はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

万年青の株分け

今の時期、果たして万年青の株分けをしていいかどうか
分からないのだが、鉢が一杯になってしまったので株分けした。

鉢はやっぱり、100円均一のもの。
鉢から出してみたら太い根があり(主根?)それを割ってしまったから
少々心配。

この万年青の元は31年前に、結婚しはじめて借りた家に入る前に、
母が『お守り』として持たせてくれたものだ。
安全と繁栄を願ったおまじないかもしれない。

それから、引越し3回。
行く先々の新居に持ち歩いた。
今の家が最後の住処になると思うが、それこそ家の四隅に
茂るようにあり、正月にはその赤い実を床の間に生けるほどだ。

私も何かしらの縁起かつぎをしているのかもしれない.


20061030220602.jpg


20061030220538.jpg

 [ 2006/10/30 22:33 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

「無理はしない」といえど..........

先週は忙しい一週間だった。
「無理はしない。」と心に決めて動いていても、
エンドレスで用事は入る。
睡眠だけはしっかりとろう、と思ってはいてもついつい遅くなる。
いろいろある世の中だから、眠りの質が悪くなると最悪。
眠っても「寝たぁ!」という感じがせず、ゆきだるま式に疲れが溜まる。
まぁ、そんな時はたびたびある訳ではないけれど。

出かける日でも、朝は必ず庭に出る。
いろんなことをリセットし出かけるためだ。

昨日は夕飯を外で済ませたので、暗くなってからだが、多肉植物の
寄せ植えをつくった。
鉢はなんと、100円均一ですよ!
ステキでしょ、見えないでしょ!

20061031081834.jpg

 [ 2006/10/30 09:09 ]  生活 | TB(0) | コメント(0)

トマトシチュー

くりーむしちゅーでなく今日は「トマトシチュー」を。
ルウは固形を使わず、赤ワインとカゴメトマトジュースで。
セロリたっぷり、鶏肉、マッシュルーム、たまねぎ 、ブロッコリ、人参で。
  今日の献立
  トマトシチュー きびなご干物 きゅりともずくの酢の物 漬物
  十穀ご飯

 dc102603.jpg


土曜の夜は家族でチャングムを見るのが楽しみ。
恥ずかしながら、キッチンのカウンターにはかまぼこ板で
「水刺間」の表札が......。
そう、我が家の台所は王様の食事作りところ。
誰が王様かだって...?
もちろん、家族の皆さんよ!
 [ 2006/10/28 23:14 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

干し柿を作りたーい! その2

昨日のわたしのブログを見てくださった友人が
メールを送って来てくれた。

柿の皮は全部つるんと剥かないで,先端のところをちょこっと
剥き残すようにと教えられたというのです。
おおせのようにやってみました。

その後、本でみてみたら、渋柿がなければ、甘がきでも青いうち
ならよろしいとありました。乾いてきたら、時々もんであげると
やわらかくなりおいしくなるそうです。こぶりの柿のほうがよろしいようです。
出来上がったら、究極のジャパニーズドライフルーツですが、
熱い紅茶でくずれない程度に煮て仕上げに
ウイスキーかブランデーをひとたらしすると、驚きのコンポートで
好評とありました。(「おばあちゃんに聞いた保存食」より)

すだれのようにならない、たった6個の風情です。


dc102803.jpg

 [ 2006/10/28 22:28 ]  生活 | TB(0) | コメント(0)

干し柿を作りたーい!

