はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

クリスマスローズ 咲きそろう

なたね梅雨のはしりのような、今週は雨続きです。
雨があがった間に庭を見てみましたら、クリスマスローズが四分咲きくらいでした。

我が家では古参の株で昨年は30以上の蕾をつけましたが、今年はどうでしょう?
  09.02.26クリスマスローズ01

  09.02.26クリスマスローズ02

回りにこぼれ種が、もう沢山の芽を出していました。
初めてこれが芽なんだと分かりました。大株になるというのが納得できます。
  クリスマスローズ新芽09.02.26

2~3年後には白い花をつけるでしょうか?
育てていくのが楽しみです。

こちらは新顔のクリスマスローズです。
  09.02.26クリスマスローズ03

  09.02.26クリスマスローズ04

  09.02.26クリスマスローズ05

ヨーロッパでは名前の通り、クリスマスの頃に咲くのでしょうか?
華やかな花で、春が来たと実感します。

ユキワリソウ、ヒマラヤユキノシタ、ヒヤシンス、水仙の花芽が大きく膨らんで来ていました。
ギボウシやクレマチスの芽もあがって来て賑やかしく春パレードの音楽が聞こえてきたようでした。

晩御飯
フキノトウ、ハス天ぷら 肉じゃが 貝の刺身 ご飯 みそ汁
   09.02.25晩御飯

フキノトウの天ぷらも今年はこれでお終い。
存分に、ありがたく頂きました。


 [ 2009/02/27 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

生姜のたまり醤油漬け

こんなもの、作ってみました。生姜おにぎり。
   生姜おにぎり

醤油のまろやかさと、ピリっと言うほどでもない生姜味が、素朴であっさりとして美味しかった。

生姜漬け
   生姜醤油漬け
生姜400グラム・・・・洗ってみじん切り(皮も)
<漬け汁> 
醤油・・・1C
味醂味・・・・・1/2C
酒・・・・・・1/2C
ほんだし・・・・少々             
漬けタレは1/2量になるまで煮詰める
汁を冷まして漬け込む。一晩おく。 

新聞の通販広告で「しょうがご飯の素」が出ていた。
「うん、うまそう・・・・だが、作れそう。」となりまして、自分で作ってみました。
簡単だったわ。漬け込むだけと言ったら怒られちゃうかな?
今回は醤油で作りましたが、こうじ味噌が王道かもしれませんね。

生姜は大好き。
生姜には、殺菌作用、消臭効果もあり。
調理の際にこの辛味と香り成分が働き、生臭みを消して魚肉を柔らかくする作用もあり。

その効能は漢方では芳香性健胃、食欲増進薬として新陳代謝機能を促進し嘔吐、咳、腸満、頭痛
などに用いるとあります。
健胃、鎮嘔吐作用もあるそうです。

漢方薬の世界ではこの効能を大事にして、7割の漢方薬に使われているも言われています。
食欲のおちる夏場は消化を助け、寒い冬は体を温める働きが、年中使える香辛料としての
すばらしい価値を生み出したのでしょう。
免疫力アップにも良いのでしょうね。

先日は、こんなものが売っていました。
薬味は何かと便利なのですが、こんなものは作らなくては・・・と思って
今日の「生姜醤油漬け」を作ったわけです。

ねぎからし


外食してもあふれるご馳走三昧、こんな素朴な単純な作法がおいしいとも思う。
今の時代、1日30品目食べようなんて目指していたら身体は食べ過ぎになってしまう。


晩御飯
牡蠣のバター焼きホウレン草添え 独活とワカメの酢味噌 新玉葱オリーブオイル焼き シジミみそ汁 ご飯 沢庵
09.02.25

大粒牡蠣がありましたので、又。これで今年は最後になるかな?






