はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

最近のこの方のマイブームは・・・

面白いことに最近、息子が料理づいています。

今日は、「何か肉無い?」       「何の肉?」
     「なんでもいいよ。」      「どのくらい?」
     「少しでいいよ。」       「????これで、よかろうかい?」
といって、明日のトンカツ用の肉を。

シンクのあちこちの扉を開けて閉めて、作ったのは 『豚肉の照り焼きソテー、玉葱添え』
先日TVでやっていたような・・・。

出来あがった時には携帯で写真を撮って、 「なになに、誰かに送る?」

   マイブーム1 何?写メ、作成?

「ふむふむ、玉葱は火を入れすぎた。  生ぐらいが美味しい。」

先日、鶏ハムをつくったのもこの人でした。
それを私が教えてもらって燻製にかけたというわけです。

来年家を出る練習なのか?ガールフレンドとの会話の照り焼き実験なのか????
母は、もういいお年頃なので、「理由は、何でもよかろう・・・・」と、追求はしませんです

豚肉の照り焼きソテー、玉葱添え
   マイブーム料理 照り焼き 

あはは・・・・・・よかろう。よかろう。
肉の筋きりは忘れたようですが、火はちゃあんと入っていましたよ。




 [ 2008/09/30 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(8)

ストレプトカーパス  育児日記

最近のストレプトカーパスです。
夏の間も、春ほどではありませんが花をつけていました。
涼しくなったら(15度~25度適温)もっと咲いてくるのではないでしょうか?

 夏カーパス1  夏カーパス2

 夏カーパス3  夏カーパス4

 夏カーパス5  夏カーパス6

 夏カーパス7 と、こんな具合

このほかもあるのですが、咲いていませんでした。
皆違う種類です。


そしてこちらが育児日記

これは、
①昨年秋に葉ざししたものが、育ったストレプトカーパスです。
   2007.秋
手前の鉢が咲いて来ません。多分色の違う花でしょう。

   2007.秋3
愛らしい。

   2007.秋2
二度目の花、ごく最近。もう、立派な一人前。


②今年の春(4月中旬ころ)葉ざししたもの
   2008.4  1
こちらも、4月に葉ざしたもの
   2008.4  2

花芽が上がって来ました。咲くまで、もう一歩。
  2008.4花芽1  2008.花芽2
まだ、可愛いbabyです・・・どうも青色の花が多い気がします。
青は寒さにも比較的強いらしいので、丈夫ということかしら?



③今年6月初旬に葉ざししたもの
2008.6初旬

こう見てきますと葉ざしは4月に入ってすぐがよく、夏の成長があり今年中に花が見れるということに
なります。
4月のものは、90%ぐらい発芽したのではないでしょうか?
6月に入ってからは、蒸れて発芽の成功率は50%ぐらいでした。

挿した葉から、芽が出るまでほぼ2ヶ月、花が咲くまでは8ヶ月ぐらいですが
4月始めに挿した株がもうすぐ咲きそう(②の下の2枚の写真)ですので、間に夏を挟むと6ヶ月で咲くということでしょうか?
浅い経験で、まだなんともいえないところです。

夏の間は、やはり置き場所は風の通るカーテン越しにお置き、水遣りは乾いたらあげます
挿し目の方も、芽が出て少し大きくなるまでは涼しい木陰のような場所がいいと思います。
とかく鉢も夏には陽があたり、高温になり、根が弱ります
葉も枯れた部分も出てきて、根の状態の悪さ(根づまり)を物語っているようです。

病気はほとんど無く育てやすい植物ですが、家では置く場所によってうどん粉病が初めて出ました。
処置をしましたら、大丈夫でしたが。

今頃から10月初旬までぐらいには、弱った鉢や大きい株は植え替えます。
根は根毛のような根です。
古い鉢の土をそっと取り替えて、根をあまりいじらずに回りを新しい土に植え替えてしばらくはまた
涼しいところに置くと良いと思います。

