はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

アジサイ 1

そろそろ梅雨の便りも聞こえてきました。

この季節は、「庭の花を見に来ない?」「庭の花をみせて...。」と
こんな狭い庭でも友人との交流に一役、役に立っています。

せっかく花を見にですから、できるなら晴れの日にということで
今日も別の日にしていただいたところ、午後から雨が降り出しました。

ガクアジサイが降り出した雨に、よく似合って咲き出しました。

白いガクアジサイは、結構な年数が経っていますので背丈が
180センチくらいあります。
ガクの小花が小さくて、茶花の風情たっぷりです。

もうひとつ、赤いガクアジサイはその赤い色に惹かれて
今年の母の日に自分で買ったものです。
植えるスペースがありませんので今は、鉢植えのままです。

花びらの部分がとても大きく、ガクアジサイは茶花といわれても
ちょっとこれは.....と思う雰囲気です。

ふつうの丸いアジサイを茶室に飾ることはありませんでした。
ガクアジサイは、ちょっと控えめでお茶室によく映えていたのを
思い出します。

アジサイの色は、土の酸性度が強ければ青く、アルカリ度が強ければ
赤くなるというのは、通説だと思いますが、最近それは、俗説という
記事も読みましたので、本当のところはわかりません。

ガクアジサイ(白)
ガクアジサイ白


ガクアジサイ2


ガクアジサイ (赤)
がくあじさい(赤)2


がくあじさい


晩御飯
ローストチキン野菜添え 胡瓜モズク 漬け物 味噌汁(馬鈴薯) 御飯
ローストチキン


アジサイ
アジサイの花言葉は「移り気」

 [ 2007/05/31 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

花の色

花の色は何色がすきという話がでたところで、
面白い話がありましたのでこの話題でひとつ。

花の色は、赤、白、黄、紫、青と千差万別です。
自然界に一番多いのは何かというと、それは、黄色。
次は、白。
多いようで少ないのは、赤だそうだ。

面白いのは、白というのは、生物界に存在しないということです。
なぜ白く見えるかと言うと、花の細胞の中に入っている空気の泡の
せい。
泡立てたせっけんが白く見えるのと同じ原理で、空気の泡によって
花が白く見えるのだそうです。

赤い花の色素はアントシアン色素だというから、茄子、赤シソ、赤ぶどうなどと同じだし、
黄色の花の色素はカロテノイドというから、トマト、ニンジン、カボチャの色素と同じですね。

最近、青い色のばらなんていう花の話題もありましたが、
無理に作らなくっても、自然の色、野にある色で充分ですね。

ユーリオプスデージー
ユーリオプスデージー
この花を冬にも咲かせておきたいという長年の願いがあるのですが、
家の庭では寒すぎて毎年上部部分は枯れてしまう。

ブラキカム
グラキカム
なんと、冬越ししたブラキカムです。寄せ植えの脇役ですが、可憐でかわいい。
夕方には、花を閉じます。

ミムラス
ミムラス
一年草です。赤と言うよりオレンジかかっていますね。
夏の花そのもので、毎日いくつもの花が咲き終わっていきます。

ハナキリン
ハナキリン
これが赤ですね。
 [ 2007/05/30 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

兄、来訪。

兄が、「箱根、鎌倉を回って来た。」といって、
帰る途中に途中下車して、家に寄って行きました。

兄とは10歳違いで、兄は早婚でしたし独身の頃は
そんなに一緒に何かしたと言う記憶はありませんが、兄の娘(姪)が
実家では初めての赤ちゃんで、昔それはそれは、私の実家家族に
ものめずらしがられて、可愛いがられました。
私も、その姪が赤ちゃんの時のことを今でもよく覚えています。
その姪ももう、40歳です。

兄は定年し「さぁ、楽しむぞ!」と、言ったとたん、
親の介護が始まりました。
同居していたわけではありませんが、長男だったものですから
義姉ともどもいろいろ大変があったと思います。

いろいろストレスが溜まると、義姉が「行ってらっしゃいよ。」と
送り出してくれるものですから、ひとりぶらり旅へ出るのだそうです。

「緑が多くて気持ちがいいね。」と、
庭に出て写真を撮って行きました。

どうせ、駅まで送るなら兄の家の近くの線の方向へと
結局、母の病院に寄って行くことにしました。

母はふたりで訪れたので、ちょっと驚いたかもしれません。
母は両手で兄の手を握っていました。

私は、母は穏やかな性格のこの兄を頼りにしていて、
大好きな様子がよくわかりました。

最寄り駅まで送り帰りました。
久しぶりに兄とふたり、いろいろな話もできよかったなぁと
思いました。
「義姉さんに、よろしくね。」

ストレプトカーパス 満開
ストレプトカーパス満開


ベコニア
ベコニア
冬越しをして3年目のベコニア。大きくて、とてもとても丈夫です。

晩御飯
ゴーヤチャンプル 焼き鮭 トマトデザート 味噌汁 御飯 糠漬け
ゴーヤチャンプル


シメジ

 [ 2007/05/29 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(0)

雨の降る日は........