 [ 2009/02/26 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(10)

徒然なるままに ひぐらし・・・・

今日はお手紙、お返事書きました。

パンジーも、クリスマスローズが咲く頃は、古(いにしえ)の花になってしまったかしら?
09.02パンジー絵手紙
                                            15×34.5センチ

今日のはこんなぶっとい大根でした。
09.02.大根絵手紙
                                            15×34.5センチ
                                 
手紙の返事はまだあり・・・
一日にふたりの人に手紙を書くなんて不謹慎と言ったのは・・・・・・とうの昔の心情か・・・・


晩御飯
鯛塩焼き 八頭と烏賊煮物 金平ゴボウ 手羽焼き新玉葱そえ ご飯 みそ汁
09.02.24鯛塩焼き

手羽焼きは焼き鳥の代わりで、やや濃い目の塩コショウをしてこんがり網で焼くと
焼き鳥より美味しいかな~?


 [ 2009/02/24 07:07 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(8)

雲南さくらそう と シネンシス

雲南サクラソウ 花屋さんで買いました。
この頃花屋さんに出てきました。よく咲いていますね。

   雲南桜草

中国に自生しているサクラソウだそうです。プリムラの仲間。
花が3センチ位もあり大きいので 一鉢でも見ごたえがあります。

寒さには少し弱くらしいのですが、ポットから出して地植えにしてしまいました。
サクラソウに習って、同じ扱いに。
この花は淡いピンク色ですが、色は他にも濃いピンクもあるようです。


↓こちらはプリムラ・シネンシス
こちらも中国原産のサクラソウ科の耐寒性多年草。 
家で2回目の冬を迎え、白い花が咲き始めました。

本来はもっと大きく咲くのですが、まだ咲きはじめです。
昨年は一株だけだったのですが、今年鉢の中はびっしり。
暖かくなったら大きく咲いてくるでしょう。そろそろ地に下ろすかな。

   09.02.20プリムラ・シデイシス

葉の裏がエンジ色っぽくて、白いこの花との対比が面白いのですが写真では見えませんね。


晩御飯
カレー サラダ 薬味 牡蠣とホウレン草ムニエル
09.02.19カレー

今日のカレーはセロリたっぷり、セロリの葉っぱもたっぷり。
牡蠣に小麦粉をはたいてバターで焼きました。美味しかったですよ。




 [ 2009/02/23 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

エピデンドラム(蘭)の花咲く

部屋の中ではエピデンドラムの花が咲き始めました。
我が家に来て3年目、今年の花芽は4本です。

   09.02エピデンドラム1 暖かな出窓で

   09.02エピデンドラム2

エピデンドラムは南アメリカの熱帯を中心に広く分布しています。
属名のエピデンドラムは木の上に着生することから「epi:上」、
「dendron:木」から命名されたとありました。
色は黄色の他、赤やピンク、オレンジ色など。

こちらは外で育てたレウィシア。アメリカの山野草だとか・・・可愛らしく咲きそろいました。
此花もいろいろの色があるんですよね。

   レウィシア09.02.21

これは今年、断然外で育てた方がよいと分かりました。
外の方が、葉の大きさもぐんぐんと大きくなりました。

可愛い花ね、春ですね。

晩御飯
マーボ豆腐 ベビーホタテのサラダ レタスとセロリの餃子(頂き物) ご飯 みそ汁 沢庵
09.02.21まーぼ豆腐

今年は沢庵の頂き物が多かったので、結局白菜漬けは一回しか漬けませんでした。


 [ 2009/02/21 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(13)

グッと春めいて 

この時期気温の高い暖かな日があると、ちょっとの間にグングンと芽は伸びて、
咲き出したことを見落としてしまいそう。

他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物とされる
ネコヤナギもフンワリと咲き出して猫の尻尾のよう・・・

   ネコヤナギ

気がついたら、マンサクはみんな開花していました。あれあれ・・・・
軽体操のりぼんを投げ出したような花びら・・・・

   マンサク

今年初めて咲くクリスマスローズ  先日のとは種類が違った花のよう・・・うれしい

   09.02.20クリロ

↓この一番右の小さな花が↑これ

   09.02.20クリロ02

紅梅の木とガビチョウ
   09.02.20ガビチョウ

梅の木とシジュウカラ
   シジュウカラ09.02.20

一気に暖かくなったら、冬の間来訪を楽しませてくれた鳥たちともお別れ・・・・
あと少しの間だけ、少しばかりの餌をあげよう。
梅の花はもう、散り始めました。


晩御飯
シチリアスパゲティ ハスと菜の花のサラダ ひじき煮
   09.02.20シチリアスパ

夫がここのところ晩御飯がいらない。
「何にしようか?」と息子に聞くと「スパゲティ」と。
毎朝食べていたりんごもグレープフルーツにバトンタッチ。
体がしゃんとするものを欲しがって来ました。
グレープフルーツはいつも、袋をむいていただきます。そのほうがジュウシィで美味しいから・・・・





