はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

年越しの 本

今年もあと2日を残すだけになりました。
年末はラジオを聞きながら、台所仕事をするのが好きです。
ラジオはリアルでアットタイムだからでしょうか、放送からは年末の街の空気や
それぞれの家庭の今を感じられます。

大掃除も、最後は夫が活躍してくれるので大助かりで
おかげ様で大抵のことは、つじつま合わせがうまく出来るようになりました。

年越しの家事仕事から解放されたら、暖かな陽が入る部屋で思う存分本を読みたいと思っています。

年越しの本は

201112本

植西 聰 著 の 「折れない心をつくる たったひとつの習慣」は、ほとんど読み終わりました。
いい本でした。
多分この手の本が好きな縫物ボランティアで一緒のKさんに、来年この本を回そう・・・・


忘れることが出来ない2011年も終リますね。
わたしのブログも今年はこれにて、お開きにします。

今年一年もおいで下さり、有難うございました。
来年もどうぞ宜しゅう、ごひいきにして下さいませ~。

皆さまどうぞ、よい年をお迎えくださいね。



晩御飯
鰆の塩焼き 茶わん蒸し ブロッコリーとトマト 常備菜 
20111229晩御飯

今流行りの「麹塩」を作り、塩として使っています。
焼き魚にこうじ塩をぬって、一晩置き焼いてみました。
ただの塩よりまろやかな感じがします。

麹塩の作り方と効用 参考 ←クリックでどうぞ

 [ 2011/12/29 20:29 ]  | TB(0) | CM(-)

お餅つき  しました。

毎年末の行事です。

ご老体の餅つき機で、一日がかりでお正月のお餅つきを終えました。

20111227餅つき

今年は、草餅とシードミックスが入ったカラフル餅も作ってみましたが、干しエビの方がよかったかな。
お餅などつくと、いよいよ師走も末・・・・



晩御飯
しゃぶしゃぶおなべ 残り物
20111227晩御飯

やっと風邪引きさんもよくなり、食欲ももどって平常に戻りました。
よくなるのを待つのって、長いですね・・・・

 [ 2011/12/27 23:14 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(15)

♪Merry Chistmas!

♪Merry Chistmas!

201112人形

♪A Happy Merry Chistmas!!


息子2から、クリスマスメールが来る。
添付写真は手作りしたケーキだという。
家族が「お~!」とか「へぇ~」とか言うが、ひとりで作ったのではないでしょ?たぶんね~。

20111223ぷーちゃん作ケーキ

煙突から顔を出しているサンタさんが、母にはぷーちゃん(息子2の幼いころの愛称)に見えます。
どちらにしても、風邪をひいていなくてよかったこと。
クリスマス休日を楽しんでいますね。一安心しました。

追加でこんな写真も来ました。
おお、母顔負け~

20111224ぷうのクリスマス

趣味は料理らしい。



晩御飯
毎年同じ、クリスマスメニュウ
20111224晩御飯

ロールケーキは美味しい市販品。
息子1が風邪引きで、ドリンクは無し。
お可哀そうに残念ながらこの人は、直る暇なく次の風邪を引く。

 [ 2011/12/24 21:38 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(10)

名残の バラ

クリスマス寒波がやってきているのでしょうか。
1月明けてからの寒さになっています。
気になっていた年賀状も書きあげて、やっと、年末のつじつま合わせができました・・・

庭には何も花が咲いていないと思っていたのですが、名残惜しそうにバラの花が咲いていました。

201112冬のばら

テディベア(サーモンピンク)、友禅(黄)、フォーエバー(ピンク)。
テディベア(サーモンピンク)、友禅(黄)は古株です。ピンクのフォーエバーは最近のものです。

花の名前はなんとも、つぼを得た名前が付いていること。
寒気になごりのバラがきれいです。

香りのよい日本水仙も12月初めから咲いて来ていました。
今年は少し早いかな。

201112日本水仙

この花は母を思い出す花です。

庭に咲く花は新鮮で愛着があり、絵でも描こうかな・・・という気になります。

今年もあと、何日もありません・・・・


晩御飯
 21日シーフードカレー サラダ パン      22日 揚げシュウマイ カボチャいとこ煮 ハムマリネ など
20111220晩御飯 20111222晩御飯