私は田舎っぽい人間だが、東京生まれの東京育ちだ。
地方出の夫と結婚した時、母が「田舎ができて、よかったわね。」と
言った。しかし、夫の田舎は地方と言えど地方の大都市で、田舎とは程遠い。

だのに私は、田舎っぽいものが大好き。
切干大根、梅干し、干し芋、ひじきなど日向っぽいもの。

人間、無いものに憧れるものだ。
若かりし頃私は、私にはない性格の夫に多分ひかれて、こういうことになってしまっているし、娘がいるなんて友人は今だって羨ましい。

昨日、干し柿には向くかどうかわからないが、百目柿というでかい「しぶちゃん」をみつけた。
これで作ってみますわ!干し柿。

この絵の柿は富有柿

20061024212443.jpg

 [ 2006/10/27 11:38 ]  生活 | TB(0) | コメント(5)

赤かぶの漬物

赤かぶは、夫の田舎の青森でよく見る。
漬物に(酢つけ)にすると、真っ赤な色がサプライズで
食卓が楽しい。

わたしはこの頃、もっぱら ミツカンのすし酢。
簡単でおいしい。これに昆布は必ずプラスして。

かぶをイチョウに切りビニール袋へいれ、
刻んだ昆布をたして、そこへすし酢をどくどく、ひたひたに。
好みで塩少々。口をしっかり結んで、冷蔵庫でねかす。

翌日からでも食べれるが、日を増すごとに赤くなるよ。

20061024212515.jpg

 [ 2006/10/25 21:33 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

暖かいものをひとつ

雨あがりの朝は寒い。
ひと雨ごとに寒気が入り季節が進む。

帰ってくる家族も「今日は寒かった」「ちょっと寒くない?」
と敏感だ。

夕飯にひとつ、暖かいものを。
夏の間には作らなかった、茶碗蒸しを鶏のささみでなく
鶏の手羽をひとつ入れて作ってみた。

焼きさけ 野菜炒め 茶碗蒸し 漬物 いつもの十穀米
dc102201.jpg

 [ 2006/10/25 21:17 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

雨にぬれて......

今年の夏は花がよく咲かなかったと、私は思っている。
去年見事に咲いて、すっかりラブラブになった「ミリオンキッズ」なんて、
しょぼくれキッズに格下げだったし、
「木立ベコニア」も、今になってやっと、まぁまぁの咲き具合。

育て方は一緒と思うのだが.....。
やっぱり、気候がちょっとおかしかったのだと思う。

冬に訪れる鳥たちも、種類が2年ほど前から変わったように思う。
オナガは大群で来たものだ。ムクドリは数が減ったように思う。
新しく、それは綺麗な声で鳴くガビチョウというのがまた、
人懐っこくて楽しませてくれるようになった。これは夏の間は
あんまり居ない。

雨降りの中で、いちにち一日と濃く色づきを増す、
カシワバあじさいの葉が美しい!

dc102301.jpg

 [ 2006/10/23 15:24 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)

カレーは不思議

昨夕、庭に出たらどこかご近所から、ふわ~とカレーのいいにおい!
「家も、明日はカレーにしよう!」

暑いとき、食べたくないとき、マンネリな毎日な時
何にしていいか分からんとき、元気が落ちた時
『カレー』はいいよね。
元気を誘ってくれる。

骨付きチキンと豆のカレー
サラダの他に さつまいものりんご煮を。

dc102203.jpg


  「ぷーちゃん、今日はあんたの好きなりんご煮、作ったよ。」
  「ああ.....。」と、そっけなく食べる年頃の息子。
 [ 2006/10/22 14:26 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)

ばら園


近くまで来たので、野津田公園のばら園に立ち寄ってみた。

連れはいなかったけれど、ひとりもいいもの。

大きく大きく深呼吸。

日頃のバタバタを解消した。

競技場のまわりを散歩し、息子らが小さい時に時々来たなぁ

など、思い出し帰る.


dc102106.jpg



dc102104.jpg

 [ 2006/10/21 14:16 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(1)

パソコン講座 悪戦苦闘

パソコンは人間の脳によく似ていると云われる。
近頃は、自分のお脳も思うようにならないのに、
他者の“脳”を操作するなんて、私には向いていないかも。

今日の講座は9人の熟女そろい!
が、生徒のなかには熟練者は見当たらず、見ていると
みんなでひとつの他者の“脳”を、知恵を絞りあって
操作しているよう。
講師は右に左に大忙し。

