はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

黒葉ビオラ・ラブラドリカ

世の中にはこんなに小さな可愛らしいビオラもあるのですね。
とっても小さくて可愛いのよ、名前も可愛いね、ラブラドリカ。

先日花屋さんで見つけました。

黒葉ビオラ・ラブラドリカ
230116黒葉ビオラ2

花の大きさは直径1センチも無いと思う。
原産は北米でアメリカの北部の地域からカナダにかけて自生しており、
秋には株も膨らむとありました。

寒さの厳しい地域ほど、葉の色が黒く濃く鮮やかになります。
また、季節の移り変わりと共に、春~初夏グリーンになります。と、ありました。
寒さには-35度にも耐えるとか。かなりの耐寒性があるのですね。


小さな植木鉢に描いてみました。

230116黒葉ビオラ-3

ラブラドリカに 描けたかなー

230116黒葉ビオラ-4

極寒に耐えて小さな花がうつむいていますが、-35度まで耐えられるなんて
「おちびさん、えらいねー」

そんな厳冬の地にこんな可愛らしい植物が生きていると思うだけで、この世はまだまだ青く美しいと
思えます。

春になったら、増えるように大きな鉢に植え替えます・・・



晩御飯
赤魚の麹漬け 小さなコラーゲン鍋 蓮とベーコン炒め ご飯 汁 漬物など
230128晩御飯
 [ 2011/01/31 00:00 ]  絵手紙 絵遊び  | TB(0) | コメント(5)

その後の チャコさん

昨年12月にこの「モリモト チャコ」さんについて書いたのですが,それから大変貌したことがありました。

モルモットのチャコさん(2歳半)
2301ちゃこ1
外で遊ぶチャコさん

以前はゲージの外へ出てくることはない・・・・と書きましたが
昨年12月15日のこと、ぴょんとゲージの外へ出るという大冒険をしたのです。

2301ちゃこ2
マッサージチェア下のセカンドハウス 

それからというもの、鍵が開いていればいつも外で暮らすようになり
出たいときは、ゲージの扉をガチガチと噛むのです。

この子はいくらかの言葉も分かりヒトの2才ぐらい脳みそはあるのでは…?と思ったりします。
話があるときは(「おはよう」とか「私にもご飯」とか)ピィピィと鳴いて、私たちに呼びかけてくることもあり
とてもフレンドリーです。
(ウサギはこちらへは呼びかけすることは、しないとか・・・)

外に出ればオイタもするようになり「こらっ~!」の声に反応して、自分のゲージへ
飛び込むこともあります。

息子1よ、ちゃんと元気だからいつも電話口で「チャコさんは、どうしてる?」って聞かないで
大丈夫だからね。
「ポク・ポク・ポク・・・」と言いながら、部屋の中を散歩していますよ。



晩御飯
とろろ蕎麦 フルーツヨーグルト
2301そば晩御飯
 [ 2011/01/30 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(12)

生姜ジャム

生姜ジャムを作ってみました。

230128生姜ジャム

1キロの生姜(小袋6個)
砂糖1キロ
レモン絞り汁  1個分

生姜は洗って皮ごとすりおろし、砂糖、レモン汁も加えて、ひたすら煮るだけ。
20分ぐらい煮ただろうか。

砂糖は6割ぐらいで抑えたかったが、生姜のからさに押されて生姜と同量入れる羽目になったが
味は、よかった。

こんなに沢山に出来あがるとは思わなかった。
寒い時には、紅茶にも、ミルクティにも入れて楽しめそうだ。

生姜は体を温め消化を助け、新陳作用にも喉にも風邪予防にもよいと聞く。

面白かったので
「使える 生姜」 ←クリックでどうぞ


晩御飯
いなり寿司 ポトフ こんにゃく味噌 きんぴら きゅうりネギのピリ辛
230127晩御飯


 
 [ 2011/01/28 17:49 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(12)

スノードロップ (待雪草) 他・・・

今日は花を・・・・

暮の押し迫ったころ、待雪草が年内の内から咲いてきたと書きましたが
どうもそれもずっと咲き進み、丈は小さいですがいくつもの花が咲いてスノードロップらしくなってきました。

