はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

庭仕事に追われる一日

空模様が崩れる予報で今日一日がよい天気ということでしたので、庭仕事に勤しみました。
金木犀の花の蕾が出来てきていました。雑草もいっぱい。

今年は何時までも暑かったせいか、彼岸花の開花状況が気になるところですが
私の庭でもちらほらと蕾が上がって来ました。

彼岸花(曼珠沙華)
201009彼岸花

が・・・私の以前の彼岸花の記事を見ても、ここ何年かは遅い様子で10月になって咲き揃って
いる年もありました。
ですから私のところでは今年だけが遅いのでは、ということではないのだと思います。

今年は彼岸花の白花の球根も植えてみましたが今年は無理ですね。来春に花は咲くでしょう。

こちらは
コルチカム
201009コルチカム

とても力の強い球根で、初めての時は土にも埋めずに花が咲くというので面白半分で育てたのです。
2年目には地に植えました。少し花も増えてきたでしょうか?
周りを掘り返したりしたものですから、今年は綺麗に咲きませんでしたね。
葉は、花が終わった後に伸びてきます。
花はサフランの花を大きくした感じです。

今日は大ビニール袋一袋の庭のゴミ。
一体何時までこの仕事ができるだろうかと、少し弱気に思いました。



晩御飯
イクラ丼ぶり 焼き鳥とシュウマイは出来合いのもの おすまし汁
201009晩御飯2

鮭の卵でイクラの醤油漬けを作りました。
卵の皮の薄い今が作り時です、寒くなると皮が硬くなって来ます。
お値段の良い時にお正月の分を作ろうと思っています。

追記
イクラの作り方はいろいろありましょうが・・・
イクラの作り方 昨年記事 ←クリックでどうぞ


 [ 2010/09/29 21:53 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

秋になりましたねぇ・・・

望んでいた季節の進み具合ですが、アクセル全開過ぎてついていけませんね。
一週間前は、「たまらない暑さですね~」 今日あたりは「寒くなりましたね~」で
雨も頻りに降っていますが、これまでは一ヶ月も降らなかったので少しは潤って欲しいと
私は思っていますが・・・


出入り口の門のところでメキシカンブッシュセージが、気を利かせて季節に合わすようなに
紫のビロード地の服を着ているような花を咲かせはじめました。

メキシカンブッシュセージ
201009メキシカンブッシュセージ

こちらは
ハナキリン
201009ハナキリン

真夏この花も小さくなって咲いていましたが、最近また、大きく咲きだしました。
この鉢には4種の色のハナキリンが植わっているのですよ。

こちらは暑い間花を休めていた
ダリア・ブラックナイト
201009ダリアブラックナイト

黒味がかった銅葉と鮮やかな黄色の葉とのコントラストが美しいです。
花は春~秋と長いですが真夏は花は途切れます。寄せ植えにもいいですね。

どの花も秋はグンと栄養を溜めこんでまた、秋を楽しませてくれますね・・・



晩御飯
ワンプレーとで・・オムライス ハンバーグと野菜ソテー添え スープ
20100927晩御飯


 [ 2010/09/28 12:48 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

手作りをもっと楽しむために(自己流脱皮のために)

いとも可愛らし過ぎて、恥かしいのですが・・・

☆小さな Welcom ボード
手作り教室1

小さな無地の板に絵を描いたり、塗ったり、貼りつけたり・・・こんなことが結構楽しいのです。

☆ポプリ入れ
手作り教室2 ガラス瓶に絵を描いたのです

自己流の幅がちっとも広がらないので、近くの手作り教室を覗いてみました。

こんなに可愛くて、つい・・・笑ってしまうほど、楽しいのです。

折しも調度来月は、念願のカントリードールを作るのだそうです。ラッキー!
それはとっても楽しみ・・・以前から人形を手作りしてみたいと思っていたからです。
形にとらわれずの、自然な感じの手作り人形を。