これでまた、本当に寒くなるまで咲いてくれるのではないかと思っています。

玄関のドア外に置いたカーパスがそれはそれは沢山の芽がつき、面白いことになってきました。
咲いたら、またお目にかけましょう・・・・・。



 [ 2008/09/28 01:39 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

ナゼだろう? ハツユキカズラ

カラーリーフが好きでハツユキカズラの大鉢があるが、この二鉢比べてみると色がぜんぜん違う。

   ハツユキカズラ2鉢

白やピンクのカラーが出てくるハツユキカズラは、一年中その美しい葉の色が変わり楽しめる。
が、この右側の鉢緑が濃い・・・なぜだろう?と、ずっと思って来ましたら
先日NHK「趣味の園芸」で、肥料をやりすぎると緑色になってしまうと放送していました。

「ウ~ん、そういうことだったか!」と、納得したようなしない様な・・・・

このニ鉢、水あげするときも(肥料は液肥を使っている)、置く場所も隣りあわせで
同じ育て方をしているのになぁ・・・・・一鉢の方は青々としています。
なぜ?
やっぱり、わかりません?


段菊が咲いてきました。
いつものように、寄せ植えのばらして、地植えにしたものです。
一年で、ぐっと大きくなりました。 薄いピンク色です。

   段菊

そして、庭のマンジュシャゲもやっと咲いてきました。
   マンジュシャゲ秋


秋ですね。


 [ 2008/09/25 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

旬のさんまは、なんと¥60でした!

秋刀魚、美味しいですね。秋刀魚の旬の時期にになりました。
今日の秋刀魚はなんと、なんと1尾たったの¥60でした。うふふ、嬉しい。

スーパーでお一人で30本ぐらい買っていく男の方がいました。
ご商売でもなさそうで・・・一体何を作るのかな~~と気になりました。

いつもは塩焼きですが、頻繁に食卓に出るとなるとそればっかりでは・・・・と、いうことで
開いて粉を軽く振って醤油、砂糖、酒でフライパンで焼き
『秋刀魚の蒲焼』にしました。
このとき調味料は濃くしてはいけません。
鰻のように山椒の粉もそえて。
   秋刀魚蒲焼

はらわたは鉄分多く、取ってしまうのはもったいないと思いながら、まっいいか。
蒲焼はしかたない。
くせの無い美味しさで満足、満足。


いつもは秋刀魚塩焼き
   秋刀魚塩焼き。

秋刀魚漁の漁師さんがTVで「油、ガソリンを安くしてくれ~~」と、叫んでいました。
水揚げした秋刀魚の小売価格がたった¥60だとすると、一体卸値は???
船を出すと赤字では、申し訳ないですね・・・・・と、のん気に言ってスミマセン。

秋刀魚塩焼き1尾・・・・・約400カロリーなり。






 [ 2008/09/24 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(9)

けむり工房 開店

1年半ぐらいやっていなかった、燻製つくりをしました。
ゆらゆらと煙が上がり、焚き火の匂い、いい匂い。秋の匂いだな~

☆出来上がりもの・・・・鶏ハム、チーズ、魚肉ソーセージ
   燻製1
鶏ハムだけを燻製にする予定でしたが、それだけではチップがもったいないので
何か無いかな~と、きょろきょろしてチーズと魚肉ソーセージを一緒につくりました。
蒲鉾や沢庵などもいいですよ。

☆暖かいうちにお味見  ビールはグリーンのラベルのもの。   
   燻製2
自分でつくったのですから、皆美味しいのですが、チーズは格別にう・ま・い。

☆こんな風に燻すのです、もっとモクモク状態で。下に鶏ハムが吊るしてあります。 
   燻製3 もちろん、蓋をします。

チップは、東急ハンズで棒状のものが売っています。今日のはさくらのチップ。
今回のものは、何年も前に買って物置にあったものなので、火のつきが悪かったこと!
何時間ぐらい燻したでしょうか?4時間ぐらいかな?

