はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

大江戸骨董市

クリスマスの日にぽっかりと予定が入れられて、代々木公園で開催された
大江戸骨董市に出かけてみました。

この並木通りのすぐ側がNHKふれあいパークがあって、この日、野外音楽堂では
クリスマスフェスティバルも開かれていて、異国の音楽や踊りなどで沢山の人で賑やかでした。

さて骨董市の方ですがこれはお昼前でしたが、見終わるまで3時間半ぐらいかかりました。

20161225ooedokottouiti4

午後からは人出が多く、結構賑わっていました。
この外人の女の子が着た着物姿がメッチャ可愛らしくて、すぐに人だかりができて
スマホカメラが渦巻く位ほどでした。

20151225大江戸骨董市5

外国人の姿も珍しくなく、売っているものはそれは雑多。
懐かしいものや、着物の古着屋、タイルやさんとか食器やさん、いわゆる骨董ものも少し。
どこの国のものか分らない雑貨や、要するに蚤の市にあるようなものなどなど・・・・
今や日本も国際化が進み、こんなところでは英語が話せたらどんなにいいかと思いましたね。

私も大したものではないこの安物のお皿を。
「こぐれひでこさんのブログで見たものと同じだわ。」と、思ったので2枚だけ。

20161225ooedokottouiti4

出店の男店主は誰もおしゃべりで、話好き。
こんなところでは、かけ合いも楽しいですね。
この時、「皿を全部かっていきなよ。」とおしゃいますから
「家もいっぱいで・・・・・あふれているのよ。」と、言うと
「古いのは捨てちゃてサ。」と、おっしゃるので
「そうしたら、これを真っ先に、捨てることになるワ。」(だってこの皿、古い・・・・・)
で今度は、店主が女房と最近喧嘩した話になり・・・・・話はつかの間のエンドレス。

出店全部を覗くのは、数が多くてとても大変。
もう、この辺で・・・とも思いましたが、骨董好きの人は疲れ知らずで頑張りますので
一休みもせず、見終わってから休憩となりました。

この大江戸骨董市も、もう10年目だそうで丸の内の国際フォーラムの会場の方は
この倍くらいの市(300位)が出るとか。
季節が良ければ、ぶらぶらするにもいいかもね。





晩御飯  鮭と野菜の酢つけ 小松菜とがんも煮 胡桃と小魚佃煮
晩御飯  カレー サラダ
20161223banngohann 20161226晩御飯

 [ 2016/12/28 22:02 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(6)

薬師池公園 もみじ祭り

近隣の公園で今年から、「もみじ祭り」を開催していくとありましたので散歩に出てみました。

20161126薬師公園・もみじ祭り1

もみじの小道が美しい。

池の周りではカワセミがやってくるので、この日も恒例の望遠レンズのおじさまの一群が
場所を陣取っていましたが、カワセミ君には会えたかな?

20161126薬師公園・もみじ祭り2

近いのに一年に一度か二度くらいしか来ませんが、今年はその「もみじ祭り」の開催があるというので
来てみました。
(ウォーキングでは時々通過する時もあるが。)

20161126薬師公園・もみじ祭り3

ここは菖蒲の棚田。
奥は炭焼き小屋。左手前は水車小屋。
雪の降った日の2日後でしたがところどころにまだ、残っていました。

20161126薬師公園・もみじ祭り4

この公園は東京百景のひとつに選ばれています。
春の梅見の頃は賑わい、連日街道が渋滞します。

20161126薬師公園・もみじ祭り5

20161126薬師公園・もみじ祭り7

向こうの芝生広場で、そのお祭りをやっています。
近くの高校のブラスバンドや、高校のクラブ活動の野点のお茶。
フリーマーケットや新鮮野菜のお店が連ねていました。
何台かのキッチンカーで小さなフードコートも出来上がっていました。

20161126薬師公園・もみじ祭り6

お祭り時に午後と午前と公園ガイドが出ます。
参加する方達はなんとこの市だけでなく、相模原市や横浜市からの参加が半分とかで驚きました。
市を広く知ってもらうのが目的だそうです。

公園の隣の薬師堂まえで。
左の太い木が、年齢不詳の銀杏の大木です。

20161126薬師公園・もみじ祭り8

今月の標語が、掲示されていました。

20161126薬師公園・もみじ祭り9

ふむ、ふむ、分る....心当たりあります。

もみじ祭りは、11月の最後と12月の初めの土曜日曜と、4日間行われるようです。
主催は市のコンベンション協会かな?

