はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

畑のスイカ、いよいよの収穫

昨晩は、夜中じゅう日本沈没かと思わせるような雷雨で、目が覚める夜でした。
庭に空っぽのブルキのバケツを置いておいたのですがなんと上までいっぱいになっていました。

朝になってから出てみると、一応に何にも無かったような静けさですが、
今日も雷雨の予報が出ていますので、注意が必要です。
先日歩いた方角の図師町では一時間に110ミリと朝のニュースが伝えていました。


さて、初めての畑でスイカを植えたら、まぐれで実がなりました。
苗を2株、スイカは5個出来ましたが・・・・『お味はいかに?』が、問題です。

ネットでヘタが枯れてき始めたら収穫を、と見たのでそのようにしました。

一号なんて名前をつけて・・・
    スイカ

切って食べてみましたよ。一応赤くなっていました
    スイカ2

わたし・・・・・・「味は50点というところぐらいかしら?」

夫・・・・・・・・・「50点はいかないでしょ・・・」

息子1・・・・・・「70点ぐらいだと思うよ。」(この人はいつも気を使ってくれる)

息子2・・・・・・「スイカって言えるの?これが・・・」(この人はいつも私のアホさ加減を笑う)

てな、品評会でした。



収穫記念に描いておきました。
   スイカ絵

未収穫のものも味は期待出来ませんが、いつもの通り 『まッ、こんなもんか・・・・・』で、
心はこれで満足、満足。



 [ 2008/08/29 07:00 ]  | TB(0) | コメント(12)

秋の匂いの・・・・・ヨウシュヤマゴボウ

里山ウオークの帰り道、街道の草むらでヨウシュヤマゴボウを見つけました。

帰ってきてから、白い紙皿(ペン皿)に絵を描いて遊びました。

    ヨウシュヤマゴボウ 仕上げはニスをかけて

字と実の茎は、この実の汁で書きました。

実は潰すと赤紫色の果汁が出る。
この果汁は強い染料で、服や人体に付くとなかなか落ちない。
この特性のため、アメリカではインクベリーとも呼ばれていたそうである。

また、ヨウシュヤマゴボウは毒草で、全体にわたって毒がある。
誤食すると、嘔吐や下痢が起こり、さらに中枢神経麻痺から痙攣、意識障害が生じ、最悪の場合呼吸障害や心臓麻痺により死に至ると、あった。

あんまり汁の色が綺麗な葡萄色だったから、ワインで・・・と、書いてしまいましたが
汁を絞ってワインで乾杯などしてはいけません。

猛毒だそうですから、どうぞお気をつけて・・・・・。



里山ウオーク 

町田は昨今、第2の歌舞伎町という呼び方も耳にしますが(歌舞伎町は東京新宿の大繁華街)
私の住んでいるところは、その町田の中心地から車で10分ぐらいのところですが緑がとても多いところです。
一昔前は山の中のようなところでしたが、今はちゃんと詰まって家も建っています

自宅からさらに、多摩丘陵の方角へ車で12~3分行くと
自然環境が東京都によって保全地域に指定されているところがあります。

そこへ涼しくなった日、ウオーキングに気持ちを入れている、方向音痴の夫と歩きに出かけました。

歩いた地域の名称は、図師小野路歴史環境保全地域と呼んでいます。
昔息子らが小学生の頃、この里山を家族で歩いたこともあるのですが、記憶も断片にしか
思い出せませんでした。

小野小町が、1000日この山にこもって目の病気が直ったといわれる湧き水跡や
こうせん婆跡といって、こうせん(むぎこがし)を食べて喉を詰まらせたところが喉を直す碑として
残っているところなどがあります。
又、小野路城跡などがポイントとしてあるところです。

里山ウオーク  小山田緑地側から山に入る
    里山1

    里山3里山

    里山4
この人が、方向音痴のひとり・・・・・・
湧き水が鉄分で真っ赤です

    里山5
方向の標識はほとんど出ていない ここぐらい。
これが、方向音痴には痛手で・・・・

    里山6
ギボウシが沢山生えていました
野生はこんな風に生えているのかと・・・

    里山7
もみじの木ですが、一箇所だけ一枝赤く染まっていました。どうしてかな?

