はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ヒューケラ ミスティックミスト

ティアレラ・ミスティックミストの可愛いらしい花がわんさかと咲いてきました。

201204ツボサンゴ

ヒューケラ(ツボサンゴ)とティアレラは近縁種ですが、大まかにヒューケラといって園芸店に並んでいることが多いです。
カラーリーフは綺麗です。種類も多く、ヒューケラだけの寄せ植えもとても綺麗です。
確か同じ鉢には4種類のカラーリーフのヒューケラが植えてあります。

20120428ツボサンゴ2  20120428ツボサンゴ3

一年中、このアーチの下に置いていますが、ここは半日陰でもなく半日陽が当たっていく明るい場所です。

ヒューケラは寒さに強く日陰の花ですが、私のところでは地植えにすると、消えて行ってしまうものですから
昨年から鉢うえにしました。
昨年より花数も花の大きさも今年の方が断然よいです。
他のヒューケラの花もあとから咲いてくるでしょう。

裏側の陽のあたりにくいところでは
♪ホスタ(ギボウシ) が勢いよく葉を伸ばしています。

201204ギボウシ1

201204ギボウシ2

陽の当たりの少ないところで、ジエビネがこれもわんさと花を持ちあげてきました。


友人に昨年末に頂いた、カモミール(ハーブ)も花が咲きだし始めました。

201204カモミールの花

小さな一鉢でしたが大きくなりました。
とても繁殖力が強いそうです。
一年草ですから、花を摘んでカモミールティにしてみようかしら。

この時期、近くの公園に出向く車で街道が渋滞します。
買い物に出るにも、行きも帰りもこの渋滞に巻き込まれます。午後になると解消するのですが・・・
家の周りはハイキングやウォーキングを楽しむ人たちが多く歩いています。
連休のお天気が続くといいのですが・・・・


晩御飯
麹塩の蒸し豚 筍と鶏の煮物 大根サラダ ご飯 味噌汁 即席漬け
20120429晩御飯

 [ 2012/04/30 00:31 ]  花 と庭 | TB(0) | CM(-)

グランドカバーの植物

狭い庭にグランドカバーも何もあったもんではないですが、雑草が生えてくるのを
いくらかは防げるかと思い、庭のカバーに植えている植物たちも春をを迎えて大きくなってきました。

私に庭では一番は、これでしょうね。

♪リシマニア・オーレア
20120428リシマキア

私はこのレモンイエローの鮮やかな色が明るくて好きです。
初夏には、黄色い花も咲きます。秋には少し小豆色かかって紅葉するところもあります。
冬には枯れはしませんが、小さくなります。
香りはしませんが、レモンライムの香りさえして来そうです。
日陰にも強くて、日陰が明るく見えます。。

グランドカバーにした初めは、寄せ植えしたものを地植えにしたひと株からでした。

この頃お気に入りの
♪グレゴマ
20120428guregoma

ヨーロッパ原産の常緑多年草で、はうように伸びていき、長さ1mにもなります。
冬にも強くてグランドカバーにはリシマキア同様に最適と思われますが、増えすぎに注意のようです。
今、ラベンダー色の小さな花が咲いています。
吊り鉢で育てても可愛いかもしれません。

クローバーの種類の
♪ティント・ルージュ
20120428ティント・ルージュ

♪ティント・ネーロ
20120428テイント・ネーロ

どちらも花は、シロツメクサの花と同じようでしたね。

♪アジュガ(十二単)
20120428azyuga

♪ツルニチニチソウ
201204ツルニチニチソウ

花の時期ですがまだ咲いて来ていません。藤色のお花が咲きます。

他にはベロニカ・オックスフォードブルーなどがあちらこちらに。
今日、ベロニカは、挿し芽をしてみました。

♪マンネングサ
201204マンネングサ

とても強健な植物で、名前の通り一年中この色をしています。
花は黄色の花が咲きますが、私のところではめったにみません。
確か昔、友人が持ってきたと思う植物です。

庭もあっという間に、草でおおわれてきました。

20120428庭


急に暑くなり、あれこれと家事に大忙しいの一日でした。


 [ 2012/04/28 22:17 ]  花 と庭 | TB(0) | CM(-)

再度挑戦の植物

珍しく雨が2日間、続いています。
暑かったり、寒かったりだから気をつけないとね。
パンジーがこの雨で、終わっていくのもあるかも。

春早くに今年庭にやって来た植物がふたつ、やっとしっかりとしてきました。

これは、最近はとてもポピラーになった

♪フランネルフラワー(オーストラリア原産)