肉類は豚もも肉塊でも、ビーフでもいいのですが、下処理を(下味)しなくてはなりません。


☆鶏ハムの作り方です。

①鶏手羽肉一枚(大体200G位)に砂糖大匙1杯をすり込み5~6時間冷蔵庫で置く。
   鶏ハム1

② ①をさらに今度は塩大さじ1杯をすり込み、(好みでこしょうも)同じく5~6時間置く。
   鶏ハム2

③茹でる・・・沸騰しない程度の低い火加減で30分ぐらい。
 しっかり冷めるまで汁の中につけておく。
   鶏ハム3
このまま食べてもよい→鶏ハムの出来上がり(保存料が使っていませんので、日持ちはあまりしません)

これに薫煙をかけていくのです。


燻製という保存方法は、割りに古くから日本に入ってきたようですが広く広まりませんでした。
なぜかというと、日本の主食はおコメ。
これが、燻製の味とは合わなかったということのようです。

市販品の燻製品の多くは、燻製液に漬けて作るようです。
最近の汚染カビ米のことを思うと、「あぁ、手作りが一番」と、ことさらに思いますね、大変だけど。

11月はヌーボーワインが日本でも楽しみになりました。
ワインには燻製が合いますね。
もうひとつの秋の楽しみでもあります。



 [ 2008/09/22 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(9)

リンゴカスタード

スーパーの入り口近くの果物売り場にサン津軽のリンゴが出回ってきました。
赤い色もおしゃれで、香りも良く、味もうれしい美味しさです。

食べる人がいないのでお菓子つくりは遠のいていましたが、優しい美味しさのリンゴカスタードを焼きました。
計量もいい加減、アバウトで作れるところが私むきですね。

①切ったりんご一個を器に並べ
   リンゴカスタード1

②カスタード液(卵2個、砂糖60G、小麦粉大匙3、牛乳1C,バニラエッセンスをよく混ぜたものを)流し込む・・・小麦粉は、固まらないように茶漉しなどでふんわり振るいいれると良いです。
   リンゴカスタード2

③220度のオーブンで25分焼く。焦げそうならばホイルを途中でのせる。
   リンゴカスタード

④焼きあがったら、粉砂糖を振るのですが、そのままでも優しい美味しさ。
暖かいうちに食すもよし、冷蔵庫で冷やして少量の蜂蜜をかけるもまた、よし・・・・

リンゴは生で頂くのが一番ですが、たまにはいいですね、違う食べ方も。

果物は、梨でも、桃でも、イチゴでも無限にひろげて、季節のものに。

 [ 2008/09/20 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(14)

夏の庭片付けの一日

南の方で台風13号がが発生しているようです。
週末まで、お天気は雨模様のようですが、庭も手を抜いていましたらあちこととぼうぼうの始末です。
思い切って、片付けましたら大袋3袋と束ひとつにもなってしまいました。

隅の方で咲いたのに気づかないで終わっていってしまいそうな萩が、秋の訪れを語っていました。 
  萩

私の庭ではいつも倒れてしまうワレモコウです。
ドライフラワーにもなりますね。
   ワレモコウ 日差しが斜陽のおもむき・・・・・

三尺バーベナ(バ-ベナボナリエンシス)の花に夏の蝶が来ていました。
秋のはじまりとと夏の終わりが、入り混じっています。
    三尺バーベナと蝶

昨年の何倍も大きくなって咲いているシュウカイドウ
    シュウカイドウ 母が好きな花でした。

庭の片付けはまだまだ、半分?でしょうか。
思い切って、抜いてしまった草花もありますのでもう少し秋も深まりましたら、土に入れ替えもし
新しい花壇を作るつもりでいます。

一昼夜にして庭が出来るわけではないので、ぼちぼちとやっていきます。
喧騒の夏が去っていく一抹の寂しさも感じました。


 [ 2008/09/18 16:52 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

 案山子フェスティバル

やはり町田は田舎です。
こうちゃんさんのブログで毎年、案山子の記事が出ています。
こうちゃんの写真館パート2

一度は見てみたいと思いながら家の近所というものは、行ってみるチャンスはあるようでこれが中々・・・・。
なかなか、行かない?行けない?どっちかな?

