はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

懐かしいもの 家族の工作

暑い日々の喧騒から、やっとやっとの雨降りで世界陸上も安心して
見てられる涼しい日になりました。

恥ずかしながら、家の廊下に家族の工作品がかけてあります。
こんな作品に時々目をやりながら、「こんな時もあった」と懐かしんでいるのでしょうか?

次男の作品
N絵
小学4年頃....父と兄とつりに行ったことを描いたのでしょうか。

長男の絵画
dc110302.jpg
中学2年生の頃、題材は「四季」

夫の彫刻
dc110305.jpg
23歳頃の作品.......出会う前のものです。
表札板を使って般若面を彫ったようです。

私の作品
仮面紙粘土
息子達が紙粘土で遊んだ時に一緒に作ったもの。
台はプラスチックトレーです。

面白いですね。と、思うのは私だけ........。

ケータイについているアクセサリーの数は.....

ケータイ


夏の花も落ち着き、そろそろ秋へとなるのでしょうが、花も無し
今日はFC2からお題をもらって
「携帯についているアクセサリーの数は.......」で、話をまとめるとしましょう。

答えは3個です。
1 ちびくまちゃん
2 ビーズストラップ
3 笛            です。

1のくまちゃんは
小さくて可愛いので、自分で買いました。

2のビーズストラップは
つくし野であったバザーで、私がこのビーズを見ていたら
売主のお金持ちっぽいマダムが、「どうぞ、差し上げますよ。」
「え~、本当?いいんですかぁ~。」と頂いてしまったものです。
わたし、よっぽど欲しそうにしていたか、「お金がなさそう~」に見えたのでしょうね。
多分そのマダムが、手作りされたものです。
こういう少女趣味ぽい色合いが好きなんです。

3の笛は、
もし、もしもですよ、突然災害に出会って、瓦礫の下敷きになったときに、虫の音の息があったら
「私はここよ~」と吹いて助けてもらおうと思ってつけています。
ご恩返しは、しますとも.....。

そして、このケータイはつい最近、ポイントがぎょうさん溜まっていたものですから、
夫婦で2個、ほぼ無料でゲットしたものです
何か元手が掛かっていないのがとても私流になっております。

はい、これでFC2のお題で今日の記事は出来上がり。
どなたさまも、おやすみなさい、又、明日

                        はなこ

ケータイ絵手紙
ケータイがなぜおもちゃになるかというと、性能はもちろん良くないのですが、メモリーカードをつけて写真や音楽、情報をPCに取り込めるってところが、今おもちゃにしているところですよ。
 [ 2007/08/30 07:00 ]  生活 | TB(1) | コメント(4)

この病棟のひとりとして..........つれづれ......

残念ながら、今日の皆既月食は空模様がよくなく見れませんでした。

がここのところの体調がいいので療養病棟から介護病棟へ移りましたので、
様子を見に方々会いにいきました。

途中の街道では、名産の梨やぶどうの季節販売所も出ていて
去年から一年が巡ったのだと思いました。

母は元気の様子で、3時ときでしたのでガーゼにひたしたオレンジジュースを
自分でチュウチュウとすすっていました。

介護のスタッフが忙しそうに、にこやかに立ち回っていました。
病棟の一画に患者を集めておやつをしていたのです。

私は、持って行った赤い「ほうずき」を見せながら
「こうやって開けると....」とすると、母は「開けちゃ、だめよ。」というように
仕草をしましたが、ほうずきのその袋をふたつに開けて、中のまあるい実をみせて
「覚えてる?こうして、鳴らすほうずきを作ったわね。」と、昔を偲びました。

30~40分も経ったでしょうか。
「お母さん、又来るわね。」というと、今日は妙に素直にこっくりうなずいて
手を振る私と同じポーズをしました。

私は心底、母がこの病棟村の住人のひとりとなって、そこそこ楽しく
暮らしてほしいなぁと願わずにはいられませんでした。

にも(父の気持ちはよく分りますが)この暑い日々に、自分の健康状態も分らなくなるほど通うことを考え直し、母をお嫁に出した気持ちになって、
介護の方達を信頼して、父は自分自身を大切に暮らして欲しいと思います。

絆は絆でいいのですが、いつまでも毎日毎日こちらと強い絆でいると
母が病棟でいつまでも寂しい思いをするような気もするのです。
母は病棟でもいい関係を、コミニティを持てた方が幸せとわたしは感じているのです。

いつものように、姿が見えなくなるナースステーションのところで振り返り手を振る
母もおなじように手を振っていました。

ささやかな、そして穏やかな小さなしあわせの日でした。

晩御飯
フレッシュトマトスパ グリーンサラダ 他
トマトスパゲッテー
スパの中味は、生トマト、えりんぎ、ベーコン、バジルの葉。

ほうづき2
以前にもいちどアップしましたが......ほうずき絵手紙
 [ 2007/08/29 07:00 ]  | TB(0) | コメント(2)

お隣さん、山の散髪

この暑い中、お隣の主さまが山の散髪をしました。
お隣の山は、生産緑地になっています。
この暑さの中、大変な作業です。

カラスウリやヘクソカズラやトキリマメのつるが山ほどありましたが
それが、木々にかぶさって荒れ山の形相でしたがすっきりいたしました。

切り後の木々は乾燥させて、自宅のお風呂の焚きつけにするそうです。
「ここんところ、なにか植えない?畑で使っていいよ。」とは言ってくださいますが、
わたしは野菜作りは、さっぱりずぶ素人。
「夫がやればねぇ。」
有難いお話です。
庭続きで畑にいけるなんて、やればこんないいお話はないけど.....。

