はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

はじめての「ハープの演奏会」

近くでハーブの演奏会があるからと、tomikoさんが誘ってくれ、一緒に聞きに出かけました。

20120129ハープ演奏会

ハープの演奏会は初めてです。

一見馴染みの遠い楽器のせいか、どんなだろうと思いましたが
音色はコロコロと心地よく、ゆっくりと静かにオルゴールを聞いているようでした。

そのはず、ハープの音色は病気をも癒すと言われて「癒しの楽器」とも言われているとか。
一見難しい楽器のように見えるハープですが、弦の並び方はドレミファソラシドと
音階そのままで、楽譜が読めなくてもハープが弾けるのはどうもこのシンプルな構造にあるようでした。

小学生くらいの子供たちも聞きに来ていて、ちょっと体験してみようという場面もあって
何か軽々と即、♪きらきら星を弾いていました。

讃美歌アメイジング・グレイスやジュピター、故郷の曲が心に響きました・・・・・
音色に癒されてうとうととしそうな午後の時間でした。

tomikoさんにも約2カ月ぶりに会えて、なにか元気が出ました。
ありがとう。


晩御飯

鶏のお鍋でした。


今日は、先日降った雪が道路脇の日陰に残っていて、その上を走って来る強い風が
とても冷たくてとても寒い日でした。

地震も群発して最近では毎日のように体感されて、気持ちが悪いのですが
こんなに地震について報道されても、なにか心構えがきちんとしてなくて困ったものですが
今晩からはベットの側に厚い上着を用意しておこうと思っています。

こんなサイトがありました。
地震情報 ←最新の地震情報・クリックでどうぞ

 [ 2012/01/29 21:04 ]  生活 | TB(0) | コメント(13)

父の旅立ち

18日未明、父が亡くなりました。
高齢でとても元気で頑張って暮らしていましたが、あっという間に、母のいるところへ旅立って
しまいました。

母が生きていた頃は本当に仲の良い夫婦でしたから、3年前の母が亡くなったとほぼ同じ日に、
同じ年齢でこの世を去っていきました。(母の方が3歳年上でした。)
95歳でした。

都内のお寺に眠ることになります。

20110122お寺


お別れの納棺に、手紙と絵手紙、しばらく会っていなかった私の家族の写真、そして
お風呂が大好きだった父に、沐浴剤をひとつ納棺のひつぎに添えました。

突然の旅立ちでしたが、お葬式の日まで一週間の時間がありましたので
親不幸をどうやって詫びようと思いましたが、その時間のお陰で、自分なりに心の整理を
形ばかりですが、あれこれとすることが出来ました。

親不幸だった娘からの思いが、届くことを祈って描いた絵手紙です。

お別れ絵手紙

色々な思いを言葉にするのは難しいですが、親子ですから心の奥では父もきっと分かってくれていると思います。


先に逝ったお母さんが迎えに来てたでしょう?
お母さんに会えたでしょう、お父さん?

わたしもそちらにいった時は真っ先に会いに行きますからね。

それまでは天から、今まで通りに私達を見守っていてくださいね。

最期のお別れになりましたが、わたしが生きている限り両親は、
私が父母を思う時には目の前にすぐ現われてくれる「永遠の命」なっていきました。

ありがとう、お父さん。
安らかに眠ってくださいね。


 [ 2012/01/26 21:53 ]  | TB(0) | コメント(22)

しばらく お休みします

20120118葉ぼたん

身内に不幸がありました。
しばらくの間、お休みします。

コメントも頂きっぱなしで、ごめんなさい。

また、落ち着きましたら再開いたします。
 [ 2012/01/18 22:11 ]  生活 | TB(-) | CM(-)

今度は 木のさじに・・・絵

何でもやり始めるのは少しばかりエネルギーが要りますが、やり始めれば坂道を下っていくような
物です。

今度は、木のさじに絵を描いてみました。

20120116木のスプーン
スパテラ カレースプーンくらいのスプーン 土鍋使いぐらいのスプーン

この木のさじも中々取りかかれず、描こうと思ってから3カ月もたったかも・・・・・
細いところに描くのが大変で、出来上がってみたらなんだか分からない花になっているのもあります。
おお、楽し~、次に何に描こうかな?