クロワッサン、温め直したらこげてしまいましたね。      22日は冬至。
パンは発酵胚芽パン(市販品)


 [ 2011/12/22 13:30 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

手作り いろいろ・・・

今年が終わるにあたって、手作りの物の写真を整理しています。

♪眼鏡ケース1 (無地のプラスチックの眼鏡ケースに絵を描きました)
眼鏡ケース1
白色ストレプトカーパス・ピンク・パンジー3種

♪眼鏡ケース2
眼鏡ケース2
ピーターラビット・椿・雪の結晶

ピーターラビットは模写です。

♪印鑑ケース
印鑑ケース

♪手描きいろいろ(ジャムの瓶・ハンドソープ入れ・眼鏡スタンド・クリスマスオーナメント)
手描きいろいろ

♪ブックカバー(フェルト手芸)
ブックカバー

ブックカバーの裏はこんなです。
布地も、パッチワーク状に何枚かの布で作っています。可愛いでしょ。
2011ブックカバー裏面  これは教室で作りました。

人形もいくつか作ったのですがそれはまた、後日。

ひとりで自分の好きなことをしていると、心の中はプラスのエネルギーでいっぱいになります。
また頑張ろうという気が、自然にわいてくるのです。

寸暇を惜しんで、遊びました。
また来年も・・・・ いっぱい、いっぱい遊びます。

今日は今年最後の教室へこれから出かけてきます。



晩御飯
かき揚げ メバチ鮪 蕗煮物 玄米 お汁 白菜漬けもの炒め
20111216晩御飯

かき揚げは大根おろしとお醤油で。
 [ 2011/12/20 09:37 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(11)

庭の パンジーとビオラ

冬の間、庭には地植えの花がありません。
パンジーとビオラが長いこと咲いていく寒い季節です。 

 
201112パンジービオラ
この花のお陰でどんなに寒い季節が明るくなることか・・・

あの地には、お花はあるだろうか・・・
隙間風をガムテープでふさいだあの住宅には・・・と、思いつつ
今日の日は、平安であれと祈ります。



晩御飯
焼き魚 野菜炒め 実沢山汁 玄米 白菜漬け 花豆煮(市販品) 残り物 
20111215banngohann

美味しい干物を頂き焼き魚が続きます。
 [ 2011/12/18 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(12)

12月の里山花ハイキング

12月も中盤になって気ぜわしくなってきましたがもうひとつ、里山花ハイキングへ
『座間谷戸山公園』を、すっかり色付いた雑木林の公園の植物を観察しながら楽しんで来ました。

公園からの丹沢山麓の見晴らしと、紅葉。
左の山は、先日登って来た大山。中央の鉄塔はアメリカ軍の座間キャンプ地あたり。

20111213座間谷戸山公園

雑木林の植物が厳しい冬を前に、秋の終わりの姿を見せていました。
歩いたのは約15000歩。 植物を観察しながら歩くのは、日陰は日中でも寒い日でした。
人影も少ない公園で幸い、もう一度今年の紅葉を見ることも出来て、満足でした。

★観察記録(小田急線座間駅~座間谷戸山公園)徒歩

☆ヒヨドリジョウゴ
20111213ヒヨドリジョウゴ

猛毒。ヒヨドリが好んで食べるというところから、この名が付いたらしい。本当のところは・・・?
葉が朝顔の葉の形に似る。葉っぱに触ってみると、ふわふわっとした感触。毛が生えている。
ナス科。

☆キズタ
20111213キズタ

キズタはツル性なんですね。
見上げるほどの大きな木で、ちょっとつる性とは見えません。

☆ネズミモチ
20111213ネズミモチ

黒い実。果実がネズミの糞に、葉がモチノキに似ていることから付いたとされる。
公園などでよく見かけるが花は白い房状のきれいな花。

☆ナツツタ
20111213ナツツタ

近所の家の塀にもからんでよく見ますが、『ナツツタ』と言う名前だったのですね。

☆シオデ
20111213シオデ

cf.赤い実がなるサルトルイバラに対して、黒い実がなるシオデ。ツル性
木の実が出来ているところが見たかったです。残念ながら実は付いていませんでした。

☆クサギ
20111213クサギ

家のすぐ隣の山にもこの木がありましたっけ・・・

☆ハダカホウズキ
20111213ハダカホウズキ

見た感じが、ほうずきの袋が無い、実だけの姿に似ている。

☆月桂樹
20111213月桂樹

白い花が咲くのだろうか・・・?