それで、ますます一日中陽の当たる家になり、ソーラーをつけて
自家発電などつけたとしたら、東電に送れるくらいつくれそうです。

しかし、今は今は、暑い、暑い。
でも、贅沢は言ってはいけません。
お陽さまが戴けるなんてこんな幸せはありません。
冬は極楽だろうなぁ

右手はナツツバキの一列。
正面は谷。
左手は薬師池公園の森が望む。

形相は変わり、鳥は来るかしらと思ったが
私の髪と同じ、すぐ伸びる。大丈夫。

「写真の展覧会、見に来てよ~。」(お隣さんの趣味はカメラ)と、お帰りになりました。
2日間お疲れ様でした。

まだ切ったばかりで、下がぼうぼうですが、
※ナツツバキの一列
前面1
なだらかな斜面になっていて、右手の方へ広い丘になっています。うさぎも遊びにきそうです。
一昨年前までは、カブトムシも網戸によく飛んできましたが、このごろはさっぱり......。大きなクヌギも無くなったからだそうです。
「今年はへびをみないなぁ。」と、おしゃります。
今年は我が家でも、トカゲの数がめっきり減ったように思います。
蝉の抜け殻がたくさんありました。

※谷へ
前面2
この山のふちにはずっと梅林になっていて、春はうつくしい。
うめの種類もよろしくて、美味しい梅干や梅酒ができる。
大豊作の年に、「勝手に採っていいよ。」と声をかけてもらったことがありました。大喜び。

※薬師池の森を望む
前面3


晩御飯
とんかつキャベツ添え とうふ ご飯 清汁 お漬け物
とんかつ
とんかつは半分しかたべませんよ、本当。
 [ 2007/08/28 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)

農協野菜

残暑が厳しい毎日です。
暑い夏は終息にしておいてくれませんかね~。

久しぶりに、農協に野菜を買いに出かけてみました。
新鮮な野菜に会えるからです。

あんまり、美しかったので写真なぞ撮ってみました。
ちょっと毒々しい色かしら?
魔女を連想しない?この色合い。

農協野菜
絵を描きたくなる感動野菜 赤唐辛子は秋の気配を感じる

晩御飯
秋刀魚塩焼き ごーや青ジソドレッシングかけ ポテトフライ 味噌汁 御飯 糠漬け
sannma晩御飯
また秋刀魚で、「又~」と言われるかなと思いましたが大丈夫。
わたしは小さい頃、父が肉好きだったせいか、魚は秋刀魚、鯵、鮭くらいしか食べさせてもらった覚えがありません。
この歳になれば、肉より魚です。魚より野菜かな。
ゴーヤの青ジソドレッシングかけは、見掛けは悪いですがゴーヤ嫌いな人も、うなっていました。(食べれるって、うなったのですよ~)
茹でて、青ジソドレッシングをかけただけでした。

ポテトフライ
ポテトフライ
献立の取り合わせがよくないとは思いましたが、ポテトフライは子どもの頃の思い出があり作ってみたくなりました。
ふかした馬鈴薯をフライにするだけ。
 [ 2007/08/27 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(4)

ブラシの木に二番花が咲く

今年5月半ば過ぎにブラシの木の花は咲いたのだが、再び咲いてきました。
http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-251.html
二番花と呼んでいいのだろうか。

花は大抵、今度は何が咲きそうだ、かにが終わったというように
視野に入っているのだが、ブラシの木の花が咲きそうとは思っていなかったので
気がついた時は不意をつかれたようで、驚いた。

結構満開。
門の外にある木なのだが、今まで少しも気づかずにいたのがおかしい(笑)

ブラシの木 二番花
ブラシの木1


ブラシの木2


ブラシの木2


晩御飯
ハンバーグチーズのせ夏野菜添え 味噌汁 御飯 沢庵
ハンバーグ
向こうのは砂肝の焼き鳥、夫のおこぼれ。
夫はハンバーグがお嫌いだって。
 [ 2007/08/26 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(3)

リコリス

8月の初めに、彼岸花の花芽が.....と書きましたが
どうもそれは、同じ彼岸花科のリコリスと呼ばれるものだったようです。
彼岸花と呼ぶマンジュシャゲより1ヶ月早く咲く。

狐の剃刀もマンジュシャゲも夏スイセンのリコリスも彼岸花科は総称してリコリスとよばれるときもあるようで、花の名前は難しいです。

マンジュシャゲも後2週間ぐらいしたら、咲いてくるでしょう。

花言葉は「悲しい思い出(sad memory)」だそうな.....なにかいやね。
まっ、そういう思い出もあるか......。

彼岸花の芽
リコリス8月3日

リコリス
8月10日

リコリス3
今日

猛毒のハクサントリカブトの花芽
トリカブト
紫色の花が咲く  後10日くらいかかるだろうか?

朝ごはんにひやじる
ひやじる朝ごはん
でも、食欲の無い人はいないよう........。
梅干しもひとつ入れて。
 [ 2007/08/25 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

冷たいもの

昼間はこの暑さで、買い物へ出たくなかった。
スーパーも4時過ぎからが込んでいるようです。

子どもじゃないが、みんなアイスが食べたい。
冷蔵庫の冷えたお茶も、冷えたコーヒーも、なんのことはない
みんなそこにあるだけと思っていませんかね?
だから「いっただきまーす!ガブガブッ」とね?

夜のうちに沸かして、冷やして、冷蔵庫に入れて主婦はお休みなさいに
なるんですわ。
恩にはしませんが、忘れないでくださいね

買い物に出たくないので、普段食べなくなった果物の缶詰を
片付け方々凍らせました。
まだ、30代の若いお母さんの頃は、よく作ったかもしれない。
こんなことも、だんだん懐かしいことになりますね。
誰か食べてくれるかな?

氷菓子
みかんの缶詰にブルーべりを一緒に凍らせよう。

晩御飯(外食)
お蕎麦屋さんで
外食


祝いりんご
祝いりんごと言うと、なぜかお祭りの山車を思い出します。
幼いころは、山の手でも親しみあるM区に住んでいました。
町内の山車が出ると、お菓子が子どもに振舞われ、その中に祝いりんごもあったのでしょうか?
 [ 2007/08/24 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)

だれだれ........仕方あるまい

この暑さ、一体どこが、いつが折り返し地点なのだろうか。

正午ころ家事を終えて小休止しましたら、ばたん、ばたんと簾が
風で激しく揺れぶつかる音

すごい熱風、眩しい外を見ていたら頭痛がしてきました。
熱中症になったらかなわんわと思い、めずらしく昼間クーラーを入れました。
この暑さでは外では一体何度あるのでしょうね?

