はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

リースのリメイク 2点

そろそろ片づけてもいいのだがと思いながら、一年ほど前に作った花のリースを、リメイクしました。

20170821rimeikuri-su2

20170821rimeikuri-su1

中心の色花の輪が以前に作ったものですが、だんだん痩せてきましたので、アナベルのドライを足して
大きくしました。

アナベルは加工して白くすることも出来るそうですが、これは1カ月くらい前に
仕立て直ししたもので、その頃の緑色のままです。

いつまで飾って置くのかとも、自分でも思いますが、これでまたしばらく・・・。
再々リメイクは多分出来ないでしょう?汚くなって来て。
直径40センチくらいになりました。


今日は気温が30度も行かない曇りと聞いて、気になっていた雑草取りと庭片づけをしました。
心にちょっと“怒り”があったものですから、思い切って処分処分と勢いがつきました。
夏の花を早めに片づけて、新しい季節へ花計画も。
普段ついでと言って花屋さんに寄るのは、要注意だなぁ。。。
後で困る。よく考えて連れて来ること。
それにしても、夏のすごいこと!
春の時期の新しい命が育つ時の、何でも大事にするような気持は、真夏の茂みからは
生まれてこないような気がする。

猛暑の日にはしばらくならないようですから、もう少し頑張りましょう。





晩御飯  チンジャオロースー コンニャク酢味噌 納豆
2017-817晩御飯

 [ 2017/08/28 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(3)

文化人形を縫う

2017070文化人形
大きさは 大・32センチ 小・24センチ

通っているカルチャーで縫った課題作品の文化人形です。
この時期少々、暑苦しい色合いです。

文化人形とは・・・ネットから。
大正から昭和初期にかけて作られた、多くは赤い服を着た洋装の布製の人形のこと。
また、それらを模して作られた人形のこと。
文化人形の「文化」とは、文化住宅、文化包丁など様々な派生語を生んだ、当時の流行語。
東洋人にはないぱっちりとした大きな目、しかし西洋人のような碧眼ではなく、白目の部分に水色を差して、
全体は黒目となっている。
服の色は子供を守るという迷信から赤がよく使われる。(これは、つるし雛にもあるね)
スカートにひらひらのフリル、大きなボンネット、すらりと伸びた長い足、手と足の印のリボン。
必ず靴を履いている。

記憶のず~と奥に、この人形の記憶は面影がありますが、この人形で遊んだ覚えはないです。
私の時代はミルクを飲ませたりおしっこをしたりする、ゴムでできた丸っこい人形でした。
3歳下の妹の時代は、ナイロン製の髪の毛ある人形(多分ゴム製)でした。
姪の時代は、スラリとしたリカちゃん人形ではなかったかな。

もしかすると、母の時代の頃の人形の形だったかもしれない。
こんな顔のこんな目をした“ぬり絵”は、した覚えがありますね。


こちらは、私が10歳の頃の人形。

20170724watasino人形 28センチ

お蔵入りの思い出の人形で、服は、母の手作り。
ずっと捨てられず、今になりました。





晩御飯  生鮭のラタトウユ添え 焼き茄子 鮪の白昆布和え 
晩御飯  八割そば(乾麺) 南瓜のそぼろあんかけ 厚油揚げの味噌ネギ焼き 干物烏賊焼き
201170719banngohann 20170723banngohann


 [ 2017/07/28 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(4)

夏花リース

20170714natuhanari-su

夏のドライ花で、いつもと変わらずのリースを作りました。
入っている花は、アナベル(白・ピンク)、オレガノ・ケントビューティ、リモニュウム 、紫陽花クレナイのガクの5種。
大きさは直径25センチ。

ドライにする花は、花の一番美しい時に切るのが良い。
庭で咲かせるをモットウのようにしていては、ドライにするには遅くなって、美しいドライの花は
出来ない。

そんな訳で、アナベルも、ピンクも、オレガノも、みな、少々遅かりしで
初初しい色合いは出せなかったかなと思います。
ケントビューティのガクが日向で育って緑色が濃くなったせいもあり、夏の感じはするかも・・・。

20170713リース花2



巨匠の絵も見に出掛けたいし、そんなに遠くは無い本屋にも出かけたいのだが
朝からのこの暑さ(熱さと言いたいくらい)で、朝の水やりを終え家の中に入ったら最後
出掛けようという気にはちょっと…なれないでいる。
上野へ行ったら、ついでにパンダの赤ちゃんも見てきたいなぁ・・・。(まだ公開はされていないが)
この暑さで、動物たち・・・参っているでしょうねぇ。






晩御飯  豚肉と茄子のプルコギ トマトと鶏ハムサラダ 冷豆腐 枝豆
20170714晩御飯

毎日変わり映えのないご飯ですが
ファーマーズCで買うトマトは、正真正銘のトマトの味が濃くて
ジューシィでとても美味しい。


 [ 2017/07/18 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(7)

新しい刺繍(フリーステッチングニードル)習いました

20160621刺繍

フリーステッチングニードルという新しい方法でする刺繍を習い、作品を仕上げました。
私はマットに仕上げましたが、仲間は巾着に仕上げたり、サロン?に仕上げたりしました。