雨の降る日は、庭いじりも家のことも休んで、
を読んだり絵を描くに、とてもいい日。

幸い、花は咲いて来ています。
絵は、「描こう」という気持ちが出ないと中々描けない人なんです。

この記事を書くのも、絵を描くのも、どこか似ていて
少しの感動がほしいのです。
その感動に、ちょっと揺り動かされて書ける気がします。

とはいっても、普段の生活に感動なんて中々落ちていませんから、
新しい心と、元気な心が必要になるわけです。

雨の降る日は、他に気をとられず調度いいのです。
以前携帯電話がないころは、なぜかよく家の電話が鳴ったものですが
最近は、そんなことも少なくなり、誰に邪魔されることなく
過ごすことができます。

さぁ、この気持ちが暖かいうちに、雨がやまないうちに
始めるとしましょうか........。

TVが今年の夏の3ケ月の長期予報を、告げています。
「今年も猛暑になるのか........。」

紫色の花、好きです。爽やか...........。

コンボルブルス
コンボルブルス
地植えにしてから7年くらいでしょうか....。
早朝にはピンク色も混ざってさいています。
お日さまが上がると紫ばかりになりますが、あれは、これからの花なのか、終わって行く花なのか.......。

ブルーファンフラワー
ブルーファンフラワー


テッセン
テッセン
今が満開

晩御飯
混ぜ御飯 冷奴 ハツとニラ炒め トマト 漬け物 清汁」
混ぜ御飯

 [ 2007/05/28 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(3)

フリーマーケット

昨日は、さくらはうすのフリーマーケット出店の手伝いをして来ました。
フリーマケットは資源節約に一役かっているのではないでしょうか?

身近に手っ取り早くできる省エネとしては、
私は、買い物時のレジ袋はマイバッグにしていることでしょうか?
レジ袋は作るのも、燃やすのも結構な資源(コストも)が必要のようです。

売り手にとってはいらないものでも、買い手にとっては
目新しい掘り出し物になり、しばらくは使ってもらえるでしょう。

私も、「ミイラ取りがミイラになった」と、言われながら買い物も楽しみました。

マーケットでは、「もう少し、お安くならない?」と言うと
結構安くしていただけるし、私どもの店でも
「お安くしておきますよ~。」と言って、掛け合いを楽しみます。

東京では普段は、値札通りの買い物ですから、安くしてもらう
コツが分かると、もう嬉しくて仕方ありません

お客さんとも、同業者とも仲良くなって一日を楽しみました。

さくらはうすのみなさん、ご寄付をありがとうございました。
しっかりと、運営資金にいたします。

売り上げは上々で、やった甲斐がありました
はうすの在庫も、少しは軽くなったようでしたよ。

フリマ2
壁に掛かっているもの買いました。

私の買い物
ふりま3
新品バッグ100円(友人へプレゼント)お皿全部で100円 こいのぼり陶器200円(元値400円) 木彫りのハンガーかけ300円 ベネチアンワイングラス300円 新品エプロン50円など  安くて面白~い

ウイスキー絵手紙

 [ 2007/05/27 07:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(6)

ブラシノキ(金宝樹)

ブラシの木がユーモラスに満開に咲いてきました。
小ぶりの蜂がたくさん来ています。

花屋さんの店先で、珍しいものを見ると
「面白~い、育てられるかしら?」と昔につい、購入してしまったのですが、
結構元気に育つものです。
自分の庭に合う、合わないは花やさんの店先では二の次になっているようです

この木は、花が終わっても種を、7~8年も付けたままで
次の花は、この種の先に咲いてきます。

もともとはオーストラリアの乾燥地に育ち、山火事などの際は
バ~ンと、その種を破裂させて種をまき散らして、地に落ちた種は
いち早く芽を出すそうです。
そうやって、子孫を残していくのですね。

でも、家のはよく見ると種があまりついていないのです。
はは~ん、そうかここは日本。
多分乾燥の度合いがブラシの木にも分かって
山火事も無いので、環境に適応して種は沢山残していないのでは
ないでしょうか?(私の想像ですが)
推測が合っているとすれば、環境に合わせて暮らしていくなんて
なかなかのもの。

秋にも、こんな沢山ではありませんが花が咲きます。

ネット検索して、植物の育て方はもちろん、DNAやルーツを
知ることもガーデニングの楽しみのひとつです。

家に調度いいブラシがありましたので、並べて写真を撮って
みました。
ブラシ


面白いくらい、ブラシにそっくりでしょ!

ブラシの木
ブラシの木


ワイヤーのねじった感じが、本物以上にみごとにそっくり。

息子誕生日の晩御飯
赤飯 鰹たたき 焼肉すこし 水菜と揚げのさっと炒め ハス牛肉煮
清まし汁 果物など
息子「誕生日祝いなんて、いらないよ。」と、言う。「まぁ、形だけでも。」

 [ 2007/05/26 22:17 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

らっきょう漬け

スーパーにラッキョウが出てきました。

季節のものなので、少しは漬けようと思っていますが
わたしは、らっきょうを漬けて、自分に及第点が出た
試しがありません

そして不思議なことに、この季節から夏を迎えるまで毎年
ひどい肩こりになるものですから、友人が「梅干とらっきょうのせいではない?」
といいます。
そんなに根を詰めてはいないつもりですが...

農協で、その皮むきの工程をはぶける皮むき済みのものがありましたので
それを、「美味しくないかもしれない。」と思いながらも
つい買ってしまいました。

皮を剥いて漬けるものは、もう少し先に少しだけ漬けることに
して、今回は皮むき済みを漬けてみました。

あ~ぁ、工程を省いたものはすっごく楽!と思いました。

下処理したものは、塩つけになっていますので、一時間水につけて
塩出ししてからこの合わせ酢につけました。

<つけ汁>は

   らっきょう   正味1キロ
   米酢      250CC
   上白糖     250G
   蜂蜜      大3
   黒砂糖     大1
   鷹のつめ    2本    

でした。
ひと煮立ちして、さましてから塩出ししたラッキョウにあわす。
保存は冷蔵庫の方がいいでしょう。

下処理していない(大抵はしていないですよね)ラッキョウで作る時は、ラッキョウを4パーセントの
塩で6~7日漬けて、それを1時間位水につけて塩抜きを
してから、この漬け酢に漬けます。

ラッキョウ漬け
ラッキョウ
お味は市販の味?になりました。手作りの味にはならないのは、やはり.....?