お昼には久しぶりに(5~6年もやっていなかったかも)ピザを焼いてみました。
ボラ仲間のkeiさんのブログで、わたしpiza再燃・・・

20120116お昼ごはん  20120116piza

具は家にあった残り物ばかり(ベーコンやアンチョビの残りなど)2枚焼けました。まぁまぁ上出来かな~

今日のお昼は一人でしたので、庭のクリスマスホーリーの木にやって来たヒヨドリ君を
眺めながらのお昼です。
この人も、お昼ご飯を食べているところですかね?

20120116クリスマスホーリーとヒヨドリ

実は1000個以上付いていると思いますが、これはヒヨドリ君の好物です。
家にやって来る他の鳥は、食べないかも。

午前中には、往復7キロ歩いてダイソーに行ってきました。
我ながら、こんなに歩けるようになるとは思ってもいませんでしたが、歩くのは
次への目標へのトレーニングです。


昨日の晩御飯
鯵のたたき がんもどきと山菜煮 山芋おろし 玄米 はんぺん清まし汁 常備菜
20120115晩御飯

手描き 2点

陽の長さも長くなり、昼間の時間が長いのは春を思わせて嬉しいのですが
流石に年を明けてからの寒さは、厳しいです。

陽が西に傾くとすぐに寒くなってしまいます。
ひと歩きした後の午後、久しぶりに絵を描きました。

★透明眼鏡ケースにジョウビタキの絵を。
201201・ジョウビタキ眼鏡ケース

写真を見ながら描いています。

201201・ジョウビタキ眼鏡ケース2

私の庭にはまだこの鳥は見かけていませんが、ジョウビタキの♀を。可愛い鳥です。

そしてこちらは
★テラコッタ(直径10センチ)に。
201201テラコッタ絵1

ぐる~りと一周に花を描いています。

20120104テラコッタ・絵2

↓こちらがモデルの寄せ植えです。

テラコッタ絵のモデル寄せ植え

出来はどうあれ、私にとっては充実した暇つぶしの楽しい時間です。


晩御飯
ポトフ 鰯の刺身 煮豆
20120113晩御飯1 20120113晩御飯2

このところ寒いので、毎日でもお鍋が嬉しいですね。

1月の里山花ウォーク 「菜の花の咲く 吾妻山を歩く」

菜の花と富士山の吾妻山を里山花の会でウォークしました。
最寄りの駅、小田急線・秦野駅前からは、晴れていれば富士山の大パノラマが見られる予定でしたが
あいにく少し陰った日でしたので、残念ながら富士山は見られませんでした。

駅からバスで30分も乗ったところ(二宮)から、歩き始めます。
↓こちらは吾妻山の山頂。ここでも残念ながら富士山は見られずでしたが、菜の花は見時を迎えて
14日からは菜の花まつりも開催されます。

20120110・里山花・吾妻山1

頂上までの300段の階段わきには、水仙の花が咲き乱れます。
あたり一面、香りでいっぱいです。

20120110・里山花・吾妻山2

水仙はもともと海辺の近くの植物のようですが、暖かいせいか満開は少し過ぎていましたがお見事でした。
スイセンは↓この3種が咲いていました。

ニホンスイセン 八重咲のスイセン ペーパーホワイト でしょうか?

20120110・里山花・吾妻山3

八重咲の方が香りが強いと言っていましたが・・・・・
ペーパーホワイトだけは他の水仙とはちょっと青臭いような、違った香りです。
八重の花は一重の花のおしべが変形したものと聞きましたが、これもまた初めて聞いたことでした。

クロガネモチの実。(公園や街路樹など身近なところで見かけることの多いモチノキの木)

20120110・里山花・吾妻山4

海に面した暖かい土地のせいでしょうか、マユミの木も葉が完全に落ち切っていません。

20120110・里山花・吾妻山5

降りてくる途中、シダの類がたくさん生えていました。

↓これは私は初めて見たコモチシダ。
胞子で増えるのではなく、葉の上に子供が出来てそれが落ちて根を張っていくそうです。
環境の悪い崖などに多く生えるそうです。

20120110・里山花・吾妻山6

山から下りきったところに、ミカン園がありました。
「袋いっぱい¥100。自分でもいでね~。」の掛け声に誘われて急きょ、ミカン狩りをします。

20120110・里山花・吾妻山7

「もっと入れていいよ。」と、サービス満点なみかん畑主さん。
「でも、もう入らんワ・・・」30個ぐらいも入ったかも!