図師町の(車でちょいとのところ)案山子フェスティバルを、見に行って見ました。高校野球で有名な日大三高のすぐ近くです。

ユーモラスな案山子がお出迎えです。
案山子1

お天気もよし。
これがまた、のどかなこと・・・・

案山子2
私は一応、東京育ちで畑のある風景は縁がなかったのですが
こういう風景はとっても好き・・・・

案山子3
これは、夜見たらちょいと怖いお姉さんかも・・・・

kakasi3
かわいいトトロ・・・・

都心では味わえないのどかな実りの秋を感じます。
稲穂もこうべを垂れていました。
今年のおコメの出来具合はいかに・・・?

先日、里山ウオークの帰りに寄ったパン屋さんに寄り、ひと休み
エピソード
どうも夫の気に入りのお店になったようです。

遅いお昼でもない、早いお茶というところなので軽く・・・
エピソード2
夫はオリーブの実が好きでいつも食べます。

これから電気の量販店に寄って帰りました。

いいでしょ?、案山子のある風景・・・・・


 [ 2008/09/16 07:07 ]  生活 | TB(0) | コメント(10)

吊るし雛 蝉を縫う

夏の間、私は講座を夏休みにしていましたので、久しぶりに訪れました。
何か勝手に夏休みなぞにして、のん気なものです。

今日は、『蝉』を縫いました。
暑い日になり、15人以上いたでしょうか?

仕上がった『蝉サミット』  あはは、とってもユーモラス。
    蝉サミット


    縫うことに慣れてきたのでしょうか?
時間内にしあがりました。でもやっぱり、3時間はかかりました。
    吊るし雛 蝉2

お茶とお菓子も出て、和気あいあいと口も忙しく手も忙しく動きます。
    手縫い講座風景

縫い物は私にとって、とても苦手分野です。
結構手が込み入る部分もあって、汗だく。
来月は、柿を縫って行くそうです。





 [ 2008/09/13 11:52 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(10)

散歩

大分爽やかな秋の始まりの候になりました。
運動不足解消の為、散歩に出ました。

ここは、森のはじまり
    散歩。1
この辺りが標高128Mです。この辺りでは、一番高いところです。

この辺りは、緑の保全地域(風致地区)になっています。
    散歩・2

小さな森は、昼間でも人一人出会いません。
時々後ろを振り返ります・・・・おばさんといえど、昔は若かったものですから・・・。
防衛本能が出るのでしょうか?
たくさんのヨウシュヤマゴボウが咲いています。
    散歩。3

どういうわけか、今頃、アジサイが咲いていました。面白い。
    散歩。4

この森を抜けたら、民家の畑にケイトウの花がきれいです。
    散歩。5 

これは、ソバ畑。
市が管理しています。収穫して蕎麦を作っていきます。
春には、菜の花畑になるところです。菜種油を採ります。両方とも販売します。
    散歩。6

蕎麦の花は白く、中心は真っ赤になります。
    散歩。7

薬師池公園に隣り合わせる、薬師堂です。
氏神様のようでもあり、散歩の人たちが手を合わせて通り過ぎていきます。
    散歩。8

私も、いつものように家族の健康と幸運をお願いして行きます。
この日は、もうこれで小一時間も歩きましたので、公園には下りず帰りました。
真夏を過ぎた、秋も感じます。

こうしてみると、随分田舎に住んでいるのだなぁと、我ながら思います。




 

 [ 2008/09/12 00:01 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)

