はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

終戦記念日の晩御飯

8月15日の晩御飯は、取りあえずこれだけ「すいとん」でした。

20170816晩御飯

今時「すいとん」を食べる機会もありませんが、
私が小学生の時は、お味噌汁が残った時のお昼などに母が作って、ときに食べていたと記憶があります。
小麦粉が好きな私は結構これが好きなのですが、今どきに作ると、具をなんかかんかと
入れてしまうので、懐かしいあの頃の美味しいお味は出ないです・・・。

息子がまだ家に居た頃の終戦記念日には、この「すいとん」だけの晩御飯をしていました。
小学生のころから、ずっと皆で一緒に食卓を囲む頃までは。
段々に、晩御飯に家族全員がそろわなくなった頃から、いつしか終戦記念日の「すいとん」は
作らなくなりました。


私は戦争を知りませんが、再び、戦争というものがなぜか、あまり遠くないところにあることが
気配として感じる時代になったことは、確かでしょう。

人の殺し方さえ分からずに(習わずに)、特攻隊の飛行機にただ乗り込んだ若い命を思うと
その現実をその母は、例えようもない喪失感をどのように受けいれたのでしょう。
私も母となって、かけがえのないひとつの命を守ることさえままならない時代というものは
決して再び、戦争は起こしてはならないと強く思います。

豊かに発展した時代の「すいとん」に、果たして願いが込めることができたかどうか分かりませんが
平和な時代が続くことを祈って、8月15日の晩御飯を頂きました。






いつもの晩御飯 ソイの煮つけ 焼き茄子 コンニャクとトマトの柚子味噌 枝豆
20170810晩御飯








 [ 2017/08/16 21:05 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

しぐれ煮 二品

 20170808秋刀魚の梅干し・酢煮 20170808鶏レバー、しぐれ煮

暑いけれどこの日は、料理がやる気になったので、鶏レバーのしぐれ煮と秋刀魚の梅・酢煮を作りました。

秋刀魚、今年ももう何日かすると初物が出てきますね。
その前にスーパーが売ってしまおうと、冷凍秋刀魚を放出だったのでしょう、嬉しいお値段でしたので
これは、骨まで軟らかくして食べれるように料理しました。
酢ももちろん入れました。
暑いので、保存性も高まるのではないと。

私のところでも経験したことのない気温37度の日になりました。
二階のベランダ手すりが、火傷するくらい熱かったので、「目玉焼きが焼けるかな?」と思って
一度やってみたかったのです。
それから私は外出して、夕方帰ってきまして見てみたら、結果は目玉焼きは出来ていませんでした。
乾燥した卵になっていました。加熱の始まりもありませんでした。
置いた温度計は、50度近くになっていたのは見たのですが・・・、もっと高いと思っていました。

卵が凝結する温度は
卵黄は65℃前後から凝固が始まり75℃以上で完全に凝固する。
卵白は60℃前後から凝固が始まり80℃以上で完全に凝固する。

と、いうことでしたから、そんな高温では無かったいうことでした。
帰ってきて夕方バタバタしましたので、写真は撮れませんでした。
子供の時から一度やってみたかったので、これで満足しました。





晩御飯  小さなメバル煮 ホヤとキュウリ酢物 茄子とピーマン味噌炒め トマトと豆腐のお汁 
晩御飯  空芯菜と肉炒め 豆腐のサラダ レーバーのしぐれ煮 
20170807banngohann 20170808晩御飯








 [ 2017/08/11 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(10)

やはり一度は作ったブラックベリージャム

20170729ブラックベリージャム2 

ブラックベリーの木が、エコカーテンで2面と、東側のフェンスにツルが伸びています。
山ほど収穫できるのですが、この実を収穫し、処理していくのは結構手間がかかります。
昨年までは、ジャムにしたり、ブランデーやウォッカ酒、また酢に漬けたりといろいろしてみましたが
いささか、消費もしていかないし飽きてきました。

今年は全部、料理好きの友人たちに差し上げて処理してもらいましたが、
最後の最後の収穫で、一度だけは作っておこうと、ジャムにしました。

↓もう、最後の方なので粒が小さいです。

20170729ブラックベリージャム1

手間のかかる作り方を変えたらいいかもしれないと、毎年作って来た方法を変えて

① 洗って、水気を切って鍋で煮る。
② 10分煮たところで潰れて来るので、笊で裏ごしをかける。
③ その液の分量を量り、レモン汁と、砂糖を6割~程加えて、とろみがつくまで再び煮る。(10分位)
④ 熱湯消毒した瓶に入れて保存する。

