はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

アブチロン 箱絵

今を盛んに咲いている、アブチロンの可愛らしい花を箱の絵に描いてみました。

201008アブチロン箱絵

モデルはこちら

アブチロン(ドアーフレッド)
20100829アブチロン

オレンジの小花を沢山つけますが、花は一日花で朝になるとぽとりぽとりと落ちています。
今年はこの猛暑ですので、生育も旺盛でよく育っています。

熱帯原産の花ですが、私のところでは冬も路地で越していきます。
10月には3分の一に枝を切り詰めようと思っています。

何時までも何時までも暑い日ばかりが続きます、皆様どうぞ引き続きお大事に・・・



晩御飯
ちらし寿司 冷ややっこ キュウリわかめ酢の物 塩タン焼き 汁もの
 20100829晩御飯

冷ややっこ美味しいですね、毎日でも朝からでも、いいくらいです。


「人はなぜ、食べなくてはならないか」・・・

今日はちょっと硬いお話・・・
ちょいと前に私にとっても、嬉しい新聞記事に出会いました・・・・
もう半年も前の新聞記事だったので、もしかすると小さな違いがあるかもしれませんが
その新聞記事とは・・・

料理家のT・芳子さんは70歳を過ぎて、『人はなぜ食べなくてはいけないか』という
少々青臭い疑問に悩まれたという。

私も人生も下り坂になるのに、時々物事の青臭い「なぜ・・・」を抱くとこあり、T・芳子さんのその思いに
重なるような気がして「あぁ、私のような人がいる・・・・・」と、その記事にほっとした思いを
したのを覚えているのです。

で、『なぜ人は食べなくてはいけないか』というと

人間を作る細胞は何十兆(60兆とか)という数の細胞で出来ているそうですが、その細胞は3カ月で
作り変わるため
食べ物によってせっせと作り変えなければ、命を繋げないということになるそうです。
この考えは細胞学という分野なのですが

これを知ったT・芳子さんは、食べるものを作るという日常の苦労が報われたと同時に
なぜ人は食べなくてはいけないかの疑問が70歳を過ぎて解けたと書いていました。
(T・芳子さんの著書・・・「いのちの食卓」 「いのちをいつくしむ 新家庭料理」など他多数)    

360日一日3回として、一年で単純に1000回以上のの食事を作るために台所に立つ方々・・
あなたの労働が無くては、自分や家族の命は繋げないということの意味が分かれば、
少しは身が軽くもなるのではないかしらね。 

食事作りは女にとっては一生続く家事でもあろうかと思いますが、暑い時や自分が食べたくないときに
台所に立って食事を作るということは正直を言わせてもらえば、本当に本当にしんどい時もありますね。


晩御飯
シンガポール風チキンライス ゴーヤとおジャコ和え わかめスープ 果物
200100827晩御飯

このご飯は我が家では大そうなヒットでした。生姜たっぷり、暑いときには南国風で・・
また、時どき作りたいですね。

作り方はクリックで→ かんたんご飯

☆わたし風に
 添えたタレの醤油を→ナンプラーに変えました。
 鳥と一緒に鶏レバーも加えました。

別の日のお昼ごはんに
トマトのやみつきご飯
20100828昼ごはん

作り方はクリックで→ かんたんご飯

やみつきではなかったですが、生姜とトマトの目新しい昼ごはん。
混ぜるだけで暑い時に火を使わないのがいいかも・・・

 [ 2010/08/29 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(9)

花は咲いては来たが・・・・・

5月2日に葉挿しした(土に植えた)ストレプトカーパスのひと鉢から花が咲きだしました。
花の咲き始めは8月中旬でした。

201008ストレプトカーパス初咲き

水の中で根を発芽させた苗を、土に埋めた葉挿しから3か月半という最短時間で咲きましたが
水の中で根を発芽させるのにどのくらいの時間が要したかは今回は記録しなかったので
分かりません。

が、今年は暑過ぎてこの花を置いておく所さえありません。
今まであった鉢の半分以上は、ダメになりました。
まだ暑さが続けば、もっとダメになるかもしれません。

様子を見ていると、3年ぐらいで株は元気がなくなって行きます。
株の年齢としてはどうなんでしょうかね?

