はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」

ドキメンタリー映画でした。

20170628人生フルーツ1

20170628人生フルーツ2

「風が吹けば、枯れ葉が落ちる。枯れ葉が落ちれば土が肥える。土が肥えれば果実が実る。。。。。」
人間らしい暮らしを求めて実践したご夫婦のドキメンタリー映画で、人気の映画だそうです。

近くのホールで、グローイングアップ映画祭というのが毎月1回上映されていて、そこで選ばれて上映された映画です。
時々よさそうなのを見計らって見に行っています。
毎回は午後に1回上映されるだけですが、この映画は午後に2回上映されて満席だったようです。

夫の修一さん(90歳)は若い頃、初期からの日本住宅公団に勤めて活躍した方だそうです。
設計や企画などしたようですが、高度成長期にあって中々自分の提案した設計図のように人の住宅が建っていかない。
そこで自分の家を尊敬する設計者を模範として建てた家に暮らすようになる・・・・・

妻の英子さん(87歳)は、暮らしの中から生まれたもの(雑木林の収穫物や畑の野菜など。)で
何でも手作りをする・・・・
雑木林も苗木から植えたもの。
豊かな素敵な暮らしです。

夫の修一さんは、「何でも自分でやってみなさい。」と、言うという。
そうすれば、なにか、なにか分かることがあるから・・・。
何々をやりたいと言えば、「やってごらんなさい。」と、応援してくれる。

英子さんはご主人主導で暮らしてきたという・・・
ご主人のためにやってあげることは、回りまわって、自分に帰ってくると(親に)教えられたという・・・

「家は暮らしの宝石箱でなければいけない。」・・・と。

私は昔見た、フリップ・モリスの展覧会での、ワンフレーズを思い出した。
「暮らしは、美しくなくてはいけない。」

言葉の中から、どれだけの意味を拾うことができるかは、見る人次第。
高齢のふたりが支え合う生活も中々素敵でした。

機会があれば、どうぞご覧に。
ちょっぴり涙も笑いもあって、中々いい映画でした。






晩御飯  牛筋カレー サラダ
20170627カレー

 [ 2017/07/01 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

内視鏡検査の顛末

20170620ヒューケラ ヒューケラたち。

6月の初めの頃の話です。

大腸の内視鏡検査を受ける羽目になりました。
あれこれ書こうかとも思いましたが、ちょっと生々しい話になってしまいそうなので辞めておきます。
結果を言えば先生は
「検査の結果は、精密検査に出しましたが異常は無いので安心して生活してください。」と
おっしゃいました。

そういうことでした。
今思えば、草むしりをした後の疲労が少し長引き、過労がたたったという自己判断です。
自分でも多分大丈夫と思って、晴天のへきれきにはならんだろうと思ってはいましたが
今後は無理はしてはいけないと警鐘にはなりましたね。
友人から、「無理すると、また、なるらしいよ。」と、言われました。

内視鏡検査を受けたことのある人は周りにも結構多くて、この話が出た時、聞いたところによると
75%の人が経験していて(たまたまかもしれませんが)驚きました。
私より若い人も5人もいました。

また、自分は麻酔が効きにくい体質であること。(昔に分かってはいたことではあったが。)
血圧は、とても正常だと知りました。(普段計ることが無いが。)

結果を聞いた日の病院の帰り道、花屋へ寄り自分のためにエキナセアの花を買いました。

たまたまその時に買ったエキナセアはハーブです。
その根に、免疫機能を高める成分を含み、最新の研究で、抗ウイルス性、抗菌性、
免疫強化性などが実証されている花だそうです。
数あるエキナセアの中でもとくに、エキナセア・プルプレアという
花にその成分が多くあるそうですが、私は植えて咲かせて眺めて楽しむだけです。
後になってこの日にこの花を買って、今の状況にちょうどいいと思いました。

20170622ekiseana

この花を見る時、きっと今回の内視鏡検査の顛末を思い出すかもしれません。
異常なしで良かったです。







晩御飯 焼鮭 焼き鳥 ホヤホッキ貝の辛し味噌和え 茄子とピーマンのナンプラー炒め
晩御飯 刺身 ゴーヤチャンプル ヒジキ切干煮 鶏レバーしぐれ煮
20170617晩御飯 20170620晩御飯

追記・・・訂正します。
(誤) ホヤの辛し味噌和え は間違い。
(正) ホッキの辛し味噌和えでした。

見た方を惑わしましたね、ごめんなさい。
 [ 2017/06/23 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

