はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

絵遊び 箱絵

ひとつ手をつけたことで調子がのってきたのでしょうか
もうひとつ箱に絵を描いて遊びました。
まだ冬ごもり中.......。

山茶花箱絵

山茶花箱絵 表面

箱絵裏

椿箱絵 底面

本当は裏面など描くつもりがなかったのですが、いつものごとく絵は大きく描くが
身にしみこんでしまって、表に描ききれず裏面にいってしまった次第。
自己流っていうのは、こんなもんですね。

さ~てこうなると、面白い。
つぎつぎに歯車が回りだし、あれもこれもやってみようという気になってきました。
やる気のチャンス到来。

やれないと思っていることは、取り合えずやっていくと調子が出てくるもんです。
アートセラピーという言葉がありますが、何かを描いたり創ったり、
こんな楽しい時間はありません。

出来上がったものは、どれも自己満足、自己満足の域ですがそんなことは、お構いなしです。
これをやっているときが、至福の時、至福の時。
ニスを吹きつけて、出来上がり。

さあて今度は、仕方なく晩ご飯作りにかかりましょうかぁ..........

晩御飯
銀タラ煮つけ フキノトウ天ぷら 金平ゴボウ 白菜漬け 清汁 
フキノトウ天ぷら

ふきのとうのてんぷら.......美味しかった!
ほんのり苦くて、春が来た!の味。



 [ 2008/02/29 07:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(4)

ひとりの時間

クリスマスローズの花芽.........少し大きくなりました。
クリスマスローズ花芽

先日の春一番の日からずっと、強風の日が続いています。
それでも昨晩は雨が降り、カラカラに乾き切っていましたので一安心いたしました。
日差しは明るいけれど強い風が冷たく、花粉も恐く外へ出る気になりません。

庭におりてみると、らっぱすいせんがひとりで咲いていました。
クリスマスローズは、この寒さですと花が咲きだすのはまだまだ先。
マンサクの木に枝の先端まで踊るような花が開いていました。

マンサク満開

今日は予約の歯医者さんへ行ったっきり、家でごそごそと片付け物をしたり
雑誌を読んだり........。
お雛様に金屏風がなかったので、四苦八苦しまして作り上げました。
3月3日に見てくださいね。

ひとりで過ごす時間は「金の時間」のようで、好きですね。
寂しいなんてことはひとつもありません。
これが歳をとったら、また、違ってくるのでしょうが。

イチゴ大福

ラジオもテレビの音もなく静かで、時折鳥の声がしたり
時間になると鳴り出す時計の音だけで。

おやつも、ひとりで味わいます

一人の時間好きですか?


 [ 2008/02/28 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(4)

絵遊び 箱絵

暖かくなり、満開に咲いたシクラメンも姿を変えようとしていますので、
前々からやろうと思っていた箱絵を描きあげました。

箱絵下絵 下絵

シクラメン箱絵 後はニスを塗って出来上がり

描き始めれば、2時間ぐらいで出来上がるのに、なんでも中々手をつけ始めるのに
時間がかかっていけません。

箱は、お節が入っていた二段重ねです。
母が彫っていた碑文谷彫りとは違い、私はただ箱に絵を描くだけです。
お天気になったら、ニスを吹き上げて出来上がりです。

さてさてと、何を入れて遊びましょうか........。






 [ 2008/02/27 07:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(4)

桂花陳酒  できました。

桂花陳酒
桂花陳酒

昨年秋に金木犀の花びらを漬け込んだ、桂花陳酒がそろそろ飲める時期になりました。

桂花陳酒漬け込み
http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-392.html

本来なら桂花陳酒は白ワインに3年漬け込んで熟成させるお酒ですが
これは、ホワイトリカーに漬け込んだので、3ヶ月抽出させれば花は引き出しても
お酒の熟成はすすみますので、大丈夫です。
お酒の色は深い琥珀色になりました。

これで飲み始めてもよし、もっと置いてもよしになります。
楊貴妃が好んで飲んだというお酒とされています。

私が果実酒をつくるときは、甘さひかえめですのでお湯で割ってホット陳酒でいただきます。
楊貴妃のように、美しくなれるでしょうか おほほですね。

香りは高いですが、これが金木犀といわれてもちょっと分からない.....。
こけもも酒に似ているような......。
解説ができなくて、酒屋の飲めない看板女になっていまいました
あいすいません、毎度 

晩御飯
炒ビーフン
炒ビーフン
先日、義妹に教えてもらった炒ビーフン





 [ 2008/02/26 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

梅見ウォーク

23日、東京では例年より9日遅く「春一番」が吹き荒れました。
夕方には、通勤電車が止まってしまうほどの強風でした。

それでも午前中は暖かく、梅見ウォークに仲間と出かけました。
行き先は、小田急線梅が丘界隈。
近くですのに、初めて訪れました。

花はまだ、1~2分咲きでしたが、世田谷区の住人達が梅祭りを開催していました。
梅が丘公園を皮切りに、吉田松陰を奉った松蔭神社~招き猫の発祥の地、豪徳寺~
代官屋敷と、約10000歩のウォークでした。

豪徳寺あたりで、今までに見たことの無いような『春一番』にあい
砂埃でまっ茶の竜巻のような風に襲われ、恐ろしかったことでした。

羽木公園 
冬ソナのロケ地と思いきや...