元気のよいうちに株を若返らすために春、花の咲く前か秋花の終わった時かに植え替えをすれば
よいかもしれませんが、今年はチャンスを逃してしまいました。
残念ですが他のストレプトカーパスも秋が来るまで、もつかどうか分かりません。

裏のやや涼しい所に置いてある、エピデンドラム(蘭)の花が綺麗に帰り咲いてきていました。
普通ですと、春先に咲く花なんですが・・・・

20100825エピデンドラム

写真はボケになりましたが結構、本格的に咲いているでしょう?
この暑い時に、何かを思い出して咲いているのかしらね・・・・・


晩御飯
焼きさんま モロヘイヤお浸し かぼちゃそぼろ煮 烏賊肝炒め 御飯 味噌汁
20100826晩御飯

さんまの水揚げがやっと大漁になって、例年通りのお値段になったそうですね。
さんままで高くては・・・困ります。

 [ 2010/08/27 12:31 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

高砂百合(タカサゴユリ) 箱絵

今日も相変わらず猛暑日でしたが、ちょっと描いてみる気になったので久しぶりに
桐の箱に絵を描いてみました。

 220100825高砂百合箱絵

何時までも「鳴かずの鳥」になっていましたがブログ友達の misakoさん、ケイコさん、やっとこ描いたわよーーー

玄関先は我が家でも一番風の通るところですが、やはり描いていられるところではありませんでした。
汗は滴り落ちるし、アクリル絵の具はすぐに乾燥してしまって急いで仕上げました。


絵のモデルは百合の最終版、タカサゴユリ(高砂百合)です。

20100824高砂百合文字入り

タカサゴユリ(高砂百合)は、台湾原産の百合で鉄砲百合に似た白花を咲かせますが、
テッポウユリより葉が細く、花の外側が淡い紫褐色を帯びています。
花期も8月と少し遅い。

  
今日がまたきっかけになって歯車が回るようになって、彼女たちのように毎日とまでは行かなくも
描けるようになればいいのですが。



晩御飯
ゴーヤの肉詰め 野菜添え 大学芋 アワビの刺身 御飯 吸い物 漬物
20100815晩御飯

ゴーヤにハンバーグの種を詰めて蒸し焼きました。
アワビはお土産頂き物。

追記 ☆ゴーヤの肉詰め
輪切りにしたゴーヤの種を除き、小麦粉を(肉との接着のため)はたき、ハンバークの種肉を詰めて
フライパンで焼きます。
ゴーヤは火が通りにくいので肉に火が通ったところで少量の水を入れて蓋をして蒸し焼きにします。
水を入れて焼くと肉もふんわり仕上がります。
頂くときは醤油でも・・・

カラスウリの花

先日庭の剪定の時に木に絡んだカラスウリの花の蕾を見つけました。
カラスウリの花は夕方6時半に咲きはじめました。

200100823カラスウリの花

写真は花が開いていく過程で、右下の写真は午後8時半です。
カラスウリの花は、花弁の縁が糸状に長く伸びる花を咲かせます。
朝に近くなるころには、この糸は縮んでしぼみます。

カラスウリはひとつの株からは雄株か雌株のどちらかをつける雌雄異株の植物だそうです。
レース状のこうした目立つ花になった理由は、受粉のため夜行性のガを引き寄せるためであると
考えられているそうです。

雄株と雌株の違いは花の根元に雌花には、実のもとになるまあるく膨らんだ子房というものが付いて
いますが雄花には、付いていません。

これは割によく判別できると思います。
秋に赤い実をつけるのは雌株の実ということなので、写真のこの株は実は付かないということで
しょうね。

幼いころ、台風が去った後によく道に落ちていました。
今はどうでしょうか? 市街地はずれの林の中で見られることが多いでしょうか。

☆追記・・・カラスウリの名前の由来について調べてみたら
鳥のからすとは関係なく、唐から渡来した朱墨のことでカラスウリの実の色がその色に似ていることから
唐朱瓜と呼ばれたようだ。
カラスウリとは「唐朱瓜」とも書くそうで、カラスウリの実の色がその色に似ていることから唐朱瓜と
呼ばれたようだとあった。
  な~るほど・・・・・
ついでに花言葉は『男嫌い』なんですって・・・
何時まで調べていても面白い花でしたね。