☆センダン
20111213センダン(黄色い実)

5~6月頃に淡紫色の5弁の花を多数つけアゲハ蝶がよく来るようだ。
大きな木でした。

☆アレチウリ
20111213アレチウリ

日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。


☆サンシュユ
201112サンシュユ

赤い実からアキサンゴとも呼ばれる。
実は食べられる。 漢方薬に使われているよう。
花は早春、葉より先に黄色い花が咲く。昔我が家にもあったが整理となった木。

☆オギ
20111213オギ

オギはススキにとてもよく似ています。
多分大抵の人はこれを“ススキ”と呼んでいるに違いない。(と、思う)

オギ ←ススキとの違いが分かります。
ススキは株立ちで咲き、オギの根は地下径で伸びるので、株元を見てもわかるかも。

☆キブシ
20111213キブシ

実もすっかり落ちて・・・

春の頃に、これらの植物の花も見てみたいと思います。
そうすれば、な~んだ、あの花かぁ・・・と繋がるでしょうから。

イヌビワの実を食べてみました。
イヌビワは、小さなイチジクそっくりでお味も種のぷつぷつまでもよく似ていました。
イヌビワコバチという虫と共生するのでよく中には虫がいるそうですが・・・
講師の先生が「食べてみる?」と聞くのですが大抵「食べてみます。」と答えるのは私だけです。

イヌビワ ←クリックでどうぞ

葉は、黄色く黄葉して綺麗でした。


観察した植物
ヒヨドリジョウゴ、アカメガシラ、ミズキ、アラカシ、シラカシ、キズタ,ネズミモチ、竹、ムクノキ、
ナツツタ、ヤブツバキ、オカメササ、シオデ、センダン、クサギ、クマノミズキ、サンシュウ、ハナミズキ、
ナツメ、バショウグサ、シロダモ、センダングサ、アレチウリ、クコノミ、カムイグラ、クリスマスホーリー、
センダン、クサバウンラン、ゲッケイジュ、イヌツゲ、カラスザンショウ、キブシ、キツネササゲ、アカシデ、オギ、ススキ、ムラサキケマン、クマシデ、ニワトコ、ハダカホウズキ、ヤブニッケ、クロモジ、ハナイカダ、イヌビワ、リョウメンシダ、イヌザンショウ、ダイコンソウ、イノコズチ、ウグイスカグラ、カクレミノ・・・・など

次回1月は、菜の花の咲く「吾妻山」を歩きます。
晴れれば富士山も勇壮な姿が見られる場所です。
年が明ければ、あれよあれよとすぐに花の季節になりますね。



晩御飯
いつもと違うおでん ほうれん草お浸し スズキの刺身 白菜漬け 玄米
20111214banngohann


クリスマスリースを作る

午後の陽が行ってしまわない内に庭に出て、クリスマス・リースを作りました。

今年買った材料は、サルトリイバラ(山帰来)の枝だけ。
後は、手持ちの物を使って。どんな風に作ろうか・・・

201112クリスマスリース1

サルトリイバラをリースの枝の台に巻き付けただけでも、雰囲気は出てきました。

201112クリスマスリース2

なるべく自然のもので・・・
散歩で採って来た、へくそかずらの実もこの時ばかりは大事に使います・・・
これで完成。

201112クリスマスリース3

ドアに飾ります。

201112クリスマスリース4

リースの丸いのは永遠を表わし、クリスマスカラーの赤は血の色と愛と寛大さを
緑は永遠の命を、白は純潔を表わしたのでしたよね。

私は永遠に続く、平凡な日常や、周りの人たちの愛、そして永遠に続く世界の平和を
ちょっぴり祈りながら作ってみました。


晩御飯
トマトソースのペンネ サラダ はんぺんのスープ 果物
20111213晩御飯
 [ 2011/12/14 16:39 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(13)