    里山2
山から降りると街道には、無人の野菜売り場がちらほらとある。
もちろん買いました!空芯菜 モロヘイヤ トマト 茗荷などを。

ちゃんと道が分かっていれば、40分ぐらいのコースなのではないでしょうか?
方向音痴のオバカチンがふたりでしたので、なんと迷いながら2時間もかかってしまいました。

遭難したら、「装備も考えも甘い中年夫婦」と言われるよね~と・・・・・
あはは~くたびれた~。

近くのテラスで焼きたてパンが食べられるパン屋さん(エピソード)で、おいしい焼き立てパンを
冷たいコーヒーと一緒にたらふく頂きました。
もちろん写真は撮り忘れ、歩いた分のカロリーでは足りないくらい食べてしまいました

後のま・つ・り  ・・・・・とは、このこと。







 [ 2008/08/26 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(12)

漬け物の古漬け・・・・・

北京オリンピックが閉会しました。やったネ中国!!大成功だったと思います
素晴らしいいろいろなドラマがありました。
感動も・・・残念も・・・見ているだけの人があれこれなど言えません。気持ちは一緒、感動でいっぱい。
それぞれの選手たちの闘った後の短い言葉の中に、支えてくれた周りの人へのこぼれるほどの感謝と
ひと言に込められた奥深い言葉が、私は印象的でした。
選手の皆さま、お疲れさま~~~、頑張ってくれて、ありがとう!!!

さて、
しばらく前の新聞の投書欄に漬け物の古漬け・・・「かくい」とか言いました(定かではありません)の
記事を読みました。

食卓で残った糠漬けを細かく切って、それに、みじんに切った生姜と一緒に生醤油に漬けるというものでした。

これをお茶漬けなどの時、御飯にのせると、暑い時には大そう美味しく食欲も増すとありました。
投書の方は70歳代の男の方でした。
何でも捨ててしまってもったいない世の中になったことも、嘆いていました。

それを読んで興味を持ったものですから、作ってみました。
昨晩の残りの糠漬けにみじん生姜と私はそれに、紫蘇の葉(オオバ)も加えてビンに入れて
冷蔵庫に保存しました。
確かにしょっぱいのですが、生姜とオオバがいい具合にマッチして、美味しい漬け物になりました。

わたしは、お茶漬けはまだ試していないのですが、こんな朝ごはんになりました。

古漬けどんぶり  夏野菜  コーヒー
    かくいの丼

御飯の上に、オカカとおじゃこを散らし、このかくいとやらの漬け物を散らし温泉卵をのせました。
朝はまだ食欲が目が覚めません。
濃い目の味の古漬けが、家族にも好評でした。
新しい朝メニュウになりそうです。

残った糠漬けを毎日ビンに足していくと結構な量になり、驚きました。
糠漬けは時間が経つとなにか、ボケた味になってしまって以前は私も捨てていた時もあったと
反省しました。

そうそう、思い出しました。
食事の前の『いただきます。』とは、あなたの命を頂きます・・・・という意味もありました。
忘れていました。

食べられるべきと作られてきたものですもの、最後まで感謝で頂きたいと思い起こさせられた投書でした。





 [ 2008/08/25 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(8)

処暑過ぎて・・・・

23日の処暑を過ぎて、季節が裏返しになったような静けさです。
夏に出来なかったいろいろのことを、こんな日にぼちぼちと手を付けたいと思うようになりました。

息子らが小学生の時、習っていたお習字の先生が
「クーラーを入れないと、とってもでないですが子どもが落ち着いていません。」と、言っていたのを
思い出しました。

大人も今年のような暑さですと「あ~、無理せんとこ~。」となって、なんでもかんでも
後回しにしてきた感もあります。
何と言っても、闘わずしてやらねばならないことがすんなりとできる気候は嬉しいことですが
もっともっと暑いところに住んでいる人たちはどうしているのだろう?と思ってみても
東京を離れて住んだことの無いものにとっては、想像がつきません。


