FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

やっぱり ぬか漬けが恋しくて

202001ぬか漬け1

この季節の赤カブを見逃しておけなくて、「赤カブのぬか漬けが食べたいなぁ・・・。」と、思っていたところへ
〇印良品の発酵糠が結構おいしいと聞きましたので、新年明けてからすぐ買いに行きました。

202001ぬか漬け2

こういう類のことは、宣伝になるようで書くのを好みませんが、
保存は冷蔵庫で毎日かき回すこともしなくてよいということですし、どんなものか?と思い
使ってみることにしました。

いよいよ他人様が作った糠床を使うかと思うと、変な後ろめたさも無くはないのですが
楽して美味しいものが食べられることに、そんなことはすぐに打ち消されてしまいました。
味は悪くないし、これで簡単にぬか漬けにありつけると、一件落着となりました。
やっぱり、糠漬けは美味しい。






晩御飯 塩鯖焼き 小松菜のベーコン竹輪炒め お正月の残りもの
20200105晩御飯

晩御飯 水菜の肉巻き鍋 ゼンマイ煮物
20200107水菜の肉巻き鍋1

出しを濃いめにとって切った水菜を巻き、鍋の具にする。
豆腐、シイタケと一緒に。

20200107水菜の肉巻き鍋2


 [ 2020/01/09 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

七草かゆ

20200107七草かゆ

無病息災を祈って、七草かゆを炊きました。
と言っても、いつも台所にあるもので炊きますから、今年はカブのお粥でした。
我が家ではいつも朝ご飯に焚きます。
土鍋で炊いたのですが、肝心な時に火の側にいないとふいてしまうので、大騒ぎで炊き上げました。
今日で、松飾りも外しました。

何か古めかしい…アナログの時代の・・・そんな風習のようにも感じましたね。

今日はスケッチサークルの初日でした。
12月の終いの時から今の間のことで、未亡人になってしまった方が居ました。

そんなことが起きるとは誰も思ってもみない突然のことですが、私たちの年代にとっては
明日は我が身の事でないとは言えないことで、
長年連れ添っても、別れの時は一日で終わるかもしれないときもあるということで
つくづく一日一日を、これが最後の日になるかもしれないと大事に暮らすことが大事だなぁと
しみじみと思いました。

新年早々なんですけれど、どちらか後に残った人は、元気で残りの人生を全うしましょう。







晩御飯 クリームシチュウ(生タラ) サラダ フルーツポンチ
20200107ばんごはん

晩御飯 鶏のから揚げ レンソウお浸し 田作り、昆布巻き(残り物)
20200106晩御飯


 [ 2020/01/08 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

お餅つき

20191229餅つき

お餅つきをしました。
鏡餅もうんと小さくして、白、桜エビと草入りの3種6キロ。
11月下旬にも用あってお餅つきをしたので、今回は少なめに。
関東は角餅ですが、作り易さから丸餅にしています。
器械で餅つきをするとは言え、作業を考えると28日にするべきだった。

午後、日曜日も開いている郵便局へ出たら混雑して駐車場に入れず、結局のところ
もう一つ遠方の局へ回り、用を片付けた。
世間様も暮れの混雑。


さて、バタバタとしながら一年を終え、新しい年を迎えられそうですね。
今年はこれで、最後になります。

どちら様も、よいお年をお迎えくださいますように。






 [ 2019/12/29 23:10 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

Merry Christmas!

20191224Merry Christmas

ジジ、ババふたりだけで、浮き立ったChristmas の楽しみもありませんが、長い間の12月24日の
習慣の名残で
今年もチキンを食べるだけのChristmas Eveの日になりました。

“Merry Christmas” は、家族や親しい友人たちと笑顔で楽しく過ごす愉快なクリスマスという意味で
“I wish you a merry Christmas.” は、あなたが愉快なクリスマスを過ごせますようにと願うこと。

つまりのところは、Christmasは、年の暮れ押し迫って、今年もこうしてこの日を過ごせたという
感謝の日ということになるかもしれないね。

キリスト教でもない私たちが、12月25日を何か特別な日と意味つけるならば、それは感謝の日と
ふと、勝手に思ったわけ。

世界中の人達へ “I wish you a merry Christmas.”