老いていくという一抹の寂しさを感じるとき

最近買った20センチの小さなフライパンです。

20170401フライパン 20センチのフライパンと野菜炒めパン

今のころ、独立していく人たちのために小さめの鍋やフライパンが大型店舗の
家庭用品のコーナーを飾っています。

私たちも夫婦二人になって、ふたり分のご飯てわけなくて
朝のちょっとした卵焼きを作る時、お昼のラーメンの上にのせる野菜炒めをする時など
油が飛び散るばかりで大きいものが必要が無くなってきた感じがします。

老いの坂を緩やかに下るとき、時に賑やかだった若い家族構成を思い出し
一抹の寂しさを覚える時があります。

台所用品にも、フライパンにも小さなサイズに変えることがあるなど思ってもみなかったですが
これも若い頃の時代のようだと思えば何のこともありませんが、
こんなところにも人生縮小の寂しさがやってきたことに、心が小さく痛みます。

普段は元気に暮らしていても、後何年あるではなく、後何年しかないと、数える方が
多くなったようにも思います。
ろくなものも出来ないうちに一日が終わっていきます。

年を取るということを時々、ふとしたことから教えられるでも無く感じること、
老は偶然であったらと思いたいですが、必然の成り行きですね。

ましてや、こういう記事を書こうとは思ってもみませんでしたが「まだまだ・・・。」と
言われそうですが、寂しいものです。






晩御飯  牛筋煮 焼カレイ ホタルイカと人参ラペ盛り
晩御飯  手巻き寿司 
ホットサラダ ホタルイカの茶碗蒸し
20170330晩御飯 20170331晩御飯

手巻きは自分で巻いてもらえばよかったですね、
ぐちゃぐちゃになってしまって。
ホタルイカの茶碗蒸しは、新聞に載っていたので作ってみました。
ホタルイカをさっと生姜と醤油で煮て、中に。上にも載せて、汁をあんどきしたものを流します。
どうかな~、普通の茶碗蒸しの方が美味しかったかも。

 [ 2017/04/04 18:01 ]  生活 | TB(0) | コメント(5)

試し遊び・・・・

思えば、あれやこれやの大体のものがお遊びで・・・・・。
そろそろ桜も咲く季節ですから、こういうお遊びは湿度が上がってきますので出来なくなりますね。

♪リンゴを干してみました。

20170224rinngohosi

干すのに切干大根を干す2倍くらいの期間は掛かりましたが
まー、それは、甘~い甘~い干しリンゴになりました。
野菜や果物の多くは水分で出来上がっていますから、干すことによって味が凝縮されますね。
切り口がやや酸化した色になっていますが、さほどでもないにはちょっと意外でした。
そのまま食べます。

♪ドライレモン

201703dorairemonn

レモン酢を作った後のレモンをいい加減長いこと干してみましたが、こういうものの使い道はあるのか?
レモンピールばかり作っているわけにもいかないので、お遊びで。
ネットでは紅茶に入れてもおよろしいとかありましたが、あまり紅茶は飲みませんし。
酢の匂いはすっかり飛んでいます。

こちらは、♪バラのドライフラワー

20170310、♪バラのドライフラワー

冬の間、どういう訳か切り花のバラがお安く手に入りましたので、生で飾った後、干してみました。
冬は温度も低く乾燥していますから、きれいに出来上がります。
本当は、古くなったリースをリメイクしようと思って材料作りを始めたのですが
どうも、まだ手掛けられそうにないのです(気分が乗って来ない)。

ただこれだけのことですがいつかは何か役に立つことや、思い出して利用できることになるか
だたの冬のお遊びで終わるか・・・・というところです。





晩御飯  焼チキン・野菜添え 大根菜煮 豆腐のはちみつ掛け
晩御飯 揚げカレイのあんかけ 目カブお浸し あさりと春キャベツの酒蒸し
20170301banngohann 20170728晩御飯

「ひとさじのはちみつ」という本の中にあった、お豆腐のはちみつ掛けを試してみたのですが
なんとも、感想が書けません。
もう一度やってみたら書けるか知れません。
高級プリンのような味とか・・・・?
 [ 2017/03/11 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

お雛様、やっと出しました。

ここ何年か、日の目を見ない私んちのお雛様ですが、やっと出しました。

女の子が居なかったので私が自分に買った陶器のお雛様。(デパートで衝動買いした)

20170226お雛様1

こちらは多分実家にあったお雛様。

20170226お雛様2

私たち姉妹が幼いころにあったガラスケースに入ったお雛様は(三ケースあったと思うが?)
多分、実家の引っ越しでもう、とっくに処分されてありません。
が、母が絵を描いたり、その時期の雰囲気をちょっと味わった時のものではなかろうかと思いますが
よくは分りません。