20120425フランネルフラワー やっとしっかりしてきました。

この花、いい感じの花なのですが過去に何度も育てを失敗しています。
終わった花柄を摘んであげると通年よく咲くとあったのも魅力的ですが、過去3~4回も失敗した花です。
少し厳しく育てようと水やりは、ぎりぎりまでしっかり乾いてからやっていますが・・・。
以前には、箱絵のモデルにもしましたっけ。

花の感じも葉の感じも手触りも、もやもやっとしてフランネルそのもの・・・
今度こそ、少し長く育ててみたいです。

こちらは、ハーブの♪サントリナ
20120425サントリア(ハーブ)

新しい葉が長~く伸びてきました。
銀白色の美しい葉がクリスマスを思わせるような感じです。
以前には地植えでも育て黄色い菊のような花も咲きましたが、いつの間にかやせ細って消えてしまいました。
香りは菊のようなにおいかなー。(地中海沿岸原産)

あまり大きくならないようですが、今は30センチくらいです。
どちらも夏の管理に問題があるかも。


いよいよ大型連休に入りますが人混みが苦手なので、家の周りで過ごします。


晩御飯
26日 ゴーヤチャンプル 焼椎茸 新玉サラダ 水菜と揚げのさっと煮 ご飯 味噌汁
27日 マスカルポーネスパゲティ サラダ コーンスープ オリーブ漬け
20120426晩御飯 20120427晩御飯

マスカルポーネスパゲティは、トマトソースにクリームチーズを加えたソースです。
 [ 2012/04/27 21:56 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

風変わりな新芽

春のもえぎの美しい木があります。

ひとつは
♪黄金シモツケ・レインボー(シモツケ・レインボーカラーとも、ゴールドマウンドともいう)
 シモツケレインボウカラー

葉そのものもカラフルで美しいのですが、根元を見ると、透明感のある真っ赤な新芽が出ていました。
木というものは、緑とか茶色と思いきや、新芽がこんな色をしているものがあるのですね。
この木は、昔挿し芽でつけたのです。

6月頃にピンク色の花が咲くころになると、カラフルな葉もすっかりと緑色になるのです。
何か、不思議な身のこなしです。

もうひとつ
♪ハクロニシキ
201204ハクロニシキ1

こちらの木のほうは、春の出始めの葉の色はなんとも、白色かかった薄いピンク色です。
これも夏になって行くと、若緑になって行きます。

どちらの木も、人間の女の人の色香を連想するような新芽の色です。
春という時が特別な色合いというのもなにか、印象深いものがあります。


今日は他に
八重の♪ヤマブキも咲いてきました。 目にしみるような鮮やかさです。

201204山吹

白い山吹の種を蒔いたのですが、全然出てくる気配がありません。これからなのか?
白い一重の山吹も、とても素敵ですね・・・・

♪ブルーベリーの可愛い花も咲きだしました。

201204ブルーベリー




晩御飯
海老フライ サラダ ワラビのお浸し ピクルス 沢庵 胡瓜の蕗味噌添え ご飯 味噌汁
20120425晩御飯

ワラビの下ごしらえは、意外と簡単なんです。
洗ったワラビをボールの中へ入れて上から、重層をぱらぱらと適量を振りかけて熱湯を上から
かけて一晩おくだけで、アクも感じないように美味しくなります。

歯ごたえがサクサクして美味しい春の味です。
 [ 2012/04/26 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

カラフルなビタミンカラーのピクルス

市販のピクルスもかなり綺麗なカラフルなピクルスでしたが、再度買いに行ったときに無かったので
自分で作ることにしました。

こんな綺麗なビタミンカラー。

20120424ピクルス

COOKPAD → レンジで簡単ピクルス でお借りしたレシピで
市販ピクルスよりツンと来ない優しいお味に出来上がりました。

あれこれ冷蔵庫の中の野菜を切ったら、レシピの2倍の量が出来ました。
酢の分量は2倍に、レンジでチンの時間はそのままで。

私は新鮮なシイタケも焼いて入れてみました。
キャベツも入れたかったのですが・・・・

こんなカラフルな野菜たちが手に入る時代だなんて、なんともいい時代ですね。


パンジービオラが満開。そろそろ終わって行きます・・・・

2012ぱんじー

一緒に植えたカレンジュラ(冬知らず)も今になってとても元気がいいです。
長い間咲いてくれました。



晩御飯
焼き鳥 野菜ソテー 芽カブポン酢 ご飯 味噌汁 いちご 即席漬け
20120424晩御飯

焼き鳥にした鶏モモ肉は、麹塩、ニンニク、チリのソースで下味しました。
麹塩、肉がとても柔らかくなります。

味噌汁は筍と鮭缶。(鯖缶が無かったので)
美味しい味噌汁ひとつ、覚えました。

 [ 2012/04/25 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(11)