一分咲き白梅
枝ぶりが美しい白加賀

松蔭神社あたり 
松蔭神社辺り

松蔭神社辺り 
満開の白梅が美しい

白梅
 アップにも耐えます

新しい三重塔 
豪徳寺で......美しい新しい三重塔

豪徳寺 
豪徳寺

代官屋敷辺り 
代官屋敷辺り


招き猫
 豪徳寺で招き猫の小さな置物を買いました。

「豪徳寺招き猫の由来は、昔まだ貧しい寺だった頃、時の和尚が愛育していた猫が
和賞の恩に報い、門前で鷹狩帰りの彦根藩主伊井直孝公のことを、手を上げて招きいれたところ
間もなく落雷があり、一命をとりとめ、その後直孝公が和尚の説法に心打たれ豪徳寺を
伊井家の菩提寺として繁盛したという故事にもとずく。
家内安全、商売繁盛、心願成就などの霊験があるといわれる。」





 [ 2008/02/25 07:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(6)

フキノトウ

フキノトウ
フキノトウ


昨年暮れにフキノトウが出来ているのは分かってはいたのですが
収穫するには小さすぎて、太るのをヘンデルとグレーテルに出てくる魔法使いの
お婆さんの心境で、待っていました。

やっと収穫です。
今年は寒かったせいか、見事に太っています。
いつかE.ケイさんが表現していた、『大地の乳首』をいただきます
(遠藤ケイさん....純朴な文と一昔前の生活が書けるイラストレーター...sikiです。)

手入れをしたことも無いのに、蕗の軸の方も頂き花芽も頂く........。
感謝して頂かなくてはバチが当たると思いつつ、収穫させていただきました。

フキノトウ収穫

Lサイズです。
天ぷらにしようかな?

フキノトウの生えているところは、庭にもう一箇所。
それは、日陰なのでもっと春になったら収穫。
この2箇所で、自分の家でお初物を頂くのに充分あります。

 [ 2008/02/24 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(5)

母の月命日

22日は、母の月命日でした。
母が亡くなってからたった30日あまりしか経っていないのですが
もう随分前の出来事のような気持ちがするのは、なぜだろう?と、思います。

母が実家に居れるのも、納骨までのあとわずかばかりの日になりますので
実家にいる母にお線香をあげてと、会いに行きました。
遺影の写真はにこやかに笑って
昔のように「まぁ、あなたに会えるなんて夢のよう...。」と言って、迎えてくれるようでした。

妹も来ていました。
私たちは、まるで娘になったような軽い口を叩きながら
短い時間を過ごしてきました。
父も娘達が帰ってきたようで、賑やかしかったと喜びました。

これは、碑文谷彫りを始めた頃の母の作品です。
いらなくなった空き箱に絵を描いて、軽く彫ってあります。
向かって左はドクダミが彫ってあり、普段は印鑑いれに使っています。
右はふくら雀。裁縫道具が入っています。
箱の横にも柄が彫ってありますが.......。撮れませんでした

母の箱絵


わたしは幼い頃から寝転がって、浮かんでは消えていく雲を見るのが好きでした。
青い空を寝転がってを見ていると、あっという間にとてつもないほど大きく、果てなど無いほどの
深い宇宙に吸い込まれていくようで、好きでした。

今でも寝転がって空と向き合うと、この世のごちゃごちゃを全部引き受けてくれるような
安らぎを覚えます。

雲


母が亡くなってからも、空に向かって
「お母さーん、何処に行ったのー?」と、何度聞いたことか......。



 [ 2008/02/23 07:00 ]  | TB(0) | コメント(4)

あふれる光りをあびて........

春の陽気のあたたかい窓辺で太陽の光りをいっぱい浴びている、多肉植物たちです。

もともと冬も元気な多肉たちですが、冬の間も元気にしておりました。
お店屋さんを、開いているような雰囲気になりました。

冬多肉植物1
形はさることながら、色もいろいろでおもしろいでしょう?
これらのほとんどのものは、昨年に葉さしで増やしてきたものです。
http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-301.html