習ったら何体もの人形を作ってしまいそうです・・・・


晩御飯
おでん 小松菜おひたし 焼きししゃも 漬物

おでんの季節がやって来ましたね。
急に寒くなり、あわててお布団を厚くしました。
衣替えはまだ、少し先・・・

まずは、貪欲に安らかな眠りを先に・・・


『ありがとう』 の 言葉

先日、家人の薬をもらいに病院に行った時のこと。
受付の前の椅子に座って何気なく人が行きかうのをぼんやりと見ていたのですが

初老の背の高い紳士が、受付嬢の説明に一つひとつ

「一番から呼ばれますので、そうしたら・・・・」

『はい、ありがとう。』

「そして次は・・・5番に回って・・・」

『はい、ありがとう。』と、相づちをうって受け答えしているのが妙に新鮮に聞こえてきたのです。

私なら「はい、分かりました。」 「はい・・・分かりました。」 と答えているだろうなと
想像したのです。

話が終わると、紳士は持っていた帽子をちょこんと自分の頭にのせて1番診察の方へ歩いて行きました。

聞きなれた言葉ですがその時はなぜか、『ありがとう』の言葉がとても暖かいものに感じて聞こえたのです。

ただそれだけのことだったのですが、私もこの次からは『はい、ありがとう 』と言ってみようと
あらためて、そう思いました。


白い葉が美しい夏期のハツユキカズラ

20100922ハツユキカズラ

今日は雨が降り急に涼しくなって、望んでいた時節がお彼岸の日を境にやって来て
“暑さ寒さも彼岸まで”という言葉の正確性に驚いています・・・・
その言葉はまるで、優秀な気象予報士のようでもありますね。



晩御飯
たらこスパゲティ グリンサラダ 鰯のカルパッチョ
20100923晩御飯1

☆鰯のカルパッチョ
20100923晩御飯2

今年は鰯が豊漁のようですね。
新鮮でよく太った鰯でしたので、カルパッチョにしてみました。
☆作り方は
鰯は手で開き刺身にし一尾を6切れ位に切って、水菜を切って引いた皿に広げます。
薬味にケッパ―と大葉、玉ねぎを切って上に飾り、塩とオリーブオイルをさらりと掛けます。

ケッパ―はモルト草の蕾の酢漬けですが、無ければピクルスなどでもよいのでは・・・?
それも無ければ、生姜のみじん切りでもよいかも・・・

 [ 2010/09/24 00:44 ]  生活 | TB(0) | コメント(13)

この頃の はやり本 ですが・・・

本・ニーチェの言葉

小荷物を送るのと一緒に、脇に本も入れました。

この本は昨今の流行りの本らしいのですが、この人が好きそうな本でしたので・・・

送るつもりの本を買ってぱらぱらと読んでいたら、私も読みたくなった・・・・

本の「はじめに」・・・に、訳者のこんな一文が最後にあった。
『ニーチェの哲学は決して難しくない。
 少し読んでみれば、興奮を覚えるだろう。ニーチェの文章が読者を興奮させるのではなく、
 自分の頭で考えるという生々しさに読者が刺激とインスパイアを受けるからだ。
 そこにニーチェの最大の魅力がある。』・・・原文から引用 (※インスパイア=感激させる 鼓舞する)

まったくそのまんま・・・読み始めたわたしの感、そのままだ。
こんな本一冊で秋の夜長を満足いっぱいの時間にできるなんて、本って素晴らしい。

超訳とは、 意訳をさらに推し進め、訳文の正確さを犠牲にしてでも読みやすさ・分かりやすさを優先
させる翻訳法。
優しく噛み砕いて口語調に訳して分かりやすく書き起こしたものと言ってよいだろうか?