これは今日やらねばならなかったことのひとつ・・・・
  とうもろこし絵手紙

今日の晩御飯
牛丼 生野菜味噌 プチトマト とうもろこし
   牛丼晩御飯

どれも料理していなくて、笑っちゃう晩御飯





 [ 2008/08/24 07:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(8)

美味しいぶどう届きました。

葡萄は果物の中でも、大好きな果物です。
巨峰のような味の“紅伊豆”という甘くて美味しい大きな葡萄をいただきました。
いつものように、絵手紙でお礼状を書きました。

    葡萄お礼状

こんなことをゆっくりと描きしたためたい秋も遠からじ・・・でしょうか?
朝夕には季節の変わりも分かる候になってきました。
梨、葡萄、栗、柿とどんどんと進んでいくでしょう。

スーパーに行くと、物価が随分と上がったことに驚きます。
チーズ  1.5倍
油もパスタも同じ。
季節の野菜は地産地消で、やや価格は守られている感じ・・・・・

ほんの何ヶ月の間に、食品の物価は1.5倍~にはなっているのではないでしょうか?
値上げは春ばかりではなくなってきました。




夏の朝御飯
夏朝ごはん
夫はまだ夏休みです。
ほぼ、3週間ぐらい休みになり、あはは、畑の草もなくなり綺麗になりました・・・・が・・・。
夏の日の朝ごはんです。玉子焼きは家族全員分です。
お昼は、簡単に食べたり食べなかったり、でもやっぱり何か食べて、そして晩御飯になります。

夏の間、間食は一切しなくなりました。
夫ばかりが、時々私の目を盗んでなにやら、もぐもぐとやっております。

朝早く起きて、1.5時間の散歩をするのでその分自分に甘くなっているような気もします。
私も9月の半ばを過ぎたら、又ぜひウオーキングを始めようと思っているところです。






 [ 2008/08/22 07:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(7)

妹と まちだ福祉作業所 ダリア園へ行く

お久しぶりの更新になりました。
私、元気でしたよ~
正直、まだまだ「なんでぇ、こんなに暑いの~。」と、叫んでおります。
今少し休んでもいたいような気もしていますが、更新の仕方を思い出せなくなるといけませんので
ははっと、始めました・・・・・。


妹が泊まりで遊びに来まして、近所にあるダリア園にも寄ってみました。
この園は福祉作業所の管理の下、500種、4000株のダリアが植えてあります。
開園は6月下旬~11月3日までです。

この日は連日の猛暑でしたが、さっと通り雨がありしっとりとしたダイアの花を見ることができました。

    daria/1 茎が太いのにビックリ・・・・

    daria/2 背丈は2メートルくらいもある

    daria/3 涼しげな色あい

    daria/4

この連日の暑さの日照りで、「きれいに咲けって言う方が無理な話よね。」と、話しながら回りました。

出口のところで、可愛らしいご婦人にお会いしました。
一緒にいらした家族が回って見てくるのを待っているところでした。
私たちを見て、にっこりと微笑んでいましたので話しかけました。

服の中にかけていたこの方の手つくりのビーズのネックレスとカメオのブローチを見せてくれながら
神戸で震災に合い、4日目にこちらに住んでいる娘さんのところにやってきてしまった事、
大阪に息子らもいる事、そして、大正2年生まれ94歳であることなど話してくださいました。