冬多肉植物2
赤く染まった「火祭り」、目を見張る鮮やかさ。いいねぇ.........。

冬多肉植物3


「さぁ、いらっしゃい!」と言いかけて、
手放すなんて出来ないわ~。

暖かくなったら、沢山刺し芽をして手放していく予定です。

多肉植物のひとつひとつの名前は
えるまーの多肉倶楽部
を、参照させてもらってくださいね。

晩御飯
豚肉焼き 野菜添え ひじき五目煮 みそ汁 白菜漬け など
豚肉焼き
今日も楽々なワンプレートで。


 [ 2008/02/22 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

春の気配

天気予報でもここしばらくは、暖かい日になるという予報が出てうれしい。
手袋もマフラーもいらないが、引き換えにマスクが入用になる。

忘れていた球根を早く植えなくては........
yurinado
これはみな新聞屋さんのサービスでいただいたもの。
黒ゆりは、初めての出会いで楽しみ。

こう暖かいと、冬の間にあったいろいろな出来事がはるか昔にあったことのような
変な感覚になる。
自分の思いも過去のことは薄れ、先のことの希望であふれる感覚。
これが春なのだろうか?

こちらは、ピンクネコヤナギ
ピンクネコヤナギ
芽から出てくる時はつるつるの銀色の毛に覆われて、ロシアンブルー猫の毛並みを連想する。
ふわふわでかわいらしい。
写真のは、ピンク色が美しい時期を逃してしまった。

何時だったか母が、「ヤナギの種類は、割りによく挿し木でつくのよ。」と、言ったことを
思い出した。

晩御飯。夫が夕食が要らない日、こたつでオムライスの一皿献立。
オムライス




 [ 2008/02/21 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

そっくりでしょ...........?

山芋です。はぁ、なんかの形にそっくり.....。
山芋、あはは

大きさが分かるように、マニキアの小ビンを置きました。
あはは、ペデュキアをしようっていうのでは、ありませんよ。
夫の田舎から送って戴いたひとつに、こんなユーモラスな形のものがありました。

昨日は雨水。
雪が溶ける、草や木の芽が生えウグイスが鳴き始める。

東北地方では、春の光りの2月になると畑の準備が忙しくなるのだそうです。
ジャガイモなどの種芋の植え付けの適期も2月下旬かららしい。
ソメイヨシノの開花にあわす(平均気温10度)に発芽ように植えるようです。

春まきの花も3月から徐々に種まきが始まるので野菜も一緒のようである。
もちろん収穫時を遅くするならば、あわてる必要も無いようだが。

しかしこの山芋、掘るのが大変でしたでしょうね。
ひとつの傷もなく、堀出して......さすが玄人です。
戴くばかりですが感謝感謝です。


足など投げ出して、お行儀悪いでしたので、
パンジーいっぱい咲いた籠で、お目を直しておいて下さいまし.....。

パンジー籠







 [ 2008/02/20 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

ちゃっかり、ちゃっかり......おすそ分けを頂いて.......

チョコおすそ分け



男ばかりの家族にチョコが集まり、おすそ分けをいただいています。
ヴァレンタインはしないと言いながら、おすそ分けはちゃんといただいて、ちゃっかりしています。
これは、家族の特権うふふ.........

そういえば、『夫のものは、わたしのもの。私のものは、私のもの。』と、いう感覚の主婦が
確か......6割だったような覚えです。
あははは.......私は、それかな?

エスプレッソ風に入れたコーヒーに
砂糖の代わりにチョコをひとつ添えていただきましたよ~。

午前中はよかったのですが、午後からは曇って来ました。
どんよりと曇った日は苦手です。
こんな日に、心配事があったとしたら今は何にもないけれど、もう一面に広がってしまう気分に
なってしまいそうだからです。

誰かのものだっていいじゃありません?
チョコレートくらい。
あまいもので、幸せ満たしましょう...........。

それにしても、チョコレートというのは世界中の人類から愛されている食べ物なんだなぁと
思った次第。

はい、ご馳走様でしたよ。
ありがとう。




 [ 2008/02/19 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(4)

紅梅   シナマンサクの花

ぐっと光りが春めいて、梅の花の便りも聞こえてくるようになりました。
庭でも、昨日は蕾だったと思っていたのに、春が扉を少し開けてやって来ました。

紅梅の蕾もひとつふたつと世間並みに花開き、
クリスマスのクラッカーの中に入っている小さなテープを春の光りの中に投げ出したように
愉快でひょうきんなシナマンサクの花も咲いてきました。

シナマンサクは中国中部原産の落葉小高木。
マンサクとは「まず咲く」とのことで,春が近づくと枯れ木の中に黄色い花をいち早くつけます。と
あるが、こじつけたようで面白い。
 
花は1月から3月に咲き、長さ1.5~2.3cmのリボン状花弁が伸びる。黄金色であり、中心部は暗赤色である。
・花言葉は「幸福の再来」

やっぱり春は、光りから始まる.....。
浮き立つような喜びを持って射す光りが、春よ春だと叫んで降り注いでいる。

紅梅の木
紅梅の木


シナマンサクの木
トキワマンサクの木

リボンのような花びらが、愛くるしい........