と、思っていたら  
こうちゃんの写真館
http://kouji1875.blog19.fc2.com/ (こうちゃん、勝手に載せてごめんなさい)
で、暑い中、何度も調べてくれている人が居ました。
温度の感覚がつかめて、ちゃんとした数字を知ることは必要と思いました。

今この部屋の室温は34度、なんじゃ、なんじゃって。
私は昨年も34度になったことを覚えているが、今年のほうが辛いなぁと思う。

午後は、読書してと、リタイア生活のよう。
いやいや、感謝していますとも。

キャンプ用コップ
このキャンプ用のマイカップ、味気ないとは思うのだけど使い出したら手放せない(二重構造になっている)
この暑いのに冷たいものを飲むのに氷は解けない、水滴は付かない、
たらたらして来ないすぐれもの、一日中使っている。
茜ちゃん作の小皿で、三昧三昧

皆様、気をつけて。
今時の無理は、かっこ悪いよ

紅伊豆ぶどう
秋だってもうすぐだって
 [ 2007/08/23 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

ペンダントライト

ペンダントライト


さてさて、こんな写真で何を書くつもりでしょう?

通販でやっとみつけました。
天井にもやさしい重さのペンダントライト。
通販には無いものがありません......ちょっと言いすぎかな?

「天井がその内、落ちてくるぞ。」と夫がいう。
「シーリングが割れてきているじゃないか。」とマイナス思考。
「はい、はい、はいです。」
そんなの落ちてきた話、聞いたことがございませんです。

前に付けていたライトは、夫が言うように本当に重かった。
こんな小さな家に似合わずのガラスライトやお飾りがついたシャンデリア風........と
いうと大げさだが、7キロぐらいあったかな?

天井に取り付けたのは、もちろんわたくしよ。
夫を待っていたら、何時になっても付きません。

ところが、電球がついているだけであっ熱い。
この暑さ続きだというのに、色も冬だったらいいかも知れんが今は
勘弁してくださいの暖か系

前のシャンデの電球はあわず、だけどこの暑さ色、一刻も早くなんとかしたい。
夕御飯を済ませてから、大型電気店にすっ飛んで行きました
大丈夫閉店、セーフ
長持ち、省エネ、5倍の明るさの電球をお買い上げ。

さぁ、これもひとりで付け替えるぞ。
帰り道、本屋さんにも寄ってと、今日のお月様は本当に半分。
「明日も天気かぁ.......
昼間は出れず、夕方から動き出すこのごろ。

晩御飯
鰹たたき ごーやお浸し 金平ごぼう 南瓜味噌汁 御飯
鰹たたき
この頃、十穀米を入れない.....お米が美味しくない時期で、ごはんが美味しくないという人もいて.....。

味の素
今はもう犬はいません。7~8年前にお亡くなりになりました。
飼い主に似て、内気なヤツでございました。
昔むかしの絵手紙です。
 [ 2007/08/22 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

残暑厳しき折,,,,,,,,,,,

涼しかったのはたった一日、今日もものすごい残暑の日だったこと。
どこかに、赤い鬼でも隠れているんかしらん?

そうしたら、新聞の投書欄で面白い記事を読んだ。
「天気予報では毎日毎日、明日も厳しい暑さになるでしょう。とは言うな」と
おっしゃいますのよ。

「気象予報士さん、明日も暑い日にとは言ってくれるな。工夫して
明日も今日のような暑さになるでしょう。と言ってくれ」と
おっしゃいますのよ。

なんか、分かるなぁ...........。
こういう気持ち。
気持ちも分かるが、頑固そうな65歳以上の男の人だなぁ、きっと
怒られちゃうかな

突然の雷雨でもなんでもほしいわ~

東の空 17時15分 陽は短くなりました。
雲
雲が、鬼の子どもが走っていくように見えませんか?

ワレモッコウ
心配なさるな、大丈夫よ。ちゃんと秋草ワレモッコウが赤くなってきていますよ。

晩御飯
すき焼き風 とうもろこし 漬け物 味噌汁 御飯 頂き物のジュレ
すき焼き風


ほうづき2

 [ 2007/08/21 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(2)

夏のつれづれ

今朝はいつもより2度ほど低い。

たったこれだけでも劇場にカーテンを引かれた後のような
ローなテンション。
祭りがあった翌朝の祭り場のよう。

遅くなってしまった庭木の水やり。
お日さまが陰に入ったすきに神業ごとくにささっとやる。

まだまだ、ジージーと鳴く蝉の声。
時折、近くの竹やぶで「ホー、ホケッキョ」と、とても近くで鳴く。
また、ジージーと蝉が鳴く。
少し高いところで、カラスが斜めに鳴きながら飛んで行く。

まだ終わらない洗濯機。
何かしゃんとしないと思っていたら、今朝はまだコーヒーを頂いていませんでした。

なんと暑い夏だったか!(終わったことにしてしまった
「今日は、涼しい。」と思った今日の温度は28度、それでも湿度は75%だった。

さてさて、誰も居ない日曜日。
自分の時間をたっぷり使えそう

届いた手紙の返事を書きましょうか


メドウセージ ケイトウ
蜜集めにまだまだ忙しそうなはちのムサシくん。
友人からもらったこぼれ種から咲いたケイトウ、来年は、この庭でもこぼれて咲いてくるかしら。

テッセン
切り詰めた花の二番花が上がってくる時期です。
これは下向きに咲くテッセンですが、どうも勢いがなく......。

庭8月19日
あぁ、もう乱れ咲きのいろいろ......
これが冬には、何ひとつ亡くなるから不思議。
タカオはやはり、夏からの花。
右の椅子の上になぜテラコッタを?と.....風が強い日には、椅子が吹き飛ばされるからよ。

仲間とのスケッチブックリレー
畳も焼けて、夏にお疲れのご様子
ほうずき

 [ 2007/08/20 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(0)

母のお見舞い

病院の受付で、母の見舞いを終わらせた父に会った。
缶コーヒーを飲みながら、少しだけ話す。父も痩せたかなとチラッと思う。
「今、やっと眠ったところだ、熟睡していると思うよ。」という。