晩御飯
ポークソテー野菜添え 刺身 赤米御飯 味噌汁 トウモロコシ キャラ蕗佃煮



 [ 2010/08/24 15:58 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

庭木の剪定

庭木が茂り過ぎてこの暑いのにどうもこうも・・になって来ていましたので2日間かかって、育ち過ぎた
庭の木々を刈り込みました。

20100822マイガーデン1

少しはすっきりしたようですが、まだまだ・・・・

20100822マイガーデン 2

今日などはとても暑い日でしたようですが、剪定ゴミを何時までも置いておくわけにはいきませんので
頑張ってやっていましたら、暑いのは暑いのですが耐えられないという暑さではないように感じました。

剪定したもの
①ハクロニシキ
スタンダード仕立てに刈り込みました。

②ミモザアカシア
春の花後に主幹まで剪定をして小さくしたのですが、この夏なお育ちましたのでもう一度
切り…おっと危ない、もう来年の花芽が出てきていました。

③ブットレア
新枝に花は付くのでヒコバエ(根元からでる細い枝)も刈り込む。
花はまだ咲いていたのですが、いく枝かは残し1メートル高さに強剪定しました。

④ツキヌキニンドウ
アーチに絡ませていたものは全部はずし、アーチはクレマチス2種のみが絡む。
ニンドウも新枝に花が咲きますので、もう一か所フェンスに絡めてある方のものは秋はブロンズ色に
なりますので剪定はせず。まだ、秋に咲き戻ります。
剪定する時は、主ツルだけ残す。

⑤アナベル
根元5センチを残して強剪定。
これも新しく伸びた枝咲きに花が咲く。日本の紫陽花とは剪定が違う。
が・・・枯れ花もよいので何本かは残した。

⑥テマリカンボク(スノーボール)
古い枝にはいい花は付かなくなるので、5年に一度ぐらい株の更新のため、コンパクトに切り戻す。

☆これまでの何年かは庭作りのための何年かでしたが、これからはいかに風通し良くコンパクトに
 育て全体としての庭作りがマイガーデンの方向かなと思います。

こんな真夏に剪定には適さない木もあるかとも思いますが、やろうと思ったその時しか
なかなかできるものではありませんので、よろしいとしておきましょう。
(奥やその他の方はまた時期を見て)


晩御飯
夏カレー
 [ 2010/08/22 22:55 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(13)

夕顔  咲く

なまくらな日々からなかなか抜け出すことができません。
食べることをやるだけで日々が終わって行くようで、怖いですね。

こんなところに昔の母の話を出しては母に申し訳ないのですが、物事が思うように前進しなかった時は
じっと我慢して「日を重ねなさい・・・」と言っていた言葉も思い出します。

なまくらな日々は自分のせいなのか、暑さのせいなのか、考えるのも嫌になるこの頃ですね。

夕顔の花が咲きそろいました。
ピンクは8月の初めから咲きだしていましたが、白もやっと咲いてきました。

20100815夕顔 2種


こちらはピンク

夕顔(ピンク)
pinnkunoyuugao201008

夕顔は白だけしか知らなかったのですが、ピンクの夕顔は私も初めて花屋さんで見かけて苗で育てました。

大きさは白の夕顔よりずっと小さくて、直径4センチ在るかどうかです。
ピンクというよりピンクかかったうす紫というところです。

夕方から咲き始める夕顔は、それだけでも大人の感じがする花なのですが
どうも私には、怪しげでもあり、病み上がりの感もあるのですが。

今年は植えるところを失敗しました。
みんなフェンスの外に向かって咲いてしまい、ちっともこちら側に咲いてくれません。


晩御飯
焼きサバ干物 茄子といんげんの煮物 刺身こんにゃく 豚ハツ焼き 赤米入りご飯 味噌汁
20100819晩御飯

白米も美味しいのですが、雑穀入りがもっちりとして美味しいのです。
 [ 2010/08/21 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

ユーコミス (パイナップルリリー) の花

庭の隅に植えて忘れていたユーコミスの花が咲いてきました。
花は小さい集まりですが綺麗な花でしょう?
穂状に咲いた花と頂点に開いた葉の形状がパイナップルに似ているところから
パイナップルリリーの別名があります。

201008パイナップルリリー1

201008パイナップルリリー2 少しやせ気味ですね

ユリ科の球根で原産は中央アフリカ 南アフリカ。

2個の球根が植えられていますが、穂状の花が咲いてきたのはひとつだけでした。
私は球根を掘り上げることはしませんが 耐暑性、耐寒性ともとても強いそうで、大きな球根は
20センチにもなるとか・・・
花はよくよく見ると、私には蘭の花に似ているようにも見えます。
花の色も、白、クリームや薄緑とかがあるようです。