大粒グミの木 の 花

グミの木の花が咲きだすと、夏が来る・・・と感じます。(早いですね)

20120421大粒グミの木 ・花

名前の通り大粒の実が成るのですが、何にするというわけではないのですが、きっと今年も豊作です。
何かになりますかね?グミの実。

♪クリスマスホーリー の花
20120421クリスマスホーリー花

すぐに薄い緑色した小さな実になって行きます。
もう出来始めていますね。

そして今年初めての蕗の収穫。

20120422蕗収穫

毎日ぐいぐいっと、みるみる伸びていきます。


そしておまけの画像
これも花器だった器です。電動ドリルで穴をあけて植木鉢にしました。堅くてあけるのに根性が要りましたよ。
20120422kaki



晩御飯
鱈フライ、野菜添え 筍と蕗煮物 ご飯 味噌汁 即席漬け 焼き鳥(市販品)
20120422晩御飯



 [ 2012/04/24 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

多肉リメイク

またまた多肉植物の手入れを。
2年もののワイヤーバスケットに植えた多肉を手直し、リメイクしました。三年目ということですね。

20120421ハート形ワイヤーバスケット

丸ごと植え替えるのも、億劫でしたので、もう一年このままに・・・と思いリメイクしました。
水苔で補修し、棒でつついて土を足して、伸びすぎた物を短く切って挿し直しました。
多肉植物の寄せ植えは、ぎっちりと詰めて植えるのがいいかなと思います。
夏を過ぎるとまた伸びて隙間が空き過ぎると美しくないので、その時のことを考えて。
大ぶりなバスケット(直径30センチぐらい)になりましたが、また伸びてこの1年しか持たないでしょう。

↓花器だったものにドリルで水穴をあけ、多肉を挿したら、ユニークなものに変身しました。

201204多肉寄せ植え

こちらもドリルで穴をあけて、植え木鉢にしてしまいました~
Nさん、ごめんなさ~い。(以前に友人から頂いたもの)

20120421多肉植え替え

暴れ放題の ♪カランコエ・白銀の舞 を、短く切って小さく植えかえしました。
切っても花はちゃんと、咲いていきます。

カランコエ白銀の舞

こんなことをやっていると一日はすぐに過ぎていき、陽が伸びて明るくなったものですから
晩御飯を作るのも忘れてしまうことがあります・・・


晩御飯
筍ごはん 鮭西京漬け 新じゃが炒め トマト胡瓜 付けもの味噌汁など
20120421晩御飯

散歩の途中で農家がにわか店を出して筍を売っていました。
重くて、行きはよいよい帰りは怖い のウオーキングになってしまいますが、こんな時はラッキー!!嬉しいです。
「今年の筍は出ないのよ。」と農家は言っていましたが、寒かったのできっとこれからではないかしらね。
 [ 2012/04/23 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(12)

ウエルカムボードを作る

ウエルカムボードは今までにもいくつか作りましたが、これは手作りの教室で作りました。

201204ウエルカムボード

散歩などしていると、よくこういう感じの物がかかっている玄関の家もあります。
ありふれたものですね。

トールペイントの筆の技法を習いましたが、コツをつかむまでは中々・・・難しかったです。
筆に2色の絵の具をチョンと付けて、花弁や葉を一息に描き、ぼかした感じを出します。

教室ではクリスマスの頃には、大きなツリーを作ろうと、これまた楽しみにしています。


↓は、同じ教室で先月に仕上げた小もの袋。財布?かな。
201202財布?