ウォーキング ばんざ~い

今年の私の成果はなんといっても、ウォーキングが習慣になったことでしょうか。

ウォーキングで見る冬の鳥がとても多くなりました。
朝早くですと、ねぐら(多分、川の近くの雑木林なのか?)からやってくるこれらの鳥が
朝の餌を川に求めてお出ましで、目の前を群れでゆうゆうと飛んでいくのです。

アオサギ

201112ウオーキング1

シロサギ

201112ウオーキング2

カワセミ

201112ウオーキング3

仲良しの皆さん

201112ウオーキング4

他にも色々な鳥が見られます。鵜、鴨、シロサギや・・・etc

今年の6月から歩き始めましたが、体重は減るし、体力が付いたのは分かるし、
なんと言っても気持ちが前向きになり、動きも気持ちも軽くなったという感じがします。
一日を有意義に過ごせるような気がします。

「歩くということは、人間のDNAに組み込まれた動き。
歩き続けることは究極の健康法であり、生き方に変化を起こします・・・」と、読んだことがあるが
まさにその通りと思う。

スポーツが得意ではない私が今年は、里山歩きやウォーキングを生活の中で楽しむこまでになるとは
今まで考えてもみなかったことです。
里山歩きでは、自然の植物の観察するという分野にも興味を持つようにもなりました。

歳を重ねるということは、老いるということだけではなく
円熟とか、熟年とかいう言葉のように、人間何時になっても成長に繋げることができるのだという
小さな自信にもなりました。

歩くことはいいことずくめです。
ウォーキング、ばんざい。


晩御飯
アボガドのブタ肉巻フライ 野菜添え 金平牛蒡 白菜漬け 煮豆 ご飯 味噌汁
20111212晩御飯

アボガドを豚肉、海苔で巻いてフライ衣をつけて油で揚げると、牡蠣フライのような味になると
TVでやっていて
牡蠣フライ好きな人からのリクエストがでました。

「うん、うん、うん・・・・まぁ、そんな味に近いかな?」 うふふ・・・

 [ 2011/12/12 01:39 ]  生活 | TB(0) | コメント(12)

多肉植物の紅葉 3

今日は紅葉の話ではないので、付録の記事になります。

多肉の葉ざしです。

↓写真上は『朧月』。

『月美人』(↓写真右下)は花が咲いたとき、花が重たくて重たくて、何回も鉢が倒れました。
倒れる度に、葉っぱがこぼれましたが、その葉っぱを土の上に置いてあげると、根が出て芽が出て
それを新しく鉢に収めてあげると、一人前の『月美人』に成長して行きます。

『高砂の翁』(↓写真左下)の葉っぱ一枚からも同じようにして、根が生えてきました。

写真の物は夏の終わりごろ、こぼれてしまった葉を土に置いてみました。
どれも3カ月ぐらい、経っているでしょうか。

201112多肉の葉ざし

殖やし方は、この他にも多肉の茎からも新しい子が生まれます。

多肉植物はそんなに手もかからず、案外に丈夫です。(水やりも適当、肥料もほとんどいらないなど)
夏は青々と、冬には楽しい紅葉と、殖やし方も簡単で大量に増えていきます。
姿はどれも愛らしく、寄せ植えにすると仲間とよく調和して、時期がくればまた
可愛らしい花を咲かせていきます。

いつの間にか私のところでも、大家族になりました。

作日は早朝にみぞれになって、寒い一日になり、今朝は一面の降霜と初氷が張りました。

2011初氷

今月も早中盤、気は焦りますが、掃除もこれからとのんきに暮らしています。
年賀状も、そろそろやめたいなと思いつつ気のりせず手つかずで
絵遊びばかりで、いいのかな?年の瀬。



晩御飯
☆タラのホイル焼き 茄子の味噌炒め 玄米 味噌汁 蕪の即席漬け 常備菜 
☆焼きサケ 小松菜とがんものさっと煮 ヒジキサラダ 即席漬け 玄米ご飯 味噌汁
20111207晩御飯 20111209晩御飯

作った燻製で、一杯のワイン。
 [ 2011/12/10 09:38 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(10)