以前、柳澤桂子さんの『生きて死ぬ智慧 』をいう本も超訳で「般若心経」の「空」の考え方を
解きほぐして分かりやすく書いた本があったが、無限の宇宙が目の前にグンと広がったのを覚えている。

現代のITに慣れきった頭には、ニーチェの時代の言語の通りでの本では難解すぎるだろうが
これならすらすらと秋の宵を灯火親しむで、足など組みながらぼちぼちと読めるかしれないと
思って・・・・


今日はお彼岸の前日、そして十五夜。
しかし何たる暑さだろうか・・・33度はあったのではないだろうかと思う。
カレンダーを見ればそろそろ10月。お正月もすぐに来そうだ。

庭では、植えた覚えのないトレニアが毎年のごとく惜しむ夏(?)を咲いていく。

201009トレニア

シュウカイドウの花も今年は沢山増えて、物置の前で腕を広げるように咲いていく。

201009シュウカイドウ

この頃には沢山の蕾が上がって来るはずの曼珠沙華だが、今年は一本だけがぽつんと伸びてきたのを
今日見つけました。


昨晩の晩御飯
ローストチキン野菜添え ひじき煮物 味噌汁 ご飯 沢庵 小さなまくわ瓜
20100921晩御飯

 [ 2010/09/22 18:06 ]  | TB(0) | コメント(10)

友人の陶芸展へ行く

秋早々と(今はもう、秋ですよね?)友人から陶芸展のお知らせはがきを頂いて 出かけて来ました。

201009陶芸展3 
                                      湘南台駅より徒歩3分位

201009陶芸展1

201009陶芸展2

友人と以前職場が一緒だった人たちが集まって、陶芸釜を持っている友人宅で月一度 制作した
作品の展覧会です。

陶芸のほか、プリザーブドフラワーやバード・カービングなどの作品もありました。

今年は第4回となっていましたので、8年続いたということでしょうか?

何とも、素晴らしいことですね。
物事続けるっていうことが一番大事かなー

N氏作 “タコオブジェ”(直径15センチ位・勝手に命名)       U氏作 “蝋燭香炉(高さ18センチ位)
20100919陶芸作品1  20100919陶芸作品2

“タコオブジェ”は、私が気にいったもの、遊び心が何とも楽しい。
“蝋燭香炉”は、星型を切りぬくのが綺麗に出来たと自信作だそうな。

↓そしてこちらは、陶芸のほかにバードウオッチングの趣味もあるという男性の作家さんの
バード・カービング。

201009陶芸展5

バルサ材という木を鳥の形に切って、削って、磨いて、色付けして可愛い小鳥の作品になっています。
自分のいろいろな趣味を集約して、形あるものに仕上げるというのは楽しいことでしょうね。

皆さんのリタイア後の生き生きした暮らしも垣間見えました・・・・・


↓作家さんから季節感たっぷりのこんなお土産も、頂いてきてしまいました。

201009陶芸展4

ありがとうございました。



さぁ、芸術の秋とまではいかなくても、創作の秋・・・・
はなこ工房も頑張りましょ。


晩御飯
マグロすきみと烏賊刺し丼 けんちん汁 タコ胡瓜酢 巻サラダ
20100919banngohann

カラーリーフでハートのハンギング

カラーリーフでハート型のハンギングを作ってみました。

カラーリーフハンギング

庭に放ってあったハートのハンギングがもうひとつあったので、その辺りのもので新しく植え替えました。
何とも、色合いが悪いのですが、作ってしまったのですから、しょうがない。

入っているものは、斑入りの十二単(アジュガ)と黄金カズラ(ゴールデンサン)
十二単の方は、根がついていますからすぐにしっかり根付くでしょう。
こんなハンギングは、珍しいかも・・・



晩御飯
焼きさんま 肉じゃが タコ胡瓜酢の物 ご飯 味噌汁 漬物
20100915晩御飯


 [ 2010/09/19 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

萩の花

降っていた雨が上がって、晩にコオロギの鳴く声などが隅のほうから聞こえたりしてくると
昨日には見えなかった“秋”がしみじみとやって来ているんだなぁと感じます。

庭の隅でしなだれて咲く萩の花が満開を迎えました。 

 201009萩の花

今年は9月22日に中秋の名月を迎えます。
お月見に萩の花を添えて。

そして隣の山では、葛の花も満開に咲いています。

201009葛の花

どちらもマメ科で、どちらも秋の七草のひとつ

昨今、私の方ではこの葛が咲き増えて、野山を荒らすとも言われはじめました。
隣の山でも、白梅の木に思い切り覆い被さるように我がもの顔に咲き増えて、蔓などもフェンスを
越えてどんどんと庭に入って来る勢いです。