 [ 2009/02/20 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

冬の多肉植物  花咲く

冬というより、春早くに咲く多肉植物の花たちです。
表情豊かで、個性的で、キュートで可愛い、どんな花が咲いてくるかも楽しみですね。
やはり、日照不足になると花はなかなか咲かないようですが。

   09.02.多肉花 朧月(オボロズキ)

   09.02多肉花2 白牡丹(シロボタン)

   09.02多肉花3 火祭り

   09,02多肉花4 グリーンネックレス

   09.02多肉花5 これも花芽でしょうか?

ほ~んと、みんな豊かで楽しそうに咲いています。
宇宙人みたいに可愛い。
だから、多肉植物、やめられない。


こんなとこに晩御飯など興ざめですが、晩御飯。

晩御飯
豚肉生姜焼きと野菜プレート 刻みメカブポン酢で じゃこの佃煮 キムチ 御飯 みそ汁 また夫のデパチカなど(先日の残り)
   09.02.17番ご飯

   
 [ 2009/02/18 07:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(12)

ふきのとう

庭のフキノトウを収穫しました。
   09.02.16fukinotou

30個ぐらいあったでしょうか。あと少しは又に残しておきました。
早速ほろ苦い、春の味を天ぷらを塩で頂きました。しあわせ・・・・

晩御飯
フキノトウ天ぷら 牛蒡揚げとニンニク揚げ 豚角煮 鮭 白和え風 ご飯 みそ汁
   09.02.16晩御飯


フキノトウを巻紙と封筒に描きました。お便りにします。
   フキノトウ絵封筒S

春の味は、菜の花、フキノトウ、筍、ゼンマイ、ワラビなどと・・・・・・みな、ほろ苦いから始まって。



この頃の本 「脳にいいことだけをやりなさい!」

13日には春一番も吹き荒れ、今日は4月の陽気だったとか、いよいよ春はじまりですね。
花粉もかなり飛んで参りました。

今日、読み終わった本です。
最近の売れ行きベスト10になっているようです。

   09.02.15

今日は疲れて晩御飯が作りたくなかったので、近くの何時行っても美味しい回転寿司屋さん
「銚子丸」へ出かけました。
30人ぐらい待ちでしたが、20分ぐらいで席に入れました。

いつもこのお店は混んでいますので、ただぼっと待っているのが出来ない私は本を持って
行って読んでいたのです。
目を上げると、あは、斜め前の45歳位の男性が本カバー無しで同じこの本を読んでいたのです。
めずらしい!

回転すし屋の待ち時間に本を読む人もあまり無いよな気もするし
向こうとこっちで同じ本をというのもちょっとめずらしい。

本の中を紹介するのもヘボなのでしませんが、私は大いに同意でした。
人間は前向きに物事考えてこそ、脳にも心にもエンジンが掛かるのですし
マイナスな言葉かけを自分にも他人にも掛けていたら動けなくなるに決まちょると思っております、はい。
頭の中で考えていることや、持つ感情がその人の身体に影響してくることは確かだ。
毎日を前向きで心穏やかに過ごすことで、毎日の健康や幸福感につなげよう。

還暦を目の前にして、まだまだこういう本が好きなんだなぁ・・・・
孔子曰く 「吾、15にして学に志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る。
60にして耳順(耳にしたがう)、70にして心の欲するところに従って矩(のり)をこえず」で
言えばまだ惑うのだから、精神年齢は40歳前の青二才ということなのだろうか・・・