病室に入ると、案の定、母は起きていて何か独り言を言っているようでした。

ここ最近、私は気になっていることがあります。
母が今までに無く興奮状態だったりするものですから、
明日も来て見ようと思うのですが、情けないことに疲れてできません。

いつも来るときは、なにかの思い出のものを持って見舞いに行きますが
興奮状態のときは同じことを繰り返し訴えて、私がそれを理解できないと
元気な頃には見たこともない怒りの表情で私を睨んだりします。
目は、強い、何と言うか、「見損ねたわ」とでもいう色をしています。

わたしは、母がこう言う状態でも嘘を言うことができません。
母の自尊心の砦であった、最期の最後まで自分の足でトイレに行くことも、もうないことも........。

オシッコが出たいと言えば、
「お母さん、オムツをしているからいつでもオシッコはしても大丈夫よ。周りが汚れることもないから安心してしていいのよ。」という具合です。

母は、「そーなの!」というちょっと意外な目つきをします。
この会話は、何回も繰り返されます。

今日は持って行った、私が小さい時のゴム人形を見せると
「見たことがあるわ。」と言って、人形の頭を細くなった手で撫でていました。
わたくしが10歳くらいの時のクリスマスのプレゼントに、○○町のおもちゃ屋さんで
姉妹同じものを三つ買い揃えてくれたこと。

そして、不意に自分の胸を叩いてその指を一本立てて見せました。
「お母さん、ひとり......なの? ひとりっていうこと?」と聞き確かめると、首を縦にうなずくものですから
「わたしも、ひとりよ。」と、わたしも母と同じ動作を見せます。
すると「そう~。」と初耳のような顔をしました。

なんの意味があるのか、話のつながりも時々分からなくなったりします。

そして、聞き取りにくくなった声で「どうしていいか分からない。」と
何度も言うのです。

散々お別れをしても、帰るとき私はいつもドアのところで振り返って手を振ります
母も見えているのかそれに応えて、ベットの柵から手を振ります。

また、近いうちに来よう。と
自分のスケジュールを頭に浮かべるのです。

ゴム人形
人形 25センチくらい 母が作った服を着て......

 [ 2007/08/20 07:00 ]  | TB(0) | コメント(2)

灼熱地獄で冷汁を作る

ここ2-3年作ってみたいと思っていて、中々作れずにいた冷汁
連日の暑さで思い出して作ってみました。
材料も、今の季節に冷蔵庫にあるものばかり。

へへへ、実は友人とあの温泉へおしゃべり方々遊びに行ったので
夕食を作る時間が遅くなり、簡単メニューになっただけでした。
この頃は夕御飯を食べる人がばらばらで、今日は2人で晩御飯。

冷汁は、宮崎県の郷土料理らしいです。
そして、本当は(何が本当だか分からないが)鯵とか飛び魚の干物を
焼いたのをほぐして入れるようですが、もう、今日はあっさりと
干物は入れませんでしたが、食べ終わってから、あ~、おじゃこがあったのに入れればよかった
と思った時は、後の祭りでした。

炊きたての御飯に、氷の入った冷汁をかけて.......あぁ、これだけで
「本当に、ご馳走様!」でした。
ご馳走様とは、こういう時に使うものだ!と思いましたです。はい。

まだまだ、暑い日があるでしょう。
今年、ぜひ、干物を入れなくってもさっぱりと美味しい!冷汁を作ってみてくだされませ。

笑われそうですが、もうひとつ、2-3年前から作ろうと思っていつも
秋になってしまうメニューがあります。
今年、作る気が起きたら食べれそうです。

それは、ビシソワーズ..........何のことはない、ジャガイモの冷製スープです。
簡単すぎて、またまた笑われそう.........。

いつもとごとく参考までに冷汁の分量を......

きゅうり   2本
みょうが   2こ
青ジソ    10枚くらい
長ネギ    細いもの1本
すりゴマ   大5杯
味噌     大3-4杯
砂糖     大2-3杯
めんつゆ   3C(だし汁でうすめたもの)

   ※つくりかた
    きゅうり、みょうが、長ねぎは小口きり、シソは線切り
    後はみな混ぜるだけ
    器に入れて、氷を浮かべる


晩御飯
冷汁 秋刀魚刺身 トマト砂糖かけ 甘長ししとう焼き ヌカズケ
晩御飯冷汁
炊き立て御飯にかけて頂きます。

冷汁   すりゴマ
冷汁 すりゴマはごひいきのオニザキのすりゴマ(香りよくわざわざ擦らなくてもそのまま使えるのがいい。香りが生きている。)


さより絵手紙

 [ 2007/08/19 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(5)

親の人生から.......人生最後のステージを考える

朝早く友人からの電話がかかり
「母が、脳卒中を起こしたの。病院からリハビリのできる病院に移ってくださいと、いわれているの。」という。

友人のお母さんは95歳。
社会復帰は年齢なんかではないのだが、オムツもしている脳卒中の患者に、社会復帰のためのリハビリを?

それから、2週間も経っただろうか、今度は
「明日胃漏管をつける手術をすることになったの。家族は反対なんだけど........。」

良くなる見込みのなくなった高齢の患者にとって、痛みを伴う点滴治療は
延命治療に思えてならない。
母も3ヶ月間ずっと点滴一本だった。
その間、食べ物はおろか水さえも与えられなかった。
針を引っ張ってしまうのでよくベットに縛られていた。
点滴針の腕はしばし紫色に腫れ上がり、打つ場所がなくなると今度は足に針を打った。
母は見る見るうちにやせていった。

点滴治療だけの治療では行きずまり、今度は胃漏管をつけた。
物も食べれず、トイレに立つこともできず、自分の力では寝返りをうつこともできず、良くなる見込みも無いのに一日のほとんどすべての時間をベットで過ごすことに人生の何の意味があるのだろう。

眼鏡も入れ歯も取り上げられ、話すことも通じず、見えるものも
ぼんやりとして、そんなところに生きている意味や希望をどこかに探せるだろうか。

よくなって帰れる希望があるならいざしらず、
胃漏管をつけて、時間になったら、生命維持に必要な分だけの
水分と栄養分を注入して、ベットに寝かされているだけが人生最後のステージだなんて、それが、現代医療の道だなんておかしいと思えてならない。