私の庭では4年ぐらい前から庭を放浪させられている球根です・・・
かわいそうに今は、庭の隅っこですがおひさまの当たりはよろしいところです。
来年はふたつの球根を咲かせてみたいですね。



晩御飯
焼き肉。生野菜添え 烏賊とオクラ和え 豆腐田楽 枝豆 御飯 わかめスープ
20100818晩御飯

旅行先で買った味噌を朴葉味噌風に作って、田楽に。
 [ 2010/08/18 23:11 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(11)

郡上八幡・白川郷・飛騨高山へお盆休み旅行

お盆休みがやっと取れた息子2の都合に合わせて、やっとのことで急きょ行き先が決まり
渋滞にも巻き込まれながら、少し遠かった『郡上八幡・白川郷・飛騨高山』への急ぎ旅に家族で出かけました。

こちらを出たのは13日でしたが、運よくお盆渋滞にはかからず、それでも7時間かかって
郡上八幡へ

日本で名水百選一号と指定されたところでもあるそうです。

201008郡上八幡1

清流と名水の城下町
水が美味しければ、酒作りが盛ん・・・・

201008郡上八幡2

また、食品サンプルの多くがここで生産されまた、発祥地でもあります。
下の鮎を焼く囲炉裏はすべてサンプル品です。炭も鮎もなにもかも・・・
サンプル品だけの見ているだけでも楽しい、お土産屋さんも賑わっていました。

201008郡上八幡3

街のところどころには、名水が飲める湧水があります。
この通りは、その晩見学はしませんでしたが郡上踊り(お祭り)があり、浴衣で朝まで踊り続ける
お祭りがありました。
地域の夏の風物詩でしょうね。

4郡上八幡 

翌日は白川郷へ
この写真は白川郷の生活地で、民家園の中の建物ではありません。

 201008白川郷1

カレンダーで見るような写真を撮るスポットがあるのですが、残念ながらそこへは時間が無くて行けず。
とても美しい風景です。

201008白川郷2

世界遺産ですが本当に人が住んでいるのには少し驚き・・・
白川郷は世界遺産の認定を受けるのがちょっと大変だったそうです。
なぜかというと建物は木ですから、それが本当に古いものかどうかが(作りかえることができるので)
しかし屋根の吹き替えなどは、村中で協力して吹き替える作業をするというのでそれを含めて世界遺産と
認めるということだそうです。

201008白川郷3

白川郷は一度行ってみたいところでした、そして冬は絵になる風景ですが夏も米の畑が美しく
昔話に出てくるような田舎の風景でした。


そして飛騨高山
古い街並みが小京都ともいわれます。

ですが若い人たちが、手元の携帯でネットで調べ評判一の高山ラーメン屋さんへ行こうということになりました。
私たちが並んだときも20人ぐらいの客が並び、出てきた時はもっと30人くらいの行列が出来ていました。
いやはやグルメブームですね。 味?・・・よかったですよ。家族経営のようでした。

201008飛騨高山1

ここいらで土砂降りの大雨・・・・
写真も撮れない位、びしょぬれになりました。

201008飛騨高山2

最後は渋滞に巻き込まれてくたびれ果てて帰って来ました。

帰った日は、もう家には泊まらず
お土産を沢山持った息子2が夜遅くなったロマンスカーに乗って彼の自宅へと改札口に
入って行きました。

「忙しい旅だったね。」というと、「それでも楽しかったから・・」と言って翌日一日を残した
休みを終えたら、もう、「お正月まで日曜日しか休みはない。」という。

「帰って来た晩の、オールドヒッコリーでの事がずっと昔のように感じるね。」と、息子1。

「沢山のことを経験すると、つい最近の出来事でも悩んでいる暇もないくらい彼方へ行ってしまうね。」と

これで家族が一緒に旅行へ出れるのは最後かもしれないと・・・5年前にも老婆心が揺れましたが
なんとか今回も行って来れました。

どの人もまた大変ですが、身体に気をつけて・・・・




 [ 2010/08/17 00:05 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(12)