私たちは姉妹ですと話しその方のお年が、今年亡くなった母と同じ歳という偶然の出会いに驚きました。
とても可愛しくお元気なご年配の方でした。

しばらく話して、さよならと離れた時に妹が「お母さんと会ったみたい・・・・。」と言うものですから
「写真を一枚いいですか?・・・・」と、思い出に撮らせて頂きました。

    dariaenn 母と同じ歳のご婦人

妹は母と同じ年のこの方に、母を重ねているようでした。

帰ってからも夏の畳に頬づえをついたり寝そべりながら、母の思い出話をして過ごしました。
おさんどんは夏休みにして、外のお店に食べに行き、わたしもゆっくりと過ごしました。
姉妹はいいものです。なんの気兼ねもせずに・・・・・


季節はずれですが、妹にあげると言っていた小さなお雛様をしまっておく箱に一夜づけで絵を描きました。
    お雛様箱絵
プレゼントです。
妹も長く自宅を開けられませんので、あっという間に2日が過ぎて帰っていきました。




 [ 2008/08/21 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(8)

夏休みします。

今日の庭です。
    今日の庭8.11

今日は昨日に続いて蔭ってから、庭の草取りや伸び切った枝払い、鉢物の片付けなどしました。
あぁ、びっくり、秋の空気も感じましたよ。

蝉の抜け殻が、2メートルにも伸びたテマリカンボクの枝にしがみ付いていました。
なにか、カタカタと木で鳴いているのか、音を立てています。
暑いけれど、平和な夏が過ぎていこうとしています。

庭いじりをするといつも、時間が経っているのが分かりません。
食欲の落ちたところへ、「外食にしよう。」といっても、「冷やしでいい・・・。」という人がいて
結局、外食にはならず。


晩御飯
黒酢冷やし中華 果物
黒酢冷そば
黒酢、美味しいですね。
ただの酢よりずっと柔らかくて・・・・・


少し夏の疲れを感じます。
しばらくの間、夏休みにします。

しばらく休んで、又元気にお目にかかります。


風邪もちらほらと耳にします、皆さまも健康にはどうぞお気をつけて下さいませね・・・・・・・




 [ 2008/08/13 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(11)

ミナヅキ(ノリウツギ)咲く

ミナズキ(ノリウツギ)が咲いて来ましたが、毎年ちっともきれいに咲きません。

    ミナツキ(ノリウツギ)

このミナズキはノリウツギとも言います。
落葉低木、ユキノシタ科 アジサイ属
和名は樹液を和紙をすく際の糊に利用したことによる由縁から、ノリと付いたようです。

草丈は70㎝~100㎝で庭植、花壇、切花にも適しています。
日当たりと排水の良い所を好みます。花期も長いです。

どうも毎年綺麗に咲かず枯れっぽく咲くのは、この土地に合わないのではないかとも
思ったりします。
花が甘いのでしょうか?蟻が忙しそうに花の上で働いています。

さてこの辺りで、庭の夏の花はそろそろ終わりになります。


今日の晩御飯
焼き秋刀魚 茄子焼き 漬け物 御飯 汁
    焼き秋刀魚

食卓に焼き秋刀魚、秋も少しづつ・・・・
陽も心なしか短くなったように感じます。


 [ 2008/08/12 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

鶏レバーの時雨煮

この暑いのに、レーバーが嫌いな方、朝からごめんあそばせ。
地獄の蓋?が開かないうちに生ものをアップしました。

レバー類はあまり頂きませんが、鳥のレバーの時雨煮は常備食として時々作ります。

①これが材料
    レバー時雨に

②酒、砂糖、山椒醤油(山椒実を漬けた醤油) 味醂   酒に漬かっていた昆布も切っていれました
    レバー時雨煮02

③ことこと煮ます 
   レバー時雨煮03

④出来上がり
    レバー時雨煮04

こんな風に出来上がり。好みで七味唐辛子を。
常備菜に作り置きました。

と、もうひとつ、青唐辛子肉味噌を。おにぎりの中味にも一年中冷凍して使っていますが作るのは今だけ。
こちらは、昨年アップしましたので作り方は省略。辛くって夏にはすごく美味しい。
青唐辛子肉味噌

青唐辛子は、長く市場に出ません。
見つけた時に作り置きします。




 [ 2008/08/11 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(9)

新しいブルーベリーの苗木

新しいブルーベリーの苗木です。
 
    鉢植えベリー

    鉢植えベリー02 大きい実がなっているう!

