FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

多肉植物の春~夏の花

花の切れ間が無くて、なかなか記事に書くことが出来ませんでしたが、家にある多肉の
春~夏の花です。

これは3年前、ほんの小さな苗で買ったものが、育って初めて花が咲いた♪ペンデンス。
どんな花が咲くか興味津々でしたが、シャンデリアのように咲いてきました。
ホクシャの花にも似て面白いです。

20200825多肉花1

花は1か月半くらい咲いていました。

そしてほぼ通年、休眠もせず花が咲いている ♪ハナキリン

2020086ハナキリン

夏の花色、色が薄いですね。

あとは、こんなものが咲きました。
♪ハオルチア ♪美空鉾 ♪ブルーエルフ 
♪ボンビシナ ♪七福神 ♪ブレビフォリウム
♪高砂の翁 ♪神刀 ♪アドロミクス・クリステイタス
♪十二の巻

20200825多肉花2
20200825多肉花3

これは花ではないけれど、♪玉つづり(ビアホップ)
今の季節に面白いかなと思って。

320200825多肉花4

と、こんなところ。
私の思うところ、多肉はこの暑さにはなんとか耐えられるものの
湿度、蒸れには弱く病気になることが多いです。
なので水のあげ方には注意です。




☆今日の一品
夏の豚汁

20200825夏の豚汁

夏でも実沢山汁は嬉しい。
あっさり目に作りました。

 [ 2020/08/27 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(2)

春の多肉の花

多肉の花も咲いてきました。

これは一年中、駐車場の屋根の下で暮らす♪白牡丹

20200421s白牡丹

小さいけれど、むっちりしてなかなかの美人さん。
季節を問わず、丈夫なのも取り柄。

他に、この春に咲いた多肉の花。

20200417多肉春花

左上から右へに
♪デザートローズ ♪薄化粧(セダム) ♪サルコステンマ
♪朧月       ♪ボンビシナ     ♪ハオルチア
♪秋麗       ♪ハナキリン     ♪ガステリア

もうひとつ♪グリーンネックレスも花が咲いていたが、写真を撮り忘れた。
今までの記事を見ると懐かしいものもあるが、無いものもあるし、消えて行ってしまったらしい。

花が咲いてみて分かることは、多肉の種類によって花の形が似ていたり、全く同じに見えたりするものは
多分種別は一緒の多肉だ。
例えば、十二の巻き、ハオルシア、アドロミクス・クリステイタスはみなよく似た素人には見分けのつかない
同じような花が咲く。

調べてみたら ハオルチアと十二の巻きは、アロエ科・ハオルチア属に入るようで
アドロミスクスはベンケイソウ科アドロミスクス属だそうだ。
同じような花が咲くのだが・・・・もう少し調べていく余地がありそう。

多肉は種類も多くまた、よく似ているものも多いので名前の判定には難しい時もある。

春になって戸外に出した♪ハナキリンの花のサーモンピンクが、とても鮮やかな色になってきた。
ハナキリンは周年、花が途切れなく咲いていく。







晩御飯 筍と手羽先うま煮 ほうれん草と切り干しおかか和え 無限キャベツ 刺身
20200417晩御飯

晩御飯 豚肉バジル焼き 添え野菜 筍煮(昨日の残り)
20200418晩御飯
 [ 2020/04/22 00:31 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)

春の多肉植物の寄せ植え

春になって多肉たちを外に出して思ったことは「なんでこんなに増えちゃうんだろう・・・」ということでした。
冬超しをした多肉の中には植え替えを必要としているものも多く、植え替えしたりばらしたりして
寄せ植えに仕立て直して、手入れをしました。

これを行う時期は、私のところでは山桜が散ったころ・・・気温が20度を超えたあたりの侯の頃がいいです。

まずは冬を越した多肉寄せ植えから。
これは昨年秋に、厳しい夏を超えて痛んだ多肉を寄せ植えにして冬越ししたもの。
しっかり根付きましたね。

20200415多肉寄せ植え8

次のものは、植えてある鉢の裏と表。

20200415多肉寄せ植え9

真冬の頃はとてもいい色をしていたのですが
今は雨ざらしです。

20200415多肉寄せ植え10

そして、下のものが今回寄せ植えにした多肉。
家にあるものの種類が限られていますから、似たり寄ったりのものになります。

20200415多肉寄せ植え1

20200415多肉寄せ植え2

20200415多肉寄せ植え3

色合いもだんだんに冬色から夏色へ。

20200415多肉寄せ植え4

寄せ植えは、2年ぐらいすると大かたは間延びしたり傷んだりするので、私はたいてい新しく仕立て直してしまいます。
単品で育てているものは名札を付けていますし、長い時間をかけて覚えてきましたので名前も大体分かります。