死ぬよりも生きるって方が絶対よい事だって、暗黙のうちに前提されている。
しかし、本当のところは分からない。分かりっこも無い。
いやな話だが、人は自殺意外に死に方を選べない。
「人生思うようにいかないのよ。」というままでは、人としての力が
下がってからでは、何一つ死に方さえも自分の思うようにならない。

私たちも歳をとって行く。
団塊の世代がみんなぴんぴんころりといかず、この道を選ぶことしかできないとすれば、
この現代医療は大きな医療産業に発展するに違いないと、わたしは思う。

本人が願えば(本当にそれが大事なんだが)(元気な時に意思表示を残していたら)
このような医療行為をはずして、せめて人生の最後は苦痛の無い安らかな時を迎えられる医療を選ぶことはできないのだろうか。

日本では、ナーバスなこの話題。
皆さんの意見もぜひ、聞きたいです。


バードバス
空を写す    千の風になるとしたら鳥になろうか.......。

 [ 2007/08/18 07:00 ]  | TB(0) | コメント(8)

木立ベコニア

連日、暑いを連発する日になっています。
熊谷市では40.9度で74年振りに新記録を更新したという日本列島も
灼熱地獄です。

部屋の中でも34度もあり、昼寝以外にやれるものがありませんでした。
この猛烈な暑さも明日までということですが、そう言われると
おかしなもので少し淋しい。

日陰で木立ベコニアが静かに咲いています。

この鉢はもう3年目ですので、花の形が奔放になっています。
この花の新芽は、春遅い時期に出てきます。
「ひょっとしたら、ダメになったのかもしれない。」と思う頃です。

春の風の強い頃、なんど強風に新芽が飛ばされていったことか.....。
強い日差しでは、葉焼けを起こしてします。

いいのか悪いのかはよく分かりませんが、まったくといっていいほど
陽が当たらないところで過ごし、花が咲いています。

涼しげでもあり、少しの華やかさもあり、夏には魅力的な花です。

木立ベコニア
木立ベコニア


木立ベコニア2


スイカ
とはいかない。今年の暑さは手ごわい。
 [ 2007/08/17 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

終戦記念日

昨日は終戦記念の日。
62年前の終戦の日も暑い日だったと聞く。

私たちは戦後の生まれで、戦争を知りません。
わたしの父も、夫の父も戦争には行きませんでした。

だから戦争については、後の学校の教育と報道でしか戦争について
学ぶ機会はなかったように思います。
私の両親も、戦争について多くを語った覚えがありません。

戦争はいけない。
戦争に向かっていく世の中になってはいけないと、私は母として
そう思うのです。
死ぬことが恐いのではありません。
生まれてきた命は大事にしたい一心でです。

私の家では、終戦の日の夕飯は「すいとん」だけとしています。
息子たちが小学生の頃からだと思います。

戦時中に食べたという母の話の「すいとん」の中味とは
全く違うものですが、この日が戦争が終わった日とすることを
知らしめる自己満足の献立です。

今流行の言葉でいうなら、食育だったのでしょうか。

夏の日


晩御飯
すいとん
すいとん


明日に続く夕日(東の空)
夕日

 [ 2007/08/16 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)

ノリウツギ ミナズキ

5~6年前に友人から頂いた細く小さな苗で、名前が中々一致しませんでした。

やっと少し大きくなりました。
私の庭でも夏の花はそろそろこれまでです。

ミナヅキはクリーム色かかった白い房状の花が咲く美しい小木です。
木もそれほど大きくならずに、幹が太くなって大人の木になっていきます。
とても品のある花と、私は思っています。

ノリウツギ ミナズキ
ミナズキ


ミナヅキ2


アジサイ 墨田の花火
アジサイ墨田の花火
不思議なのですが、とても大きいアジサイの墨田の花火が2本、今頃になって満開に咲いてきました。
日中の暑いときは少し、首を垂れていますが夕方から回復してきます。
真夏の太陽にアジサイの満開は、不釣合いで見慣れないのですが、大きくて立派です。どうしたのでしょうね?

晩御飯
海鮮丼 ゴーやの味噌炒めとトマト 清汁
海鮮丼

 [ 2007/08/15 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

梅酢で混ぜ御飯をつくる

guhann炊く御飯炊く2
白いお米におちょこ一杯の梅酢をいれて御飯を炊く(梅を干した時に出来た濃縮にの梅酢です)
炊き上がったら、じゃこ、梅とゆかり(きざんだもの)を混ぜる。
調味料は何も足さないでいい。
三つ葉をきざんで、ぱらぱらと彩りよく。

混ぜ御飯
出来上がり

窓より望む
台所の窓から外を望む。い午後です。

今日はお昼に、これだけを作ってインスタントのしじみの清汁で頂きました。
の見舞いに出かけます。
 [ 2007/08/14 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(3)

秋刀魚到来!

日中、燃えるように暑いので、とうとう花の水やりは
ホースを持ち出しました。
朝も7時までにやれれば上出来。
今年、水不足でなくて本当によかったと思います。

暑い日中は、外へ出たくないので夕方まで本を読み上げました。
いつもは新聞を読むのが精いっぱいで、なかなか本が進まなくなってしまいました。
老眼のせいもあり、文字を追うとすぐにになってしまいます。
「寝てたよ。」と言われることもしばしばです。

秋刀魚が出てきました。少しづつ秋の姿も見え隠れしてきました。
お初ものです。
油も乗って、美味しいでした。

あっちこっちと読書サーフィンが好き。
休日三昧


秋刀魚......太っている.....。
秋刀魚」


晩御飯
秋刀魚の塩焼き 野菜オイスターソース炒め 味噌汁 御飯 漬け物
秋刀魚晩御飯

 [ 2007/08/13 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(1) | コメント(0)

「真夏の朝の夢」のお笑い話

今日は休日。
夫が朝早く(5時とか)起きて散歩に出かけたようでした。

「薬師池公園の側に、気の利いた喫茶店があったら、(人が)入るだろうなぁ~。」と朝食時に言い出しました。

「あの道路沿いのあの辺りがいいね。」
「あそこを買ったら、いくらだろう?不動産やさんに聞いて見たいね。」
「駐車場は、あの薬師池の駐車場を使ってもらって。」(のん気です)