この手の手芸は、ちょっと苦手な分野。
もうひとつ、課題作品があったのですがこのところの忙しさで集中できず、未完成。


晩御飯
鮪の丼 がんもと小松菜のさっと煮 味噌汁 金平牛蒡 即席漬け
20120418晩御飯

咲いた咲いた チューリップの花

いつの春も、チューリップはとても可愛いです。
小学校の花壇に咲くのは、尚のこと、とても可愛いですね。

チューリップの球根は埋めたままで掘りあげていませんので、年々細く小さくなって来てしまいます。

20120418チューリップ2

もう少し長く咲いていってほしいと願いますが、チューリップの方も咲いて、お陽様と戯れて
開いたり、つもんだりしながら、あっという間の小さな花の命です。

20120418チューリップ

刈り込み過ぎた
♪黄梅 も、黄色い花をつけながらフェンスの向こうにしだれ咲いています。
201204黄梅

♪ブラキカムの花も。
201204ブラキカム

♪アネモネも咲いてきました。
201204アネモネ


♪レイウシアの花も蕾をたくさん連れて咲きだしました。レイウシアは多分5年目の春。
20120418レイウシア


雨上がりの庭が水にぬれて色鮮やかだったので、写真を一枚・・・パチリ。
20120417庭

リシマキアの若草色が、ことのほか色鮮やかです。



晩御飯
ボイル烏賊 鮪山かけ 五目豆(市販品) 即席漬け 金平牛蒡(常備菜)など 
20120419晩御飯

 [ 2012/04/21 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

被災地に 花を・・・・2

さて、目的だった花の植え付け作業が早くに終わったので、2日目は朝から
山元町の教育長さんと生涯教育課長さんの案内で、被害の大きかった海岸沿いの町の様子を案内して
頂くことになりました。

山元町から常磐線を超えた向こう側が海岸線になります。
ですから、庁舎の場所は震度6強の地震はあったけれど、津波の被害は受けませんでした。

被害の大きかった中浜小学校への道のりの途中が、瓦礫の山々が残る原っぱへ化していました。
そこには何もない、ただ元には家があったろうと予測できる家の土台だけが所々に残り
常磐線の線路も消えて流され、ほんの5メートルぐらいの線路らしきものが残るだけで
以前はこの道路からは見えなかったという山々が見え、誰もいない索漠とした風景があるだけでした。

写真は小学校以外は全部バスの中から撮ったものです。

では、バスが走った順に被害地域の風景です。

常磐線・山下駅の土台だけが残った跡です。(たった5~6Mぐらいしかなかったように見えましたが)
線路は流されてありません。

20120415被災地1

この常磐線が復旧するには、あと2~3年はかかるだろうと言っていました。
今は巡回のバスが仙台方面へ行っているということでしたが、早く復旧しないと町の若い人がどんどん
町を出ていってしまって、町は過疎化してしまうと危惧していました。

20120415被災地3

あたり一面は何もない野原なのですが、時にこうした壊れかかった家も被災当時のままに
残っていました。

震災前は家が立ち並び、坂元川の正面の山は見えなかったそうです。
20120415被災地5

家の土台だけが残ります・・・・

20120415hisaiti0

瓦礫の山と言ってよいでしょうか?
これがみな、個人の財産だったり、命あるものだったり、その家の古くからある大事なものだったかもしれないと
思うと、目がしらが熱くなりました。

20120415被災地6

20120415被災地7

町ではここの瓦礫を自分たちで処理出来るものは処理するために、小さなプラントが建っていました。

20120415被災地4

自分たちで処理できないほどの多くの瓦礫があるところでは(そういうところの方が多いと思いますが)
プラントも無く、瓦礫が山になっているそうです。
しかし、これを片づけなくては、新しい生活も始まりません。

野原となったところにまだ片付かないものと一台の車が、妙に寂しそうに見えました。

20120415被災地9

ここは、TVニュースでも報道された24名の高校生が亡くなってしまった自動車教習所の後地です。
木の慰霊碑が建てられていました。

20120415被災地10

今はほとんど瓦礫が何か所に集められていますが、震災直後はどんなに混沌とした地獄絵図だったでしょうか。

20120415被災地11

バスが廃校になってしまった中浜小学校に到着しました。
ここは校舎は平成元年に建てられた、とてもモダンな小学校でした。(町でも自慢の小学校だったそうです)