早速、荷物を送ろうと思っていた人へ、荷物の隅に入れて送り出しました。

ブラックベリーは種も多く固いので、仕上がりの時に口当たりが悪くなるので、種を濾すという作業が
他のジャム作りと比べ苦労です。
昨年までは生の時に短くブレンダーをかけて、実を潰してからガーゼで濾していました。
それを煮てジャムに仕上げていました。
手間がかかるがお味は天下一品で、ポリフェノールも多く甘酸っぱくて、とても美味しいです。


年々、いろいろなことにややの“苦労”を感じて来るようになりました。。
使う器具もあれこれ汚さず、調理のシンプル化を目指すということは、昨今のクッキングにも大いに見られ
自然の成り行きだと思います。

昔、若い時、クリームソースなど作る時には、シノワを使ったり
日本料理では、裏ごし器を使ってスパテラで潰して濾したりと、濾すというのは大変の労力の要る
作業だったということを、思いだしました。



こちらは、やはり窓のカーテンにしていたゴーヤです。

20170729ゴーヤ

お遊びで植木鉢に一株だけしか植えませんでしたが、可愛らしいのが2個収穫しました。
こちらは、魚肉ソーセージと一緒に炒めてナンプラーで味付けしお昼に頂きました。






晩御飯  冷やし餃子 ヒジキ煮 南瓜レンジチン 
20170728晩御飯

冷やし餃子は脂っ気が無くさっぱりしていますから、夏向き。

餃子は茹でて水に取り冷ましておきます。
皿にレタス、キュウリをしいて盛り、さらにミニトマトと大葉を飾り、酢醤油で頂きます。好みで唐辛子をかけて。
餃子は市販の生餃子を使いました。
 [ 2017/07/30 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)

梅雨明け

7月19日、昨年より2日早く梅雨明けが宣言されました。
これからが本格的な夏!と思うと・・・・厳しいです。

20170719梅雨明け梅干し

毎年梅雨明け宣言を聞くとすぐに梅干しの仕上げに入ります。
天日に早速広げました。今年は15キロ。
白梅漬けだけです。
赤シソを入れませんでしたが、なんか楽だったような気持ち。
陽が強いので2日干して終わるだろうと考えています。


こちらは夫が仲間とボランティアしている、多摩市の古文書を解読してまとめた資料本です。(結構厚い本)
今、開催中の展示会の資料になっていますが、これに携わった人の名前も載っています。

20170720夫の本

夫は夫で、自分の人生をまっしぐらです。
私も同じ。
お互いに、互いのやっていることには口出しもせず、もくもくと我が道を行く夫婦です。
残り時間が短いので、互いのやっていることを口出ししたり構ったりする暇が出来ない状況です。
どうぞ、お好きな道を精いっぱい、まい進しましょう。


追記
梅干し、干しあがりました。


20170722うめぼし出来上がり

乾した日数は2日とひと晩。
容器は、焼酎消毒し、ザラメを間に散らしながら詰めます。(かくし味になります。)
大体はすぐには食べずに、ひと冬越して食べ始めます。
梅が、梅干しになるまでの、もしかすると辛い旅でしたね。





晩御飯  焼き鯖 冷豆腐 焼きなすの鶏皮あんかけ 枝豆
晩御飯  夏野菜カレー 鶏肉とピーマン炒め トマト
20170717晩御飯 20170716晩御飯

夏の野菜だけのカレーはさっぱりしていて美味しいですね。
 [ 2017/07/20 20:59 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(5)

梅干し塩抜き・・・ほか

加工梅干しの出来上がり。

20170711塩抜き梅干し加工

これは昨年頂いた、和歌山の小梅です。
友人の田舎の少年野球の監督をしているボーイフレンドが昨年漬けた、和歌山の塩漬け小梅でした。
少年野球の子供たちへ、塩分補給にと、目に浮かびますね。
が、塩の量がただならぬ量で、容器の底は塩でいっぱいでした。食べても塩っぱい。

さてさて、どうしよう・・・・
このままでは多分、頂かないで終わってしまう・・・・

梅を水につけるなど、考えただけでも嫌だと思っていましたが、ダメもとでやってみました。
そして最後は、さし酢漬けの梅酢(昨年の物)に、蜂蜜をややたっぷり入れて漬け直しました。

① 梅を6時間水に漬け塩出ししました。(水は1回だけ変えました。)何%の塩分になったかは、分からない。
② ザルにあけて半日、天日干して(しわしわになりました)
③ さし酢漬けの梅酢(昨年の物)に、蜂蜜をややたっぷり入れて漬け直しました。