紅葉真っ盛りを目指して出掛けるのですが、今回は良かったようです。
すでに何年も蓮花の時期の観蓮会は開催されていますし、「もみじ祭り」も続いて
いくのではないでしょうか。






晩御飯  鶏もも肉のトマトチーズ焼き 里芋味噌煮 こんにゃく味噌 クレソンのスープ 
晩御飯 鯖のカレー味ソテー 椎茸焼き おから煮 豚汁
20161126banngohann 20161124banngohann



 [ 2016/11/30 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(6)

冬のドライブ、山中湖へ

降雪の翌日、宮が瀬から~一般道を通って山中湖までドライブ旅をしました。

本当は紅葉が目的だったのですが、前日に降った初雪のせいで風景は一変。
紅葉はあまり目にとまらず、山々の木々がクリスマスのようにワタボウシがかかっていて
「クリスマスの情景のよう・・・。」と、感嘆しました。

ここは山梨県南都留郡道志村の道志川。

20161125山中湖までドライヴ1

まだ厳冬期ではないですが、昨日の雪で今朝は気温がうんと下がって、川の水温と気温差が
あったのでしょう。
川面から水蒸気が上がって、川面の色も美しい色合いをしていました。

20161125山中湖までドライヴ2

道志川は夏には魚釣りやキャンプ場になります。
我が家も随分昔によく、職場の家族と一緒に魚釣りに来ましたっけ・・・。

ひと休憩した後、宮が瀬湖畔へ。(宮が瀬湖畔遊園地)

ここは、26日(翌日の日)からイルミレーションが始まりライトアップされ、賑わうとかで
支度がされていましたね。

20161125山中湖までドライヴ3

そして道の駅で、お食事と買い物。(写真は忘れました。)
そこの方の話では、前日雪は25~30センチくらい積もったけれど、この辺りではすぐに
除雪車が出るそうで、積もればまたすぐ・・・何回も除雪されるそうでした。(おかげさまで)

その後ドライバーが10キロ~先の山中湖まで行けると判断をしたので、山中湖まで行くことになりました。
ダメだったら、何時でも引き返そうと思って来たのです。

山中湖に着いたのは午後2時半ごろでした。
朝の私のアクシデントがなければ、もっと早くに着けるころだったかもしれませんが
取り合えず、大きな富士山が迎えてくれました。

20161125山中湖までドライヴ4

山中湖でワカサギ釣りの御一行さんが降りてきただけで、誰とも会わなかったです。
こんな静かな山中湖は珍しいですね。

20161125山中湖までドライヴ4

そして折り返し地点を引き返し、「温泉に寄れれば・・・・。」と計画してたのですが
今は日の一番短い時。
あっという間に暗くなります。

帰り、来る時に寄った宮が瀬湖畔遊園地が闇の中で、ひと際明るく浮かんでいるのを見つけましたので
「明日の試運転のイルミネーション!!」と分り急きょ、また降りてみることにしました。

20161125山中湖までドライヴ7

まぁ、ラッキー!