 [ 2008/02/18 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

義妹と

私の義理の妹は今はもう日本国籍を取っていますが、お国は台湾の方です。

私の町に、お国の台湾料理のおいしいお店があるので連れて行ってあげたくて
2年ぶりくらいに会いました。
お昼をそこのお店でしてから(写真をとるのをすっかり忘れていました。)
季節のおひなさまが展示してあるところがあるので、そこへお雛様を見に行きました。

お雛様の緋毛氈の赤い色は、幼いころのいろいろなことをなんと沢山思い出させてくれるのでしょう。
賑やかなお雛様を見た後、この展示場の側の美術館の喫茶店で、
外を見ながらひと休みをしました。

彼女との話しの中でいつも、彼女がうっすらと目に涙をにじませる話しの場面があります。
ことさらそれについて追いかけることはしませんが、異国での彼女の苦労は想像できぬくらい
あったことは
想像できますので、いつもそれを乗り越えてきた彼女の大きさに感心と尊敬を持って
はなしを聞き入ります。

この春には、一人娘(私の姪になります)も卒業して選んだ仕事につきますので
23年の日本暮らしにもひと節目がつき、自分のゆとりも持てると来る春を心待ちにしておりました。

私とひとつ違いのこの義妹の健康を祈って、
「また、会いましょうね。」と、約束してお別れしました。
私が家に着く頃、メールで一日を楽しんだというコメントが来ていました。

縁あって日本に嫁いで来て、わたしの妹になった人です。
人の縁は、地球広しこんなところに赤い糸が繋がっていたとは、若い頃には
思いもよらないことでした。
大事にしなくてはと、思った一日でした。

ひだまり荘のお雛様
ひだまり荘お雛様


晩御飯
メンチカツ野菜添え メカブポン酢 味噌汁 ご飯 白菜漬け
menntikatu


追記
つるし雛のひとつひとつには意味があるそうです。ちいさいですが、読めるかしら?

つるし雛の言われ
ぎりぎり.....だわね

つるし雛 つるし雛
 [ 2008/02/17 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

パソコン教室

PC講座の日でした。
なんだかんだで休んでいましたが、先週からまた出席してます。

今度は、先生がお休みの様子です。
本当に残念ですが、また、教えていただけるようになったら....待っていますね。

「楽しみ半減だわね~」と誰かさんが言っていました。
教室も火が消えたよう.......。

今週は、先週PCの整理をしてみましたら、空き領域が少なくなっていました。
あ~大変、今週は写真のバックアップを自習しました。
作業手順は簡単でも思うようにいかないのがPCの常。

家で、息子に教えてもらうことにしました。
家族に教えてもらう.....これがまた~険しい道。

pc講座
なんとなく寂しそうでしょ?

先日はなまるマーケットで、人気の脳科学者のM氏が言っておりました。
「脳に快感みんなでアハ体験!」 と題して、PCは脳を活発化するのにとてもいいという
話でしたでしょうか?
日記でもいいのですが、ブログがいいといっておりました。
どこがいいかといいますと、自分を客観視するところがいいとかだったと思います。

それは、心の健康にもいいことは知っての通りです。
自己確認とか自己の認知とかの有効性とか。

まぁ、確かに。
何でも積み上げていくことになにかの置き土産はあるもんです。

午後は、楽しみにしていた唄う会にいきました。
ストレス解消です。大いに役立ちました。
今日の曲目は、「ペチカ 負けないで 雪が降る 虹と雪のバラード つぐない 私の青い空」など2時間です。
聞くと歌うは大違い。「負けないで」は結構難しいのね。
それは、楽しい、楽しい
歌っていうのは、調子のいい時でないと出ないのね。
落ち込んでいたら、歌など決して出ないですね。
鼻歌の出るときは、快調、快調


晩御飯
鶏唐揚げ ぽてとさらだ 納豆 切干煮 みそ汁 ご飯など
唐揚げ



あすは、お雛様をならべよう
いや、出したのですが、金屏風ができていませんの。





 [ 2008/02/16 07:00 ]  パソコン | TB(0) | コメント(4)

2月の庭

今年は最近の温暖化した冬ではないようで、それなりに雪もあり寒さも奥深い。
せっかく溶けたのに写真を見るのも引き気味ですが..........。

先日の雪の日の庭風景です。

雪の庭
友人がやって来て、「あ~ら、何にも無いね~。ここ、こんな広かったっけ?」と言うのです。

庭に降りてみても、花らしいものもまだ少し先のよう。
マンサクもあと少し、クリスマスローズもまだ先、眠りから覚めません。

スイセン1 スイセン2


クリスマスローズ蕾 冬ジキタリス
クリスマスローズの蕾もやっと上がってきた様子    ジキタリスの株

でも、今日の日差しは温かで明るく春の光。
風は冷たく冬のまま........。
大きく膨らんできたフキノトウを収穫したいのですが、固く蕾を閉じたままです。

木の揺れを見ていると、花粉症が連想されて現実に戻されるが春がまた一歩近づいた一日。


カーパス。絵 ストレプトカーパス








 [ 2008/02/15 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

私流  St.Valentine's Day

今日はバレンタインデーのようで、先日行ったデパートは賑わっておりました。
上の階の鳩居堂で、母へのお線香を買いB1の食料品売り場で野菜生じゅーすを飲みながら
チョコレート売り場へ目をやっておりましたふむふむ、繁盛、繁盛。

