はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

梅酢でドレッシングを作る

一日、過ぎていくのが早いですね。
新しい週が始まったかと思えばすぐに週末です。

南高梅を梅干しに漬ける過程で上がって来た梅酢液で、ドレッシングを作ってみました。

20170622umesudoressinngu

右の瓶に入っているものが塩分11%で漬けた梅酢です。
綺麗な梅色ですね。
この梅酢は結構の量が出ます。

塩や醤油のように調味料として使えるのは知っていましたが中々、使い慣れていないので
使えない。
が、ドレッシングに仕立ててみました。
せっかくの梅酢ですのでその味を生かして、オリーブ油とコショウだけですが、赤シソや梅くらいは
刻んでいれてもいいですね。
オリーブ油は風味がやや強いので、グレープシードオイルが良かったかもと思いました。
サラダにちょこっと、掛けるだけです。たくさんは掛けません。

23日に新聞に、梅農家さんの料理が紹介されていました。
鶏の唐揚げの味付けに、ニンニクとこの梅酢で味を付けて揚げる(または焼く)だけ。
さっぱりと地元の給食にも出るそうです。
傷みにくく、食あたりを防ぎ、血液サラサラにするなど「梅の食文化は誇りです。」と、ありました。

梅は昔ながらの酸っぱ~い梅干しが、私の好みです。
今年も、梅干しだけは、やはり沢山漬けてしまいました。

この暑い時期に頂く梅干しは特に、とても美味しいものです。
毎日2個くらいは食べるかな。






晩御飯  夏おでん 焼烏賊 ポテトサラダ
晩御飯  とうもろこしご飯 ローストポーク・黒酢玉ねぎソース ヒジキ切干煮
20170618banngohann 2017069晩御飯

とうもろこし「未来」という埼玉ブランドが送られてきました。
もっぱら茹でて頂きますが、塩と酒、トウモロコシの芯も入れて炊き上げる、とうもろこしご飯を炊きました。
もっちりして甘~いです。


 [ 2017/06/25 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(5)

季節の台所仕事・・・ラッキョウ漬け

20170605・ラッキョウ漬け

ラッキョウを漬けました(2Kg)。
甘酢漬けと、昨年のさしす梅干しの梅酢で漬けてみました。
梅酢で漬けたものは今回初めてなので、2週間後、出来上がりが楽しみです。

甘酢漬けの方には新ショウガを棒のまま一緒に入れてみました。

メロンの漬けもやってみました。

20170529メロン漬け

ファーマーズに小メロンがありましたので、市販の漬けものの汁に漬けてみました(ビニール漬け)。
あまりメロンの味とか香りはありませんでしたが、さわやか漬けものになりました。




こちらで甘味処、開店します~・・・・なんちゃって。

20170602おやつ


上から、クリームあんみつ、クリームアイスコーヒー、クリーム豆寒です。

常備の食材点検しましたら、棒寒天が・・・・いつのでしょう?
アイスクリームを買いましたら、このハー○○・○○ツは超甘口で頂けません・・・・。
で、作ってみたのがこれ。


さぁ、どれにいたしまする?





晩御飯  焼き鮭 南瓜のそぼろあんかけ 冷豆腐 サラダ?
晩御飯  シュウマイ(市販品) 納豆 蛸キュウリ酢物  
20170529晩御飯 20170530晩御飯

 [ 2017/06/05 11:25 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(4)

季節の台所仕事

ファーマーズセンターで早、小梅を見ました。
小梅と云えど、調度よい大きさです。

20170524 小梅漬け1

こういうものはいいものがあった時に買ってしまわないと、その後「あの時買っておけばよかった・・・。」と
思うこともしばしばです。

20170524 小梅漬け

35度の焼酎と塩12%で、早速2キロ漬けました。

先日から梅干しが食卓に上がるようになりました。
暑くなると身体がこういうものを食べたくなり、暑さが陰る頃になると、自然と遠のきます。
よく出来た身体の摂理です。

今年は多分、梅干しは多くは漬けないつもり。
さっぱりと塩漬けだけにしようかと思っています。(赤シソも入れない。)
梅酒ブランデーも梅干しも、昨年のものがまだ残っているのです。





晩御飯  蕗入りいなり寿司 ポテトサラダ 鶏胸肉の茹で鶏 トマト
晩御飯  豚肉の西京漬け焼き 添え野菜 納豆
20170521banngohann 20170522晩御飯

高齢者に鶏の胸肉はとてもよい食材だそうですね。
積極的に摂りたいところです。

今日の鶏胸肉は
鶏胸肉に塩、こしょうを下味をして、酒を加えて30分くらい置き、電子レンジ600Wで15分
2枚ならば8分半くらいかけて、そのままお汁の中で冷えるまで置きます。
それを5ミリくらいの厚さに切って、長ネギをのせて、さらにごま油をたらします。
さらにポン酢をかけて頂きます。

疲労回復と脳にもよろしいとか・・・・
お疲れ気味さんにピッタリですね。






 [ 2017/05/24 22:58 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

蕗の佃煮

蕗の佃煮を作ってみました。

20170513蕗の佃煮

この歳にして、私にとっては上出来に驚いて備忘録を書いておこうと思います。

まぁ、以前にも作ったことはあったのですが、どうも皮が硬かったり味が甘かったり塩っぽかったりで
あきらめモードの料理でしたが

先日この蕗を買ったファーマーズセンターで、農家さんからのメモが付いていて
早速その通りに作ってみたという訳です。

農家さんが付けてくれたメモの通りに転記します。

作り方

『 蕗の佃煮

フキ   1、5キロ                    
A・・・・・酒、90cc ・ 醤油、400cc ・ 砂糖250cc ・ 水50cc
B・・・・みりん100cc

