FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

アオゲラ

202003アオゲラ

この頃は、座って過ごすところが以前と違うので、すっかりバードウォッチングをしていませんが
この鳥はキツツキ科のアオゲラです。
木をつついて、虫を探し食べるのです。
他の鳥と動きが違うので、来ていれば比較的大きい鳥ですし割とすぐに見つけられます。

202003アオゲラ2

色々鳥は来ますが、なかなか写真に収められません。

こちらはフェンスにやってきた、お馴染みのシジュウカラ。
向日葵の種を食べています、可愛いですね。
仲間同士、よくおしゃべりもするようです。

202003シジュウカラ

ジョウビタキも度々やって来るのですが、スマホの写メではちょっと無理なものですから
もたもたとカメラを開いているうちにいつも逃げられました。

今年は雉には出会いませんでした。
近くで大掛かりな公園を整備しているので、この辺りでは鳴き声さえも聴かなくなったように思います。
その大掛りな公園とはちょっとしたテーマパークのようなところで、4月17日にオープンの予定です。
私の市で、オリンピックの聖火が走るとすれば、この公園がスタート地点でしたが、TOKYO2020も延期になり
それも無くなりました。(オリンピックが延期と決まったのは25日。)



昨晩、都知事から、新型コロナウィルス「感染爆発の重大局面」と、緊急の記者会見が開かれて
週末の外出自粛の呼びかけがありました。
この25日に東京では感染者41名、また、今日は47名と急速に感染者数が増えて
このままの推移が続けば、都市の封鎖(ロックダウン)を招くとの懸念もあると。

この会見後の今朝は開店から、スーパーマーケットは凄い人でした。
レジは長蛇の行列で、はじめは気が付きませんでしたが、「ははん、昨日の会見の影響だ。」と、気が付きました。
ここ一か月、大勢集まるところは休講、休館になったり外出の自粛を務めて来たものの
世間も私も少々疲れて来ました。
そのところの気のゆるみと、欧米からの帰国者の感染者が増えて感染者数が多くなってきた様子。

私のスケッチサークルも、4月5月は休講と連絡も周り、いよいよ長期戦になってきたという感じです。
ネットでは、買い物くらいしか出かけない人が感染し、感染経路が分からない感染者も半分近くいて
これが、おとなしく暮らしている私たちもいつ感染者になるかもしれないという恐怖を感じます。

パリやニューヨークの街も閑散として、人っこひとり歩いていません。
外出禁止令が出ているのです。
イギリスでは公務に忙しかったチャールズ皇太子が感染したとニュースもありました。

更なる手洗いマスクの励行と、「集わない、出かけない。」と、心に置いて暮らせねばなりません。








晩御飯 剥き身丼 サラダ 野良ぼう菜の胡麻和え
20200322晩御飯

晩御飯 回鍋肉 納豆山かけ ひじき煮
20200321ばんごはん

 [ 2020/03/27 00:00 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | CM(-)

住めば都

夕刻の時になり、ガビチョウが水浴びにやってきた。
スズランの木の小枝にとまり、ひとしきり何か叫ぶように甲高く鳴き、水場に降りた。

20190824ガビチョウ4

更にまた、大きく鳴いたかと思うと

20190824ガビチョウ1

じっと周りの 様子を伺ってから、水浴びを始めた。

20190824ガビチョウ

そうか、お仲間に安全だって知らせていたのね。

20190824ガビチョウ

水浴びをつかの間していたが、あっという間に
高い空へ飛んで行った。

住めば都の話だが、この辺り、本当に環境のいいところと思う。
田園の中に住んでいるようでもあり、隣は摘み終えたブルーベリーの実が残り、小鳥たちには十分な
食料だろう。
奥のなだらかな斜面になっている畑の方からは、風が通り抜ける。
猛暑とはいえ、木々に身を隠すところもあり、雨もしのげるだろう。

もう、10年近く前になってしまったが、我が家とお隣の間の木にはヒヨドリの巣ができ
その子供も巣立っていった。
もっと前には、庭にはトカゲやカナヘビがわんさといて、こんなにいていいものだろうかと
思ったこともあったが、庭に蛇が住み着いてから、めっきり減ってしまった。(蛇は今年見ていないが)
草むらを分けて息子は珍しいトカゲの卵を見つけたりして、職場に持って行ったこともあった・・・・・。


近所の小さな子どもたちも育ち、聞こえるのは盛んに鳴くセミの声、
今朝はコジュケイの鳴く声も遠くで聞こえた。

居間から見える真ん前の隣の敷地の大きな木も、一度は大きく剪定されたがあれから15年。
再びその木は大きくなり、ぼんやり眺めていたらシジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ達が
枝の隙間に潜り込んだ。
「何か虫も多いんだね。」と、夫が言う。
再び、何種ものセミの声で我に返った。