多肉植物の紅葉 2

初秋の強風で何回も鉢が倒れて、多肉たちも鉢ごとひっくり返りかなり傷みましましたが
秋の終わりのころには、みな元気を取り戻しました。

多肉たちは寒さにあたって、ますます元気です。
が、中にはもともとに紅葉しないものもあります。

201112多肉紅葉1

多肉の中には寒さに強いものもあれば、弱いものもあります。
私のところでは1月に入ってからの寒さには、南側の軒下らしきところでも
多くのものは外では耐えられないです。

201112多肉紅葉2

昨日と今日載せたものの内半分は部屋の中へ、他は外の南側軒下のようなところやビニールハウスで
冬越しです。

↓は、置いてあるところが北向きで、日に当たらずほとんど紅葉していません。
多肉の紅葉は、寒さにも当たり、なおかつ、おひさまにも当たるというメリハリのある環境がいいのです。

201112多肉紅葉3

吊るし鉢のものも花が咲き、よく成長しています。

201112多肉紅葉4

こぼれた葉っぱのひとつづつから、また、ひとつの多肉が育っています。
寒さに向かってもなお、花が咲きそうなものもあります。

次回で「多肉の紅葉」は最後になります。



晩御飯
牡蠣フライ 切り干し煮 玄米 味噌汁 白菜漬け
201112牡蠣フライ晩御飯

 [ 2011/12/08 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)

多肉植物の紅葉1

寒さにあたり、多肉植物たちが美しい色に紅葉してきました。
どんな色に?と聞かれたとしても、言葉に言い表せないような色合いもあります。

今日は大きな寄せ植えのものを選んで、のせて見ました。

♪ハート形のワイヤーバスケット

2011多肉紅葉1

♪O型のワイヤーバスケット

2011多肉紅葉5

♪白磁の鉢に

2011多肉紅葉8

♪古いカゴに2鉢入っています。

2011多肉紅葉6

♪吊り下げのワイヤーバスケットの 表と裏

2011多肉紅葉3

2011多肉紅葉4

♪鉢から溢れて鉢が見えません。 左下シュウレイが本当はもっともっとオレンジ色になるのですが・・・

201112多肉

♪いろいろ、入っています。

201112多肉9

と、思えば、こんな可愛い人もいるのです。
小さくたってちゃんと、この寒さを感じて反応する可愛らしさがたまりません。

2011多肉紅葉7

じっと見ていると、静かにして、足を踏み入れてはいけないような場所のような気さえしてきます。

まだまだ単独植えのものも沢山あリますが、どれもそれぞれに今が一番色が美しい時。
そちらは次回に続く・・・

夏色の多肉植物 ←興味のある方は夏色との違いを見てみてくださいネ。クリックでどうぞ。
夏色に比べたら、冬の方がずっと賑やかで素敵でしょう?!



晩御飯
ポトフ 玄米ご飯 白菜漬けもの 金平やお豆の常備食    
20111005晩御飯 

ポトフは、ほとんどが野菜で。肉はカレー用の牛もも肉。白ワインとブイヨンキューブで味付け。

ハンバーグと野菜 漬けもの 常備のもの 
20111207晩御飯

ハンバーグは、3年ぶりぐらいに作ったかも。
ソースは赤ワインとケチャップ、ウスターソースで作ったものです。

 [ 2011/12/07 17:17 ]  多肉質な植物 | TB(0) | CM(-)

赤い実

赤い実は豊かで、 鳥たちの収穫祭のようです。

201111赤い実

千両、万両、南天、万年青、クリスマスホーリー

全部鳥たちが食べて行ったらその後、今度は庭にみかんやヒマワリの種を置いた鳥の餌台を置いて
野鳥たちがやって来る姿を楽しみます。


3日間の雨がやっと上がったので、庭の冬支度をしました。
枯れて黄色くなったホスタ(ギボウシ)の葉を片づけるともう、来春の新しい芽が出て来ていました

植物のどこもここも、ちゃんと次の準備がつつがなく回っていることに、今更ながら感心します。

多肉植物たちも寒さにあたって、いい色に色つきました。
小さな花が咲いているものも、蕾を持っているものもあります。
半分くらい、家の中に取り込みました。



最近の晩御飯
20111204頃の晩御飯


 [ 2011/12/04 22:34 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

“けむり工房” 再び・・・

燻製は何年か前に、リンゴの木箱を使って“けむり工房”と名前をつけてやっていた時もあり
ましたが
この度はお時間のある夫にすべてを任せ、再び“けむり工房”の復活となりました。

2011けむり工房1

どこの家の夫君もそうらしいのですが、男の人はやるとなると研究熱心にやるようになるようです。
ご近所でも畑を始めて2年目になったお宅のご主人様の野菜の出来栄えの素晴らしいこと!