毎年のように賑わっていました。

バレンタインデーはお遊びですが、家では残念ながらやり取りしません。
やらないことがいつのまにか、習慣になってしまっています。

チョコは幸せなことに、いつでも食べれる。あふれるほどに。
家族には「愛しているわ。」も、言いたければ、いつでも遠慮せずに言えるよ。
この日は、いつもわたくし流。それがいいって訳ではないけれど。
どきどきが無くなった熟年主婦のSt.Valentine's Day

今日はついでといってはなんですが、
夫にはヨド○シカメラで、ほしいと言っていたPCパッドをおみやげに買いました。
小さいプレゼントは、頼まれなくてもよく買っていく(懐の出所はもともと夫ですが)
夫も、私の選んだもので満足してもらえるのでいつもプレゼント選びは楽。

だから、バレンタイン遊びをわざわざせんでも..........と、いうおばさんなんです。

でも今日は皆さまには、こちらをどうぞね。気持ちよ、気持ちだけ。

   barenntainn チョコケーキ
詩はドリカムの歌からもらいました。


バレンタインをしなくなったわけは昨年の記事にありますよ。
興味があったら、お寄りください。
http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-144.html


 [ 2008/02/14 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(9)

模様替えに目覚めて.........

「おひとりさまの老後」を読んでから(もう少しで読み終わる)、これから先の住まい方を
考えるようになった。

昨年から、片付け片付けと言っていた割には進まず、今年さらに推し進めることになりそう。
「私が死んだ後、誰が片付けるのよ。」が、私の気持ちの合言葉になって。
ところが、広げ出すといっぱいに広がり、「結構時間がかかるなぁ~」が実感。

昨年暮れも滑り込み片付け大掃除だったし.......

「絵手紙っていうのはいい趣味よね。だって、顔彩、筆、ハガキだけでいいんですもの。」と
思っていたのにいつの間にかやっぱり紙やら、作品やら、額やら......道具は増える。

思い切って誰も使わない和室を洋室に変更していくこと。
夫の意向で和室は作ったものの今の時代の生活に和室は合わないようだ。
夫もひざが痛くて正座は苦手なのに、なんで「和室がなくては、家じゃない。」なんて言ったのよぅ
床の間も広い家ならいざ知らず、デットスペースであるだけ。

母の年齢まで生きたとして、いい加減この年でしていかないと片付けは大儀で
ずっと変えられないような気がしてきている。

今生きてきた時間を思うと、残りの時間は少ない。
できれば、年を取ったら、自分たちの生活にそった快い空間で暮らしたいものだと思う。

フローリングへの見積もりは112000円。
他もあり、すぐにはできんなぁ
かといえ、私達夫婦は充分働いてきたしなぁ......夫はリタイアできれば早くしたいようだが
現実はなかなか.......。


晩御飯
ブリの刺身 メカブポン酢 蕪と生揚げ煮 白菜漬け みそ汁 ごはん
ブリ刺身



    サイネリア絵 サイネリア




 [ 2008/02/13 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(5)

みかんの皮で沐浴剤

祝日で遅く起きた上に、少々メタボになった夫の式服を見に町に繰り出し
用を少し足して、昼食を済ませて帰ってきたら、何か疲れて炬燵でバッタリ........。
それだけで終わってしまった一日になってしまいました。


さて、みかんの皮を干しています。
何に使うのだと思いますぅ?

みかん皮

私もやるのは初めてなのですが、お風呂にいれて温まってみましょうと思っています。

日本広しといえど、今時こんなことするなんて人いないでしょうね~。
暇なというか、貧乏性といおうか.......。

70歳代くらいの人は、昔やったよ!というかもしれませんね。
若い人は「えぇっ~」かも知れんな~。

お隣の国では陳皮といって、体を温めるではないですか?
七味唐からしにも入っていますね。
あ~、母もやったことはないけど、やってみましたよ~。

みかん風呂

温っか、温っか大好き!
お風呂が大きいので沢山入れました。
ほんのりと、みかんの香り.............自然のものはやっぱりやさしい。
何が優しいかって、言葉では言えない優しさ
お風呂に入る頃には、うっすらみかん色のお湯になっていました。

はい、今日もお疲れ様、どちらさまも温かくしてお休みなさいまし


鉄砲ユリ絵  花屋さんでは季節はずれの鉄砲ユリ







 [ 2008/02/12 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(7)

冬のストレプトカーパス

冬のストレプトカーパスです。

fuyuka-pasu1. 