ネリネ(ダイアモンドリリー)と オオキツネノカミソリ 

今日は東京でも36度もありました。 練馬区では38,1度もあったようです。

天井知らずのこの暑さに驚くばかりですが、電気料金を払えず電気を切られていた高齢者が熱中症で
部屋の中で亡くなっていたというニュースや、胸の痛むニュースは次から次で、いったいこの国は
どうなってしまっているのだろうか?と、この夏の狂気が明日の私たちの姿にもダブって
憂鬱さを感じざるを得ないお盆明けとなりました。

お盆の間、家族で小旅行に出ていましたが、写真の編集が終わりませんので
庭の花の続きを先にアップします。
庭の花はそれでもまだ次々に咲いていきますので、早く書かねば時期外れになってしまいそうです。

8月28日 追記
下の記事のダイアモンドりりーと思って書いた花の名前は にしやま君のご親切なご指摘で
花の名前が違っていることが分かりました。

上のピンクの写真の花は
ナツズイセンと呼ばれる花であろうことが分かりました。
リコリスの仲間で学名はリコリス・スクアミゲラというそうです。

花はスイセンには似ていないと思いますが、とても美しい花で夏の花の少なくなったころに咲いて
来ますので嬉しいですね。
球根は植えっぱなしでも大丈夫なようですし、私のところでも植えたことを忘れて咲いてきたという
感じです。
そう言えば春の頃、アマリリスのような葉っぱが上がって来ていたのを今、思い出しました。

彼岸花科の花、彼岸花属の花のようですが、花の名前や判別は難しいですね。

教えて頂き、ありがとうございます。



何時に植えたのか忘れてしまっていた
秋咲き球根のダイアモンドリリー(サルニエンシス・ピンク)の花が咲いてきました。

20100814ダイアモンドリリー 1
20100814ダイアモンドリリー 2 70センチ丈あります

上品なピンク色をしたネリネ・ダイアモンドリリー(サルニエンシス・ピンク)の花が8輪同時に
咲きだし実に見ごたえがあります。
ネリネはギリシャ神話の海の女神、ネレイデスにちなんだ名前とされて
原種のサルニエンシスは陽の光を受けると、花弁が金粉をちりばめた様にきらきらと輝くことから
ダイヤモンドリリーとも呼ばれています。

花の咲いている期間は1週間程度ですが切り花にすると2週間ぐらいはもつらしく、花嫁さんのブーケと
しても時に利用されるようです。

冬の球根の管理ですが霜には少々弱く、霜が当たらないようなところで管理とされますので
我が家ではこの冬は越してきましたので大丈夫だったのでしょう。
腐葉土などかけて、霜をよけてあげるといいかも・・・ですね。

もうひとつ、彼岸花科の花・・・

大狐の剃刀(オオキツネノカミソリ)の花が咲きました。

20100814大狐の剃刀(オオキツネノカミソリ)


この花の球根も植えたのか自然に生えてきたのか・・・ちょっと分かりません。
大体は関東地方から九州にかけて分布し、山地の林の縁や山道の脇などに生えるようです。

狐の剃刀(キツネノカミソリ)の変種で、基本種よりも花が大きく雄しべが長く、
花の外につき出すのが特徴です。
彼岸花(ヒガンバナ)と同じように花の咲くころには葉はなく、茎が伸びて花だけが咲きます。

葉の形を剃刀に、花の色をキツネに見立てた名前だそうですが、少しくすんだ大人のオレンジ色が
魅力です。


気温が上がって来ると仕方なくエアコンの効いた部屋にこもるしかないような始末で
ある意味では大変に幸せなことでもありますが、今のところはPCや読書して過ごすことになります。



晩御飯
フライいろいろ 冷豆腐 枝豆 塩辛 赤コメ入りご飯 味噌汁
20100816晩御飯

トマトの天ぷらを、ROKU3さんのところで見ましたので真似て揚げてみました。
トマトはトマトでしたね。
おでんに入れるトマトも画期的でしたが、トマトの天ぷらもまた・・・・うふふでした。

 [ 2010/08/16 21:06 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

ほっと一息

昨晩かなりの雨が降って行ったようでした。。。
おかげで今日は涼しく、いつもより温度計では5度低く28度でしたが快適・・・

やっと「さぁ、やるぞ・・・!」の気持にもなりました。

ルドベキアタカオには、真夏の蝶ツマグロヒョウモンがやって来ていました。
アニメ画像蝶

5月ごろだったでしょうか、挿し木にしたカシアバアジサイがもう、こんなに大きくなっています。
カシアバアジサイ、挿し木

アブラムシにやられてすっぱり切り戻した、オキザリス・トリアングラリス(紫の舞)が・・・
201008オキザリス・トリアングラリス(紫の舞)

今日はなにも無かったように花を咲かせています。

201008オキザリス・トリアングラリス(紫の舞) 花

暑い暑いと言っていましたが、ほんの少しばかり雨で解放された月曜日になりました。

あんなに身体がだるくて、眠っても眠っても眠り足りないような感じはやはり・・・
暑さのせいだったのでしょうか・・・・?