多肉植物
「肩こり?恐~い。」
この多肉植物は、針金のバスケットに植えなおす予定です。

晩御飯
スパゲッテー(ホタテとベーコン) サラダ 果物
スパゲッテー

 [ 2007/05/25 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)

クレマチス(テッセン)

クレマチス(テッセン)が大輪で咲いてきました。

ツルが伸びて咲いていくものは地植えに、
真っ直ぐに伸びて咲くものは鉢植えにしてあります。

今年はどちらも大きく咲きましたが、
インテグリフォリア系のプチ・ファーコンが自慢です。
プチという名とは、すこし外れたくらい大きいので計ってみたら
13センチもありました。
2年前、ガーデニング教室に行っていた時のものです。
こんなに大きく咲いたのは、初めてです。

つる性のものは花の蕾がみな咲きおわったら、地面から3節目の
ところできりもどすと、一ヵ月後二番花が咲いてきます。

秋は名の通り、鉄の線だけになりますので、冬前に地上5センチ
位のところで強剪定します。
冬の間は水もあげず、雨水だけですが、春の頃には芽がちゃあんと
出てきますから、そうしたら薄い液肥ときどきあげます。
わたしは結構あげたかも知れません。

紫色が美しく、またうつむき加減で咲くものも可憐で
いつまでも見ていたいと思ってしまいます。

クレマチス2


クレマチス1


クレマチス4
プチ・ファーコン 蕾も沢山付いています。

クレマチス5

クレマチス3
うつむいて咲くところがなんとも可憐

晩御飯
オムライス ハスと牛肉煮 トマトデザート 清汁
 [ 2007/05/24 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

母の見舞い

前回お見舞いに行った時、母は、すっかり眠っていましたので
声をかけず、そっと様子だけみて帰ってきました。

今日も、お昼寝中でした。
看護婦さんによると、父と兄が今少し前に来て行ったこと。

午前中は、お風呂に入れてもらったそうで、だからよけいぐっすりと
眠っていました。

母のベッドのそばで、スケッチをしました。
お花は、庭のシランの花を取り混ぜて花束にしてきました。

少しだけ目を覚ますと、私に気が付いて
「口をがぶがぶしたい。」とうったえました。
清浄綿で2度ほどなれぬ手つきでふいてみましたが、
母にはどうも気に入らない様子で、なんども言うので
看護婦さんにお願いして、痰の吸入をお願いしました。

私は母の手を握っていましたが、痛くて何度も
握った手も払いのけようとしていました。

花には一度手を合わせ、「ありがとう。」と、言いましたが
何か不機嫌のまま、又目をつぶりました。

帰り私は、
「私が歳をとったら、吸引も、胃漏もしたくない。」と、思いながら
帰ってきました。

晴天の晴れのいい日でした。

母のスケッチ
母07.5.21
これでも、昔は美人でしたのよ。

庭 小さな花達
足元


晩御飯
秋刀魚干物焼き 山芋のりかけ ハス牛蒡きんぴら 味噌汁 御飯
パイナップル
秋刀魚干物

 [ 2007/05/23 07:00 ]  | TB(0) | コメント(3)

ジキタリス

私は背の高い花が好きなので、ジキタリスは庭作りの
初めから庭に植えました。

結構丈夫で、そのものは1~2年草だが、こぼれ種で
毎年どこからか咲いてきて、耐えたことがありません。

原種は紅紫色ですが、くりーむ色や原種よりもっと赤い色は
消えて、今はこの紅紫色と白と2種類だけになりました。

和名はキツネノテブクロ。
かなり、毒性も副作用も強い毒草で実際に使われていた(実験として)
時もあるようです。
強心利尿に使われたようです。間違っても、口にしないように。

ピーターラビットの絵本では、よく登場しますね。
背丈が高いので、全身を写真に撮ることはできませんでした。
私の背と同じ位あります。

ジキタリス紅紫色 (原種)
ジキタリア紅紫色


ジキタリス紅紫色2


ジキタリス白色
ジキタリス白色


白 ジキタリス
ちょっと、ぎょっとします。
驚きの自然の造形です。

今の庭
5.22

もういっぱいですが、まだまだ、咲いてくるので夏は無秩序なブッシュになります。ジキタリスの一年目があちこちらにあるのですが、小ぶりで写真には写っていません。ユリ、ブットレア、サルスベリがこれからです。



 [ 2007/05/22 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)

ハツユキカズラ

庭のフェンスいっぱいに、テイカズラが伝って咲いています。
花がいっせいに咲き出し、香りが門を入ったところから、
また庭中にいっぱい、香っています。

香りはジャスミンやライラックのような、とてもいい香りとは
違いますが、この花の香りもいいものです。

花はくりーむがかかった白色といいましょうか花の咲いている期間もやや長く
一ヶ月くらいは咲いています。
もう6~7年の木で、ご近所から頂きました。

他にカズラといえば、ハツユキカズラは鉢植えですが
季節に乗って葉の色を美しく白から~ピンクにグラデーションしています。

ハツユキカズラも花が咲くのです。
真っ白な風車のかたちの小さな花です。
香りはどうかなと思い、顔を近ずけてみるとやはり香っていました。

この花は園芸家でも中々見たことがなく(中々咲かないらしい)、咲いたのを
見れたら、いいことがあると思える。とあった。
毎年咲いているけど、「うぉ、ラッキー!」です。