調べ物に、検索に、CDづくりに、文書つくりに、年賀状、
住所録つくり、ラベルつくりにデジカメプリントと
ブログつくりまでみんなここで教わった。
本当に、ありがとうございます。

すぐ忘れてしまう、忘れ脳をかかえながら
まぁ、ゆっくりやりますかぁ........


dc102101.jpg

 [ 2006/10/20 22:29 ]  パソコン | TB(0) | コメント(0)

仕方がない.........こと。

昨日父が、電話口で声を詰まらしていた。
母さんがね、「お父さん、お願いだから置いていかないでよ。
一緒に連れて帰ってよ、お願いだから。」と言うんだよ.....。 

父とふたりで、眠ってばかりの母を見舞い、
帰りの車の中で、「やっぱり母さんに限らず、みんな最後は
自分の家で暮らしたいんだよねぇ。」と言うと、
「母さんを、ホームに入れたのは間違いだったのかなぁ....?」
と言ってまた、目をぬぐう.....。
「仕方なかったのよ。あの時は。」

そう、仕方ない。
仕方ないこと。
もう、どうしたって、仕方ないこと。
人の力では解決できない、どうしようもないことなんだ。

今度母の所へ行くときは、やっぱり小さな花を持っていこう。
母さんがまだ見えるうちに。
それどころじゃなくても、持って行こう。
点滴やトイレの袋だけが、今の母の風景だなんて
寂しすぎる。
でも、これもしかたないこと......だろうか?

庭3

 [ 2006/10/20 19:59 ]  | TB(0) | コメント(4)

少しづつ 秋の気配

秋晴れの日が続く嬉しい毎日だ。
朝晩の冷え込みにのって少しづつ、庭の草木にも秋の気配が
美しい。

カシワバあじさいの葉 赤く染まる
20061019113936.jpg


ヒメツルソバの花満開
20061019114924.jpg


フジバカマの2種(しろとピンク)
20061019115156.jpg

20061019115317.jpg


初雪かづら
20061019120013.jpg


ミセバヤ
20061019120922.jpg

 [ 2006/10/19 11:40 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)

ずいきの煮物

篆刻の稽古日。
こんなところがあるのを、しみじみ有難く思った。
おしゃべりができ、こころのつかえを忘れられる所なんて
そうそうない。人の中にはいるとこんなに幸せなんだ。

そこに売ってた「ずいき」。
教えられたとおり煮てみました。
一回湯でこぼしてから油抜きした揚げと煮たよ。

今晩のご飯
ねぎとろ丼、大根サラダ、ずいき煮、とうふ汁
dc101701.jpg

     我が家の肉食動物が「これはうまい!」
        お口にあったようで.........
 [ 2006/10/17 20:01 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

大きな蒸し器

夜になって明日朝のパンが無い事に気づいた。
まぁ、パンでなくても.....とは思いつつホットケーキの素が
あると思い出し、蒸しパンを作った。
干しぶどう、マーマレード、あずきと15もできた。
 
直径30センチのアルミニュームの古い蒸し器だ。
何年も前だったが、「いらなくなったから」ともらった。
「戦後の食糧難の時にさつまいもをふかしたのよ。」と母が言う。
茶碗蒸しなども電子レンジでできる時代になったが、
一度に蒸せる手軽さが気にいって、今では大事な道具だ。

20061016164536.jpg

 [ 2006/10/16 16:43 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

DNAを考える

母はおおよそ今の私の歳頃まで、生け花を教えていた。
母が実家に生活していた頃は、いつも何かの花が飾ってあった。
「きれいね。」と言うと、「団子より花なの。」って、
うれしそうに笑っていたね、お母さん。
老人ホームに入ってからも、父さんに見守れながら、弱くなった力で
花鋏をにぎっていたね、お母さん。

お酒を飲めない父は、昔からデパ地下に寄って帰ってきたね。
今思えば、中村屋のアンパンだったり、時にはハム一本だったり....
おいしいものを追求してたのね、父さん。

そんなところが、わたしに流れてきたのね。
なんでもないことだけど、ちゃんと、確実に、私というところに
つながっているんだね。
20061015124531.jpg


花好きな私と、食いしん坊の私に。
 [ 2006/10/15 12:42 ]  | TB(0) | コメント(0)

多肉植物だーいすき!