この辺りのご近所の先輩方もそう言うが、若い人たちには
そうは映らないらしい。

息子は車が無ければ暮らせないところは・・・と、嫌がるが住めば都。








晩御飯 ローストビーフ丼 サラダ 蒸し豆の酢の物
20190817晩御飯

晩御飯 煮込みハンバーク コーンスープ オクラの梅和え
20190824晩御飯

 [ 2019/08/29 00:00 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | CM(-)

ウグイスの初鳴きを聞く

2月の20日にウグイスの初鳴きを聞きました。
上手に鳴いていました。
どこかで練習もしたかもね。

もしかするともっと早く鳴いていたかもしれないが、夫と私の二人が、たまたまこの日に聞いたと
いうことかもしれません。
以前の記録を見ても大体こんな時期か、3月に入ってからが多い様子。



こちらはウグイスではなく、餌を採る順番待ちの可愛らしいシジュウカラの写真ですが

201902シジュウカラ

今年はこれと、ヤマガラしか見ていないというか・・やってこなかったというべきか。
スズメは古い絵にも描かれていたように思いますが、シジュウカラも描かれていたのですね。
昨日、東京都美術館で見た誰の絵だったかな?きれいに描かれていました。

寒さが緩んで、時々雨のお湿りもあっていいね。
大分春に近づいてきた今日この頃。

わたしが献血できる期間は一年と少しあるが、思い立ったら吉日と行きたいところだが
花粉症の薬を飲み始めてしまったので、それはもう少し先にしたほうがよいということになるでしょう。

何でも出来るときにやっておかないと、時期を失してしまう事柄は多いように思う。







晩御飯 鶏肉のミンチ焼き 納豆キムチ
20190216晩御飯

晩御飯 里芋のカレー サラダ
20190217晩御飯
 [ 2019/02/22 11:17 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | CM(-)

居間でバードウォッチング

20190124ヤマガラ


居間の窓ガラスのすぐ外側に餌を吊るしたら、一日中降るようにヤマガラが来るようになった。
こんなに人家の近くに吊るしてはいけないと思いながら見たいばっかりに吊ってしまっているのだが・・・

先住のシジュウカラも同じようにやって来るのだが、ヤマガラがどうもけん制し
シジュウカラは、おこぼれを召し上がっている。

20190122シジュウカラ

そういえば、以前にはよくいた猫もこの頃はめっきり見なくなった。

今年、雉は鳴いていない。
時々、ケラの種類の鳥だろうか、木をくちばしでつつく音は聞こえる。

あんなに沢山の実が付いていたクリスマスホーリーの実も、ヒヨドリの集団にみな残らずに
食べられた。

いつだったか、車で通りかかった道路でコジュケイの家族が4羽移動中で、危うく
引きそうになった。
コジュケイはあまり飛ばず、よちよちと歩いていることが多い。
近くで見ると、とてもきれいな羽色をしている。
そうそう…‥雉のような色合い・・・。

暫く居間から、冬鳥のウォッチングを楽しめるが
10年前ほどから比べると、 温暖化の影響なのか鳥の種類はぐっと減った。
これは、寂しい限りです。







晩御飯 〆鯖ちらし寿司 茶碗蒸し 肉じゃが(残り物)
20190125甘夏描く2





 [ 2019/01/27 00:06 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | CM(-)

雉がやってきた!

暫く聞くことが無かった雉の鳴声を、朝からよく聞こえる日でした。
ほぼ一年振りで、雉の姿を見ました。

20180531雉3

この冬は一度もお目にかからなかったので、「どこかほかの場所に行ってしまったのかね?」と
言っていましたが

20180531雉2

2階から何か言っている夫の声がするので、上がって行くと「雉がいるぞ!」と。
丸丸と太った雉の雄でした。

20180531雉1

時々、羽を広げて雄叫びをあげていましたね。


雉を見つけた時のアニメ・・・・です。
雉がいたところは家から結構離れています。50~60メートルはあったか?

20180531雉アニメ

いい写真も撮れたので、私は、写真にプリントアウトして「雉の絵が、描ける!」と、嬉しくなりました。
その内に。

この冬、居間から見た鳥は数は少なかったです。
写真が残っていたので、こんなものくらいでした。

20117^2018fuyutori

「鳥がずいぶん減ってきた・・・」と、感じたものですが、春になってからガビチョウがやってきたり、
5月の間ずっとホトトギスが鳴いていました。
ホトトギスは夜中にも鳴くのでうるさいくらいでしたが、毎年5月を過ぎるといつの間に
またどこかへ行ってしまうようです。