冬カーパス2


冬カーパス3


寒い冬に頑張って、咲いています。
頑張らなくては咲いて来れない環境です。

私はこの花が大好きで、大事に育てています。

冬カーパス絵

今日はこれだけ......へたな解説は無しにしておきましょう.......。











 [ 2008/02/11 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

今年はこれで終わり白菜漬け

買い物も済ませ、『雪が降ってくる』に備えてスタンバイOK!よっとしていましたが(決して待ってはいませんが)
夕方になって、牡丹の雪が降り出してきました
おぅ~おぅ~おぅ~、降ってまいりましたね。受けて立ちましょうなんて威勢のいい事
言っちゃって........本当は

今帰ってきた夫が「電車もバスも動かない、久しぶりだ、こんな雪。牡丹雪なんてもんじゃない。」と
言っています。

一昨日のことですが
オレンジクイーンの色の美しいのにすっかり虜になり、もうひと桶白菜漬けを漬けて
今年の白菜漬けは終わりにすることにしました。

お隣さんの地場野菜売り場に行ってみると、白菜はあったはあったが、もう終わりなんですって。
「もう、白菜の時期は終わったよ。ハウスをやってるよ。」と、おじさんが言う。
「へ~、そうなの?では最後の白菜を漬けるわ。ここで無いとオレンジクイーンは無いから。」と、3株漬けました。

白菜干し

お日さまに干しています。半日ぐらい。
この色の美しいこと!

オ白菜漬け
はい、漬け込みです。
この白菜は煮ても色は変わらず鮮やか..........今年はすっかり虜になった

オレンジクイーン漬け ほしいも2
こんな風に色鮮やかに漬かります。          ほしい芋もついでに4日間干して出来上がり

晩御飯
焼き鮭 小松菜と生揚げの煮びたし 金平 白菜漬け 肉牛蒡佃煮 みそ汁 ご飯
小松菜煮びたし

この雪!
明日が日曜でよかったわ~
雪かきをしてもらえる


 [ 2008/02/10 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(10)

「中華deごちそう ひとくち餃子」 ?

餃子です。
餃子

朝に晩に「手作り 餃子」の毒入りニュースが流れるものですから、それにつられて「餃子が食べたいなぁ」と、リクエストが出ました。

よく真夜中近くにラーメンの映像を見ますと無性に食べたくなる、アレです。

この頃は、匂いがどうの焼くのに油が跳ねて、後片付けがねぇ.....で食べていませんでしたが
リクエストは作るほうにとっては有難しで、手作りになりました。
なんか変ねぇ、手作りを強調するなんて.........。

こんなことで餃子が世間の注目を集める一品になるなんて、世の中いつ何時いろいろなチャンスが
めぐり来るか分かりませんね。
この餃子の場合はでしたが。

晩御飯
餃子 菜の花胡麻和え 春雨スープ 梅おこわ
晩御飯餃子
餃子は20個3人で頂きました。

庭でも紅梅が一輪、咲きだしました。
紅梅咲く
つぼみも開いてきましたら、また大きく撮りたいですね。



 [ 2008/02/09 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

スノードロップ また雪模様

週末はまた、雪の予報。あ~ぁでございます。

氷のバードバス
バードバスもガチンガチンに凍ってしまっています。
でも、光りは春そのもの。

庭の片隅でスノードロップが小さく可愛らしく咲いていました。
スノードロップ
しかし、どうしてか?花びらに点々がない。
どうしちゃったのでしょうか?

積雪に備えて、長靴とスノーシャベルの用意をしておきますか。
楽しむ余裕は残念ながらありません
あ~ぁ

晩御飯
ハムとサラダ 茶碗蒸し 切干煮  白菜漬け ご飯
ハム
ハムの簡単メニュウ....あぁ、楽チン。






 [ 2008/02/08 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

さ~あて、なんでしょう....?

お日さまが出ている日はさほどではないが、雨が降ると寒い寒い日になる。
今日は、みぞれ........寒い日。

さてさてこれは、なんでしょう?
先日の雪あがりの庭で見つけました。

ハ、種1 ハツユキカズラの実が割れて種が.....。

ハ、種2 tane

                                    種にはこんな繊毛がついています

カズラの種類の種はみんなこんな風ですね。
種に繊毛がふわぁふわぁとついていて、風が吹けば遠くに飛んでいき根をおろすのでしょう。
この実は10センチもある長さです。
ハツユキカズラの種、めずらしいかな?と、思いました。
花が咲かなければ実はならないのですから、花が珍しければやっぱり実も種も珍しいということに
なるでしょうか?