ハツユキカズラ
ハツユキカズラ


晩御飯
餃子 冷奴 茄子とピーマンお浸し 味噌汁 御飯

 [ 2007/05/21 08:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

ハンカチノキ

昨晩夫が夕食を終えてから、ため息をひとつついた

家では、夫が仕事の話を家ですることは少ない。
話す時は大抵その溜め息の原因のことが、ひと段落ついた時。

そういう時は、私が聞いても話したがらないので、
そっと見守ることにしている。

今朝、またひとつ。
声をかけると、視線をまっすぐにして「面倒なんだ。」と答えた。

ああ、そうか!と気が付いた。
夫は仕事で事ある度、大勢の前で話をしなくてはならない。
それが、好きではないのだ。
今日、明日と会議が続く。

男の人はこうして、家族を守ってくれているのだと思う。
仕事に好き嫌いは無い。
決まってることは、やっていかなくてはならないし
それが仕事というものだ。

何年か前に、ハンカチノキを夫の仕事を祝って庭に植えた。
私お得意の、記念樹として。

私は、珍しがりやでこの見たことも無い木に惹かれた。
珍しい木で、私もどこかに植わっているのを見たことが無いのだが
調べてみると、15~20年しないと花は咲かないらしい。

夫も私も、この木の花が咲くまで生きていられるだろうか....と
この頃は、思ったりもする。

今朝は雨も降っていたので、「送るわよ。」と言って駅まで送った

ハンカチノキ。花が見れます、クリックしてください。
http://www.shinjukugyoen.go.jp/news/news4_2006/n06_4_19.html

ハンカチノキ
ハンカチノキ
木としてはまだ幼木、5年ぐらい。

感謝


晩御飯
カレイ煮付け 揚げとうふのおろしがけ 味噌汁 御飯 キムチ
カレイ煮つけ


ユリ、(赤)

 [ 2007/05/20 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

ユーカリの木 切る

成長期をむかえ、まだまだ背丈を伸ばし続けているユーカリの木を
残念ですが、切ることにしました。

家の近くに植えてしまっているし、まだまだどんどん伸びる。
家族の者からは、「どうするの~。」「まだまだ、大きくなるんだよ。」と、言われ続けて来ました。
植えたときは、ユーカリの木がどういう性質の木か知らずに
地におろしました。

ネットで調べると確かに、とてつもなく大きく20メートル位に
なっていくらしい。
根もぐんぐん張り、家の下へ入り込み最後はブルドーザーが
出場し.......とある。
わたしひとりが管理している庭には、ちょっと恐くなった

夏を迎える前になんとかしなくてはと思っていました。
4年で二階の窓まで届くまで成長するのは、早すぎる成長。
思い切った剪定をという手もあるが.......

木の根元にスコップを入れても、どういう根をしているのか
スコップの歯がたたない。

千葉県のユーカリが丘というところでは、街路樹に植えてあるらしい。
が、こんな狭い庭にどうやってブルがはいるの~。
家族から、「ほら、みろ。」とも言われそうだ。

風が強い日、背丈がある分左右に枝葉をゆらせ
どんなに強い風が吹いているのかが、部屋の中からでもこの木を
見てよく分かった

自分勝手な理由で、木を切ることになってしまいました。
あぁ、本当にごめんなさい
木の精を傷つけることのないように、お酒と少々の塩で清め
残念ですが、切ることにしました。

庭にあったことは、忘れません

ユーカリの木


朝御飯
トマトパン
☆うちの家族はトマトが大好きです。いちごよりトマトが好きな安上がりな家族ですので、6枚きりのパンに薄くマーガリンを塗り、ハム一枚とざくざくに大き目に切ったトマトをたっぷりのせて、塩こしょうとオリ-ブオイルをたらたらと、その上に溶けるチーズをのせて焼く。美味しい!

イチゴ

 [ 2007/05/19 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)

最後、最後といいながら........

先日、今年の筍は、これで食べ収め....と思っていましたが、
新鮮野菜を買いに農協に行きましたら、細い、皮もむいてしまっている
筍がありました。

「これで、終わりにしよう.....。」と、買って帰りました。
こちらでは、あんまり見かけない筍です。
本当は、何て名前なんでしょうね?

夫の田舎では、こちらでよくある太っちょの筍はないそうです。
義姉からは、ときどきあちらの細い筍を缶詰に仕立てたものを
送ってくれる。
春になり、親戚の山に入り採って来るのだといいます。

今日は、なにしろこれで最後にしました。
家族からは、「硬いね。」とは言われましたが、
「最後だもの、柔らかくなくて当たり前よ~。」(あなた達とおんなじよ。

でも、ぽきぽきとして、これはこれでまた美味しいじゃありません?
細い筍は、あまり食べたこともないのでさて、どう料理しよう?
と思いましたが、普通に鶏肉と煮てみました。

後片付けをしながら、ひじきのふりかけを煮ました。
ただ、めひじきを醤油と酒とほんだしで煮てゴマ、おかかを振り入れるだけです。
砂糖は入っていません。
作りあがってから、おじゃこも入れればよかったなぁと思いました。