葛の蔓は、あみ籠を作る蔓にも使えず、荒れている風景はとてもきれいとは言えませんね。


大雨の降る最中に二羽のキジバトが、結実したばかりのタラノキの実を食べにやって来ました。

201009キジバトアニメ画像


流石に大雨の最中でしたので、食べ終わるとすぐに飛び立ちました。
雨をしのげるところへ飛んで行ったのでしょう、何時もつがいでやって来て仲良しです。



晩御飯
刺身 焼き鳥自家製 米茄子素揚げ サラダ ご飯 味噌汁
20100916晩御飯


 [ 2010/09/17 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

ベコニア ドラゴンウイング  箱絵

今年は中々秋には傾かず、食欲の・・読書の・・・芸術の・・・は、今日は街に出てみましたが
近くに来てもいないようすです。

ベコニアの赤い色がなんとも私に、元気をくれている気がします。
やはり赤い色はいいなぁ・・・

20100914ベコニアドラゴンウイング箱絵


ベコニアドラゴンウイング 箱絵作製中

好きだった色
12歳頃・・・紺色
16歳頃・・・緑色
20歳頃・・・赤とか黒とか
25歳頃・・・グレーとかベージュ色とか
35歳~・・・記憶にございません・・
50歳頃・・・赤とか茶系、黒、グレーとか・・・
この頃は・・・なんでもいいから明るい色・・・

着る服の色とは違います、ただ漠然に好きだった色は・・・
この歳になって嫌いではないけれど、紺色とか緑色とかには中々戻れない気がします・・・



晩御飯
鯖の味噌煮 米茄子の素揚げ サツマイモ金平 もろキュウリ ご飯 お汁
20100913晩御飯
 [ 2010/09/16 00:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(6)

ハートカズラの可愛い花

201009ha-tohazura1

ハートカズラは長く伸びた蔓に沢山のハート型の綺麗な模様の葉をつけるとても魅力的な観葉植物です。
南アフリカ東南部原産のつる性常緑多年草で、1~2cmのハート型の葉がつるを挟んで左右に1枚ずつ
等間隔に付きます。
1メートルの長さに下がっています。

ハート型の葉からラブチェーンの別名もありますね。
実はこの鉢で3鉢あり、家の中に入れているものは可愛らしいピンクの斑入りです。
以前、ハートカズラがマイブームの時は、鉢の覆いとして沢山育てたのですが・・・

真夏は直射日光はさけ、明るい光のところでも充分に育っています。
寒さには少し弱く、霜が当たらない軒下か家の中に。

今日こそは、季節は秋に前進しますように!



晩御飯
烏賊フライ 生野菜添え 冷豆腐 冬瓜とベーコンのスープ ご飯
20100912banngohann

お豆腐、おろしワサビで頂いてみました。さっぱりとして美味しかったです。
冬瓜もご馳走さま。スープにしました。
今年は烏賊も不漁だそうで、船は遠くまで出て行って釣って来るのだそうな・・・
夏の烏賊、太って美味しくなりました。





 [ 2010/09/14 00:21 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(11)