晩御飯
豚キムチ ゴーヤのマヨサラダ もずくキュウリ スープ 御飯 果物
20100808晩御飯
 [ 2010/08/09 14:28 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(11)

プラチーナ (クッションブッシュ) の 花

シルバー色の草姿をしたプラチーナのまんまるい花が咲きました。
葉はまるで、針金のようでもあります。

201008プラチーナ2 花

最近この針金のような植物を、クリスマス近くの頃の寄せ植えで見るようになりました。
どんな花が咲くのだろうと思っていましたらやはりキク科らしく黄色いボンボンのような
小さな花が咲きました。
常緑小低木(半耐寒性)ですので大きくはなりません。
原産は オーストラリアです。

日当たりの良い所を好みます。
過湿を嫌うので水の与えすぎには注意が必要です。
温暖で乾燥した気候を好み、日当たりのよいかつ雨に当らない、風通しのよい場所がベストと
ありました。小さい時は冬は室内で。

弱ってしまったら元気な部分を残し切り戻しするとよいようです。

庭にはもう一つ、シルバー色のコキア・ダイアモンドダストとという大そう綺麗っぽい名前の低木が
地植えでありますが、これも何年も前のクリスマスの寄せ植えの名残です。

コキア・ダイアモンドダスト
201008コキアダイアモンドダスト1

青灰色の多肉質の卵形体の小さな葉(長さ7~8mm)がぎっしり着いた姿はクリスマスツリーに粉雪が
着いたようです。
これも同じくオーストラリア原産で現地では1Mくらいの丈になるようですが、庭にあるものは35センチ位。
冬も路地で越します。
古株ですが、花は見たことがありません。
めったに咲かないのではと・・・感じていますが。。。

立秋は過ぎたというのにこの暑さ・・・逆にこの暑さを何かに利用したいくらいですが
今日は、真夏にはそぐわない植物でしたね。

晩御飯
マーボウ豆腐 春雨サラダ わかめスープ 御飯 漬物 枝豆
20100807晩御飯

 [ 2010/08/08 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

エネルギッシュな タラノキ の 花

タラノキの花を見たことがありますか?
春には新芽を摘んで天ぷらなどで頂くあのタラの芽の木です。
家のフェンスのすぐ向こうの隣の山に、3メートルほどの一本タラノキがあります。

そろそろ咲き始めるかな・・・
201008タラの木3

早春を告げるような芽吹きから木はあれよあれよと伸びてきて、今や風に大きな花穂を左右に
大きく揺らしています。
花が開き始めると虫が好きな香りがするのか、沢山の虫が蜜を吸いにやって来ます。

今日も風に揺れる姿は雄大で、そして秋になれば黒い実が成ります。
ツグミ、ヒヨドリ、ホウジロ、メジロ、キジバトなど野鳥がこの実を好んで食べるようです。


夕方蝉の鳴く声に混ざって、ひと際勢いよくコジュケイの大きく鳴く声が聞こえました。
よくよく見ると、羽色の素晴らしいコジュケイが出てきていました。

コジュケイ
20100815コジュケイ

丸々と太って・・・元気そう。

木も鳥もこの暑さでも負けずに元気です。
クーラーなしでは過ごせない私たち・・・・

この隣の山があるお陰で、まだまだ沢山の自然に出会えることを感謝です。
(お隣の山は東京都生産農地)



晩御飯
塩サバ焼き 茄子しぎ焼き ぜんまいの煮物 御飯 味噌汁 即席漬け
20100806晩御飯
 [ 2010/08/06 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