「天気のいい季節は、外テーブルも出してね。」

「おひるの3時ごろでオーダーはストップして、結構仕込みは大変よ。
サンドイッチとスパゲティと、珈琲を、それと小さいガラスの器にヨーグルトにブルーベリーをのせて......」

「○○さんにも、手伝ってもらってさ、....おばちゃんばかりはだめだわね。
きれいな若いお姉さんをひとり雇ってね。」

「税金がいくら取られるだろう?」
「うっ?」
「退職金のさ。ここの家と2箇所は大変だ。ここは売った方がいいなぁ。」
「え~、私は結構ここは気に入っているんだけど.....。それに
退職金を全部それにつぎ込んだら大変よ。すぐに死ねればいいけど
寝たきりになったら月、20万はかかるわ。」とリアル。

「それで、あなたは何をやるの?
私は、出す食事作ったり、いらっしゃいませーと言ったりするけどさぁ。」
夫「...................。」

あぁ、きっとオーナーの椅子に座りっぱなしだわ

「あそこに、普通の家を改造したようなお蕎麦屋さんが出来ているわよ。お昼に行ってみよ。」

と、夢の夢の言うのはただの休日の朝の笑い話でした。

晩御飯
たらこスパゲティ 大根サラダ 枝豆 ピクルス
たらこスパ


Sカーパス

 [ 2007/08/12 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(7)

ダリア園

近所にありますダリア園でダリアが満開と聞いて、先日曜日に行って見ました。

花の盛りは10日位過ぎてしまっていましたが、まぁ、種類が多いのと
見事なので、見ごたえはたっぷりありました。

9月の下旬に花は小さくなりますが、二番花が見られるそうです。

これらの写真を撮ったのは師匠が仰るとおり、3時はたっぷり過ぎていましたが、
それでも陽ざしの強さが分かる「2007年夏!」とでも名づけたい写真になりました。

ここに20年以上住んでいて、園があるのも知っていましたが
ダリアの咲くこの園の中に入ったのは初めてという、恥ずかしいことでした。
これも、ブログをやったお陰で視野が広がったということになるでしょうか。

春先やパンジーを植えつける12月には、ここによく苗を買いには来ていたのですが、
アンテナが立っていないということは、とてもしょうがないことで、近くにあっても
気が回らないということなのです。

何年も連れ添った連れ合いが、少しぐらいおしゃれをしたところで
気がつかないということと、似ていますね。おほほ

まぁ、暑い日でわたしも装備が足りなく、「油断した!」と思った時は
後の祭り。びりびりしてしまいました。

ご覧下さい。

ダリア園内への入り口、きれいな生き生きとした花でいっぱい!
ダリア園入り口


ダリア園2
園の全景ですが、この左右と後ろにもまだまだ続いているのです。
このずっと向こうに私の家があります。歩いて7分位。

ダリア園3


ダリア園4


ダリア園5


ダリア園6


ダリア園7


ダリア園8

わたくし的には、「この上下2まいに冠を!」でしたかね。
上の花は、透き通るようなお肌に圧倒されます。
下の花は見ての通り、ういういしい育ちのよいお嬢様を感じます。
まぁ、偏見と独断ですけど.........。
ダリア園9


ダリア園10
誰かがこんなことを。そりゃ、いっぱい落ちていそう。

ダリア園フヨウ1
顔位大きなフヨウの花でした。
アメリカフヨウ (上下とも)
ダリア園フヨウ2
この色は個性的、忘れそうに無い色ですね。30センチ位もありました。

パイナップルリリー
パイナップルリリーの大株。レモンライムの色が涼しげでした。

撮った写真は全部で54枚。
もう、選ぶのが大変。
だって、世界美人コンテストみたいなんですもの、花好きには重労働でした。

風鈴


 [ 2007/08/11 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

8月の庭と夏の生き物 ルドベキア(タカオ)

残暑お見舞い申し上げます

うちわ絵手紙
絵手紙を始めた頃の絵

暑い暑い八月の庭です。

ルドベキア タカオの花が狭い庭にこぼれ種で咲いてきて8月のメインのようになりました。
大きな大きなひまわりを植えたかったのですが植え損ねて、かわりにタカオが増えて庭のあちこちで大きな株になっています。

花の時期も長く、寒くなるまで咲き続けてくれます。
あざやかな山吹色に近い黄色も夏らしく力強いですね。

8月の庭 いつもの方向から
8月の庭
もう、ごちゃらごちゃらでいっぱいです。だんだんお見せできなくなります。

奥の方から
8月の庭2


ルドベキア タカオ
タカオ
背丈は150センチくらい。

今日の庭の生き物 アゲハ蝶
蝶1
おぉ、なんと美しい羽色!

蝶2


蝉の抜け殻
蝉抜け殻
必死に葉っぱにかじり付いていたのだろうか......。

子どものカナヘビちゃん
トカゲ
「冒険に出かけるところだよぅ。」

 [ 2007/08/10 07:00 ]  花 と庭 | TB(2) | コメント(4)

梅を干す

さぁ立秋の今日、三日三晩梅を干し終わりました。
完成です。

ここまでの工程は以前記事にしましたので、つなげると梅干作りが分かります。

http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-299.html  

袋で漬けた梅3キロ、これから土用の太陽にもとに広げて干します。

梅干1


梅干2
三日三晩、干す。一日目、二日目は日中干して晩は汁に戻す。三日目は日中干して夜も出しっぱなしにして、四日目の朝早くに容器にしまう.......これで完成!
汁は、別に取って置き、和え物、漬け物に使える。
紫蘇の葉の方は、刻んでゆかりにすればよい。

出来上がり
母から譲り受けたカメにしまいます。
今年は昨年の梅干しがまだありますので、3キロだけにしました。
少なかったので、うんと楽でした。
しばらくすると、しっとりと又梅からエキスが上がってきて、とろりとした梅干しになるのですよ。
例年ですと、カメにしまう時にザラメ砂糖をパラパラと振り入れながらしまうのですが、今年は買い忘れました。
まっ、いいか。