内側の花弁の先端にポツンと緑色の斑も出てきましたので、本格的。
暖かくなったらぐんと丈を伸ばしていくでしょう。

スノードロップ(待雪草)
230127スノードロップ

アダムとイブが楽園を追われたとき、天使がイブを慰めるために降る雪に息を吹きかけたところ
その雪の落ちたところから咲いたという伝説がありますね。
私は、若い時に何度も観た「森は生きている」のミュージカルに出てくる待雪草が
頭に浮かぶ花です。


レウィシア
230127レウィシア

レウィシアは北アメリカの高原地帯が原産といいますが、戸外で育てられる寒さに強い植物です。
3月末の頃には驚くほどの満開の花束になるでしょう・・・
沢山の蕾を持っています。一年中戸外で育ちこれも3年目ぐらいたったものでしょうか。
この花の色も多いですね。

ヒナソウ(白と薄紫)
230127ヒナソウ 230127古参のヒナソウ


1cm前後のかわいらしい花を上向きに咲かせます。
和風な草姿も感じますが、原産は北アメリカ東部。
非常に繊細な感じを受ける草姿ですが、外で強く丈夫という印象です。
一番右は古参のヒナソウ・・・こんもりと茂っていきますね。


家の中では

セントポーリア(トモコ)
230127セントポーリア

ほったらかし風に育てるのがいいみたい。
出窓に置いた我が家で2年目の苗です。

花キリン
230127花キリン

この鉢には5色の花キリンが植わっています。
冬の間も葉も落とさず、よく咲いています。
大輪の花キリンは、葉のすべてを落としてただ今休眠中です。

まだまだ寒く、花には少し遠いですね。



晩御飯
鱈ムニエル 肉じゃが みそ汁 ご飯 漬物
230126晩御飯


 [ 2011/01/27 13:26 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

ウッディドール

ドールの本を見ていたら、ボディの部分が木で出来ている「ウッディドール」という人形がありました。

それがこれというものと同じかどうだか分かりませんが、ボディの部分は薄い合板で出来ているものを
利用して「吊り下げ人形の三姉妹」を作ってみました。

230123B・ドール1

230123B・ドール2

230123B・ドール3

230123B・ドール4

人形部分は約30センチです。
人形に着せる服や髪の色の毛糸選びやアレンジが作っていて楽しいです。

おりしも先日は母の命日でした。
母もこんなものは大好きだったなぁ・・・と、思いを巡らせながら手を動かします。
元気でいたなら見せてあげたかったなぁ・・・と、思いながら縫い上げました。

お天気なら妹と待ち合わせて、お墓参りに行こうと思っています。


晩御飯
刺身 白菜と肉のおばんざい 湯豆腐 ご飯 汁
230123晩御飯
 [ 2011/01/23 14:45 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(14)

プリムラ・シネンシスの花

大ぶりの花を咲かせるプリムラ・シネンシスの花も随分と上がってきました。
この花も珍しく花の咲き始めはいつもより早く、昨年暮れでした。

20110119プリムラ・シネンシス

冬の今の時期に花を咲かせる花は少なくて、この時を迎えるために、夏の時も大事に育てている
プリムラ・シネンシスの花です。

葉の裏側は赤い色味をしています。
どうも実用上は一年草の扱いの花のようですが、私の庭では3年目の株です。
夏の暑さには強くないですがそんなに気難しい花ではなく、3年も育って30センチ鉢の大株に
なったのですから 強い花ではないかと思います。

凍えるような寒空の下、雪の色をまとった桜のような花を咲かせるので「雪桜」という名で
流通していることもあるようです。
花が大きな雲南サクラソウの近縁種です。
ピンクもあるようですが白がいいですね・・・・

今朝、クリスマスローズの花がどうなっているか見に行きましたら、
蕾が上がってそろそろ咲き始めるのがありました。 来週ぐらいに咲き始めるかも。

230120クリスマスローズの蕾

今年のクリスマスローズは早い。
マンサクの花もヒマラヤユキノシタも追い抜いて先に咲いてくるなんて。

また今日は、電車の中から満開になった白梅の木を見つけて驚きました。



晩御飯
中華丼 スープ スティックサラダ
20110120晩御飯

スティックの野菜には、柚子胡椒マヨネーズを添えて。
 [ 2011/01/21 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