 [ 2019/12/25 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

おから床の漬物

20191111おから床 セロリ、キュウリ、ニンジン、赤カブなど。

おから床の漬物、作ってみました。

ある本を読んでいたら、糠床ならぬおからを床にして漬物を作るというものが出ていたので
興味がわいて作ってみました。
出来上がりはおからのほんのり香ばしさもあって美味しかった。

ぬか漬けは確かにおいしいが、何でも縮小の今となっては、手入れが大変。
おから床は毎日かき混ぜることもしなくてよくて、漬けた野菜は洗うこともしなくてそのままを頂くという。
漬け込むときは、野菜を切りそのまま漬け込んで一日。
床は冷蔵庫に入れたほうがよいでしょうね。
漬けた野菜を出すときは手ではなく、箸を使って出した方がよいでしょう。(雑菌の侵入を防ぐため。)

作り方を。

20191110おから床

①おから500グラムは10分位炒って、パラパラにする。(香ばしさと保存性のため。)
②冷えたら、塩大匙2、甘酒200~300cc、生姜すりおろし適宜を混ぜ込みビニール袋に入れる。
③切った野菜を漬けこんで袋の空気を抜き、一日くらいで食べられます。(冷蔵庫で保存)

おから床が柔らかくなってきたらおからを足す。(そのあたりは、糠床と同じ。)
本では一年も持つと書いてあったれど、どうでしょうか?無理がある気がしますが。
これは昔からあったそうで、山間部では作られていたとかですが、私は聞いたのも初めてでした。

お漬物があるというのは 、食卓が豊かになりますね。







晩御飯 刺身 ブロッコリーとハムの煮込み。 茶碗蒸し風 むかごご飯
20191111晩御飯

むかごは子育ての懐かしい思い出があり懐かしくて、売っているのを見ると一度は買ってしまいます。
フライパンでバターで火を通すのも美味しいですね。

 [ 2019/11/13 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

ボケ酒を作る

201910 2018年のボケ酒

こちらはホワイトリカーに漬けた、2018年度製(昨年度)のボケ酒です。
漬けて1年経つと、こんなふうに出来上がります。


今年のボケの実の収穫は、約1、2キロG。

201909ボケのみ


これを綺麗に洗い、切って中の種を除きます。
青リンゴのような、かりんのような‥‥固いです。

201901003ボケの実

今年は、ブランデーが残っていましたので、ブランデー2Lに漬けました。(一般的にはホワイトリカーです)
氷砂糖は300G.
辛口のコクのあるボケ酒が出来上がるのではないかと思います。

20191005ボケ酒

切ったボケ酒は3か月くらいから~、丸ごとを漬けこんだら6か月くらいから~飲めるそうですが
私は1年寝かせます。

漬け頃が今頃なので、一年寝かしたものをいよいよ飲み始めます。
夏の疲れの疲労回復に調度よいです。
やや渋みがある(気になるほどではないが)、大人のお酒です。
わたしは好きですね。








晩御飯 冷食ピラフ サラダ 海老出しスープ 鶏レバーしぐれ煮
20191005晩御飯

晩までお腹がすかなかったのと、昼間出ていたので、冷凍食品を使って。




 [ 2019/10/07 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

栗のはちみつ漬け

20190929栗はちみつ漬け1 ふた瓶で栗500グラム。

栗のはちみつ漬けを作る羽目になりました。
本当は、栗ご飯を作るのに固い栗の皮を剥くのに少し茹でるつもりが、中まで火が入ってしまい
これでご飯を炊いたら、栗の形がぽろぽろになりそうだったので今回は栗ご飯をあきらめて
では・・・・と、はちみつ漬けにすることになった訳。

220190929栗はちみつ漬け2 
火にかけて20分~25分くらい~蒸す。
瓶の蓋は載せるだけで火入れする。

茹でた栗は皮を剥き、瓶に入れてはちみつを注ぎ、湯煎で熱処理して中まで味を通し
仕上げます。

瓶が一度うんと熱くなって、冷めていくときに味が入っていきます。
冷蔵庫で保存しますが、すぐに食べてしまいそうです。
この頃は、凝ったことは何もしませんし、ただのお茶うけでしょうかね。
ホットケーキに載せてもいいかな・・・・。







晩御飯 カニクリームコロッケ 添え野菜 モズクきゅうり
20190924晩御飯

クリームコロッケは揚げるだけの半完成品だそうです。
美味しそうだったので買ってみました。
お魚屋さんが作った準グランプリだそうで美味しかったです。
定年後の三度三度は大変です。
沢山食べれるわけでもなし、大いに手抜きしましょう。



 [ 2019/09/30 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索