こちらは赤く色付いた冬のハツユキカズラ。
四季それぞれに葉の色を変化させ、いつの時も花のように美しい。
ハツユキカズラ冬

お暇があり興味のある方は、
☆このブログの「ブログ内検索」に ハツユキカズラ といれて検索をポチッとすると
四季折々の美しいハツユキカズラが見られます。

めったに見られないと言われる花も、ポッチっとすると見られます。
可愛いクリームかかった白い花です。

晩御飯
シチュウのパイ? おから煮 蕗煮 ご飯 白菜漬け 南蛮味噌 の和洋折衷シチュウパイ

クリームシチュウにパイ生地をのせて焼くつもりでしたが、器を間違えてパイ生地がかぶりませんでした
普段のクリームシチュウを器に入れてパイ生地(冷凍品)をのせて200度15分くらい焼く。
途中、卵黄でつや出しを塗る。

成功すれば、お洒落なものになったのですが.........おほほほです。
家族は「ご飯はいらない」というのに、わたしだけ、いつもの習慣でいただきました
和洋折衷の変な献立でした。
オレンジクイーンの白菜が漬け物にしても色が変わらずに、きれいな鮮やかな色をしています。
色なんです。
 



 [ 2008/02/07 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

鳥 やっと来たる

「鳥が来ない、鳥が来ない」とぼやいていましたが、やっとこの頃姿を見るようになりほっとしています。

めじろ 2羽います
室内からよく見えるところに鳥の餌台をおいています。
いつもならば、暮れに、ちょうど12月31日ごろには、ピラカンサスの赤い実も鳥に食べられて
丸坊主になってしまうのに、今年は節分の前4~5日にやっと、完食になり丸坊主になりました。

続いて、雪の降る中クリスマスホーリーの大きい赤い実もムク鳥がやって来て実をついばみはじめました。
万年青の赤い実も食べられはじめました。
餌台にやってくるのは、メジロやシジュウカラが主です。
周りを警戒しながら、せわしく餌をついばんでいます。

木も実をつけたまま春を迎えるのもどうしたものか......と、思っていましたので
鳥がやって来て一安心しました。

でも、よく考えてみますと、餌台に餌などおいてあげるのは人間のエゴかもしれませんね。
冬の寒い間に限るよう、気をつけましょうかね。

鳥 遠くにムクドリらしき姿
デジカメが3倍ズームが最高で、これが限度です。
欲を出して、近づき過ぎると逃げられてしまいます。


サンキライ

それでもやっぱり、鳥は以前よりグッと少ない。

晩御飯
銀たら西京漬け焼き ターサイオイスターソース炒め 海苔 漬け物 味噌汁 ご飯
銀たら漬け魚



 [ 2008/02/06 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(5)

サクラソウ   プリムラ シネンシス

春の訪れを告げるサクラソウ(多分、日本サクラソウ)が咲いてきました。
昨年の記事を見ますと、今年は花の訪れが遅いように思います。
いや、昨年が早かったのでしょう。

サクラソウ

カシワバアジサイの鉢にこぼれ種から咲いてきたのでしょう。
鉢一杯に出てきています。
サクラソウは、こぼれ種からあちこちに咲いてきますが、地からはまだ見ません。

こちらは、プリムラ シネンシス
サクラソウを太く大柄にした感じです。

サクラソウ科 耐寒性多年草または1年草(-10℃以上)原産地:中国
英名:Chinese primrose 和名:寒桜、寒小桜、中華桜 開花期:12~3月

凍えるような寒空の下、雪の色をまとった桜の花に似た花を咲かせます。
暖かくなる頃にはたくさんの花茎が立ち上がり、こんもりと茂るそうです。
温かくなったら、そんな姿も撮ってみましょう。

花の少ない季節に花が咲くのがよくて買ってみましたが、どうも一年草の扱いのようですが
冷涼地ですと初夏まで咲き宿根の扱いも出来るようです。

シネンシス見えませんが根元に沢山の蕾があります。

ニホンサクラソウのように、宿根草でしたらとってもいいのですが。

こちらは、花の部分
スネンシス2

私は今年初めて園芸店で見ましたが、比較的新しい市場のようです。

晩御飯
白菜の十二単 きびなご焼き おから煮 茄子漬け 味噌汁 ご飯
白菜十二単




 [ 2008/02/05 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

節分 雪

昨日は雪の節分でしたね。そして、4日は立春。春も近しです。
私のブログは午後に書いたりすることが多いので大体、一日遅れの記事になっていますので
昨日の雪の話は今日の記事にになってしまいました。
どこのブログでもご近所の雪の風景がきれいでしたね。

そこで私も、リビングの窓から山側の風景をパチリッ
雪の朝
朝起きたら、一面の銀世界。
だが、これが苦手なんだわ~。
「雪が嫌い」と言いますと、かなりの悪女を連想してしまいますが、どうも手がかかるのがねぇ.....
山の中で、身動きが出来ない篭り状態がどうもねぇ......
こんな日でも、同郷会に出かけていった夫が言う「一年に一度位は降らなきゃだめだよ。」に
納得しました。