20120415被災地13

バスを降りてびっくりしました。
校庭いっぱいに向こうがみえないほどの向こうまで、まるでプレスを待っている廃車の山でした。

20120415被災地14

ここは体育館です。
ガラスと砂をどけたままになっていましたが、床が津波で大きく持ち上げられています。

20120415被災地15

この小学校は2階建てと3階部分に小さな倉庫がある建物で、2階部分の上にまで津波がやって来た
表示板が張られていました。
約10Mの高さだそうです。

20120415被災地16

2階の屋根まで水が来たのでしょう、瓦が壊れています。
すぐ向こうに海が見えていますが海岸線からは400Mくらい離れたところだそうです。

20120415被災地17

そして校舎の中。

20120415被災地18

外から木が突っ込んできているのが分かるでしょうか?
木の根っこがそのまま残っていました。

20120415被災地19

ここは、3階部分の学校の倉庫です。
ここで生徒(59名)、先生、近所の人達の約90名が、避難し一晩身を寄せ合って夜を明かしたところですが
段ボールが敷かれてあったりして、その日のままの姿でした。

20120415被災地22

校長先生の機転でここに避難し、翌日校庭に集められたところを自衛隊のヘリコプターに発見された
ニュースはまだ、耳にも新しいです。
子供たちには、周りの風景を見せないで・・・という教育的配慮もあったとか。

鉄骨の入った柱も倒されたままです。
どんなに津波が強かったかを想像できます。

20120415被災地20

なんとも言葉が出ない気持ちで、被害の強かった学校を後にしました。
この校舎はこのまま、震災の被害を語る建物として永久保存にしたいと、仰っていました。

これは坂元駅の跡地。
駅のトイレと駅の看板だけが残っていました。線路はありません。

20120415被災地21

この後、仮設住宅をバスの中から見ました。
TVで映るよりとても小さく狭そうに見えました。
洗濯物が干してあり、日常が少し見えました。これで寒さも暑さも耐えるのだ・・と思うと
なんとも言えない気持ちです。

この町は、いちご、リンゴ、ホヤの産地です。

やっとビニールハウスを建て直して、イチゴ農家が少しづつですがイチゴの栽培を始められるように
なって来ていました。

20120415被災地22

遠くに新しいいちごハウスが建て並んでいます。

20120415被災地23

これは震災後、町の語り部の会の人たちが作ったその日を思い出して書いた本です。
(私はこれから読みます。)

20120415語り部本

花の植え付けを一緒にやった、元気のよい70歳の方が書いた文も載っています。

私達のお昼は、回りは何もないところにポツンと建ったお弁当屋さんのお弁当でした。
3月末のやっとオープンしたそうです。
手作りの家庭のお味の美味しいお弁当でしたが、こんな場所でご商売が成り立つのか心配になるくらいでしたが
多分復興の作業をする人たちの食事となるのでしょう。

こうして、あの大きな地震から少しづつですが町の再建の方向へと動いているのも感じましたが
まだ、道のりには色々な問題も山積しているように感じます。
その中でも、この町の方々のパワーの感じ、町が前のように普通の暮らしが出来るようになることを
祈らずにはいられません。

 [ 2012/04/19 18:20 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(11)

被災地に 花を・・・・1

2日間、被災地宮城県亘理郡山元町に出向いて、春の花を植え込むボランティアに参加してきました。

20120414被災地花植えボラ5

震災後、義援金で被災地を応援するだけでなく、何か自分でも出来ることはないかとずっと考えてきました。
果たして自分のこの歳で出来るだろうか?との迷いはありましたが、町田市の法人会の主催で
「花に託す復興への思い 被災地に花を咲かそう」のボランティア募集を知り、迷うことなく参加を決めました。
自分の目で被災地を見てみたい、という思いもありました。

市長を含む私達は約90人。バス2台です。
出向いた被災地は、宮城県亘理郡山元町という町でした。
仙台市のすぐ南、TVニュースでもよく報道された相馬市の北に位置する小さな町です。

作業に入る前、簡単なセレモニーがありました。
山元町のボランティア50人と関係者の方々が、私達を歓迎して横断幕を持って拍手で迎えてくれました時は
何か胸にほろりと来ました。

植えつけは山元町のボランティア50人の方々との共同作業です。
場所は山元町の庁舎前と国道沿い(坂元町)の2か所でしたが、私が作業したのは庁舎前花壇でしたので
こちらでの写真しかありません。