20200415多肉寄せ植え5

20200415多肉寄せ植え6

20200415多肉寄せ植え12

これは月兎耳3種の寄せ植え。

20200415多肉寄せ植え7

我ながら沢山あるので、あきれます。
多肉の植え替えの適期は春と秋ですが、私は春の頃の方がこれから夏に向かい成長するのでよいと思います。
今年の夏がどんな夏になるのか、猛暑で厳しければ、ハダニやカイガラムシなどが付いて苦労するかも。
そうしたら、秋に植え替えをして新しくして繰り返します。

人も植物も、健康が大事というところです。


16日夕方になって、新型コロナウイルスの 緊急事態宣言を来月6日まで全都道府県に 拡大されることになりました。
人と人との接触を8割減らすことで、感染拡大 を大幅に減らすことを 目指している。

私たちに関して言えば、かかったら死に至ると思っているのでこれは守れていると思う。
もし、かかってもなかなか医療に繋がらないし、その間の苦しみを思えば、
私達は、「絶対にかからない。」と、決心し暮らしている。
それでもかかってしまったら、それはその時。
私にはかかりつけの医者もいないし、歯医者や整形外科では違うと思うし。








晩御飯 アスパラと人参の肉巻き シラスおろし カボチャレンジチン(タラコマヨ)
20200415晩御飯

朝ご飯 鰯(缶)のせパン スープ ヨーグルト コーヒー
20200415朝ご飯

 [ 2020/04/17 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)

真冬の多肉植物・・・・

20200202多肉1

室内に取り込んだ多肉の寄せ植えが、それは綺麗な色になってきているので。
寄せ植えにすると、互いの個性を引き立てるようで美しさが倍増です。
これは夏の終わりに、傷んだものを寄せ集めて寄せ植えに仕立てたもの。

そして・・・

20200202多肉2

多肉植物を育てる醍醐味はこの冬の発色と言っても過言ではないと私は思います。
春からの季節はどちらかと言えば、育てる増やすですが、今の色はまるで宝石のようです。

IMG_20200201_150551_2.jpg

冬期の花を咲かすまでの時間はとても緩やかで、何か月もかかります。
これは♪月兎耳(ツキトジ)の蕾。

020200202多肉4

こちらは、♪デザートローズ。
外の温室で過ごしているデザートローズの葉はまだ真っ赤です。
この鉢は室内に入れたので(暖かかったので)赤味は消えて、花穂がどんどん伸びています。
花穂は11月ころからでき始めていたので室内に入れたのですが、中々は花までたどり着きません。

20200202多肉5

そしてこちらは♪ハオルシア。
冬型多肉なので比較的寒さに強く冬に成長するもので外の温室に入っていますが
花径が伸びてきていますね。

20200202多肉6

寒さに耐えながらじっと眠ったようにしているように見えますが、実際は刻々と生きた姿を
内に秘めているのですね。

冬、外の温度に強いグリーンネックレスは駐車場の屋根に吊り下げて、花がいっぱい咲いています。



家の裏では、フキノトウが大きくなっていました。
6個ばかり収獲しました。

20200202fukinotou

♪紅梅も咲き出しました。

20200204紅梅

クリスマスローズもちらほらと、頭をもたげてきましたが・・・・。







晩御飯 生タラのベーコン巻き マッシュポテトなど 残り物
202001鱈のベーコン巻き

晩御飯 鯖味噌煮 筑前煮 きんぴら アサリ汁
202001鯖味噌に




 [ 2020/02/04 09:44 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)

冬の多肉植物

20191205多肉

今日は暦の上では大雪。
寒さも増して、多肉植物の色が美しい色になってきました。
そして、私のところでは、それなりの寒さへの保護もしないと傷んでしまいますので、やっとそれぞれの
冬超し場所に避難させました。
その前の姿です。
↑の寄せ植えは、この秋になってから夏の間に傷んだものを寄せ集めてひと鉢に植えたものです。

♪モミジマツリなどは、真っ赤に色付きました。
♪黄麗も深い黄土色を帯びた黄色です。
♪高砂翁は、バラのような姿。
♪秋麗の深い色合いも言葉に言い表せないくらい個性的です。