ルドベキア・タカオ

真夏の花、ルドベキア・タカオの花が咲いてきました。

20100803ルドベキアタカオ

南の方(関西の方では)ではとっくに咲いていったようですね。
この花が咲くと夏真っ盛り・・・
ルドベキアの種類もいろいろあるらしいのですがタカオは中でも小さめの花をつけます。
宿根草ですが種でも増えるらしくとてもよく増えます。
アメリカ原産のキク科です。
以前は冬近くまで咲いたような覚えですが、最近は夏の終わりと共に枯れていきます。
冬も小さくなって姿を残します。

そして、フロックス(オイランソウ)の白も咲いてきました。
白色は、綺麗ですねー何といっても涼しげです。

20100803フロックス白

よく見ると、まだ可愛らしいカマキリが・・・↑あちらにも、↓こちらにも・・・

20100803kamakiri

咲き終わった百合の茎で遊んでいました。
小さき者はみな・・・可愛いですね・・・・



晩御飯
鶏のニンニク醤油やきグラッセ添え 冷ややっこ モロヘイヤお浸し 御飯 味噌汁
201008-3banngohann

鶏もも肉のニンニク焼きは、帰っていてすぐに台所に立たねばいけないような日に便利です。
出かけるときに、鶏肉をビニール袋に入れ醤油と味の素少々で漬けていきます。
帰ったらニンニクをスライスしたフライパンで焼くだけで、手を掛けなかったとは思えないような
美味しさです。
 [ 2010/08/04 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

PEACE BOAT オセアニック号の見学

出かけていました・・・

暑かったので、何回もクーラーのあるところで体を冷やしては、「よし!出陣!」をしていたのですが
横浜はアスファルトの照り返しがひどくすぐに、ヨレヨレでした・・・

世界一周のピース・ボートのパナマの客船、『オセアニック号』が横浜港に停泊し見学会があったのです。
一緒に見学した友人とは久々の再会を喜び、ゆっくり近況をおしゃべりするため港を見渡せるホテルに
宿泊しました。

1日目は

部屋の窓から見えたオセアニック号・・・(二日目に見学です。)
20100730オセアニック号

PEACE BOAT ←クリックでどうぞ

港横浜をクルーズする『ロイヤルウイング』に乗り横浜港をひと巡り、久しぶりに会った女同志の
おしゃべりは果てしない海のよう・・・

ロイヤルウイングのデッキから港横浜を望む

20100730よこはまロイヤルウイング1

(暑くてすでに脳味噌はパンク状態で、カメラを宿に忘れて携帯カメラで当てずっぽう撮り
 光が明るすぎて、携帯カメラでは何が何だか・分からんの。)

夜は中華街に繰りだして食事。夜だってなんのなんのものすごい暑さ・・
20100730中華街入口

二日目は
いざ、見学に行かん・・・

20100731PEACE BOAT

暑いにもかかわらず、沢山の ☆夢見る人たち が見学に訪れていました。

外から見るとそんなに大きな客船とも思えませんでしたが、中に入ると独特な様相が広がり
まるで小さなビレッジ(村)が在るようでした。

小さな部屋に4個のベッドの4人部屋。
この位の広さは欲しいねの、ツインの部屋・・・
シアター、ジム、美容室、食堂、読書室、バー、ビュッフェ、プールなど・・・小さな村さながら。

☆一番お高い部屋 デッキ付き 480万円
1

☆そのデッキからの眺め。。。お高いルームからは救命ボートが近い? と、いう訳でもないでしょうが・・・
PEACE BOAT4

☆レストラン
PEACE BOAT2

☆レストランバー “波へい”船最上階客室より外を望む。最上階デッキにはプールも小さいが2つあった。
PEACE BOAT5

☆廊下
PEACE BOAT6
狭所恐怖症の人には辛いかも・・・

☆ツイン・・・望むならこのくらいのスペースの部屋は欲しいかも・・・
PEACE BOAT7

こんな風で、夢は広がったり、縮まったりと・・・・

20100731PEACE BOAT8 ”

ゆっくり見学はしましたが

友人曰く
「今回のテーマは、 “シップ”に尽きるね。
Friendoshipに・・・Ship・・・、疲れた体にはシップ(湿布)ね・・・・」と、涼しい顔で言う。

私の友人はなんでこう辛口を叩けるバイタリティあふれる人ばかりなのだろう・・・

夏のお出かけは、かなり辛い。
今年の夏はまた特別・・・・ヨレヨレになって帰って来ました。

頭を充分冷やさねば、「湿布などを貼って・・・」と 思っているところです。
また、会おうね。


 [ 2010/08/02 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(13)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索