間
ビニル袋で常温に置いたのち冷蔵庫に収め完成としました。
前回は3日でぶくぶくと勢いよく発酵してきたのですが、あの時はもの凄い暑さ続きの日でしたので
今回とはちょっと違いましたね。
でも大丈夫だと思います。そういうものになんの菌もよく影響を受けるものと思います。
ちょっと美味しくてハマります。




 [ 2016/08/17 00:00 ]  | TB(0) | コメント(9)

ごく最近読んだ本

20160306本

もうすでにこの本を読み終わった方も多い頃かもしれませんが、図書館からやっと私のところへ
回ってきた本2冊です。
半年近く待ったかもね・・・

桃紅さんは、昨年NHKのETV特集を見ていましたから、ご本の内容もそんな感じでした。
口述筆記で出来上がった本だったのでしょうか。
さらさらと読み終えましたが、
「この一冊を読んだだけで、人を分ったなんて思わないでくださいね。
それは思いあがりというものですよ。」と、言われそうです。

物事を前向きに捉えて、行動もしてきた人生が読み取れました。
粘り強く(ご本人はそうではないと言っていらっしゃいますが)自分の信じる道を
自分がすることも自分の力を信じてやってきた100歳の人生は、篠田桃紅さんそのものです。
一昨年頃から一躍、時の人になられた感じがします。
現在は103歳、もうすぐ104歳ですね。
(私の母と同じ年で私と誕生日が同じ日生まれの偶然に驚きました。)
まだまだお元気で活躍して頂きたいです。

実は狭い我が家にも抽象画が何点か飾ってあるのですけど
(これは昔、私がパートで働いた一年分の年収でやっと買ったものでしたが)
抽象っていうものは感じるもの(理解するものではない)であるという
具体的な理解の仕方が今になってやっと分りました。
そういえばその絵は見る時々に、感じるものがいろいろに違って思うことがあります・・・・・

100歳を超えて出版している人は、結構いらっしゃるのです。
101歳、103歳、107歳、111歳とお元気に活躍されている方の本も検索してみたらありました。
皆、女性でしたが・・・・。なぜか芸術家が多いかな?




晩御飯                        晩御飯      
烏賊とアスパラのバター焼き 金平牛蒡 煮豆   牡蠣とベーコンのスパ サラダ 切干しスープ
20160305晩御飯 20160306晩御飯

☆切干しスープ(これはTVで見たレシピですが、簡単で美味しいので度々作るようになりました。)
切干しはさっと洗い切ってマグカップに、刻みネギと、鶏ガラスープの素(ウェイパー)も加えてお湯を注ぐだけです。
(この日は新鮮春菊も加えましたが)


 [ 2016/03/09 00:00 ]  | TB(0) | コメント(6)

真夏の読書

20150804夏の本

サマータイム生活で朝は早く起き、お昼すぎは昼寝と決め、晩御飯の後はなんとなくの終い仕事で
早く寝る夏の日々ですが、もう8月も5日で、駆け足でカレンダーが進む感がします。

図書館から借りた本2冊。
バタバタしている日々に返却期限が過ぎてしまいあわてて2日で読み終え、次に待っている人がいますので
夜の7時ころになって返しに行きました。(返却ポストがある)
街の空気が、ぼあ~んと暑い日没でした。
気象観測以来、猛暑日が連続5日と記録を更新しましたね。
(猛暑日とは、一日の最高気温が摂氏35度以上、真夏日とは30度以上になる日のこと。)


どちらの本も、「自分の選択」を考える本。

終末期を書いた本では、母の最期の日々を思い出しました。
今思えば、あの胃漏と点滴チューブにつながれた最後の母の日々は、一体誰のための日々だったのだろうかと
母に申し訳なかったと、家族の一人として悔やむばかりです。
最後に亡くなった母の手を握ってお別れし病室を出たときの、パンパンに膨れたあがった
あの優しかった母の大きな手を思い出して涙がこぼれました。

自分の終わりは、清く迎えたいと思いましたね。


きみちゃんちから長野県産の桃が届く。

輝輝桃

御縁があって親戚になるお家だが、こんなお話になる何年も前から時折向こうのお母さんが
嬉しいものを送ってくださる。
(ちなみにきみちゃんは、本当の名前ではなく愛称)


 [ 2015/08/05 00:00 ]  | TB(0) | コメント(3)

ちょっと怒っています

図書館からリクエストした本がやってきました。

20150705本

この本をリクエストした時の自分の意図は何であったか・・・・本が到着したときには忘れてしまうことも
あります。
何人もの人が待機して順番を待っているものですから、時間が経ってしまっているのです。

まぁ、この本の表表紙をみれば、どういうことが書かれているか察しはつきますが。
さらさらとめくった本の中には忘れかけられた心情の、忘れたくはない言葉のいくつか・・・。

と、ここまでで・・・・

ネットニュースの見出しからニュースはしばし読むのですが

あの年金情報流失の後始末にかかったお金がなんと、4億円に達したというのです。
なんと!
地球のあっちとこっちとかけ離れた次元の話に、腹の虫が収まらぬ話であります。
庶民が賢く身の丈の生活をしようとしているところへ、あ~、お国がお仕事で失敗したツケが4億円ですか。
一体誰のお金で処理するのでしょうかね?