ニチニチソウ  箱絵

毎日のように新しい花を咲かせるところからニチニチソウ(日々草)の名前が付けられた
ピンクの可愛らしい色のニチニチソウで、描いてみました。

220912ニチニチ草箱絵

どうってことは無いけれど、描いている風景はこんな風です。

20100907ニチニチソウ箱絵2

夏の間途切れることなく次々と花をつけ、花は2日ほどで散って行くようすです。

天気予報ではこの暑さは今日で下り坂とか。
そんな風になりましたら嬉しいですね。

何事も思い悩むな成るように成る・・・かしらね。


晩御飯
焼肉空芯菜炒め 冷ややっこ トマト ご飯 味噌汁 漬物
20100908banngohann


大賀ハス 摘み取り

夏の間、お休みだったぐうし館でのボラがまた始まりました。

昨日は大賀ハス畑に分け入りて、蓮の葉と実の摘み取り作業でした。

201009蓮田 ぬかるみ

事前に雨が降ろうが槍が降ろうが摘み取り作業はする!と聞いていましたので、それなりの覚悟は
出来ていましたよぉぅ。

前日に台風が過ぎ去り、幸いなことに午前中は曇って涼しかったので『神様のお恵み~』と喜びながら
ぬかぬかの畑に入りましたがこれが重労働で、夏の間なまくら生活をした私にとっては
「はぁ~・・・・・」
田んぼに足は取られ、1時間ぐらいはしたのでしょうか? 堪えましたね。

あぁ、なんでも見えない仕事は大変だっていうことが分かりましたよ。
「暑い~」だとか「疲れた~」とかの言葉の一つも出さずに、自分の仕事に背を出す館生(ここで日ごろ作業している障がいをもつ人たち)に 感心しました。

さて、摘み取ったこの大賀ハスをどうするかって?
この茎から繊維を取り出し糸にして、一枚の布を織りあげて製品にしていくわけです。
この糸から作った製品は一見とてもお高いのですが、それがなぜ高価なお値段のものになるか・・・

こうした見えない仕事のいくつもの積み重ねがあるからなんです。
今日はこれでで終わりましたが、帰ってからどったりしたのは・・・歳のせいだったのかも。

9月11日追記
大賀ハスの茎の繊維から紡いだ糸で織った織物を『ぐうし織』、また茎を苛性ソーダで煮てから取った
糸で織った織物を『茄糸織』といいます。
写真を載せておきます。
クリックでどうぞ→ 大賀ぐうし館ショッピング
             (大賀ハスというところもクリックしてみてね)



↓こちらは夏前につくった“うさぎのお手玉”・・・販売品を手作りで習いました。

201007うさぎお手玉

中には、蓮の実が入っています。
昨年一年かかって吊るし雛を制作したので、これくらいならば軽い作業でしたよ(にっこり)



晩御飯
カレー ナン サラダ ヨーグルト サワーで一杯
20100908晩御飯 

ナンはパン屋さんで買いました。
 [ 2010/09/10 00:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(11)

多肉植物 植え替え

台風9号が、日本を横切るそうでやっとのお湿りにありつけそうです。呑気かな?
もうカラッカラのカラッカラで、雨の音さえどんなだったか忘れてしまったくらいです。

この暑さで多肉たちも大分丈が伸び見苦しくなって来ましたので、新しくハートのハンギングに
植え替えてみました。

出来上がり
 20100906多肉ハート

こんなに暑いと、多肉植物は半日陰に置いた方がいいように思いますがどうなんでしょうね?
思い切り日向に置いたものは、伸びすぎか枯れ気味・・・
好き好きですが私はこじんまりが好きなので、伸びきってしまったものを主にしてハート型ワイヤーバスケットに仕立て直しました。
ワイヤーバスケットも錆びたのが庭に放ってありましたので早速に開始。

作り方は、以前にも書きましたので写真だけで・・・

①型に水苔を敷きつめます。
20100906多肉ハート1

②赤玉土、園芸の土、腐葉土、ピートモス、マグアンプK、根ぐされ防止石をミックスしたものを詰める
20100906多肉ハート2

③多肉いろいろを挿して出来上がり
20100906多肉ハート3

植え込みのコツは、形や色の違うものを隣同士にすると生き生きとした物ができます。

日陰で5~6日休ませた後、水を初めてあげる。
後は普通に飾って育てる。
冬になったら、どんな色に変身するかが楽しみです。この中に冬には真っ赤になるものがあるのですよ。

網目のハンギング(コンテナを吊るしたり壁に掛けたりして、植物を上や横の目線から観賞するガーデニングの手法)って
鉢植えよりもずっと水分の乾燥が早いので、水切れのよいほうがよい多肉植物の植え付けには
向いているのではないかしら?