ひまわり

母の遺作 「ヒマワリ」の壁掛け です。  

   母の遺作ヒマワリ 50×50センチ

母が67歳の頃に描いたもののようです。
妹の家にあったものをケータイ写真に載せて送ってくれました。
まだまだ、妹のところには毎月架け替えて飾れるようにと沢山残してくれたようです。



   ひまわりペン皿
misaさんのブログに載ったヒマワリの蕾の写真から描かせていただきました。

NHK教育TVで、母(丸木 ヌマ)と娘(大道 あや)の画家二人についての番組(新日曜美術館)を見ました。
このお二人も、丸木 ヌマさんは70歳からほぼ十年、娘、大道 あやさんは60歳を過ぎてから
90歳を少し越えた頃まで
画家として絵を描いたたそうです。
遅咲きの画家としての人生でしたが、立派に何点もの作品を残しています。

女性というものは結婚してから20年は、子育てやら家庭人として忙しく暮らすことを余儀なくされるでしょう。
終われば、親の介護があったりとなかなか純粋の自分の時間というものは持てない人も
多いでしょう。

わたしの母も、還暦を過ぎてから碑文谷彫りに出会い生涯の趣味にしました。

大そうなものになろうという訳では、けっしてありませんが
私はまだその母の年齢にもまた大家の画家の年齢にもなっていないので、
まだまだ頑張りようによっては、趣味を育てていけるかもしれないと思いました。

もう、こんな歳・・・でなく、『まだまだこれから・・・』と、思いたいものだと感じました。



晩御飯
塩から揚げといろいろ野菜揚げ もやし炒め 味噌 ご飯など
塩から上げ

鶏の唐揚げと一緒に、パプリカ、茄子、しし唐、ハスなど、あるものを一緒に揚げ長ネギを散らします。
バミサコス酢を好みでかけていただきます。

ニンニクの丸揚げもしてみました。






小さな小さな花 レピア・グラウカの花  プラチーナの花

まだ緑の色など無い春の頃、小さなグリーンの葉が妙にかわいいレピア・グラウカと言う名の
植物が花屋さんの店先で小さなポットで売られます。
これは、2~3年経ったものですが、花のような?ものが初めて咲いてきました。

    ピレア 30センチくらい

小さな緑の葉だけで一年中いる植物だと思っていたら花が咲いたのです。
室内のガラス越しで育てますが、夏は外で育てました。

    pirea

ピレア自体が小さな葉っぱを楽しむ植物ですから、花が咲くとは思っていませんでした。


一方こちらは、プラチーナという銀葉のクリスマスのころに寄せ植えのひとつとして見かけるでしょう。
こちらも、昨年の寄せ植えをばらして育ててきたものに、花らしきものが咲いてきました。
    プラチーナの花

花は分かりやすい黄色の菊のような形をしていますが、雨上がりの日に撮ったものですから
綺麗ではないです。
プラチーナは挿し木で付くらしいですが、何か葉の形や色が異住民のイメージ(宇宙人)のようです。

どちらも、こんな花が夏に咲くって今年分かりました。
面白いね。


晩御飯
茹でワンタン 焼き鮭  枝豆 みそ汁 ご飯
湯でワンタン

茹でワンタンは先日、NHKで放送されたのもです。
中味は海老のすり身と豚挽き肉。具沢山のタレソースで頂きます。
茹でたワンタンに、シャンツァイやクコの実を飾るとおしゃれでしたが、ありませんでしたのでそのままで。

☆NHKくらしのパートナー
http://www.nhk.or.jp/partner/ryouriplus/recipe/080901.html

茹でワンタン・・興味ある方は↑、どうぞ。
 [ 2008/09/05 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