アンドロシンビュウム

大寒に入り寒さも一層の厳しさを迎えましたが庭では少しづつですが、冬の花が開き始めてきました。

今日はアンドロシンビュウムのあまり見慣れない花です。

230119アンドロシンビューム1

2枚の桃色かかった包葉の中に、多数の白っぽい花を付ける。

230119アンドロシンビューム2

昨年から球根で育て始めましたが、夏の間の咲き終った管理がよく分からず秋になってから、
植えかえた時には球根が5個から2個に減ってしまいました。

多分丈夫な花と思いますので、来年はもう少し増やして育てたいと思います。

アンドロシンビューム
アンドロシンビュウム. ユリ科 球茎を持つ多年草 草丈 12~15cm
原生地 南アフリカの湿潤な砂漠に自生すると伝えられる。
ラン科の植物のも間違える風貌を持つ。

花期は 1~2月。5~20℃が生育適温。

育て方は・・秋植え。
夏の間は休眠するので水を切って涼しいところで管理する。
鉢ごと乾燥させ、毎年植替えが必要である。

 と、ネット検索であった。

大ぶりで蘭のごとく、絵になる花かも・・・・
葉のひろがり方はチューリップそっくり。


晩御飯
カキフライ・キャベツ添え 水菜と湯豆腐 ご飯 味噌汁 
230119晩御飯

牡蠣は今が旬。
 [ 2011/01/19 22:32 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

寒乾し ソフト乾し烏賊

北の地方から船内冷凍のスルメイカを送っていただきました。
ご近所に分けても、我が家の冷凍庫はいっぱいでしたので・・・寒干しすることにしました。

2211030烏賊干物

3日乾したらソフトな乾しスルメイカになりました。

寒に入り、乾す食品は一年中で一番奇麗に仕上がります。
素人がやっても寒の今は、玄人がやったように出来上がるのが嬉しいですよ。
乾きも早いしお陽さまが当たっても、気温が低いので腐敗の心配なく仕上がっていきます。

乾した烏賊は、かき揚げにも焼きそばにも使えるし便利です。

今日のところは言うまでもなく、一杯するときの美味しいご馳走になりました。



晩御飯
もつ煮 鮪のやまかけ 白菜漬け ご飯 かき玉汁  乾しイカ焼き
烏賊干物おつまみ

まったく一杯飲み屋さんの献立になりました・・・・

 [ 2011/01/18 11:06 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(13)

一歩前進・・・

とうとうこの場所に、筆が勝手にやってきました・・・・

230115ペーパーホルダー

これでやっと、近いいつかは○○の蓋にも描けそうな気がしてきました・・・・

モデルさんは、こちらのビオラ・・・

230116ビオラ

いくら耐寒性があると言っても、この北風は半端じゃない。
昼間お陽さまがあたっていても、一晩のうちに鉢土も凍りついてお昼過ぎても溶けてこない。
「あなた、がまん強いね~。」と、言いわけをしてつい室内に取り込んでしまったおちびなすみれもある。

いったん室内に入れて育ててしまったものは、ある程度の春までは室内で面倒を見てやらなくては
ならなくなる。
将来庭の一員にしようと思うなら、植物にとっては多分よくない・・・・



晩御飯
水菜のぺペロンチーノ  トマトとチーズのサラダ  カツオカルパッチョ  スープ
230115晩御飯


今度はナチュラルな小さな鉢に・・・

今度は
変わり咲きビオラ「ミッキー」をナチュラルな小さな植木鉢に描いてみました。

230112鉢ビオラー1

絵が一周しています。

230112鉢ビオラー2

絵のモデルはこちら

230112ビオラ・ミッキー

その後小鉢は、2000年前のハーブといわれるスウィート・ヴァイオレットを植え込みました。

230114スウィート・ヴァイオレット

スウィート・ヴァイオレットは古代ギリシアの人々に愛され、薬用や香料の原料として用いられ
花は砂糖漬けにしてケーキなどのお菓子の飾りに、葉からは香料成分を抽出したと言われています。
多々スミレと言ったらならば、この花を指すらしい。

夫が定年後、食事の後の片づけは三度三度夫がやってくれる。
他にやってくれるものは、ほぼ毎日のゴミ出し、ペットの世話、自分の洗濯物のたたみなど・・・
リタイア後は、いろいろん修繕やちょっとした日曜大工も上手にこなしてくれます。