若い人の中には、今だって毎日が不安なのに将来など考えられないと年金の保険料など払えないと
言う人も少なからずいるのだ。(自分の生活が貧しいと思う人65%くらいあったかと思う。)
先日の新幹線火災の事件だって、明らかな原因は分っていないが少ない年金だけでは暮らしていけないと言っていた
声も聞えてきていた。
もちろんそんな事件は決して起こしてはいけないのだが、どういうことだかお国は分っているのか
怒り心頭であります。

仕事を終えいわゆる年金暮らしになった時、決して生活できる金額ではないとしても全く無いということは
果たしてそれで老後のお生活は出来ないと思うので、若い人には収めることをお勧めするが
これでは自分の見通しもさることながら、こんなことでは年金機構の未来も明るいとは思えなくなる。
未来に安心できると思えば、保険料を喜んで収める気にもなるというものだろう。

私は消えた年金記録問題で、最後にはもう面倒になって来て諦めた経験もあるのです。
社会保険庁の年金記録のずさんな管理が指摘され、国民から批判されたことで表面化した事件です。
(結婚で退職した時の6ヶ月間が未納とされて、当時何回かやり取りしたが向こうの未納の一点張りに
根負けして諦めてしまったことがあり。)

いろいろなツケばかり回ってきて、腹の煮えくりかえるニュースであります・・・・
お役所仕事、しっかりして下さい!と言いたいところです。
これが民間の仕事だったら、一体誰が支払うことになるのかって言いたいですね。



晩御飯
カレー サラダ 
20150703晩御飯

 [ 2015/07/06 00:00 ]  | TB(0) | CM(-)

当たり前のように思って来たこと

図書館から3ヶ月くらい待ってやっと順番が回ってきて借りた本、「飛びはねる 思考」。

20150604本,


うんと若い時は
健康であることや、心配なく平凡な毎日がやってくる日々を、自分の世界で起きることはみな普通なことで
当たり前のことと思っていた。

それがいつの日か、当たり前に生きていることは奇跡的なことだと知るようになった。

自分の身の回りにもいろいろなことが起き、当たり前でないと思っていたことは今日が明日になることのように
当たり前にあるということが分ってきた。
つまり、世の中は多様で成り立っているのだと思う。

分ったということがあってよかったな。
知らずに終わらなくて、一方面から見てるばかりでなくて、傲慢のまま終わらなくてよかったな。
歳を重ねるということは、いろいろなことが分かってくるというものだ。

私の後にこの本を待つ人、45人。
明日、この本お返しします。。。


晩御飯
茹で豚 蕗の昆布煮 ポテトフライ(残りもの) 糠漬け あさり味噌汁
20150604banngohann

あさりの味噌汁で思い出したことがあった。
前回息子が帰って来たときに、ご飯にあさりの味噌汁があった。
息子は美味しそうに自分の味噌汁を飲みほしたので、私が「私の、まだ手を付けていないけど食べる?」と、聞くと
「いいの?」と、言って二杯目も美味しそうにたいらげた。
そうだわね、ひとり住まいでは、アサリは食べないでしょうね・・・
今度帰った時には、たくさん作ろう。

 [ 2015/06/05 00:00 ]  | TB(0) | CM(-)

本2冊

日の長さがかなり長くなりました。
夕方6時でも窓の外の明るいこと。

ほとんど一日中庭で過ごした一日です。
お昼も外のテーブルで、おこぼしは蟻が片づけてくれるでしょう。

ワイルドストロベリーのお遊び的収穫です。

20150511ワイルドストロベリー

実は食べられはしますが、こんなちょっぴりでは・・・。
香りはよいので、紅茶に落としたらいいかもですね。

午前中は日当たりになっている庭のテーブルも、お昼を過ぎるころ心地よい日陰が訪れます。
今読んでいる本も外でめくるに、いい季節です。。

1/honn 2.honn

『二十四節気で楽しむ庭仕事』は、植木屋さんが書いた植物や虫、庭に住む生き物なども織り交ぜて
庭仕事であったことを日々の出来事を、愛でる目で書いています。
生き物(植物も昆虫や鳥、人間も)は皆、繋がるようにひとつの時間に生きているのですね。
庭仕事が楽しくなる視点で書いてあり庭仕事のヒントにも。
知らなかったこともいっぱい。

もうひとつ、『おいしい英語』はミーハーな私が独り言を英語で言えたら・・・と
一日にひとつのセンテンスを覚えようと思って手にした本です。
行くいくは東京オリンピックもありますし、このところの外国人観光客の増加のニュースに
後押しされて、エイゴノベンキョウヲ・・・と、野望を抱いたなんて言ってもいいかな~。

もうみんな忘れてしまいましたが若いころは、英語、好きでしたね。



晩御飯
オムライス サラダ キャベツのスープ 自家蕗のきゃらぶき
20150508晩御飯

 [ 2015/05/11 17:00 ]  | TB(0) | CM(-)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索