このブルーベリーは、ラビットアイ系 ティフブルー  とありました。
付いていた実は大きくて、甘かったです。

なんとスーパーの花屋さんで一株たった180円でした。
ちゃんと根っこだってついています。大きな実も成っていました。

なぜ、180円なのか、さっぱり分かりません。
私って、買い物上手!

45センチ鉢に3株はどうかとも思いますが、ほかもいっぱいなので仕方ないですね。

そのうちにいっぱい収穫して、わたしの分のブルーベリーを収穫するつもりです。うふふ。

実はブルーベリーの木は私ぐらいの背丈の木があるのですが、家から離れたところに植えてあるので
鳥が見つけては食べてしまいます。
カバーをすればいいのですが、いつもしそびれて、鳥に差し上げてしまっています。

だからこの鉢は、びったり家にくっつけた日当たりで、ピートモスを上げながらしっかりと育てて見ましょう・・・・

ブルーベリーは実は美味しいですし、可愛いし、何と言っても秋の紅葉が美しいですね。
庭木にするには、いい木だと思います。


今日の空
8月空

今日のでは無かったです・・・・・・今日の空よ



 [ 2008/08/10 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

赤い数珠玉・・・・アメリカジュズサンゴ

いや~、立秋の日の暑さには驚き!ました。
秋の字などどこにも見えず、これからは、台風シーズン到来ですかね。

アメリカにもこんなに和風の大きさの赤い実のなる植物があるんですね。

    アメリカジュズサンゴ アメリカジュズサンゴ

    アメリカジュズサンゴ02


宿根で冬は枯れて行きますが春になると新芽で伸びてきます。
秋は葉が紅葉し、実は落ちて側にあった別の鉢から、また転がった先で咲いています。
花は白い点々、実は濃いオレンジ色の小さな数珠球・・・・・・
雑草のように増えていく。

昨年、秋に紅葉する植物がほしくて買ったのでしょうか?
もうとっくに地植えしなくてはなりませんですね。

この植物は「アメリカジュズサンゴ」と花名がついていたのですが
検索でも情報がほとんどないです。

検索せずとも丈夫なので、育てるには問題なさそうですが。

小さい頃に見つけたならば、赤いご飯のおままごとに採って遊んだかも・・・・・。


晩御飯
バンバンジー 焼きとうもろこし ニラ玉スープ ざー菜炒め ご飯
bannbannzi-






 [ 2008/08/09 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

暑さしのぎに 鬼百合のペン皿

さぁ、いよいよオリンピックの開幕です。
2008年8月8日・・・・縁起を担ぐ中国人が好きな数字のようです。
少し前に、中国では大きな地震に見舞われながらの開催になりましたが
世界中が楽しみにしているところのオリンピックが、最後まで無事に行われることを
誰もが祈っています。


絵遊びしました。
鬼百合です。

    鬼百合ペン皿

いつも、日々是好日でありますように・・・・・どんな日もかけがえのない一日




 [ 2008/08/08 07:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(8)

ルドベキア・タカオ    

夏の元気なルドベキア・タカオが綺麗に咲いてきました。
   
    ルドベキア・タカオ

ここ何日か、気持ちが少々夏ばてしました。

あぁ、人生は次から次へといろいろなことが起きるものです。誰のところにも。

大概のことは、私の場合、「そういう人なんだ。」とか「そういう事なんだ。」で折り合いを
いったん着けてしまうと、立ち直りが早いです。
「ならば、しょうがないな。」となります。