明日朝ごはんに、振り入れて小さめの梅干をいれて、
おにぎりにします。

細い筍
いつものように、圧力鍋で茹でました。写真で見ても、やっぱり固そう....。

晩御飯
鯖塩焼き 筍煮 胡瓜とモズク酢の物 トマト砂糖かけ 味噌汁 御飯
最後筍
トマトに砂糖?と聞いて時々驚かれますが、少しの蜂蜜か砂糖をかけてデザート感覚です。

ひじき佃煮
ひじき佃煮1


ひじき佃煮2


満開のハナキリン
ハナキリン満開
世話も無く、丈夫で、本当に綺麗だなぁと思います。大人の女の人っていう感じの花です。
別名はキスミークイックでしたね。
 [ 2007/05/18 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(4)

5月のふれんどりーはうす 2

今月のふれんどりーはうすの2回目の食事会でした。
献立はサラダうどんとデザートにあずきの寒天寄せでした。

サラダうどんは、レタスやきゅうり、トマト、カイワレ、わかめ、
乾し椎茸の甘煮、花麩にツナをかざりマヨネーズを添えて。

頂く時に汁をかけて、少しかき回していただくとマヨネーズが
散って調度よいと思います。

今日は11人でお昼をしました。
いつも4人分しか作らないので、多くなると工夫どころは
汁の濃さです。
美味しさも汁で決まると、いつもここのところが慎重になります。
でも大丈夫、もうひとり心強いお相手が居ます。

話題は、ここのところの憲法改正の動きを
戦争をくぐり抜けた方はどう思っているのかお聞きしたかったのですが
、割りに平安の幼少期を過ごされていらしたようでしたので
お聞きすることはできなかったのですが、
祖父母の引き上げてくる時代の話を、大家族で暮らした方から
聞かせていただきました。

核家族では、中々出会えない貴重なお話でした。
戦争は、本当にいやです。

ふれんどりーはうすのお昼御飯
ふれんどりー サラダうどん

今晩の晩御飯
剥き身丼 小松菜炒め キャベツの味噌汁 漬け物
剥き身丼


キンギョソウ
キンギョソウ


スイートピー
かも...。
 [ 2007/05/17 07:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(4)

笑って 暮らそう

いろいろな病気騒ぎだったという、はがきを友人から頂きました

この歳になると、
ぼちぼちと故障が出てきたり
そうでなくても、季節の変わり目には疲れが出たり
無理を重ねられない年齢になりました。

50歳も近くなると、親の介護だとか、子どもの受験とか結婚だとか、
自分の健康だとか、
とかくいろいろな問題をどこの家庭でも、抱えているのではないでしょうか?

我が家でもご多分に、もれません。

人間いつになっても、悩みはつきないことですし、
いろいろと心配しても、解決できないことも(ことの方が)多いのです。

家族の中で、誰かが暗い顔をしていたり
機嫌を悪くしていると、その空気は瞬く間に感染していくと
私は思います。

そんなことでは、悲しいので
せめて私は、『笑顔で、暮らそう』と心に決めています。

悩んだり、心配したりして解決できるならいくらだってしましょう。
でも、わたしのつたない経験からは、いくら心配しても
いくら悩んでも、解決にはならないと思っています。

大体人生の多くのことは、解決できないことの方が多いのでは
ないでしょうか?
わたしは、そう思っています。

解決しようとやっきになるのではなく、
どう乗り越えていくか(どこで自分と折り合いをつけていくか)では
ないでしょうか?

悩むことと、そのことについて考える、ということは
似ているようでちょっと、違うのではないでしょうか?

考えることはいいことだと思います。よくよく考えること。
でも、悩むということとは別と私は思っています。

健康のためにも、力を抜いて、どんな時も『笑って、暮らそう』
という言葉は、ここのところのわたしのモットーです。

たとえ、悩んだり、怒ったり、悲しんだりしても
長引かせないことと決めています。

笑って。絵手紙


晩御飯
スパゲティーペペロンチーノ アスパラの肉包み焼き 生野菜など
ペペロンチーノ
しばらく振りでスパが食べたいと、ワンプレートで。

ピラカンサスの白い小花
ピラカンサス
冬には鳥のになる。
 [ 2007/05/16 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(3)

シラン クチベニシラン

もう5年くらい前になるでしょうか?
スケッチ会仲間のhesbyさんから、分けて頂いた
クチベニシランの花が咲いてきました。

はじめ一株でしたが、17株になりましたよ。
花びらは白に近く、唇口がほんのり紅色に染まって
愛らしく名前の通りです。

お隣ではよく見受けられるシラン(紫蘭)も群生して咲いています。

クチベニシラン 花は色白
クチベニシラン


シラン........色がよく撮れませんでした。紫がかったピンク色
シラン


シラン絵手紙
紫蘭の色はこんなです。
 [ 2007/05/15 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

母の日 できるという幸せ

昨日は母の日でした。

花屋さんの店先をのぞいてみると、明るい鮮やかな花がいっぱいです。

昔は、母の日といえばカーネーション一色でしたが
このごろは幅が広がり、あじさいだったり、いくつかの花を
ひとつの籠にとりあわせたりと、いろいろです。

気持ちを花(物)に表して、贈れると言う事はしあわせです。
なんでもそうですが、自分ができるということはしあわせなことと
思います。

たとえ、大変な介護でも、仕事でも、自分自身のことでも
一方の方向からみれば、
したくてもできない人がいることを思えば、
自分ができると言うことは、こんなしあわせはありません。