20161125山中湖までドライヴ8

貸切のような状態で楽しんできてしまいました。
クリスマスムードが一気に盛り上がっていました。

20161125山中湖までドライヴ9

ここを出たのは6時半ころだったか?
もう暗いので温泉はまたにしましょうと、帰途になりました。

雪の翌日のドライブでしたので普段出合えない風景も見れましたので、明日への英気へと繋げられたかも。
皆さんお疲れ様とお世話様でした。
感謝、感謝です。




写真はスマホのカメラで写しています。
記録としてなら、許せる範囲ですかね。
まぁ、腕もないのでどれを使っても同じですが。


 [ 2016/11/28 13:40 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(5)

外苑銀杏並木

神宮外苑の銀杏並木です。
今年は、調度よい見ごろに行ってみることができました。

20161116外苑イチョウ並木1

咋年は、落葉が始まっていた時でしたから、今年はよかったです。

20161116外苑イチョウ並木2

本当ならば第20回いちょう祭りが行われるはずでしたが、先だっての代々木公園でのアートのお祭りで
子供の死亡事故が出てしまったので、影響でお祭りは中止になったようでした。

この日も、昔の自分を思わせる光景も出会いました。
私も昔、ここで美術科の写生のスケッチの授業をしたのです。(もうかれこれ50年近く前かしらね?)
この女学生と同じ長い髪を垂らしていました。

20161116外苑イチョウ並木3

絵画館ですが、銀杏との木とコラボして撮ったら絵画のようと思わせるシチュエーションになるはずの
場所のですが
一枚目の写真を道路まで出て撮れば、この絵画館が並木の中央に入りますが
車の往来で勿論それは撮ることはできません。

KIMG0177_20161119164742.jpg

この日は散歩も兼ねていましたから、銀杏の並木を引き返さずに神宮球場や秩父宮ラグビー場の
回りをぐるりと回って、地下鉄の駅の方の両親のお寺を目指しました。

途中、向こうに見えるのは新宿のビル群です。(手前は道路工事中で)

20161116外苑イチョウ並木X

お墓参りは外苑に来たら寄るつもりではありましたが、手ぶらで来ましたので
近くで花を用意してお墓参りをしてきました。

もう、いないはずの母が
「まぁー、よく来てくれたわねぇ。あなたに会えるなんて夢のよう・・・・。」と、あの日の頃のように
言ってくれているのが聞こえるようでした。
帰りは帰りで「もう、帰るの? お名残り惜しいけどしょうがないね・・・。」と、いつもの母の声がしました。

「また来るからね。」と言って、お墓を後にしました。


きょうもいい日になりました。


 [ 2016/11/21 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(6)

日比谷公園ガーデニングショウ

26日午後、出てきたついでに、東京都心のオアシス「日比谷公園のガーデニングショウ」に
寄ってきました。
公園脇の花屋さん日比谷花壇さんでは今年、ハロウィンのお店の飾りつけはほとんどなく
カボチャが4~5個地面に置いてあるだけでちょっとさみしかったです。
かつては、それは憧れのショウウィンドウでしたから・・・。


20161026日比谷公園ガーデニングショウ1

会期中には、コンテスト作品の展示や、コンサート、ガーデンファションショウ、市民カレッジ、
おもてなしガーデン、マーケットとそれは盛りだくさん。

でも私は、この日の午後だけですからガーデンコンテストのさまざまを中心に見せて頂いてきました。
華やかで、美しい・・・のひとこと。

20161026日比谷公園ガーデニングショウ2

数にしたらどれだけだったか、ハンギング バスケットだけでも60~80作品以上~くらいだったか?

そしてこちらは、おもてなしガーデンの大きな寄せ植えこみ。

20161026日比谷公園ガーデニングショウ3

夏の頃に上野公園へ行った時に、そういえば、上野恩賜公園「夏のおもてなしモデルガーデン」が
展示されていて、とても美しかったです。
街に花・・・・

これからは2020年のオリンピックに向けて“街に花”は一層発展していくであろう分野だと
思いました。

言葉は無くとも、花はいろいろな場面で人々を歓迎し、心を慰め癒し、豊かにして来たか
花の力はとても大きいと魅了されて帰ってきました。

とてもとても写真では、報告できないくらい生き生きとしてどの作品も美しかったです。







 [ 2016/11/01 15:41 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(6)