こんなになったら、口は出さずただお任せするに食べる方へ回って、「ほう~素晴らしい出来栄え!!」と
褒めたたえるのがよろしいようです・・・・

今日は、鶏の手羽先や豚もも肉、チーズ、蒲鉾などを燻製にかけていました。

2011けむり工房3 2011けむり工房4

急に「今晩は、燻製で晩御飯がいい。」となりましたが・・・○×▽△ZZZzz・・・

2011けむり工房2

日本で燻製というものが食生活に浸透して行かないことの原因は
主食であるご飯(お米)との相性が今ひとつということもあるようです。
最近は随分洋食化してきましたが、いかがでしょうね?

我が家ではやはり和食が一番としていますので・・・・これからの展望はいかに・・というところです。

チーズは早速暖かいうちに、いつもべっぴん野菜を頂くご近所へおすそ分けに差しあげました。
チーズはほぼいつも、失敗無く美味しく出来上がるのです。



晩御飯
簡単混ぜ寿司 燻製いろいろ ほうれん草お浸しシラスのせ 白菜漬け 大根と手羽先の煮物 ビールで

20111130晩御飯

いいんじゃない、お味・・・

 [ 2011/12/03 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(14)

大山寺の素晴らしい紅葉

丹沢大山国定公園にある大山は都心からも近く、気軽に山歩きを楽しめる山として人気の山です。
江戸時代には信仰の山として庶民の人気を集め、近くの江の島と並んで庶民の身近な観光地でもありました。

今日は大山へはケーブルで登り、阿夫利神社下社へ
ここからはまだ上方へ登れば、阿夫利神社本社、大山山頂とあるのですが、時間の都合で
大山寺の紅葉がこの日は「今日は最高の日だよ。」とケーブルの車掌さんが仰るように、大山寺の紅葉を楽しんできました。

ケーブルと 阿夫利神社下社

20111127大山3

大山は別名「雨降山」と呼ばれて、水の神、山の神、海の神、大漁の神として2200年も前から多くの
人々に信仰されてきました。

この日は日曜日でお天気もよろしかったので、大変に混雑していました。

大山寺前の山景の紅葉の紅葉が素晴らしかったです。

20111127大山4

20111127大山5

20111127大山2

大山寺の紅葉を堪能した後は、今度はケーブルには乗らず、歩いて女坂を下山しましたが
下山時間は2時間あったでしょうか?
女坂とは言え、とても高い階段続きで、内心「山を甘く見ていたな・・・」と反省した次第です。

うまく降りなければ(転びでもしたら)、先を歩く人に迷惑がかかることは必至で
もう、写真など撮る余裕はありません。

やっと下山近くの、十一面観世像のひとつが笑顔で迎えてくれたのにはほっといたしました。

20111127大山6

ケーブル駅の昇り口からバス停までは、懐かしい昭和の風情漂うお店が並びます。(こま参道)
お土産を探したり、茶店なども、名物の豆腐料理のお店なども並んでいます。

20111127大山1

やっと下りてきましたら、転落事故があったようで、消防自動車が止まっていました。
大丈夫だったのでしょうか?

大雄山最乗寺と大山の素晴らしい紅葉を楽しむ旅は今年最後の旅になりました。
帰りの車窓からは、山頂に雪がかかった日本一の富士山もきれいに見えました。

20111127大山7

こうして一日旅から帰った翌日は夫も私も、ものすごい筋肉痛になっていて、2日間ウオーキングが出来ませんでした。
3日目のやっと午後になって「歩いて来るかな・・・」で、歩いた時はなぜか軽々足が運び
また頑張ろう・・・の気持ちになりました。

 [ 2011/12/01 02:13 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(18)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索