感謝をしながら、少しばかり母の日を思いました。

ミニバラの一本仕立て
ミニバラ


晩御飯 カレーライス サラダ
カレーライス


hahaの日
息子から。

さくらんぼ
アメリカンチェリー

 [ 2007/05/14 07:00 ]  | TB(0) | コメント(0)

「千の風になってコンサート’07」へ行く

1月の下旬にチケットをとった秋川 雅史さんのコンサートへ行ってきました。

コンサートへ行くのは、本当に久しぶりです。
会場の私の住む市のホール853名定員の席が満席でした。
この定員の5倍の申し込みがあり、200名のキャンセル待ちの人が
いたほど、人気だったそうです。

NHKの昨年の紅白歌合戦以来、コンサートはクラシックのジャンルではめずらしく、
全部即日完売だそうです。

観客は圧倒的に女性が多く、また熟年層がほとんどでした。
たまに、小学生くらいの女のお孫さんでしょうか、おばあさまと
一緒の方もお見受けしました。

さすが、テノールの声が割れんばかりにホールに響き渡り
聞かせて頂きました
のどのを悪くして手術もしたこともあると聞いていましたので
大きな声が心配でした。

わたしはどうも、TVで見たこの方のお父君が目に浮かび
立派に歌い上げる歌手になり、さぞブラボー、ブラボーのことでしょうと思い、
聞いていました。
それぞれ人にはドラマがありますが、そんなこともダブらせながら
聞き入りました。

歌い上げた曲は10曲、地上の星から、お祭りマンボ、初恋、
いい日旅立ち、マイウエイやもちろん千の風になっても
迫力いっぱいで見事でした。

コンサートが終わって、CDを買った人には握手券(商魂たくましやか
ついていたのですが、平民の私は遠目でお見受けしただけでしたが、
さすが『王子』のオーラは、ばりばりでございました

参考まで 秋川 雅史オフィシャルホームページ

秋川 雅史CD

 [ 2007/05/13 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(0)

あ~ぁ、終わった~。

結構大変なんです。衣類の入れ替え!

衣替えがやっと終わりました。
今年は、片付けyearにしていますので、片付けもいつもより
思い切り。

今日は27度まで気温が上がり、狭いところへ潜り込んでの
作業がきつい。今日も夕方いっぱい、まる一日もかかりました。

喉が渇くし、暑いしで、途中缶ビールで一服。
(ここが、よそ様のお品のよい奥様とは違うかも?スイマセン
「今飲まなかったら、いつがビールって美味しいの?」って、感じで
昼間の飲酒の自己弁護もしっかりと。

昨日大袋3個、今日も大袋3個にストーブや、布団乾燥機の
電気製品、バッグの多いこと。

昨日は、友人がいるものをもらいに来てくれました。

一夜明けた今日は、片付け2日分の大袋を小さい車に
積み切れないほど積んで、
リサイクルバンクをやっているところへ持ち込んで、
もらって頂きに行きました。。

それからいよいよの物は隣にある、市の焼却場へ持って行き
地獄の釜のような大きな、大きな、大きな焼却物場に、自分で投げ入れます。

あんまり疲れていたので、自分も落ちそうになり
あわよくば、私の人生も地獄行きでこれで終わりになるところ
でした

これが衣類の片付けの顛末です。
初めて焼却場にも入ってみて、いい社会勉強もさせて頂きました。
人ひとり、一生を終えるまでのものが多いこと。

反省も込めて、シンプルに暮らして行かねばと、
つくづく思いました。

晩御飯
ローストチキン 野菜添え 筍蕗煮 御飯 味噌汁 いぶりがっこ(漬物)
ローストチキン
筍はこれで食べ収め....今年もごちそう様でした。

タイム
タイム
なにか、花嫁さんのブーケを思わせる風格。

 [ 2007/05/12 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)

フランスエンドウ

2~3日前に、絵手紙に描いたフランスエンドウという野菜を
初めて頂きました。

お味は、キヌサヤというところでしょうか?
この、おフランス...ひとつでキヌサヤを3~4枚位ありました。

調度朝ごはんのアボガドをきらしてしまったので、
このフランスエンドウをソテーして、牛乳を少し入れて解きほぐした
卵でとじて、朝ごはんにしました。

菜園の風が、すぅ~と食卓に吹き抜けて行ったようでした。
家族も名前も知らなかった、生まれて初めての出会いでした。
採れたての贅沢、しあわせな美味しさでした。

朝ごはん
フランスエンドウ


晩御飯
カジキマグロムニエル 野菜添え 納豆 味噌汁 漬け物 ご飯
カジキマグロ


セラスチウム(ナツユキソウ)
セラスチウム(ナツユキソウ)


ボタン

 [ 2007/05/11 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)

朝ご飯

いつもの朝ご飯です。

夫はパンがあまり好きではないので、パンの代わりに
おにぎりをひとつ。で、出勤になります。
おかずは大体一緒です。

おにぎりに、ヨーグルトはちょっとミスマッチかもしれませんが、
和洋折衷OKです。

他の家族は飽きもせず、今日もハムとアボガドのサンドです。
時々バリエーションは変わりますが、今は大抵はこれになります。

アボガドは半分を一人前のサンドイッチに挟み、塩ぱらぱら...を忘れずに。
それに、ハムも一緒にはさみます。
熟くれていた方が、もちろん美味しいですよ。

アボガドはビタミンEが多く、女性にはよろしいよ。
冷えや、しもやけや、肩こりにもいいし、老化現象を遅延させます。

でも、栄養素はバランスよく取れてOKですから、何がいいと言って
ひとつを追いかけてもしょうがないですね。

冷えはよくないですね。
冷えることで、日常の小さな故障をつれて来る気がします。
冷えを侮ってはいけませんよ。

中国では、食材を体を温めるもの、冷やすものと考えて料理に
取り入れることも多いようですね。
本当かどうか分かりませんが、中国の母親は娘に冷えない躾を
自然に心がけると聞いたこともあります。