こちらは私が作った焼き物のお雛様や、いつの間にか集まったもの。

20170226お雛様3

関東と関西ではお雛様の立ち位置(左右が)が違うようですが、今は大体、関東の飾り位置が
多いようです。

ガラクタおもちゃ箱のような箱にはまだ、紙粘土で作ったお雛様やチリメンで縫ったもの
吊るし雛などなど
他の小さなものと一緒にごっちゃりと入っていました。

断捨離と叫ばれて久しい昨今ですが、動物や人形の形をしたものは早々にゴミ箱行きには
出来なくて。

とにかく今年はやっと出せました。
出すだけなのに、3年ぶりか?4年ぶりか?、もっとになるかもしれませんね。
桃の花を買って一緒に飾りましょう。

幼いころの雛祭りの思いでもあるのですが、すでに過去に語ったと思いますので。
お雛様の前に、きれいなお菓子をいろいろ並べて飾りましたね。
やっと出した雛人形は3月、しばらくは飾っておこうと思います。






晩御飯  チキンカツ 添え野菜 芽かぶポン酢
晩御飯 豚肉と野菜ののポン酢 ヒジキ煮 
20170223晩御飯 20170224banngohann
海藻類は大好きです。
芽かぶが旬で、買い物に行く度に買って帰るのでは?
身体にとてもよさそうで。
 [ 2017/02/28 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(9)

コトコト・・・チクチク・・・と、歳を重ねる冬の一日

1月もはや、最後の一日。
朝の新聞を読んだ後、沢山は作りませんようにと、冷蔵庫にあるものでおでんを仕込んだ。
さぁこれで日中は、お気楽極楽にチクチクでも仕上げますか。

20170131おでん

一方、物置に置いた、頂いた大根がいつまでも置きっぱなしで気になった。
3本もある・・・・寒の時に切干を作っておこう・・・・。刻むだけだもの。

20170131切干し乾し

皮は・・・待てよ、3本もしたら結構に出た。
何でも皮と実の間に、栄養はあるというではないか。
今の時期、大根は皮だって軟らかい。
大体捨てるところなど、美味しいものとは思わないので、料理は工夫する。
こうやって、料理は進化するものだ・・・などと、勝手にうんちくを・・・。

20170131大根煮

人参とお揚げを足して、大根の皮の金平煮が出来上がった。

自分の時間を自分の好きなことに使えることは、人生ではとても贅沢なことだ。
夫が宮仕えの時代は、私も一緒に暗いうちからバタバタとして来たものだもの。

バラの針刺しはあれから、差し上げたい人の顔が浮かんで更に2個作ってみた。
バラの針刺し姉妹の出来上がり。

20170131バラの針刺し姉妹

まぁ、納得できるものが出来上がらないので、もうひとつくらいは作ってみるかな。
そうしたらバラの針刺しも卒業だ。

A5のノートカバーの刺繍もコツコツと7冊出来上がった。


若いころは冬はとても嫌いだった。
エネルギーみなぎる夏が好きでした。
その頃の夏は今の様子とは違い、こんな気が狂ったような暑い夏ではなかった。
もっと品格ある夏だったような記憶がする。
それから好きな季節は秋が一番、気持ちに合う・・・と思い、今年は「冬ってなかなかいいじゃない。」と
思える日も多くあった。
春などは言わずと知れたいつの時も、いい季節だ。

これは、年を重ねた結果かと思う・・・・。
これで私の人生も、それぞれの季節と仲良くできたと思うと、「これで、よしよし。」





晩御飯  ハンバークのトマトソース煮 蕪と厚揚げ煮 蕪と金柑の梅酢漬け 金平牛蒡 鮭缶スープ
晩御飯 おでん 大根皮のきんぴら 春ワカメの生姜和え
20170130晩御飯 20170131晩御飯
 [ 2017/02/01 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(4)

七草粥

今朝は例年のとおり、七草粥を頂きました。
グッと冷え込んだ朝で、バードバスの水もガチガチに凍っていました。

20170107ななくさ

いつものように無病息災を祈って、土鍋で一合だけ炊きました。

20170107七草2

湯気の向こうは、普段の生活が待っている。
「また、一年頑張りなさいよ。」という、声なき声が聞こえるような気がして
気が引き締まります。

「頑張りますって!」





晩御飯  豚しゃぶ なます・烏賊はりはり(正月残り)
晩御飯  刺身 煮しめ(正月残り) レンソウおひたし
201170106banngohann 201170104晩御飯

 [ 2017/01/07 09:15 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索