つまり、サボテン類。
多肉植物が好きという人の多くは、その個性的な姿や育てやすさに
あるのではないだろうか?
ずぼら加減が、育てるコツ。
表情だってこんなに違う!
まるで、幼稚園のちびちゃんたちのよう。

いろんな形があっていいのだ。
みんな同じじゃつまんない。
人間さまも同じ。
そのまんまを愛してるよ。
20061015115606.jpg

誰が一番好き!だなんて大きな声では言えないけれど
   「ブロンズ姫」さまが..... 
   「火祭り」だって面白い!
   
 [ 2006/10/15 11:45 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(0)

いつの時も,お日さまは偉い! 

秋晴れが続いている。
ありがたいことである。
洗濯物を何時間かで干し上げ、草花を、穀物を育て
陽にあたれば、人間様だって元気にしてくれる。
やっぱり、「偉大な母」。

9月末ごろにまこうと思っていた春に収穫した、クリスマスローズ
の種をまきました。
土は種まき用の土。まいたら、半日陰でしばらく過ごす。
芽よ、出ておいでね。 待ってるからね。

庭の入り口。
この夏に、夫が組み立てあつらえた、バラゲート。
<20061015103515.jpg

窓辺もあたたかい。dc101201.jpg

 [ 2006/10/15 10:28 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)

35年前のミシン

このミシン、友人から去年もらいうけたものです。
道を間違えば、東南アジアに嫁に出される寸前のところでした。
戴いた時は、ちょい壊れていたのですが、夫(やれば結構器用な人)が
直してくれ、今はすこぶる快調、快調。
ちょっとした小物しか縫いませんが、もぅ、ありがたき
古きよき物。
物は大切に、できれば人間様同様、長く使いたいものですね。

まくらカバーを縫いました。
20061012094630.jpg

 [ 2006/10/12 09:44 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)

鯖の昆布〆

しめ鯖におよろしそうな、ピカピカの鯖にお会いしましたので
さっそく、昆布〆と参りました。

作り方は、
材料  大きめの鯖1本
    昆布 30センチ位
    酢 塩 生姜一かけ
作り方
  鯖は三枚におろし、水でよくあらい流し、棒塩にし2-3時間冷蔵  庫に置く。
  取り出しさっと水で塩を洗い流し、水気をふき取ってからひたひた  の酢へいれ、又三時間置く。
  取り出し、薄皮をひいて、間に生姜の薄切りをはさみ込みまがら
  昆布でまき、しっかりラップで包み冷蔵庫でねかす。
  2-3日後食す。わさびを添えて。  美味しいよ。

20061011102533.jpg

 [ 2006/10/11 10:21 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

衣類の入れ替え 晩御飯

10月に入り秋晴れが続くので、チャンスとばかり
気になっていた服の入れ替えをした。
なんせ、家族4人分だから一日がかり。
狭い納戸に入って、言わばボロのかたづけ。あ~ぁ。
処分がふた袋。  一体何歳までこの作業ができるだろうか?