話は変わりますが、
料理ブログでひとあじ面白いと思うのは、「男の料理 ブログ村」http://food.blogmura.com/cookingmen/です。
まねて作りたいのですが、残念ながらそこまでの時間がありませんので、
ちょっとのぞいては、男の人がつくっているとは思えないほどの料理に
感心しながら楽しんでいます。
工夫して、切磋琢磨して、元気に暮らしているのが垣間見れます。

興味のある方は、クリックしてみてください。
楽しめますよ。
ご紹介まで。

朝ごはん アボガドサンド
朝ごはん


晩御飯
夫が買って帰ったデパ地下刺身 白菜と豚肉煮 漬け物 味噌汁 ご飯
刺身版ごはん


グリーンネックレスの花
グリーンネックレス
冬の間も、軒下で冬を越します。
 [ 2007/05/10 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)

一言でいうならば 花泥棒

いろいろな花が咲き、緑を楽しめる、いい季節になりました。

新聞記事で、一言で言うならば花泥棒の記事を読みました。
「花泥棒」とは、口に出して言うのもはばかる。
言いたくない言葉です。

何週間か前、私が何時も行くパン屋さんの店先にも
「花が盗まれました。」と張り紙がありました。

聞くと、パンジーの鉢が盗られてしまったと言う。
「でも、目利きの人ではないね。パンジーはもう終わりだから。」と
おっしゃる。でも.........。
これで2回目という。

よそから盗ってきた花を見て、心安らぐのだろうか?
花を見るたび、盗って来たことを思い出さないのだろうか?
季節がかわって来年またパンジーを見たら、このことを
思い出さないのだろうか?

一度でいいから、ご自分で花を育ててごらん。
花を育てるということが、どんなに自分を育ててくれていることか。

小さな芽のひとつひとつを、慈しみながら花を育てることが、
小さな命の一生を見届けるということが、
どんなことだかを、あなたに教えてくれて行ってくれるでしょう。

子どもではない大人のあなたに
私は、怒っています。

ハーモニーグラス
ハーモニーグラス

 [ 2007/05/09 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

ライラック

ばたばたと少し忙しくしているとすぐに、
読めない新聞が溜まっていってしまう。

息子に「それは新聞では無いでしょう」と言われながらも、捨てれない。
連載記事を見ずして、片付けられない何日か分の新聞を
走り足で、目を通す。
少々見えにくくなった老体眼には、堪えます。

疲れた目直しに庭に出たら、「あれ、違う匂い。」
咲き終わっていったカロライナジャスミンとは別のいい香り。

ライラックの薄紫色の花が咲き始めました。
さすがライラックは、香水に長く使われてきただけありいい香り。
あっという間に咲き終わってしまうのが残念です。

これとは別に、オーストラリアライラックの小さな木にも
花が咲き始めました。

つぎつぎに春の花が訪れて咲いていきます。


ライラック
ライラック1


ライラック2


オーストラリアライラック
オーストラリアライラック
まだ、40センチ位の小さな木

ラベンダー
ラベンダー
ラベンダーは、大きくなると下の方がどうしてもぼさぼさと枯れてきますが、仕方がないことらしい。
 [ 2007/05/08 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

ストレプトカーパス 3種

ゴールデンウイークの最終日は、一日中さやさやと雨が降り静かに終わっていきました。

雨の降る日は、昼寝をするのにいい日と
休み疲れの解消もちゃんとしました。
さぁ明日からまた、元気で頑張りまっしょ。

冬の間、家の中に入れていたストレプトカーパス。

冬の間は、仕方なく咲いていた風情でしたが、この頃やっと
やる気になった風情です。
戸外に出したら、花が次々に咲いてきました。

種類も多いのですね。
おしゃれなストレプトカーパス サクソムルは青紫系
花色しかないが、ただのストレプトカーパスは、ブルー、ホワイト、
ピンクエンジ濃い紫など種類も多いようです。

いかにもこれからの季節の花という感じです。
花の時期も長いのがいいですね

ストレプトカーパス サクソルム
ストレプトカーパスサクソルム


ストレプトカーパス
ストレプトカーパス1


ストレプトカーパス
ストレプトカーパス2


ストレプトカーパス 三姉妹
ストレプトカーパス3種


今晩の晩御飯
焼き鮭 新玉ねぎとベーコン焼き 漬物 味噌汁 ご飯
焼き鮭


ストレプトカーパス絵手紙

 [ 2007/05/07 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

衣替え

急に暑くなってきたので、「半そでがほしい.....」と家の者から
いわれた。
「今週中には......ね。」と言ったものの
やり始めたらあっちも、こっちもで家中足の踏み場がなくなった。