てなもんで…私は朝食後、しようと思えばすぐにこのお遊びに行けるのです。
リタイア生活です。

夫リタイアで一番変わったことは、朝寝坊と将来の終わり方を考えるようになったことです。
今は暇人のような生活ですが、夫の現役時代はそれこそ真っ暗なうちから起き出し、朝ごはん、駅まで
送りとそれはそれは慌しい生活の連続でしたのよ。



晩御飯
パプリカの肉詰め ミネストローネ実沢山スープ モズクきゅうり ご飯 佃煮など
230113晩御飯

いつものピーマンの肉詰めをパプリカ小ぶりのものに詰めました。
オーブン200度で20分焼きましたが、肉はジューシー、パプリカは生に近い。
フライパンで焼くよりずっと、さっぱりしていました。

千両 の 箱絵

暮からの年末~正月モードからやっと、自分のペースの生活に戻ってきました。
あれこれと空いた時間に、趣味を楽しんでします。

今日は、切り花にした千両を箱絵に描いてみました。

230112千両・箱絵

桐箱は、湯飲み茶わんが入っていた空き箱で大きさは 11×10×9センチでした。
俄然、遊びの歯車が回り出しました。



晩御飯
煮カレイ 湯豆腐 レンソウお浸し ご飯 味噌汁 常備菜
230111晩御飯

シクラメン(白) 箱絵

流石、寒に入り寒さもひとしお・・・
庭では、パンジーさえも縮こまり薄氷が張る毎日です。

最近のシクラメンはよく香ります。
そんなシクラメンの白い花を、箱絵に描いてみました。

230110シクラメン・白 箱絵1

桐箱の大きさは、12.5×17.5×5.5センチ

230110シクラメン・白 箱絵2・・・ 側面

モデルは、こちら・・・

230110シクラメン・白 箱絵モデル

陽は少しづつ伸びてきたように思いますが、一日が終わっていくのが早いこと。


11日は鏡開き。鏡餅を見てみたら、うまくひびが入っていて手で割れました。
今朝ごはんにお汁粉を頂きました。

230111鏡開き




昨晩の晩御飯
おでん
230110晩御飯

黒豆みつまめ

お正月の黒豆を使って、「黒豆みつまめ」のおやつを作りました。

230108黒豆蜜豆

いつものエンドウ豆を黒豆に変えただけですが、なにか新鮮・・・
黒豆の煮汁も入れて足りなかったら黒蜜もそえて。
上にアイスクリームといちごものせました。



晩御飯
ちらし寿司 春巻き かぶらずし お清汁
230108晩御飯ー1

1月のこの時期は、おせちの残りでこれまたリフォーム晩御飯。
小さなお刺身だけを買い足して。
春巻きは、かぶらずしの友人とおしゃべりをしながら二人で手つくり・・・半分頂いて帰りました。
思いかけなくご馳走晩御飯になりました。

頂いた ↓かぶらすし
230108晩御飯ー2

炊いたご飯と麹をまぜて、それに下処理をした(間にこの友人は鮭を挟んでいました)蕪を漬けこんで
発酵させて作っていました。
なかなか美味しかったのですが、麹の発酵が慣れない私には作るのは難しそう・・・
奇麗に出来ていました。

 [ 2011/01/09 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(10)

小さなプレゼント

「あなたにかぶら寿司をあげたいから、明日来て~」とお声がかかった。
料理上手な友人の手作りらしい。

「何にも要らないから、来て~」と言われたが、散歩の途中で明るいお花を買った。
花のポットを外して、夕方鉢に簡単に寄せ植えた。

230107手土産1

お正月が終わって、お腹は一杯だが・・・

230107寄せ植え

お花はいつでも一杯ということは無い。特に今の時期は尚更に。
小さな寄せ植えは、少し後まで楽しめて軽い余韻も残るからちょっとしたプレゼントに私は好き。
殺風景な冬のテラスがこの一鉢でぱっと明るくなった。



朝御飯
七草粥
230101-朝ごはん・七草粥

今日は朝からとても寒かった。昨晩からの冷たい風にお粥の湯気が暖かい。
二つの種類しか入っていない七草粥。 草餅も小さくちぎって入れた。
それでもいいの、今年も無病息災を祈って・・・・

 [ 2011/01/07 17:43 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(12)

描き初め (アンスリュウムの箱絵)