“藤中”という品種の美味しい温州の無農薬みかんでした。
このあたりの湯河原で開発された品種のようでした。

冬の里山の木々も花も、特徴的な葉や花が無いので冬山の植物の判別は私には、難しいと思いました。

来月は、早春の曽我梅林を訪ねます。
その時は是非富士山の見えるよい日に恵まれますように・・・・


今日出会った植物の記録 
クロガネモチ バラン ヤブツバキ レンギョウ ヒメウズ ニホンスイセン イヌビワ ヤブニッケ
アオキ ロウバイ ツルグミ アセビ ハリギリ マユミ ヒイラギナンテン キブシ カラスザンショウ
ベニシダ コウヤボウキ コブシ ビナンカズラ コナラ コマユミ ヤブコウジ コモチシダ etc.



晩御飯
スパゲティ・ボンゴレ サラダ 根菜のミネストローネスープ
201201スバゲティ・ボンゴレ


鏡開き

1月11日、鏡開きの日の朝ごはんです。

2012鏡開き

何時も朝ごはんに、その年の七草粥や鏡開きをしています。
昨日私は一日外出していましたので、今日の鏡開きを忘れないようにストーブに小豆鍋をかけて
出かけましたので
帰った頃にはよい加減に、豆が柔らかくなっていました。

鏡開きは、正月のお供え餅を包丁ではなく手や木つちで割って、小豆汁に入れます。
一年の家庭円満や無病息災を祈る習わしです。

七草粥や鏡開きと、ひとつひとつ正月の気分が普段の生活に戻っていきます。
後は15日に小豆粥が終わると、すっかりとお正月が明ける感じになります。

ひょっとして今時、こんなことはしないというご家庭の方が多いのではないでしょうか?
ふと、そう思いました・・・・
行事と遊ぶことは、生活に遊びが入るようで楽しいのですが・・・・


日本文化いろは辞典 ←鏡開き・参考に


昨日の晩御飯
カツカレー サラダ スープ
20120110晩御飯

 [ 2012/01/11 09:42 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(10)

我が町の七福神めぐり

新しい年初めに、町田市観光コンベンション協会主催の『原町田七福神ウォーキング』に
参加しました。

↓は、ウォークラリースタンプです。

原町田・七福神

『原町田七福神』は、2008年に市制50周年を記念して町田市の原町田地区内に
福徳の神「七福神」を祭祀し、地区内の各所に七福神の石像が設置されました。

いつも通っている町なのに「こんなところに神社があった。」
「こんなところに七福神の石像があったとは知らなかった・・・」と、新しい発見もしました。

出発は、
①宗保院  布袋尊が祭られていました。

宗保院・布袋尊

布袋様は、家庭円満の神。
ここで、短い時間の座禅体験もしました。
座禅はひたすら自分の呼吸に集中して、静かに深く自分と向き合うことのようですが
こんな考えも空っぽにすることのようです・・・

②町田天満宮 恵比寿神

町田天満宮・恵比寿神

恵比寿様は商業、漁業、会場の守り神。
町田では一番大きな神社でしょうね。
毎月1日のは、骨董市も開かれます。

③勝楽寺 寿老人

勝楽寺・寿老人

寿老人は不老長寿の神。
建物は新しいお寺ですが、お寺の建造物は耐震性を充分考えられた建物ののようでした。
私は建物の下に耐震性を施したものを初めて見ました。

④浄運寺・毘沙門天

浄運寺・毘沙門天

毘沙門天は福寿増長の神。
街の繁華街の中にあります。

⑤母智丘神社・弁財天

母智丘神社・弁財天

弁財天は、芸術財福の神。
駅からは少し離れた、とても静かな神社でした。
すぐ裏は、芹が谷公園。

⑥商工会議所・福禄寿

町田商工会議所・福禄寿

福禄寿は財宝守護の神。
商工会議所の写真はありませんが、ここに拠点を置いているそうです。

⑦カリヨン広場・大黒天

カリヨン広場・大黒天 

大黒天は五穀豊穣の神。
小田急線町田駅前広場にからくり時計があるカリヨン広場があります。
そこの大きな木の下に大黒様の石像が建っていましたが、これも今までさっぱり気が付きませんでした。