寝具が暑い、パジャマも暑い。
カーテンも薄い物に取り替えた。

着なくなったコート、音のうるさい空気清浄機、
天袋のものを引っ張り出して、いらなくなった旅行かばん、
みんな処分。

不意に昔読んだ「おじいさんの台所」を思い出した。
あの家では、夏は夏用のふすまに替えていたなぁ.....。

著者の佐橋 慶女さんが、ご自分の83歳になる一人暮らしの
父を特訓する話だった。
確か日本エッセイスト.クラブ賞を受賞した。

五月晴れのこんないい日を、家の片付けに終わってしまうなんて...
もったいないと思いながら、連日ガーデニングばかりしていたつけが
回って来たようだ。

後一日あれば、衣替えは終わるだろうか.......。

5がつの庭
5月の庭

フランスエンドウ
フランスエンドウ

 [ 2007/05/06 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)

新緑 真っ只中

連休の休みの日なのに、PC講座はあります。
というので必死なわたくしは、
「休んだら、分からなくなっちゃう...」と思い
朝寝坊返上で、出かけて行きました。

お休み日なのに出席者はいつも通り。
皆さん、偉い!

ブログ仲間はわいわいとハンドルネームで呼び合い、
それだけ聞けば一瞬、場末の安バーのよう
いやぁ、銀座のクラブのようでございます

午後にはその足で、母のお見舞いに行きました。
母は、眠っていましたので声をかけず
「元気な顔、見れたのだから満足。」と、そっと帰って来ました。

文句の言いようも無い調度よい気候で、新緑真っ只中。
こんな日は一年に何日も無いなぁと思いながら、
スピード違反かもしれないと思いながら、いい歳をして風を切って走りました。

帰ると、一人留守番の夫が懐メロを聞きながら
趣味のフライフィッシィングの毛針(フック)をテーブルいっぱいに
広げて、三昧しておりました。

5月のいい日でした。

夫手作りの毛針のフック
毛針
これですべてではありません。

今晩の晩御飯
筍ご飯 きびなご干物 胡瓜モズク 味噌汁 漬物
筍ご飯


笹団子

 [ 2007/05/05 07:00 ]  パソコン | TB(0) | コメント(2)

日陰の植物

私の家の日陰の植物について、少し書いてみたいと思います。

日陰でも育つ何かを植えたいと、思ってきました。
花は無理かなぁ....と思っていましたが、日向ほど華々しく
多くはありませんが、明るささえあれば育つ花は沢山あると思います。

これからは、ベコニア類、ホクシャー、インパチェンス、シラーや
ツボサンゴ(ヒューケラ)など育てられます。

葉だけのものでも、明るい色が入ったものなら日陰が明るく
感じられるでしょう。

真夏になれば、ちょっと日陰において置いた方がよい植物も
沢山ありますね。

2~3日前にわたしの庭も裏の方を、手入れしました。
庭いじり.......本当に楽しいです

日陰1
ギボウシやヒューケラ、ユキノシタ

日陰2
ギボウシ、ハンゲショウ、アジアンタムなど。

エビネ
義母の思い出あるえびね 15年ぐらい前に植えましたが、増えません

今晩の晩御飯
鯵のたたき 南瓜と蚕豆のそぼろ煮 ホウレン草お浸し ご飯 みそ汁
鯵刺身
 [ 2007/05/04 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

5月のふれんどりーはうす 1

ふれんどりーはうす今月一回目のお食事会の日です。

献立は今が一番旬の大好きな筍で、筍ご飯、鶏のヘルシーバーグ、
若芽と豆腐のみそ汁、漬物でした。

昨日の雨があがって、一気に清清しい5月の候になりました。
2週間前、はうすの庭に咲き出していた、藤の花も終わりかけ、
花の命の短さと、過ぎ行く時間の刹那なこと。

「しっかり、生きなさい。」と、言われているようでした。

柔らかな生まれたてのような筍、さくらはうすで販売している
野菜を使って、少し多いかな?とは思ったのですが、
大好きなので、全部入れて炊き込んでしまいました。

皆さんが、「美味しい!」と旬を満喫して頂けたようで
お変わり自由で、からっぽまで頂きましたよ。

振り込み詐欺の話から~私たちの住む町のデパートの
縮小話まで、にぎやかでした。

お天気がよいので、歩くには絶好日和。
皆さんは食事と世間話に花が咲いたあと、外のお日様に誘われるように
はうすを後にしました。

一緒に食事を作っているSさんは、体育館のストレッチ教室に
この後、出かけていきました。

みなさん、見上げるような元気な生き方で、
わたしは、よいお手本にさせて頂いています

5月ふれんどりー1

ヘルシーバーグはとりひき肉を使って、山芋をすりおろし
ふんわりと焼きました。中濃ソースとケチャップ半々のソースを添えて。みそ汁のおわんの中に蛍光灯が写ってしまいました。汁の実ではありません。

ドイツあやめ絵手紙

 [ 2007/05/03 07:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(2)

スノーボールと言う名前のお菓子

そういえば、花の名前と同じ名前のスノーボールというお菓子があったのを
思い出して作ってみました。
作り方は、とても簡単。興味がありましたらcookpadをクリックして参照してください。

ひとつのボールだけでできてしまう手軽さがとってもいい。
お菓子は、花のように可愛らしくサクッとした味わいです。
砂糖はほんの少しだけ入りますので、甘すぎずというところです。

どこかから、「持ってきて~」と聞こえます。
「了解、今度持ってくね~。」

下の息子曰く、「さくさくで、なんか咽るね。これ。」
皆さん、喉につっかえないかなぁ......。
救急車?
やっぱり、やめておこうか.......。

花と似ているかな?
スノーボール菓子


もう一度、スノーボールの花
スノーボール

 [ 2007/05/02 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索