追記......
 後から、やはりザラメ砂糖をぱらぱらとは、やることにしました。
 いつも通り、ザラメ、梅干、焼酎きりふきと何段か繰り返して
 釜に収めました。


そう言えば、少し前に「梅干しの歌」という歌が、TVから流れていて
微笑ましく聞いたものでした。
探してみたら、ありました。
ゆずりの里さんのほうから、お借りしてきました。
http://www.yuzurinosato.com/yuzurinosato/uta.html  ゆずりの里

『梅干しの歌』

二月・三月花ざかり
  ウグイス鳴いた春の日の
  楽しい時も夢のうち

五月・六月実が成れば
  枝からふるい落とされ
  近所の町へ持ち出され
  何弁何合量り売り
  もとよりすっぱいこの私
  塩に漬かってからくなり
  シソに染まって赤くなり

七月・八月暑いころ
  三日三晩の土用干し
  思えば辛いことばかり
  それでも世のため人のため
  しわは寄っても若い気で
  小さい君等の仲間入り
   運動会にもついてゆく
  ましていくさのその時に
    なくてはならない
        このわたし

九月・十月秋の日々
  山はもみじやかえでが色づいて
  里の庭々秋の声
 ふたたび仲間は
   おにぎりやシソに
    巻かれて旅に出る
   わたしはさびしく樽の中

十一月・十二この月に
  山には雪がちらちらと
  里には木枯らし吹き荒れて
 庭ではペッタンペッタン餅をつき
   樽の中ではブルブルと
   私はふるえて年を越し

正月元旦年明けて
  書き初め 羽根つき
         コマまわし
  家で家族が笑顔で雑煮たべ
 梅のがふくらんで
  花の香りを待ちながら
  私は樽の中より
      おめでとう

この歌は、明治~大正時代の尋常小学校の国語の教科書に載っていたそうな。

晩御飯
鮪剥き身丼 冷豆腐 モロヘイヤお浸し 人参だけの金平炒め 沢庵 清汁
まぐろの剥き身丼
暑くて火を使いたくないので二日続きの丼御飯になりましたがいいわぁ、なんでも.


 [ 2007/08/09 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(6)

多肉植物プレートをつくる

「花の家」で、多肉植物プレートの講習会がありましたので
参加し、作ってきました。

多肉植物は種類も多く、表情も豊か、紅葉もするし花も咲くし丈夫と、
とても面白いのです。
ここのところ、のめり込みぎみになってきました。

夏場は増やすチャンスの時期です。
寒くなると紅葉するものもあり、表情がとても豊かになります。
そうなると色合いも微妙で、もう、美しいのです。

さぁ、作りはじめです。
多肉植物プレート1


そして、完成です。10種類くらい入っています。
多肉2
このまま水もあげず、日陰で2-3週間すると根がはって落ち着いてきます。
う~ん、なかなか綺麗と自画自賛。

今日は、これが終わってから、近くにハス田があると聞いていましたので、見に行ってみました。

あった、あった。
ハス田1


ところが、花は探さなければ見つからない。咲いている花はどこじゃ?
そして、昼間のせいか花が開いているものがひとつもない。
困ったぞ。
ハス田2


なぜって、ブログにきれいに咲いているハスの花をのせられると思っていたから。
ハス田3


ハス田4
これは、散り始めの花。

ハス田5


ハス田6
花の咲いた後。炎天下、体から煙が出てきそうでしたので、この辺りでハスの花の写真撮りはお開き。

帰ってきて、庭の花に水をあげる。
こちらも、からから。いったいここはどこだろう?
亜熱帯地域の赤道付近?
夕空
庭から夕空を撮る。明日は、立秋......なんとなくさみしい。
これは北東の空。こういう場合は西の空を撮るのよね。
残念ながら、西の空はどんと高い隣の家に阻まれて見えない。

晩御飯
親子丼など
親子丼


かくして、暑い一日はおわり。
早く寝よう。
また、明日があるから。
 [ 2007/08/08 07:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(2)

気を引き締めて

昨日は、猛烈に暑かったと思う。
風はあったが、そんなもの......熱風でしかない。

夜も熱いままで、体が落ち着く時がない。
今日は、昨日よりまだましの感じ。
先週は疲れた、とっても

しかし、いつまでもこうしてはいられない。
ともかく、一枚描いておこう。
車輪のように、転がり出せるかもしれない。

温湿計
9時20分 気温30度 湿度70%...........超不快、どんな一日になるのか。

絵手紙稽古
取り合えず、広げてみる。多分描ける。
ふーと一息、体の力を抜いてリラックス。力んでいては、絵は描けない。

<絵手紙稽古2
落款を押す。

もも絵手紙
出来上がり。

☆絵手紙
描き始めたのは、10年前。
教室に通ったのは、月2回で一年だけ。
絵手紙は、自由に描いていいのだが、『もっと自由に描きたい感』があり、通うのを辞めた。
もともと絵を描くのは小さい頃から好きだった。
母に1000枚くらい送った。あの時は、絵手紙中毒にかかっていた。
それから、絵手紙仲間にめぐり合い、今に至る。
仲間とのスケッチ会、巻紙リレー、スケッチブックリレーとなり、現在も進行中。
仲間は8人、うち4人は絵手紙の先生として活躍中。
仲間がいたからお互い、切磋琢磨されて続けて来れたと思う。
感謝しています
 [ 2007/08/07 07:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(4)

ガソリン高騰

「ねぇ、ガソリンが妙に高くなったと思わん?」
給油して帰った息子の一声です。

レギラーガソリンで近所で今、142~3円です。
何時だったか、89円なんていう時もありましたから、その頃に比べたら
7割高です。
最高値を続投し続けています。

この暑いのに、こう高くては車のクーラーも考えてしまいます。
車の中の温度は夏場は気温+15度位と勝手に解釈しています。

私は、近場のスーパーへの買い物では、ちょくちょく乗り降りするので
クーラーはできれば、つけない様にしています。
それに乗車は一人ですもの、窓を全開します。
でも遠出の時は、暑いので使います。