アオゲラの鳴き声は、今もよく聞こえます。
みな、隣の生産緑地に来ている野鳥です。
生きものを見ているのは、面白いですね。







晩御飯 豚焼き肉・生野菜添え 帆立貝 蕗煮 
20180528晩御飯



 [ 2018/06/01 00:00 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | コメント(8)

シジュウカラ ウォッチング

20180126sizyuukara

雪が降った後の気温の低さが半端ではありません。
マイナスを更新した2日目、日中も今までにない寒さで、ちょっと昔の韓国映画みたいに
室内でダウンを着たくなるような寒さです。
昨日はやっと買い物には出ることができましたが(3日間は出れなかった)、今日はお天気もどんよりして
午前中に家の用を済ませると、町まで出たかったのですが日中の寒さもあり、今日は出かけんでおこう
という気になってしまいました。
やはり用は午前中に済ませないと・・・午後はエネルギーが足りません。


硝子戸から50センチのところに、ヒマワリの種を入れた小さなバケツを吊るしました。
居間ののガラス戸を通して、鳥までの距離は1,5Mの近さの距離です。
実はもう少し離れたところに、餌入れを2か所吊るしておいたのですが、
種をついばんでさっと場所を変えてから、種を割って食べるのですが、そこがお隣の玄関先の
木の下で、カラが沢山そこに散ってしまうのです。
これはまずい・・・と思って暫くあげないでいましたが、この雪に食べるものも無かろうと
今度はよくウォッチングしたいのと写真を撮りたいのもあって、窓際に吊るしてみたのです。

今度はついばんだ後の行き先は、居間の前の生産緑地にある木です。
ここなら、まぁ、よかろうと思ったのですが、吊るす場所によって、持ち去った後の場所が違うのは面白い発見です。

一日中、ひっきりなしに乱舞のシジュウカラが順番を守るようにやって来て面白いのですが、
餌を食べてしまう早さも、ものすごく早いですね。
鳥は生きていくのに結構、沢山のエネルギーがいるようです。

本当はあまり人家に近い側にえさ場を置いてはいけないと昔、教わりましたが
野鳥が人や猫などを怖がらなくなってしまうことは、自然界では問題があるのです。
楽しみたいという人間のエゴが行きすぎないようにしたいものです。

午前中は隣の畑はいろいろな鳥が行き交います。
今年は雉の声さえも聞きませんが、他に、ヤマガラ、ツグミ、アオジ、ムクドリ、ヒヨドリ、オナガ、モズなどが
よく見る鳥でしょうか。







晩御飯  カレー ルッコラサラダ エリンギバター炒め ヨーグルト
晩御飯  残りカレー 生野菜 炒り豆腐
20180124晩御飯 20180125晩御飯

カレーも2日間食べてしまいました。
カレーはあまりしないのでとても美味しかったです。

お隣さんのご主人さまの畑から採れたルッコラをたくさん頂き、美味しかったこと。
中々大きくならないので、雪前に全部収穫してしまったそうです。
若いルッコラで調度、ベビーリーフです。

 [ 2018/01/27 00:00 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | コメント(6)

シジュウカラがやってきた

20171209シジュウカラ1 20171209シジュウカラ2

庭に二か所、鳥の姿を見るようになった頃餌台を取り付け、一か月近くたちました。
やっとほぼ毎日、同じ時間にシジュウカラやって来るようになりました。

これから毎日、バードウォッチングに明け暮れします。
冬の間の楽しみです。

シジュウカラは2~3羽でやって来ては、チチチーッと鳴いた後、えさ場に降り立ちます。
ヒマワリの種をついばむと、あっという間の早さで立ち去ります。なにもそんなに急がなくっても。

追加 オナガも集団で畑にやってきた。
実は右手にあるキウィがお目当て。

2017211オナガトリ


9日の朝はとても寒い朝でした。
初氷の日より厚い氷が張り、キジバトがやって来て
氷の割れ目を探していましたが、固く凍って一滴も飲めません。
コップに一杯の熱湯をもっていってあげましたが少しは解けたかな?

20171209キジバト

まぁ、なんと足は裸足で氷の上で!、元気なことね。とか
当たり前のことをいいながら、バードウォッチングが始まります。
隣の畑のすこし遠くのキウィ棚のところではオナガ達が集団でやって来ていました。

我が家の梅の木も、お隣の梅の木も、強剪定してしまい、小鳥がやってくるかしら?と思いましたが
まずは、大丈夫そうで一安心しました。






晩御飯  ローストビーフ丼 スープ ジャーマンポテト
晩御飯  ちらし寿司 あさりの茶碗蒸し 切干煮
29171207晩御飯 20171206晩御飯

約600グラムの固まりの牛肉をフライパンで焼いただけのローストビーフにし
半分はそのまま薄切りで頂き、半分は丼物にしました。
こちらは市販のローストビーフソースで。

 [ 2017/12/11 00:00 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | コメント(6)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索