人生がテーマの映画会

20160829映画会

これは昨年度映画館で上映された映画でしょうか。
近くのホールで「人生をテーマにした映画会」が、毎月一度あります。

私は小説を読まない方なので映画も見ない方ですが、近くなので観てきました。

物理学者ホーキング博士の映画化です。
大学生の頃、難病ALSで余命2年と医者から言われたけれど、幸いなことにちゃんと生きれていますよね。
それほど大変な病気と言ったのですが、お医者さんの言うことが全部本当だなんて
私は思わないことにしたいです。(結果論かもしれないですけど)

おっとと、愛がテーマでしたね。
実はこの映画を見ていて、頭に浮かんだある夫婦がいました・・・・。
病気や障害を持った家族の大変さは、この映画には主には描かれていませんでしたが
博士自身の日々の努力は一番でしたでしょうし、自分の才能を人生の中で開花することが出来たのは
家族(この場合は、妻)の愛ということだったのでしょう。

今もホーキンズ博士は一度目の妻とその子供3人と会う機会もあって、よい時を思い出しているのだそうです。

人生には思ってもみないことが、あれこれと起きるものです・・・・・


この後も毎月一回、日にちが合えば観に行こうかと思っているところです。
9月 「マダム・イン・ニューヨーク」
10月 「徘徊 ママリン87歳の夏」
11月 「ショーシャンクの空に」と続く。

300席が満席でした。
8月末のことです。






晩御飯
鱈揚げあんかけ じゃこのおろし モロヘイヤの胡麻ドレ
20160831banngohann





 [ 2016/09/05 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(4)

仲間旅

ここ数年の、信州白馬までの小さな旅に出かけました。

NHK大河ドラマでやっている松代城へ。
真田十万石の城下町 信州まつしろですが綺麗に整備されて訪れる人を歓迎しています。

20160628-1

ちょっと変わった城への門(写真下段真ん中)
敵の侵入をいち早く阻止する工夫が・・・。
歴史ある地でしたがTVのドラマも見ていないし、歴史の苦手な私には残念ながら興味を魅かれるものは少なくて・・・
城壁の積み石塀が美しいと思いました。

小さなお城でしたがガイドさんの話にくっついて回った後は、時間があったので私ひとりは、
すぐ隣に隣接する 「池田満寿夫 美術館」に入りました。

20160628-2 美術館建物玄関口と中庭の展示物。

池田満寿夫さんが活躍してた頃は、あまり興味を持っていませんでしたが、館内に飾ってあった版画や絵は
綺麗な色合いやユニークな画風で、「なかなか素敵。」と思いました。
池田満寿夫さんは、長野県出身だったのですね。
版画家、画家、芥川賞作家、映画監督、彫刻家、陶芸家etc・・・と多彩な才能を持って活躍していたようです。
私の若かりし頃のTVを賑わした頃の、ぼさぼさ頭の姿とは違う、若かりし頃の純粋っぽい
池田満寿夫さんの大きなポートレートは、よくて、
「人は何かに燃えて生きているときは、純粋に美しいものだ。」と、思いました。

とんだ旅の途中で、この美術館を見ることができてよかったです。
生前の住まいがあった熱海市にも美術館があるそうです。



翌朝早くに、ホテルのガーデン「コルチナ・イングリッシュガーデン」を楽しみました。
花はまぁ、調度よくて、今まで来た中では美しいガーデンの時期でした。

20160629-3

冬はスキー場に。

20160629-4

↑ガーデンの壁に誘引された極小のバラの可愛かったこと。

20160629-5

花は、力強く生き生きとして美しい姿でしたね。

その後、サクランボ狩りをし(多分、若い頃に行った時の半分の量のサクランボは食べたと思う・・・。)
すぐにもぅお腹がいっぱいになって、果物の果糖は、超スピードで血糖値を上げると分りましたね。
こんなにお腹いっぱいサクランボを食べることはありませんね。

20160629-6

小布施のまちで、美味しい信州そばを食べたり。。。。
界隈をぶらついて、東京へ帰途になりました。

大きな雨に降られることも無くて、幸いでした。

20160629白馬




 [ 2016/07/03 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | CM(-)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索