今年の描き初めの箱絵です。

今の時期に季節感が無いのが残念ですが、いつか描きたいと思っていたアンスリュウムの写真からの
模写です。

アンスリュウムの箱絵
230106アンスリュウム箱絵

ブック型の桐箱(15×11×6センチ)ですが、写真ではちょっと分かりませんね。
この箱は開閉部分にマグネットがついていて、画用紙の代わりにむかし100均一で買いました。
100均一ものとは思えません。

サプリメントの薬入れにします。



晩御飯
鰆塩焼き 根菜煮物 ホウレンソウお浸し ご飯 味噌汁 キムチ
230105晩御飯


日本水仙 紅梅 の花

早いもので、三が日は過ぎて平常の生活になりました。

今日は、近くと言っても少し離れた神社に初もうで。
9226歩、5キロの歩き初めになりました。

庭へ下りると早、紅梅の花が一輪だけ花開いていました。早いですね。
香り高い日本水仙も咲いてきていました。これは例年並みでしょうか。

日本水仙
230103日本水仙

紅梅の花
紅梅230103

新たな年明けに“めぐる季節”を感じます。

行くものあり・・・来るものありで・・・季節は美しくめぐり年月も知らぬ間にめぐっていきますね。


晩御飯
蟹鍋
230103晩御飯

お正月の胃疲れで、食休みがしたいところでお鍋だけ。


 [ 2011/01/04 16:53 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

新年にやってきた鳥たち

隣の山や庭の餌台に小鳥たちがかなりやってくるようになりました。
時によっては、乱舞いか! と思うくらい奥の畑の方にも飛び交っていてなかなかいい風景です。
どの写真も、居間から撮りました。お正月から無精しています。

昨年末と1日に撮った写真をアニメ加工にしてみましたが、見ていると目が回りますのでご注意です。
(上手に写真を撮ったり、加工がうまかったりすれば目は回らないかも。)

メジロ
230101-1-1野鳥

目の周りが白くて、鶯色の可愛い小鳥です。
みかんやリンゴが好物かな?

アオジ
230101-2yatyou/aozi

しめったところに住んでいるとか・・・
土の上の何かをついばんでいます。昨年も同じあたりで見かけました。

コジュケイ
230101-3kozyukei

3羽写っています
フェンスのすぐ向こうの左手の藪にどうも、住処があるような気がします。
よくチョットコ~イと鳴いていますし、毎年フェンスの向こう辺りを数羽で歩いています。

シジュウカ
230101-4sizyuukara

ヒマワリの種をさっとつまんでさっと、飛び立ちます。その早いこと…
よく見ると木の枝に飛んでいきそこで足で種を抑えて、口ばしで突っ突いて殻を割っています。
胸に黒いネクタイのような羽柄があるお品のよい鳥ですね。
今のところ、餌台に来る鳥の中で一番に多い鳥かな。

ヒヨドリ
230101-5hiyodori

ヒヨドリはいたずらが過ぎますので、私のところでは嫌われ者になっています。

ツグミ
230101-6野鳥・ツグミ

畑の水溜のバケツです。多くの鳥がやってきては水浴びなどもしているのですが、遠くてここが限界です。
この奥が広くなだらかな斜面の畑が広がっています。
奥の方ではオナガの群れが飛び交っているのが見えます。

私は“エナガ”というふわふわしたかわいい小鳥がやってこないかなと、待っているところです。

今年は近くの公園にも出かけて、いろいろな鳥の写真を撮ってみようと思っています。


元旦を迎えて
230101元旦ー1

お節は取り寄せ物、作ったものは煮しめ、雑煮、煮豚、紅白なますや松前漬けぐらいでした。
 [ 2011/01/03 00:00 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | コメント(8)

新年 明けましておめでとうございます

新年 明けましておめでとうございます。

 23年賀状ー223年賀状ー1

 22元旦千両

庭も新しい年を迎えました。

新年にむけて、ターシャ・テューダーさんの言葉が思い浮かびます。

『どんな生活も自分次第で、工夫に満ちた楽しい暮らしになるのよ。』
(楽しみは 創りだせるもの・・・)

私たちの暮らしは今、どの世代も大変な時を迎えていると思います。
そんなこんなではありますが、幸せは自分次第で手に入れられるという先人の言葉を
そばに置きながら
毎日の生活の中に、自分なりの小さな幸せを見つける暮らしをしていきたいものだと思います。

皆さまにとっても どうぞよい年明けでありますように・・・・


今年も どうぞよろしくお願いいたします。


 [ 2011/01/01 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(17)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索