私は孔子と大違いなる凡人ゆえ、この程度でもよろしいのでは・・・・・


晩御飯
回転すし屋さんの写真は撮り忘れました!
棒鯖寿司 ちゅうトロ 茶碗蒸し 後、後・・・・・もう忘れてしまってる
ビールは飲みたかったけど飲んでいません、ハンドル係りだったので・・・・




 [ 2009/02/14 23:23 ]  | TB(0) | コメント(8)

花つき初めてのクリスマスローズ、咲き出しました。

冬の貴婦人、クリスマスローズが咲きだしました。
   09.02.11クリスマスローズ01

苗を購入して2年目(種まきからは多分3年目)で、開花です。
うつむき加減がなんとも言えません。
   09.02.11クリスマスローズ02

金木犀の木下に植えてあります。 まだ、こんなに小さいのです。
   09.02.11クリロ03

↓こちらは5~6年物の古参のクリスマスローズ。まだ・・・これから。
   09.02.11クリスマスローズ04

近年、この時期一番人気の花ですね。ビョウキぎみの人も時々いますね
家にあるのはこの2種5株だけですが、やっぱり美しい花です。


晩御飯
銀タラ煮魚 ジャガイモカレー炒め ホウレン草胡麻和え みそ汁 御飯 
夫のデパチカ(ホッキ貝と鯨刺身)
   09.02.11晩御飯




 [ 2009/02/11 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(16)

もうひとつ、詩「「自分の感受性くらい」に寄せて

もうひとつ、押入れから出てきたものに
茨木のり子さんの詩『自分の感性ぐらい」に寄せて、やはり絵を添えたものがありました。

詩「自分の・・・

この巻き紙は、先日の「頬」を描いたよりもっと前に描いたものと思われます。
なぜ分葱なのかは、不明・・・絵と文は関係は無いのですね。
ただ単に、そのとき美しい分け葱が手に入ったのでしょう。

この詩は、すでに大人になったつもりでも甘えてる自分を厳しく叱ってくれて、今読んでも
心地良ささえ感じます。
自分で感じ取れ、感じたことを大切にしろ、自分の頭で考えろというのですね。
人間いつでも、ことの結果を他人のせいにしている間はダメですね。
いつも変えられるのは自分と未来だけ・・・と、また、今日も思い新たになりました。

このころ、時実 新子さんの川柳も好きでした。
どうも、物事きっぱりと切って物申すという潔さに魅かれていたのかもしれません。
最近は、文学とはさっぱりご無沙汰してしまいましたが。

押入れのものからの思い出。


晩御飯
クリームシチュウ ハタハタ焼き サラダ 他常備菜
09.02.09



詩 「頬・・・・海のオルゴールより」に寄せて

押入れから探してみた5~6年前に描いた巻紙

海のオルゴールに寄せて

私がこの詩『海のオルゴール』に寄せて絵を添えたのはもう5~6年いや、もう少し前のことだったかもしれない。
そのころ、家の息子は反抗期のころだった。

私がこの詩の作者、詩人の 竹内 てるよさん のことを知ったのは 2002年スイスで開かれた
IBBY国際児童図書評議会の 50周年大会で、皇后美智子さまが竹内てるよさんの詩を紹介した
ニュースが放映されてからだと思う。


美智子皇后様がこの詩を国際会議でこのことを話されたのはやはり、お子様達をお育てになられていた
真っ最中の頃でこの詩と出会い、忘れれれない詩になったと語られていました。

以下美智子皇后様のお言葉からの引用
「子どもを育てていた頃に読んだ,忘れられない詩があります。未来に羽ばたこうとしている子どもの上に,ただ不安で心弱い母の影を落としてはならない,その子どもの未来は,あらゆる可能性を含んでいるのだから,と遠くから語りかけてくれた詩人の言葉は,次のように始まっていました・・。」と
この詩が紹介されたのです。

皇后様のお気持ちが、その頃の私の心情と重なりこの巻紙を描いたのだろう。

話が後先になってしまったが、忘れていたこの話やこの詩や巻紙を描いたことを思い出したのが
私のPC先生のブログに

ほんさんの気ままブログ ←クリックからいけます。

竹内 てるよさんの『海のオルゴール』の記事が載っていたからです。

先日押入れを探してみたら出てきましたので、この巻紙を載せてみました。

時々時を越えてこの詩を何度か思い出すことは、やはり出会いであったのかもしれません。




  
 [ 2009/02/08 07:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(4)