① 蕗は食べる長さに切って(皮は剥かない)10分ゆがく。
② 湯がいた蕗をよく洗って、Aの材料を鍋に入れて煮る。
  煮汁が少量になったら火を止め、時々天地返しをして一晩置く。
③ 一晩おいた蕗にみりんを入れて弱火で煮る。
                                                   』 でした。

私は①のところを圧力鍋で3分煮て水にさらした。
分量もこの5分の1の 300グラム(1把)でした。
山椒の醤油漬けがあったので、山椒入り醤油も使いました。

ほぼ、ベッピンさんに仕上がったと思います。(自画自賛)





晩御飯  桜エビご飯 鰹刺身 南瓜レンジチン(タラモマヨ) ヒジキ煮 金平ごぼう
晩御飯  ベジタブルカレー サラダ ピクルス オレンジゼリー
20170509晩御飯 20170510晩御飯


 [ 2017/05/14 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(10)

何年かぶりの「けむり工房」開店

もう、何年振りかで燻製をやってみています、夫殿が。
「連休にバーべキュウを一緒にしないか。」と、いう誘いに
やってくる息子たちのために、夫が久しぶりに試しの「けむり工房」を開店しました。

20170428けむり工房 竹輪、鶏胸肉、カツオのなまり節

なんとも懐かしい光景です。
チップはいつもの棒状の桜チップ。
今回は試作です。

「まぁ、大体こんなものだ。」・・・・・・・そうです。


私はといえば、先日作ったフルーツバタージャムが、バターが多過ぎたのではないか?という
注文で再度作り直しました。
私は前回の方が好きかなと思いましたが。

20170425イチゴバタージャム
いちご2P,砂糖250G,レモン小1個、バター200G。

こうして始まった連休といえど、毎日が日曜日である私たちには・・・・いつもの日常と変わりなくて
それに混雑は苦手で、連休になると毎日の生活道路も渋滞になっていて
家にいても、買い物にもさっと出れなくなって困ります。





晩御飯  鶏肉カレー風味焼き・添えサラダ 蕗煮 菜の花辛し和え
晩御飯  ニラレバー炒め 揚げ豆腐 サラダ 
20170420晩御飯 20170425晩御飯

ニラレバー炒めには甜麺醤、粉山椒を少々。

 [ 2017/05/01 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(4)

フルーツバタージャム

イチゴバタージャムとマーマレードバタージャムを作りました。

20170409フルーツバタージャム

イチゴジャムもママレードジャムも普通より少し柔らかめに煮たジャムを冷まし、レンジで柔らかくしたバターと
混ぜ合わせ冷蔵庫でさらに冷まします。(バターは溶かし過ぎず、よく混ぜて)
ただ甘いだけでなく、バターの塩味も効いた美味しいバタージャムになります。
ふわふわのしっとりした食パンによく合います。


こちらは竹のバターナイフとジャムスプーンです。
サクラや椿、チューリップやツタの今の時期の花の挿絵を入れました。

20170406バターナイフに絵を

いつも自宅で実った夏ミカンで手作りのマーマーレードを作る友人が居ます。
調度いい甘さ加減の美味しいマーマレードです。
いつもジャムを下さるその方へ、ほんのお返しの気持ちで竹製のヘラに絵を入れるつもりで
描いていたのですが、いつの間にか何本も描いてしまいました。






晩御飯  豚カツ・添え野菜 蕪と生揚げの煮もの
20170410banngohann


 [ 2017/04/14 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

レモンピールの砂糖菓子

20170202レモンピール1

これはレモン酢を作って後、酢から引き上げたレモンから
作ったレモンピールの砂糖菓子です。

ピールの砂糖菓子は香りがあり小さいけれども存在感のあるお菓子ですから
捨ててしまっては勿体ないと作ってみました。
言わば、リメイクの産物です。

簡単に作り方を
ー材料ー 
レモン酢を漬け終わった後のレモン (重さをはかって置く)
砂糖  レモンの重さと同じ量の砂糖 (私はやや少なめでしたが)
仕上げ用に グラニュー糖

ー作り方ー
① 引き上げたレモンに水をかぶるくらい入れて煮こぼす・・・を2回して、水を切る。(苦みを取るため)
② 鍋に①と分量の砂糖を入れて15分位汁気が無くなるか、とろみがつく位まで煮る。
③ 皿などに広げて、水分を飛ばす。(私の場合は丸1日だけ干したが、乾き具合によっては2-3日乾す)
④ 乾しあがったら③にグラニュー糖をまぶして出来上がり。

チョコレートをかける場合は
チョコをレンジで柔らかくして、ピールを付けて、さらにチョコが固まるまでさます・・・で
出来上がりです。

↓作り方③の状態の写真

20170202レモンピール2


レモン酢に漬けたレモンは、ジャムにしてもとても美味しいらしいです。
無農薬、防腐剤なしの国産レモンですから、安心して最後まで頂けます。






晩御飯 乾しハタハタ焼 ホワイトシチュウ 新玉ネギのマヨネーズサラダ
20170211banngohann 20170211ハタハタ干す

ハタハタは生魚で買いましたが、一夜干しにしました。
寒さが強く乾燥しているので、きれいに出来上がります。
内臓を取り、かるく塩して干します。


 [ 2017/02/13 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(5)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索