20191206多肉1

花が咲きそうな、♪月兎耳や初めての花が咲く? ♪デザートローズ。
季節外れの花が咲いている♪ガステリア。
可愛らしい♪虹の玉 や ♪オーロラ。

20191206多肉2

一年中ほとんど休みなく花が咲く♪ハナキリン。
夏には害虫の粉シラミが付いてだめになるかと思った♪黒法師
まったく色の変わらないものもあり、相変わらず、面白い景色です。

20191206多肉420191206多肉6‘


寒さに弱いものは室内に入れましたが、何とか過ごせそうなものは、家の南側壁際にぴたっと寄せて
段ボールの中に入れたりしました。

ほぼ外で放ったらかしは朧月や秋麗、ガステリアなど。
グリンネックレスやルビーネックレス、七福神 なども、軒下なら冬を越せます。

多肉植物を育てていて楽しみは増えるとき、花が咲くとき、そして醍醐味は、寒さに耐えて美しい深い色合いになるとき
ではないでしょうかね。
なんとか、厳冬になる前に間に合いました。







晩御飯 牛蒡とカジキマグロの唐揚げの甘辛絡め ほうれん草の胡麻和え 蕗と生揚げ煮
20191204晩御飯

 [ 2019/12/07 17:06 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)

多肉植物の花(春~夏

201908多肉の花

我が家で春から咲いた多肉植物の花たちです。

右上から、♪白牡丹 ♪ハナキリン ♪十二の巻き 
      ♪ボンビシナ ♪ブルーエルフ ♪ブレビフォリウム 
      ♪アドロミスクス・クリステイタス ♪高砂の翁 ♪クラッスラ・クーベリー

それにしても、「この暑さと蒸し暑さで、多肉たち、よくだめにならないな~。」と、思います。
こんな時は水は控えて、半日陰の風通しの良いところに置くしかないですね。
白いカビ?にやられてしまったのもありますし、ぽろぽろと葉が落ちたりもしました。
抜群に丈夫と思うものは、♪朧月。

何とか手当をすれば、もしかしたら難を逃れたかもしれないですが、この暑さで私の気力も
上がらなかったものですから、ほぼ放置状態でした。

秋になって、涼しさもやってきたら持ち越しそうですが、多肉たちもこの暑さで私たちと同様
きっと、参っているに違いありません。








8月18日晩御飯 ハタハタ干物 茄子の揚げ浸し きゅうりとトマトの雑魚サラダ
20190818晩御飯

8月19日晩御飯 アスパラの肉巻き 茄子の揚げびたし 枝豆の大根おろし和え
20190819晩御飯
 [ 2019/08/24 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)

春の多肉植物

冬を越した多肉植物を整えました。
鉢の土が古くなった鉢や、溢れるほど窮屈になった鉢を分けたり植え替えたり。
種類は大体こんなもので、今年は寄せ植えは作らず、単品で育てるつもり。

名前は分からないようなものもあるがわかる範囲で記録したい。
左上から右回へ

♪ブレビフォリウム    ♪寄せ植え    ♪銘月
♪高砂の翁        ♪火祭り     ♪秋麗(子供)
♪美空鉾         ♪ブロンズ姫   ♪3種

20190410多肉1


♪黒法師      ♪サルコステンマ   ♪ゴーラム
♪寄せ植え     ♪夕映え       ♪ハオルシア
♪デザートローズ  ♪白牡丹       ♪オーロラ

20190410多肉2



♪七福神       ♪ペンデンス        ♪黒月兎耳
♪紅葉祭り      ♪月兎耳      ♪福兎耳
♪ボンビシナ?    ♪ブルーエルフ   ♪神刀

20190410多肉3


♪薄化粧(セダム)          ♪紅司      ♪秋麗
♪グリーンネックレス  ♪白牡丹     ♪朧月
♪玉つづり       ♪ハナキリン   ♪アドロミスクス・クリステイタス

20190410多肉4


♪ガステリア   ♪万年草    ♪乙女心
♪十二の巻

20190411多肉


それと、助長してしまった ♪黄麗…3~4年たっているかな?

201904黄麗、多肉

♪銘月と♪黄麗は区別がつかないくらい似ているのだけど、銘月の方が葉が長っぽくて
並べてみるとまぁ、わかるという感じ。
どちらも巨大化します。
銘月も巨大化していたのだけど今回は、銘月だけを仕立て直し。
黄麗もどこまで伸びるか、楽しんでいるところ。

他にも少々。

過去に育てていたものと入れ替わりが多いこと。(無くなってしまったものも多いということ。)
多肉植物は買った時の名札をなくさないこと。
似通ったものが多いので名前の判別が難しい。
なので、もしかすると間違えているものもあるかもしれません。




 [ 2019/04/17 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索