久々の天ぷら

今日は忙しかった。
が、手の掛かる天ぷらを久々に揚げました。
かき揚げにしようと小さな海老を買ってあったからです。

晩御飯
かき揚げ 鮪ブツ切れ 御飯 みそ汁 果物
   09.02.06

写真の2倍ぐらいのかき揚げが出来ました。
天ぷらは後片付けが大変な上、沢山出来てしまうし、時間はかかるし・・・
美味しいけれどあんまりしませんね。


昨晩、さぁ寝ようと思い消灯したらなにやらぱちぱちと光るもの。
「うっ、何?」
見てみたら、プリンターのコードが剥けていました。ショートしてたようです。
メーカーに問い合わせるともう、アフターサービスは終わっていて対処の仕様が無いということです
(3~4年使用)

仕方なく、本当に仕方なくプリンターごと買い換えるしかないということで
ヨドバシカメラに走っていったのです。
お高いインクも換えたばかり・・・なのに。たったコードが剥けただけなのに丸ごとよ

突然の出費にショックですが、火事になるよりましですか~~~

これをまた、PCに設定するのが一苦労なのよね
家の息子らよりずっと親切なヨドバシのお兄さんに教えてもらってきたけれど・・・・・ できるかな?
ついてないわ・・・




 [ 2009/02/07 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

春霞?

曇って寒い一日。
PCをやりながら遠くに目をやると、白梅が咲きそろったという感じ、春霞の中のように見える。
今日は山のお隣さんも山に来て耕運機を動かしている様子で、音が元気良く響いている。
リビングからの眺め。

   09.02.05-1
   09.02.05-2
お隣の山は、周りをぐるりと梅の木で囲うように植林されている。もう、満開ですね。

ポストに郵便物を取りにいくと、外に植えたフキノトウも少し開いてきていた。
そろそろ収穫させていただきましょうか。
   09.02.05fukinotou
蕗の葉はひとつも無く、丸く膨らんだフキノトウの花が地面から顔を出している。

室内では葉を落としたハナキリンが少しばかりの花を咲かせて楽しませてくれている。
   09.02.05ハナキリン
   ハナキリン09.02.05-1 ハナキリン09.02.05-2

春霞の中のような穏やかな一日。


晩御飯
ステーキ サラダ りんご煮 エシャロット 炊き込みおこわ みそ汁
09.02.05ステーキ

とにかく肉肉と言う人へ。3人で晩御飯。
私は残りのめざしで・・・。


 [ 2009/02/06 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

牡蠣の卵とじ

牡蠣が旬です。
牡蠣のいつもと違う食べ方をしたいと思っていましたら、新聞に「牡蠣の卵とじ」が出ていましたので
早速に作ってみました。

晩御飯
牡蠣丼 もやし炒め みそ汁 くだもの いぶりがっこ(たくわん)
   09.02.04

だし汁、酒、味醂、砂糖、醤油の中に洗った牡蠣を入れて煮て、卵でとじます。
三つ葉や紅生姜を添えて。

我が家では、きのこ類と海藻類を沢山摂ります。
どちらも第一は嗜好が大きいのですが、どちらも成人病予防に欠かせない優秀食品です。
朝晩にみそ汁を食べますので、塩分の摂りすぎが気になりますが、ワカメは塩分を体の外へ排泄に
助けてくれます。
コレステロールの予防にも、きのこ、海草は有効ですがなんと言ってもどちらも低カロリーで
お腹をいっぱいにしてくれますね。

ちなみに牡蠣は「海のミルク」といわれ、海の幸を凝縮させた栄養豊かな食品で
卵の栄養に匹敵するとか・・・・・

牡蠣丼は、牡蠣の味がほろ苦くさっぱりした大人向きの丼でした。
旬の味を楽しみましょう。


 [ 2009/02/05 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(7)