お久しぶりに  『想い出の歌』を唄う会へ行く

想い出の歌を唄う会』は
会場になっているホールがしばらくの間補修工事でしたので、3ヶ月ぶりで出かけて行きました。
    
    唄う会8月

    8月 唄う会

スイングしながら体中が♪リズムのような先生が今日は真っ赤なワンピースを着ていました。
シニアが多い中で元気いっぱい、明るく♪可愛らしいくいつもリズムにノリノリで
楽しそうに歌っていらっしゃるのがとっても魅力的。

歌は姿勢が悪いと声が出てきません。
声を出して唄おうとすると、いつの間にか背が折れて来てしまい、普段の姿勢の悪さがよく分かります。

唄った曲は
☆夏の思い出
☆ダイアナ
☆巨人の星
☆野に咲く花のように
☆南国の夜
☆アマポーラ             など。


私は「野に作花のように」が好きな歌なのでこの♪歌を、完全に覚えたいと思いました
冷蔵庫のドアに楽譜を張って、オンチな声で時々♪唄います。


★想い出の歌を唄う会
http://bebe-yoko.petit.cc/muscat1/

 [ 2008/09/04 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(11)

雨上がりの日の いろいろ生活

なんだかんだと10日近く雨が降り続いたでしょうか?
家の中でも梅雨時のような、カビは生えているところがあり驚きました。
今日は久々に太陽も出て風もあったので、よ~く家の中に風を取り込みました。

庭に出てみました。
庭では、名前が分からなくなってしまった4年ぐらいのベコニアが小さな可愛い花をつけています。

    ? 大株です

ベコニアはとても種類が多い。
球根性のか弱そうな花のベコニアが一番好き(これは茎立ち性ベコニアのよう?)ですが。

このベコニアは、とても耐寒性がある。
花が終わったらばっさりと刈り込んで、冬でも外で充分越冬する。
その上に雪が積もっても大丈夫。
それは、感心するほどめっぽう寒さに強い。
普通のベコニアや木立ベコニアはとてもそうは行かない。

    ?bekonia花 花は可憐


こちらはアメリカ芙蓉。雨の日に咲けなかった分、今日咲いているようで芙蓉の花は大きい。
    アメリカ芙蓉

6月に咲いたブラシノキが再び花をつけました。
良く咲けば、もう一度忘れた頃にいくつか花が咲きます。
    ブラシノキ 条件がよければ、四季咲きなんですね。

夏の庭はぼうぼうですが、グランドカバーがよく育ちました。
    アジュガ リシマキア
黒っぽいのはアジュガ、鮮やかな緑はリシマキア


陽も短くなり、晩は6時には門灯を付けるような陽の短さになりました。

そして晩御飯
エボダイ塩焼き 茄子とパプリカの揚げ下ろし 金平 ご飯 糠漬け 海苔
    エボダイ

「魚は嫌い。もう、面倒・・・・
毎日、牛丼でいい。」と、怒っている罰当たり者がおりました。

「はいはい、そうしやしょう・・・・」と、狼の仮面をつけてお答えしておきました。





 [ 2008/09/03 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

一人前に育った木立ベコニア

大変なお天気でした。
今日は、少し晴れてきて洗濯日和になりました。

春に鉢植えにした木立ベコニアが立派な大人に育ち、花をつけています。

    http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-550.html  春の記事

この花は花が膨らむように大きくなり、最後はポタッと落ちてしまいます。
その落ち方が、線香花火の玉が落ちるのに似ていて、喧騒だった夏の終わりを感じます。
花は、まだまだ10月いっぱいまでは咲いていきますが・・・


    木立ベコニア

今日は、素麺の上蓋の板に描きました。
    木立ベコニア絵板 まだまだ元気な夏色

この頃めっきり、紙に描かなくなりました。
絵を描くことは、わたしのメンタルケアーにもなっています。
好きなことをやるならば、絵に限らず何でもよいのでしょう。
浮世の雑念がら離れることができます。
描くことの癒し効果は大きい。

時間が許すならば、何時間でも描いていたいというのが愛好家の本音ではないでしょうか。

好きなことのあるしあわせ・・・・・・





旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索