水に漬けたのですから、早めに1カ月くらいで食べ終えるといいですね。


新生姜が旬になりました。
紅ショウガと刻み生姜を作りました。

紅ショウガ20170711 20170711刻み生姜

紅ショウガは、昨年の赤シソいり梅干し液を使って、紅ショウガを。(今年は赤シソは使いませんでしたので。)

刻み生姜は、○屋でビン詰めが出ていますが、それを真似て。
新生姜は洗って熱湯を掛けてから(防腐と漬かりやすくするため)刻み、塩を振って天日に半日干しました。
それを、酒にウェイパー、少量の砂糖と胡麻油を混ぜたものを掛け回し熱湯消毒した瓶に入れて冷蔵庫保存しました。

生姜は夏場、よく使いますが、そんな時にこの刻み生姜を使います。
その度毎にすり下ろす手間も無く、防腐予防に胡麻油をコーティングしたのですが
それがコクになっています。

生姜は元は土にあったものですから、意外にカビが生えやすく腐敗を招きやすいものです。
熱湯や天日の助けを借りて、出来るだけ保存性を高めるように作っています。
天日に干している間に空気に当たり酸化して真っ白に仕上がらないところは仕方ないですね。
素人ですから。






晩御飯  鰤照り焼き 甘長焼き(おかか、と刻み生姜) 牛すじ煮込み(ごぼう、コンニャク) 枝豆
20170714banngohann




 [ 2017/07/16 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(4)

ピクルス 作りました

20170706ピクルス

ラッキョウ酢というものを買っていたのですが、いつの間にかとっくにラッキョウは姿を消してしまいましたので
香辛料を足して、それでピクルスを作りました。
(きゅうり、人参、ミニトマト、ミョウガ、小玉ネギ、生姜、レモンなどで。)

酢のものは疲労回復にいいですね。
たまった老廃物を分解します。
酢の効能は、優秀すぎます。
この頃では、血液サラサラ、血圧上昇を抑える、冷え症解消、ダイエットなどが話題かな。

二日くらいで漬かり食べてみたけど、ちょっと甘い・・・・
ラッキョウ酢そのままでは・・・ちょっと工夫しなければならなかったと、反省しました。





晩御飯 マーボウ豆腐 シシトウジャコ炒め 胡瓜酢の物 枝豆
晩御飯 とうもろこし炒飯 玉ねぎ冷製スープ サラダ ピクルス
20170703banngohann 20170705晩御飯



 [ 2017/07/10 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

梅酢でドレッシングを作る

一日、過ぎていくのが早いですね。
新しい週が始まったかと思えばすぐに週末です。

南高梅を梅干しに漬ける過程で上がって来た梅酢液で、ドレッシングを作ってみました。

20170622umesudoressinngu

右の瓶に入っているものが塩分11%で漬けた梅酢です。
綺麗な梅色ですね。
この梅酢は結構の量が出ます。

塩や醤油のように調味料として使えるのは知っていましたが中々、使い慣れていないので
使えない。
が、ドレッシングに仕立ててみました。
せっかくの梅酢ですのでその味を生かして、オリーブ油とコショウだけですが、赤シソや梅くらいは
刻んでいれてもいいですね。
オリーブ油は風味がやや強いので、グレープシードオイルが良かったかもと思いました。
サラダにちょこっと、掛けるだけです。たくさんは掛けません。

23日に新聞に、梅農家さんの料理が紹介されていました。
鶏の唐揚げの味付けに、ニンニクとこの梅酢で味を付けて揚げる(または焼く)だけ。
さっぱりと地元の給食にも出るそうです。
傷みにくく、食あたりを防ぎ、血液サラサラにするなど「梅の食文化は誇りです。」と、ありました。

梅は昔ながらの酸っぱ~い梅干しが、私の好みです。
今年も、梅干しだけは、やはり沢山漬けてしまいました。

この暑い時期に頂く梅干しは特に、とても美味しいものです。
毎日2個くらいは食べるかな。






晩御飯  夏おでん 焼烏賊 ポテトサラダ
晩御飯  とうもろこしご飯 ローストポーク・黒酢玉ねぎソース ヒジキ切干煮
20170618banngohann 2017069晩御飯

とうもろこし「未来」という埼玉ブランドが送られてきました。
もっぱら茹でて頂きますが、塩と酒、トウモロコシの芯も入れて炊き上げる、とうもろこしご飯を炊きました。
もっちりして甘~いです。


 [ 2017/06/25 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(5)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索