晩御飯
茹でワンタン 切り昆布煮 大学芋 枝豆 ご飯 味噌汁 沢庵漬け
20100906晩御飯

小エビワンタンの作り方は ↓クリックでどうぞ
おしゃべりクッキング8月31日 →の8月31日の献立にあります。

目先の変わったものは無いかなと、TVでよく料理番組を見ています。


 [ 2010/09/08 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(11)

ベコニア・ドラゴンウイング  

日曜日の「NHK趣味の園芸」を見ていたら、お花屋さんに行きたくなって3店舗回って見てきましたが
お花屋さんもこの暑さはとっても厳しいらしく(当たり前だわね)、お店の花も惨憺たるものでした。
お花もそろそろ端境期にも入るのでしょう・・・

で、こちらは

ベコニア・ドラゴンウイング

  ピンク                           赤   
20100907ベコニアドラゴンウイング


見たことがありませんが、ドラゴンの翼というのはこういう葉の形をしているのでしょうかね。
花も葉も大ぶりなベコニア。耐暑性も強い。冬の寒さ以外はお気楽なくらい丈夫な花のようです。
置くところも日向、日陰とどちらでもよい。

通りがかりに寄ったダリア園で、温室で育てられたベコニア・ドラゴンウイングの2色が
この暑さを忘れるようなみずみずしさでしたので、ありふれた花ですが思わず買って帰りました。

温室育ちで急に陽に当ててしまうのはどうかと思いましたが、結構大丈夫でした。

この暑さ疲れた庭に、青々としたウイングの葉は生き生きとした感じが戻ったような雰囲気です。
大きく育つのでハンギングにして吊るすといいですね。

庭にはベコニアがもう一つ木立ベコニアがありますが、この時期ですのにこれはまだ小さいのです。
木立ベコニアも綺麗ですね、シャワシャワと花が咲いて・・・・

日曜日のTVは木立ベコニアでした。


晩御飯
鯛ご飯 烏賊と野菜の煮物 中華風冷どうふ 清まし汁 漬物
201009鯛ご飯1

いい鯛があったのでこの暑いのに、土鍋で鯛ご飯を炊きました。

201009鯛ご飯2

お焦げも少しできて
鯛は、身をほぐしてご飯に混ぜ貝割れと新生姜の酢漬けを添えて頂きました。

201009鯛ご飯3

お腹を空かせた人には、物珍しさも相まって・・・うまかったそうな。
 [ 2010/09/07 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

オキザリス・トライアングリラス (紫の舞) 箱絵

オキザリス・トライアングリラス(紫の舞)を、桐の箱に描いてみました。

200109トライアングリラス  箱絵

モデルはこちら

  オキザリス・トライアングリラス(紫の舞)
 
20100901オキザリストライアングリラス(紫の舞)
花は薄ピンク色

オキザリスの種類も多いですが、トライアングリラス(紫の舞)は紫色の葉がとても印象的で花が
少なくなる真夏の時期も庭を彩ってくれる貴重な存在です。

球根で花は5月頃から夏の間は咲いますが 花も葉も冬には枯れていきます。

昨日も最高の暑さ・・・
9月に入っても36~7度の気温とは・・113年の記録では最高の猛暑年とか・・の威力に驚くばかり。


晩御飯
焼き鮭 ゴーヤチャンプル トマト ご飯 味噌汁 漬物
 29100904banngohann

コンロンカ(ハンカチの花)

今頃になって、コンロンカ(ハンカチの花)の花記事です。

ウスギコンロンカ
   20100902コンロンカ2名入り

我が家の庭では、再びのコンロンカです。
今年、5~6年経った木があったのですがその木が枯れてしまった後、花屋の店先で又見つけて行ったり
来たりと迷いながらまた買って来てしまいました。