このフリーステッチングニードルは特殊な刺繍針を使って刺すだけの刺繍です。
糸ばかり大量に使ってもこんな感じで、私はあまり面白くなかったです。

刺繍は一針一針縫うものが好きかな~。


教室に飾った作品が帰ってきました。
以前に作ったものばかりですが。

☆カルトナージュしたおもちゃ箱に ニードル羊毛手芸の人形4点

20160621出品作品1

☆A4サイズのセカンドバック3点にイーラーショシュの刺繍

20170624tennzisakuhinn

グループの作品展、好評だったとか。





昼ごはん 冷やしトマトラーメン(市販のもの)
晩御飯 焼き鰊 茄子の揚げびたし 五目豆 
20190619昼ごはん 20170621晩御飯

お昼にトマト冷やしラーメンなるものがありましたのでお試しに食べてみました。
昨今のトマトブームに乗ってでしょう・・・
付いていたスープは、トマトのすりおろしにブイヨン味をプラスしたようなお味でした。



 [ 2017/06/26 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(2)

今月の絵遊び会の4姉妹

今月の「絵遊び会」でした。

20170613絵遊び会

すっかり手芸の会になってしまっている「絵遊びの会」ですが、ボディから人形を作ってみました。
今日仕上がりました。
初めて作るものは、いろいろな教訓を残します。

ああすればこうだったとか、こうしたらこうなっただろうとか・・・言いだしたらきりがありませんが
それは将来に向かっての学びの一材料になります。

顔が入ると急に個性が出てきて、笑いで盛り上がりました。
「家の子が、一番可愛い!」という、身びいきな人も現れて
お人形さんでもこの個性ですから、私達だってみんな違って面白いのですね。

こちらは3月に作ったやはり手芸で、「可愛いワンちゃん」でした。

201703絵遊び会

こう見て来ると、「これはこの方の好みだわね。」とかが段々に分かってきます。
そんな風に時を重ねて、私達もお互いが近くなってきますね。

そんな訳で来月は久し振りに手芸では無くて、「絵遊びの会」の名に相応しいものを予定しています。





晩御飯  揚げ鶏の野菜あんかけ 添えサラダ 切干と長ネギの甘辛炒め 
20170611晩御飯

緑色の飲み物はジンライム。


 [ 2017/06/13 18:06 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(5)

春の花でリースを作る

20170610ri-sutukuri

クリスマスローズが咲いた頃からドライにしてきた庭の花で、白を主にしたリースを作ってみました。
♪クリスマスローズ、♪水仙・エルリッチャー、♪アリューム・トリケトラム、♪オオテマリ、♪ローダンセマム
♪センニンソウ、♪ライスフラワー、♪ハナキリン、♪ヘリオトロープと頂いた薔薇の10種類。

大きさは直径25センチ。
白い色はミルク色で優しい感じですが、やはり少しさみしくなるので少しばかりの色も入れて。

「チューリップの花さえドライに出来るのですから、水仙も・・・・。」とやってみたら見事に成功。
ちょっとした驚きになりました。






晩御飯  鯵干物 トマトと蛸のカルパッチョ 鶏ハムと胡瓜もずく酢 
20170607晩御飯


 [ 2017/06/11 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(7)

一枚布バック と 手作り人形

昨日は夫が留守で、「じゅっくり落ち着いて、自分のことができるぞー。」と思い、半日このバックを
縫って仕上げました。

20170526バック

作っています。

20170525バック2


NHKの昔のテキストから、一枚布で縫うバックです。
本当は、パッチワークで縫うのが紹介されていたのですが、わたしは、パッチワークはできませんので。
持ち手は、古いバックに付いていたものを捨てずにあったものを使って。
キルト芯を入れてリバーシブルに仕上げています。
和風に仕上がっていますが、布地はカーテン生地です。(友人に何かに使ってと、頂きました。)

もうひとつ、今度は大きなバックを縫ってみようと思っています。
私はどちらかといえば、トートバックのようなものを多く使っていますので。

そんな訳で今日は、都心の美術館へ出かけたかったのですが雨が結構本降りで寒くて、
出鼻をくじかれました。


それとこちらは家で友人と縫っている今回は人形・・・です。

201670526手作り人形

男の子も作ってペアにしてしまいました。
このタイプの人形は3組目です。

通っているカルチャーで、新しく習った刺繍のものも仕上げたのですが只今、提出中です。
そして過去に作ったもののいくつかをカルチャー教室で、みんなの作品と一緒に展示しています。


28日追記
前後しますが、バックの方ですがもうひとつ、大きいバックが縫い上がりました。
元の図案よりひとまわり3センチ大きくして


20170528tetukuribakku2

二つ揃って。

20170528tetukuribakku3

同じく色違いのピンクのカーテン生地です。
大きさは1,5回りくらい大きいです。
これでもう、一時バック作りはお終いです。







晩御飯  カレー肉豆腐 サラダ セリの胡麻たれかけ
20170525晩御飯

バックを縫いながらTVの料理番組を見ていました。
今晩の晩御飯・・・カレー味の肉豆腐にしようと思って・・・。



 [ 2017/05/26 12:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(8)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索