昭和8年開業の和菓子店・中野屋さんの和菓子。「七福神」をお土産に買いました。

中野屋さんの銘菓・七福神

ご店主さんが、1860年の頃の写真を私達に見せてくださいました。

中野屋さんの1860年ごろの写真

この写真は、1860年に横浜開港により来日したイギリス人写真家が撮った写真でこのお店の前が
写っています。

歩いた距離は2キロほど、座禅も含めて3時間弱でした。

どうぞ今年は穏やかな年でありますように・・・・と願って歩いた「七福神めぐり」でした。


晩御飯
海老の奉書揚げ サラダ コハダの酢の物 茎ワカメの炒めもの かぶら漬け 玄米ご飯 味噌汁
20120106晩御飯

フェルト人形

動物のフェルト人形を一番初めに作った時、「これには、ハマらないようにしよう・・・」と、思ったのですが
人の人形を作り始めたら、面白くってハマってしまったみたい。

20120104フェルト人形

大きさは10センチ~8センチ。

どうやら私は“人”の人形を作るというところに、ハマっていくみたいだ。

↓は、フェルト手芸の原毛を染めてあるもの。一見、綿のようです。
これを、特殊な針を使って挿していくと、この人形が出来上がります。

20120104フェルト原毛

1時間半ぐらいでひとつ、出来上がります。
ちょっとした時間を見つけて挿すともう、出来上がり。
「これを毎日作ったら、一年で365体出来上がるというわけか・・・・
 ふむ・・・これが積み上げると言うことだな。」と・・・・変な納得しました。


晩御飯
焼きシシャモ 里芋の唐揚げ 切干大根煮 玄米ご飯 味噌汁 白菜漬け 常備菜
20111230晩御飯

追記里芋の唐揚げの作り方は
里芋を洗い、皮のまま電子レンジでチンをする。(100Gならば、600Wで2分くらいかな?)
皮を手でつるんと剥いて、から揚げ粉を水少々でときそれに絡ませて油で揚げます。

コジュケイ

元旦の朝にフェンスの向こうのお隣の山(畑になっている)に、コジュケイが元気に遊んでいました。
ちょっと離れているので、私のカメラではこれが精いっぱい。 きれいな鳥です。

20120101コジュケイ

4羽は見かけたのですが、一緒のところは写真には撮れず・・・多分近くに、巣があるのです。
何かを追いかけて、結構な早さで走っているときもあってちょっとびっくり。
「結構早い速度で走るのね・・・」
庭の餌台にも野鳥がやって来出しました。冬の間の楽しみになります。


凍りついている庭にも、ヘクソカズラのリースをプレゼントしました。

201201ヘクソカズラのリース


晩御飯
おでん 手作り燻製  など
20120101晩御飯

息子2が帰省し、好物だったおでんをしました。
昼間には兄弟ふたりで近くの神社に参拝に出かけました。

若い人を食べ物で釣って、今年はもう一晩泊ってくれることになりました。
隣の町に美味しい中華店を見つけたので、みんなでそこでお昼をすることにしたのです。
夫が「北京ダックを食べさせる。」と、頑張っています。

食べるだけの3が日になりそうで、新年早々、体重増加が怖いです~


 [ 2012/01/02 00:00 ]  居間から見る鳥 | TB(0) | コメント(14)

新しい年に

新しい年が始まりました。

忘れようとも忘れられない2011年が私達に強く印象つけた多くには
辛い出来事も多くありましたが

今年はぜひとも 『難が転ずる年』になりますように・・・と、願いを込めて
庭の南天を家の中にも飾りました。

20111231nannten 南天

20120101元旦室礼


皆さまにもどうぞ、穏やかなよい一年になりますように
今年も よろしくお願いいたします。



追記
新年の朝
20120101元旦
 [ 2012/01/01 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(12)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索