今晩の晩御飯
餃子、ぬき菜と生揚げのひたし煮、南瓜そぼろ、えだまめ、味噌汁など。
(餃子はみんなの好物だが、大蒜のにおいを気にして金曜日の献立です)

20061010100750.jpg

 [ 2006/10/10 09:39 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

オープンキャンパスに参加

週末の土曜日、かねてから申し込んでいた
某大学のオープンキャンパスが始まり参加した。
皆さん、目的意識をもって出席しているのが印象的。
興味ある分野なので、わくわくした。楽しみ。

帰ってきて、昨日の台風がらみの大雨でぼうぼうの庭を
思い切って、手入れをした。
実が色ずきはじめたピラカンサス、花が終わったばかりの金木犀の
形を整え、ゆりの茎、オイランソウ、バーベナも刈り取った。

強い風がのこり、青い空が久しぶりに高く
伸びたユーカリが、青空にゆれる、すがすがしい秋。

dc100701.jpg

 [ 2006/10/07 22:06 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)

母のお見舞いに行きました。

雨になってしまった今日、人生の最終段階にいる93歳の
母を病院に見舞いに行きました。

毎日、電車とバスを乗り継いで母のところへ見舞う父には、時々は休んでももらいたいのです。

もうずっと、点滴だけになってしまった母の痩せようは、1週間で
別人のようで悲しいのです。
「不安なの。こうしてていいの?」
という母に、返す言葉もなく毛布の上からでも骨ばかりが分かり
その毛布をめくって見れないのです。

あんな綺麗でやさしかった、親友のようだった母に
なにひとつ、今はしてあげれないのが辛いのです。

20061005214015.jpg

 [ 2006/10/05 20:59 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)

ひとつの手は誰かの為に......

今日はふれんどりーはうすで、食事作りのボランティアをしました。

献立は、さつまいもご飯、マーボー豆腐、春雨サラダ、わかめ味噌汁など。
お客さまの皆さんが、さくらはうすで絵手紙のお稽古を終え、お昼を
食べに来て下さるのです。
今日は、9名の方が来て下さいました。
皆さんが「美味しいよ!」と、本心を言って下さいますので(?)、うれしいです。

料理は、相手を思って丁寧に作ると、「美味しい」は、向こうからやって来てくれるのです。

ふたつあるこの手、
ひとつは自分のために、もうひとつは誰かのために....使うために
神様が私に送って下さったもの。
まだまだ、片手どころか小指のほども使えていないけれど...。
20061007212124.jpg

 [ 2006/10/05 19:29 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(0)

篆刻のおけいこ

今日は、篆刻の日。
習いに来ている生徒は、2人。

「ごーやでジャムを作った」と管理人が、おっしゃいますので
「食べてみたーい!」とおねだり。
お茶まで入れていただき、早めのおやつ。

すっかり、頭とお口のウォーミングアップをしたところで、
さて、彫りますか...

「一回の稽古で一個できればいいよ。」と、師匠の声。
ペースも嬉しい熟年向き。
もちろん、ひとつ彫り上げましたよ....。
お見せできないところが、うそっぽいけどほんとの話。

 稽古とは 一より習ひ 十を知り
      十よりかへる もとのその一

dc040501.jpg

 [ 2006/10/03 20:38 ]  生活 | TB(0) | コメント(0)

ありきたりの晩御飯

出かけて帰った日の晩ごはん。

お腹をすかした肉食動物が、時間になって「まだなの~」

と、吠えている!

「こんな内が花よ。」と、ムチ打って20分で晩御飯。

豚肉しょうが焼き 生野菜添え
納豆 きんぴらゴボウ ひじきの煮物 味噌汁 佃煮など 

20061002220544.jpg

 [ 2006/10/02 22:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

雨の日の日曜日は......

珍しく家族のみんなが外出し、お気楽極楽な日曜日。

昨日、知り合いから戴いて来た足の壊れた椅子を

ものの見事に直しあげました。椅子としては使えなくとも

オブジェとしては、まだまだ使いたい。

あっぱれな出来上がりぷりに、我ながら、執念をもって事に当たれば

行き着くところへ行けるものだと改めて思った次第。(笑)

ゴミだしあみを作ったり、溜まっていた片ずけものをしたり

やっぱり主婦の仕事で始終した。

長い間みごとに咲いた源平かずらも、そろそろ花がらを切らないと....
dc080429.jpg

20061002212357.jpg



 [ 2006/10/01 21:35 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索