節分 恵方巻き

さて、昨日は節分でした。
夜8時過ぎても誰も帰ってきません。仕方なく一人で夕食をとりました。
そのせいか?味がなんだか、分かりませんでした。

そもそも節分とは何でしょう?暦を引いてみました。
本来、節分は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、
年に4回ありますが、これが室町時代あたりから立春の前日だけをさすようになりました。
なぜなら、春を迎えることが新しい年を迎えることでもあったため、最も重要だったからです。

昔は、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていました。
中でも重要なのは、年の分かれ目です。
旧暦では新年が春から始まるため※、立春の前日の節分は、大晦日に相当する大切な節目だったのです。
※立春のころに元日がめぐってきます。

こうして、新年を幸多き年にするために、災いをもたらす鬼を追い払う節分行事が定着していきました。  
と、『暮らしの歳時記』にありました。


2月3日晩御飯
恵方巻き(太巻き) 茶碗蒸し 白菜と豚肉煮 めざし グレープフルーツ
   09.02.03

以前に100円均一の太巻き器を紹介したので、それで作りました。
ぎゅぅぎゅぅ、ぱっぱっと出来ました
豆を歳の数だけ食べるのも大変になってきたし、恵方巻きをかぶりつくなんても喉につかえそうだし
大儀な年齢になったものです。
   
   09.02.03oyasumi

ではどちら様も、これからの一年も、無病息災でありますように・・・・・
お休みなさい・・・・




 [ 2009/02/04 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(8)

パンジーが元気、元気

一昨日の小地震は浅間山の噴火のためだったのですね。
一晩明けたら、洗濯物を干す時にもうびっくり。
デッキもベランダも、何か白い粉のようなものが沢山付いているのです。
「スギ花粉???」と、一瞬思ったけれど、浅間山の噴火の火山灰が飛んできたのでした。
噴火は大事にならないとよいのですが・・・

今日は節分。
晩には誰か豆まきをしてくれるかな?

この強風の中で元気な花は、パンジーとビオラさん達。
春のはしりの花に気持ちは傾いていますが、パンジー、ビオラが寒さの中で絞まった美しさ。

   09.01パンジー01

   09.01パンジー02

   09.01パンジー03

   09.01パンジー04

どれも北側の風当たりの強いところで、元気に咲いている。
どのビオラ、パンジーも皆、健気だ。
現代人には、この強さは・・・・・ あるかな?いや・・・・・

関東地方でもいつの間にか「恵方巻き」が広まったけれど、(15年位前頃からか?)
3日は、太巻きの晩御飯にしますかな・・・


2月2日の晩御飯
ハンバーグドミソース焼き茹で野菜添え じゃこおろし 蕗煮物 みそ汁 ご飯 燻りがっこ グレープフルーツ
09.2・2晩御飯




   
 [ 2009/02/03 07:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

春を待ちわびる

今日は強風の一日。
朝から時々小さな地震があり不気味。

珍しく降った2日間の雨はあがりはしたものの、風ばかりが強いが
日差しがめっきり春らしくなってきた。まさしく、光りの春だ。

このあと、気温の春、音の春(鳥や雪解けの音だろうか)、風の春とつづくらしい。
そういえば夕方の陽もかなり伸びてきたような気もする。

庭におりてみたら、春を待ちわびる姿があちこちにありました。

ヒマラヤユキノシタ   ピンク色した花の芽がすっかり膨らんだ。
   09.01ヒマラヤユキノシタ

クリスマスローズ    もう、あちこちらのお花好きのブログではお目見えしている花
   09.01クリスマスローズ01
白い一重

こちらもクリスマスローズ  私の庭に来て2年(たぶん種からは3年目)初めての花が咲く
   09.01クリスマスローズ02
5株のうち1株は枯れ、4株が花芽を付けた

水仙の芽 
   09.01水仙芽

チューリップの芽
   09.01チューリップ

この辺りに、沢山のチュ-リップの球根を植えたはず・・・

光りの春と、まだまだ冷たい風とが織り交ざる。
立春まで後3日・・・・・・・
春、待ちわびる。






 [ 2009/02/01 15:42 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索