すれ違う車で、窓を開けている(クーラーを使っていない)車は
10台のうち1~2台くらいです。
車の車種によっても、窓が開いている車の傾向が分かります。
面白いですよ。(安全運転でちらっと見るだけにしてね

熱いアスファルトに、ぎんぎらぎんの太陽、そして車の排気ガスと
あ~ぁ、地球は酷使されているなぁと思います。

土日曜日は2~3円引きですので、スタンドも混んでいます。
どこが安いかを教えてくれるサイトもあるようですが、そこへ行くにもガソリンがいるし、まさか、そんなマメなことは出来そうもない。

どうしてこんなに高くなってしまったかを、もう一度考えてみるのに
YAHOOサイトがありました。少し、再認識できました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138155538  YAHOO!知恵袋

2008年の北京オリンピックまで、中国は急成長していくだろうし...。
どう考えるかは、運転者それぞれ。

晩御飯
そうめん ゴーヤチャンプル 枝豆 焼き豚(頂き物)など
そうめん
あ~、御飯作りも楽じゃない。まず、火を使いたくないだわ。
そうめんのおかずは、しばしゴーヤチャンプル。夏ばてにいいような気がするから....。
お汁にも必ず、梅干をひとつ入れる。爽やかですよ。
☆ゴーヤの種を食べてみましたよ。
 かねてから、この種やらを食べてみたいとためていましたが、
 ほどほどの量が出来ましたので、銀杏の加熱の要領でレンジでチンし て食べてみましたよ。
 どんなかって?
 ピーナッツをもっとコクのあるものにし、少々苦味をつけた味でし  た。でも、将来的にはもう、いいかなって感じ。満足しました


すいか絵手紙
と、誰かが偉そうに言う.........
知らないっと......。
 [ 2007/08/06 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(5)

真夏の花 ハゲイトウ フロックス(オイランソウ)赤色

若いときは、夏が一番好きな季節でした。
20代のOL時代、先輩に「ひまわりみたいな人」と言ってもらったこともありました。
(もちろん、お世辞ですよ。)
今になっては、秋もよし又春もよしです。

燃えるような、夏のパワー全開の赤いハゲイトウ......ドキドキするようです。

ハゲイトウは一度絵に描いてみたいと思いつつ、実現はしていません。
今年はぜひ!とは思っています......ハゲイトウが元気なうちに。

フロックスについては、以前に記事にしましたが
http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-305.html
昨年、赤色の苗を植えたのをすっかり忘れていました。
ピンク色に少し遅れて咲いてきました。
暑い中でも、とてもきれいです。

驚いたことに、もう、彼岸花の芽が伸びて来ていました。
自然の営みは、見えないところでも確実に生きていることを感じます。
どこか近くに秋もかくれているのですね。

ハゲイトウ
ハケイトウ
情熱的!

ハケイトウ
オーレッ!とスカートのすそを蹴飛ばしているようにも見えます。

フロックス(赤)
フロックス(オイランソウ)赤  ケイトウ
暑さなんか、なんのその。

彼岸花の芽
彼岸花の芽
けなげささえ感じる...........。
少しピンボケが残念!
 [ 2007/08/05 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

今日の庭の生き物

暑い暑い

台風が西の方を通過してしているので、風があるので少しはまし。
裏の方の雑草が伸びて、するつもりはなかったのだけど
午前中は花カラ摘み取りや庭の手入れをしてしまった。

来る夏の証明のような、庭の若い生き物たちが面白い。
彼らは彼らで、ほかのことには目もくれず自分らの生活に忙しい様子。

昨日、母の見舞いに行ったときの母の様子が険しかったので
今日また、ちょっと行って見るつもりだったが、2日続けて出かけた疲れと
この午前中の庭仕事とあいまって、疲れがどっと出て午後は昼ねに変更になってしまった。

冷蔵庫の調子が悪く、3回も修理に来てもらったりのわずらわしさと
ここ1ヶ月凍ったり、冷えなかったりと挙句の果てはパッキンが
きいてないとのトラブル続きで、まだ新品の域だが購入後8ヶ月で全交換の結果となった。
この暑さの中氷はできないし、食品は凍ったり温まったりと悪くなるものが続出、
あ~あ、いい加減にしてほしいと、この能率の悪さ!

H電気には「こんな冷蔵庫、工場から出荷したらあかんよ!」と
言わせてもらった。
もう、もう、もう.......と、ちょっと、ご機嫌はななめの私

蟻
                             2匹で遠足に来た蟻。「何か、お探しで?」と私。

とかげ1葉っぱの上に乗ったチビトカゲ  トカゲ
                         ねっ、ちびすけだってことが分かるでしょう?かわいいね。

ヒメタテアゲハ1  ヒメタテアゲハ2?
昨日も来ていたヒメタテアゲハ? バーベナボナリエンシス は、ブットレア並に蝶がたくさん来る。
おっと、違った、ツマクロヒョウモンの雌のようです。
蝶には、詳しくないもので....。

かまきり1
         今頃咲きはじめたあじさいの葉に来ていたチビなカマキリ。このくらいだったら恐くない。

カマキリ2
                ちょっと大きい。こうなると、もう、遠慮しときます。
 [ 2007/08/04 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)

サルスベリの木

夏の花、サルスベリがどこでもきれいに咲いています。

家のは、7年目くらいかなぁ.....?
ほんとに小さな10センチ位の苗から育てました。

あちこちと場所を動かし、定まったのが今の場所です。
台所の窓から、満開に咲いたゆれる枝を見たいと思ったからです。

花の期間が長いのもいい。
よその家に白いサルスベリの木がありました。
そちらの方はもっといい。

サルスベリはキョウチクトウと並んで、夏の街路樹の木ですね。
この頃は、街路樹の木の種類もちょっと変わってきたようにも思いますが.......。

サルスベリ1
よくぞ、大きくなってくれました。
150~160センチくらい、中学生くらいを想像します。

サルスベリ2


晩御飯
イカ焼きトマトとエリンギソテー添え 胡瓜モズク 納豆 冷豆腐 茄子味噌汁 御飯
夏イカ焼き


コリウス
コリウス
 [ 2007/08/03 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(0)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索