ああだこうだと考えていると、脳が疲労をおこしてきます。
しっかり考えねければならないことは、他にもあるからです。
そのまんまにしておくことも大事です。

以前にも書いたように言葉は魂があるもんです。
マイナスイメージの言葉を自分に与えていたらそのうち、身体は調子が悪くなってしまうでしょう。
気持ちを元気にして、体も元気でいようと思ったら、良い思いを自分が抱くことです。
考えていることの中味は、元気でいられるかどうかの分かれ道になるのです。

物事は前向きに考えましょう。出来れば、楽天的ぐらいが調度いいのです。
考える時は、言葉で考えるのですから、言葉は大事だなぁと思います。


世界中のお母さんというお役目の方々、
お母さんは元気が一番、明るい顔が一番です。

「さぁ、あなたは元気、綺麗、みんなの元気の素」と、自分に言って聞かせると
不思議なことにそのようになるものだと、私は経験しているところです。
頑張りなさいと言っている訳ではありません。

考えひとつでどうにでもなるのでしょう。
出来事に折り合いをつけて受け入れるという考えを持つということは
いろいろな出来事を乗り越えることになるでしょう。

たかがちっぽけな人間、解決できるこというものは、もともと数少ないもんだと思います。
いつでも、何とか折り合いをつけて前に進んでいくことが、困難にあった時のわたし流の暮らし方
かなと思います。


庭では、それはそれは元気な夏の花が、遅いですが咲いてきました。

    ルドベキア・タカオ02

こぼれ種も落ちて、庭のあちらこちらから黄色い元気色の花が咲いています。

この花は病気もなく10月又それ以上の期間元気に咲いて、見る人の心を癒してくれます。





 [ 2008/08/07 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(11)

紫蘇のゆかりで 梅おこわ

梅干しを作ったときに、一緒に干し上げた紫蘇の葉をゆかりというふりかけに仕立てました。
半分は、知り合いに差し上げたのですが、ビンに一本できました。

    ゆかりご飯

出刃包丁でみじんに刻んで、適量の塩と味の素少々を混ぜ込みました→保存します。
白いご飯に混ぜ込んで、おにぎりにも・・・・
今日は、餅米に赤カブの漬物を刻んだものとゆかりを混ぜ込んで、万人の好物です。
いつも餅米は簡単なので圧力鍋で炊きます。


晩御飯
夕食はおふたりさま、冷蔵庫の片付け
    ゆかり餅米
これは若い人の。お肉屋さんの揚げ物です。
わたしは、ご飯だけでもいいわ~
ゴーヤがとうとう味噌汁になってしまいました。炒めてから。
苦かったけど、嫌いでないので大丈夫でした。

8月は暑いですね・・・・




 [ 2008/08/05 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(12)

素人の畑から・・・・畑昨今

毎日暑さ更新と思われる今日の畑からの収穫です。
8月って、暑いわ
なんのかんのと文句を言いながらやってきた畑も、偉大なる太陽のお陰で
大した手間もかけていないのに、おいそれた収穫物にびっくりするやら感謝するやら。   

素人畑

もうこれで、胡瓜は終わり。
これからは茄子がいい具合に出来ています。

驚いたことにスイカがいくつも結球しています。
「剪定は、どうするんだろう・・・?」と、もたもたしているうちにあちらこちらで、スイカのベイビーが
誕生していますが、こんな具合では、甘くないスイカになってしまうのでは・・・・

スイカ! 八百屋さんで売っている小玉スイカくらい

スイカ!02 こちらは、将来有望そうな大きさ

失敗しても元々と思っている今年の畑。
それにしては、恵みが多すぎませんか?神様殿。

畑はやれないと、文句を並び立てて、「はっ、申し訳ありませんでした!」



    茄子絵手紙

晩御飯
お稲荷寿司 丸ナスレンジチン 胡瓜茄子中華漬け 枝豆 味噌汁 トマト砂糖かけ
稲荷寿司
干瓢は、沢山煮て小分けで冷凍してあるンです。


 [ 2008/08/04 07:00 ]  | TB(0) | コメント(14)

そろそろ、宿題を・・・・・

だらだらと暑いを繰り返す日々に、よいしょと腰を上げて課題図書を読むとしますか。

    夏読書
ごろごろと腹ばいが夏の読書姿勢ですね~

 前期の最後の講義は、「ストレスと健康」だったかな?
今ひとつ、おもしろくない講義もあって眠ってしまったこともあったけど(梅雨時の2回ほど)
後期は、やっとⅡ分野へ。

課題図書(強制はありません)面白そうなので、夏の間に読むことにしました。
涼しいに、つながるかな??
 