お昼には、2人しか居ませんでしたが恵方巻きとやらを、太巻きを作りました。
どうも関西の風習が商魂に乗って、ここ10年くらい前から東京でも盛ん?になりました。

100円ショップで、太巻きつくりのすぐれものを以前に見つけていました。
これで作ると、簡単にできちゃう!ので、面白いし沢山作らなくてはならないときはとっても便利です。

太巻き器 水で濡らしてから使う

太巻き器2 ご飯と具を並べる
                           生ものの太巻きは多分邪道です....
太巻き器3 又ご飯を入れて器で押す
                                  ご飯巻きを取り出し、海苔の上へおき巻きあげる。
                           
太巻き いとも簡単に出来上がり
今年は南南東の方向を向いてがぶりっだそうです。

もしかして、男の方が作るのにお勧めかな?
時間も掛からず、海苔巻きの両端しがぴっちりとできます。
こんな便利品が100円とは、驚きです。


赤鬼絵豆まきします、小声で....
春ももうすぐ、頑張りましょうね~。

晩御飯には鰯(本当はめざしですけど)をいただきました。
けんちん汁と沢庵で。
節分鰯




 [ 2008/02/04 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

オキザリス

黄色のオキザリスです。

オキザリス黄

初めは一鉢から育て、花が終わり3倍の量の球根が増え、ことしは3年目。
花のなくなる冬に鮮やかに咲いてきれいだなぁと思い植え始めました。
南側の日当たりにずらっと植えるくらいありました。
いくらかは、お隣さんへ。
球根は少し小さなのもあるのですが、日によく当たればみんな咲いてくるような世話なしです。
初めの球根ひとつが毎年3倍、3倍で増えていく位でしょうか?
数えたことはないですが。

そして、こちらはピンク。ありふれてはいますが
オキザリス.ピンク

上の黄色のものとは種類が違うようです。
将来は黄色とピンクと並べて咲いたらいいだろうと思ってピンク色のオキザリスも今年育ててみました。
晴れのお天気のよい日は、こんなに花が開きます。
お天気の悪い日は開いてきません。

晩御飯
ミニステーキ野菜添え ひじき煮 味噌汁 ご飯 漬け物
ミニステーキ

 [ 2008/02/03 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

干しいも 出来る.......中国食品の農薬汚染を考える

ほしいも出来上がり
ほしいも

母の葬儀でバタバタしていた間に、軒の奥に干しっぱなしになったさつま芋が
出来上がっていました。

お天気もよかったせいで今年の出来はいい。
ここ2~3年遊び半分気分で作ってみたが、今年はよく乾燥して仕上がった。
試作なので沢山は作らなかった。
地方の方がみたら、な~んだのお笑い話だろうが、今までわたしはこれがうまく出来なかった。
そして、わたしの結論
上出来にするには、芋の種類もあること。
芋は蒸し器で蒸すこと。(以前は圧力鍋利用)蒸気をゆっくり吸収して火がはいる。
干しは、きっちりとよく干した方がいい。(寒く、乾燥していること)など、など......。
まぁ、これだけなのだが試行錯誤でコツをつかむには年月がいるのです。


中国製造の冷凍食品から、農薬によると思われる食中毒が問題になっている。
以前にも度々日本でも中国農産物に対する残存農薬のニュースはあった。
いつも、忘れた頃にまたこの手のニュースが報じられる。

冷凍食品が中国で製造されて日本語のパッケージで包装されているので、
よくよく裏返して見てみないと気つかない。
冷凍食品は、なぜか安全イメージもあるような間違った認識もあるかもしれない。

どこの家にも冷凍庫には、冷凍食品が入っていることだろう。
「お弁当のおかずは、冷凍食品をいれるものと思っている。」というお母さんもいた。
働いていたり時間が無かったときは、わたしも使う。
味もそこそこ美味しくとても便利だ。

ニュースを聞いて、まず頭に浮かんだことは「やっぱり手つくりが一番なのだ。」と思う。
日本の食糧自給率は40パーセントだという。
6割は、輸入品ということだ。  農林水産省←クリック

地元の野菜や食品を見直し、値段の安さや便利さに優先されずに安全も値段のうち
もちろん全部地元産でまかなえる訳はないが、地元産にもっと目をやってみようと思うが
季節の野菜くらいは何とかだがあまりに少なくて、解決にはならない
せめて手つくりを.......。

業務用というのは、お惣菜やレストランで使うものがほとんどだろう。
温かいものの微塵も無い寒々としたニュースだ。
8月から始まるオリンピックは大丈夫なんだろうか......?







 [ 2008/02/02 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(1) | コメント(5)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索