コンロンカにも種類があるようで今年買ったこのコンロンカは以前家にあったものとはちょっと違います。

以前にあったコンロンカは テリハコンロンカ? か ムッセンダ?
半ツル性で 葉の色は美しい光沢のある暗緑色でした。
原産は中国、台湾。

今年のコンロンカは ウスギコンロンカ という種類のもので
木は直立性、葉は普通の?緑です。
原産はスーダン東部ということです。

花も少し違いますが、私の印象では葉の感じが違います。
それに直立とツルではまた、違います。

コンロンカは白い萼片と黄色の花の組み合わせがちょっと変わった姿をしていますので
そんなところが人気なのでしょうね。

葉が元気よく、株の状態がよく育っていてお安かったのです・・・・
花は6月頃から咲きますので今の時期だからお安かったのかもね。

この絵も描けるかな・・・?


晩御飯
ニラレバー 冷ややっこ トマト ご飯 汁物 漬物

地産のトマトは終わり、東北産のトマトになりましたがやはりトマトはそのままで美味しい。
 [ 2010/09/03 16:06 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(11)

夕顔 箱絵

朝から晩まで暑くて必要以外は出かけられず、せっせこと部屋遊びをしています。
たまらない暑さで何ひとつはかどりませんが、絵を描けばなんとか一日が充実した日になったような
得をした気になったりします。

今度は夕顔の箱絵を描いてみました。

20100901夕顔箱絵名入り

箱の横には蕾も描いたのですが写りません。

モデルは、こちら

夕顔
20100829夕顔縁付き写真

夕闇の中からひとつ花を摘んで来ましたが、明るいところでは花はしぼんでいってしまうのか?
描きあがったころには花弁はしおれてしまいました。
陽が沈んでから咲きだすこの花は、蛍光灯の明るいのもお嫌いのよう…

遅くなって咲いてきた夕顔でしたが、ツルの伸び方は逞しくあれよあれよのうちにしっかりとした
ツルにいくつもの蕾をつけて、毎日5~6個の花を咲かせています。

今が旬のようで賑やかに咲いてはいるものの、一日花の儚いこと。

外出してきましたら、どうも頭が薄ら痛いのです。
いつもこんなで、暑いのが苦手です。


晩御飯
鯵塩焼き 茄子と生揚げ煮物 オクラ梅 焼きサザエ 御飯 味噌汁
 「部屋の中に、鈴虫がいる・・・」と、息子が箸を休めます。

「どれどれ・・・」とみんな静かに迷い込んだ鈴虫の声に耳を傾けます・・・・

「リリー・リリー・リリー」

迷い込んだ鈴虫が、「秋はもうすぐだよ。」と一足先に教えてくれたようでもありました。

ねり梅

8月が終わりになっても、うだるような暑さが続く2010年の夏の日本ですね。
私のところでは、35度は当たり前の毎日になってしまいました
30度くらいですと 「おっ、今日は涼しいね!」 になります。

昨年の梅で、『ねり梅』を作りました。
今年は驚異的な連日の暑さで梅は大活躍です。

 208031梅びしお

大きな梅漬けの梅をほんの軽くブレンダ―を掛けてつぶし、種を除いて板状の昆布と混ぜただけですが
昆布のうまみ成分のグルタミンLが梅の味を、一層引きたててくれます。

昔から庶民の万能調味料として愛された梅びしおは、 梅干しをじっくり 火にかけて練って作りますが
今年は暑いので混ぜただけの練り梅に。

醤油に溶いたり、マヨネーズに和えたり、ドレッシングに入れたり、煮付けに溶かしたりと使い道は
たくさんです。
ほんのちょっとでいろいろな食材を引き立ててくれます。

こんな暑い夏には素麺汁にも少し入れて、さっぱりとした汁ができます。


地植えしているあじさいのクレナイが、立ち枯れしてきました。
木の年齢を考えると老木でこの暑さに耐えられなかったのかと、昨今の高齢者の熱中症を思わせるようで
今日明日にでも、急いでひと雨欲しいと切に思いました。

9月1日は、防災の日でしたね。


晩御販飯
きのことベーコンのスパゲティ サラダ トウモロコシ
 20100831banngohann

 [ 2010/09/01 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(10)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索