    夏読書02
古い本も取り出して・・・


それでもやっぱり、ご飯は作らなあかんな・・・・・。
晩御飯
からすカレイ干物 冷豆腐 インゲン胡麻和え 糠漬け ご飯 味噌汁
    カラスがれい干物
毎日変わり映えもなく、冷豆腐だわね


 [ 2008/08/03 07:31 ]  | TB(0) | コメント(8)

新生姜で梅酢漬けをつくる

台所は毎日暑いですが奮起して、出回ってきた新生姜を梅汁につけました。

  sinnsyouga
                       
  sinnsyouga出来上がり

ほんのり美人色に。 もっと沢山作ればよかった。

新生姜    350g
漬け汁    梅酢  150cc
        梅干を作ったときに上がった赤梅酢  150cc
        砂糖  1/2 カップ
        塩    小さじ1/2杯

☆新生姜はスライスしてふり塩してしばらく置く
 漬け汁をつくって砂糖をよく溶かし、漬け込むだけ
 
梅酢がなければ、ただの酢でいいでしょう。
冷やして、食べよね。


レンジでシュウマイ作りました。
暑いのでなるべくガスは使いたくない。息子らが幼い頃に、よく作りました。
いつものシュウマイ種を包んで、レンジ強で7分です。

晩御飯
シュウマイ 鮪山掛け トマトの砂糖かけ とうもろこし 糠漬け ご飯 味噌汁
   レンジシュウマイ

少々夏の疲れを感じます。





 [ 2008/08/02 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(6)

葉挿から ストレプトカーパスの花が咲く

少し過ごしやすい暑さの日でした。

朝「うむっ、季節が変った!」と、息子が言うものですから
「そうよ、もう8月になるわよ。」と、言うと
「違うよ、蝉がミンミンゼミになった。後10日もしたらツクツクホウシが鳴いて夏は終わりさ。」という。

季節の変わり目には一瞬、風の感じや日差し、空気などが変わって季節が移っていくのを
感じる時がありますね。


昨秋、鉢の隅に無造作に挿したストレプトカーパスの葉から芽が出てきたと以前書きましたが
ようやく初めての花が咲いてきました。

 葉芽が出てきたとき  ←クリック
これが5月ですから、早い成長です。
    
   カーパスベイビー01 7月21日
                            
   カーパスベイビー02 7月27日
       まさしく兄弟です。

多分、8~9ヶ月で花が咲いたのでしょう。
この花は四季咲きで成長も早いですから、秋にはもっと青年期の花に成長するでしょう。
一年経てば、立派な大人の株。

たった4~5センチの葉挿しから葉芽が出て、一人前に育っていく
このったった4~5センチの切った葉の中に、カーパスのとしての遺伝子をもれなく持っているということに
当たり前かもしれませんが、生き物の神秘や不思議がありますね。

この暑さに、カーパスはアフリカの花とはいえ暑すぎて試練の毎日です。
花への水は、鉢の水が乾いてからあげます。
メリハリを付けて水をあげることが、ポイントです。

暑いから水もつい毎日のようにあげてしまいますが、年中根がぬれている状態は
植物にとっては、過酷な状況です。
カーパスは弱るととたん、葉に勢いがなくなりなす。

可愛い子ちゃんには、すこし放ったぐらいが調度いいことをお忘れなく。
ちょいと、知ったかぶりでしたね






 [ 2008/08/01 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索