植えた花の数は約8000株強、町田市からトラックで輸送されました。
市の花の施設がこの8000株の花を昨年から作っていたのです。

作業中は写真を撮ることが出来ませんでしたから、植え付けが終わって翌日の水やり風景です。

左手上の方が庁舎。

20120414被災地花植えボラ1

庁舎に入る両脇の花壇に花を植えました。

20120414被災地花植えボラ3

ダリアの球根も植えてあります。
山元町と町田市のマークを形どった花壇の一部。友好の印かな。

20120414被災地花植えボラ4 20120414被災地花植えボラ2

きれいに出来たでしょう?
嬉しかったです。
仮設住宅から参加したという70歳になる方のパワーのすごいこと、忘れません。

出発の日の14日は朝から中程度の雨で、雨でも作業はすることになっていて空模様が心配でしたが
調度作業に入ったころから雨は少しづつ上がって、順調な運びで進みましので、2日間で植え付けを終わらせる予定が
一日で終わり、二日目は、被害が多かった場所や被害で廃校になった小学校跡を見せて頂けることになりました。

花壇の花達がきれいに咲いていくのを見て、被災地の町の人たちが「きれいだなぁ。」「花も元気に咲いているなぁ。」と
感じて下さったら、今でも嬉しく思います。


さて「自分の目で見る被災地」が、どんな風に私の目に写ったかを次回にお伝えします。

 [ 2012/04/18 12:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(13)

増えた増えた プリムラ

地植えのプリムラが咲いてきました。
この花は冬の間お花屋さんで沢山出回り、すでにずっと前から咲いているような気がしますが、
地植えでは今が盛りです。

20120413増えたプリムラ1 プリムラ・ジュリアン(プリムラの中でも小さめのもの)

20120416プリムラオレンジ色 プリムラ・ポリアンサ(プリムラの中でも大きいもの)

上写真のエンジ色のプリムラ・ジュリアンは相当年、家にあって毎年賑やかに咲いて来てくれます。
この花は種や地下茎で増えるのではなくて、親株の隣に株を殖やしながら増えていきます。

20120413増えたプリムラ2

なので大きくなったら株分けして、また、分けていましたら何か所にも咲いて来ています。

以前は違う色もいろいろとありましたが、世代交代もして消えたいったのもあって
今年は冬の間、鉢で楽しんだ新顔を地植えに移します。また賑やかになりますね。

地植えの植物は手間いらずで、咲くときになったら勝手に咲いて来てくれるのがいいですね。


しょぼくれた格好の♪ミモザアカシアも咲いてきました。
201204ミモザアカシア

南風が吹くと強く風が当たるので、曲がってしまっています。
背丈ばかり伸びて、なかなか太くなりません。

♪優しい色合いのヒヤシンスも・・・
20120416優しい色のヒヤシンス

種が飛んで咲いてきた♪日本さくら草も
20120416日本さくら草

♪ムラサキハナナ も、満開
201204murasakihanana

何年か前に友人が持ってきてくれた種から。
種はフェンスの向こうにも飛んで、あちらの方は一面に咲いています。

そして~はやっ、ツマグロヒョウモンの幼虫ですね。
20120416蝶の幼虫

棘はありますが、刺されることはありませんので、大丈夫。
幼虫は、スミレ類の葉を食べるのです。ちょっと、気持ち悪いかな。



晩御飯
鶏のハーブ焼き 野菜添え(ブロコリーツナ和え、トマト、馬鈴薯) マイタケご飯 蕪の桜漬け きのこ佃煮 味噌汁
20120416晩御飯

マイタケご飯に、庭のミツバを混ぜました。
変わり映えなしの晩御飯です。
 [ 2012/04/17 19:58 ]  花 と庭 | TB(0) | CM(-)

庭のスミレ

♪スミレが満開に咲く頃というのは、とてもよい季節ですね。
気温にしたら、20度近くなってからでしょうか。
気温20度は人間の赤ちゃんが、調度過ごしやすいとされる温度です。

庭にも沢山のスミレが咲いています。
私の庭では大方、このパンダスミレはよくよく増えて、庭を覆い尽くすほどです。

♪パンダスミレ
20120411パンダスミレ

以前からこのスミレは自然に生えて良く増えています。
毎年間引いても、こぼれ種で増えて増えて、追いかけっこをしているスミレです。

♪タチツボスミレ
20120411タチツボスミレ

どこの野にもこのタチツボスミレはありますね。

♪スイートバイオレット(ニオイスミレ)
20120411スィートバイオレット

この株は2年目。はじめは園芸店で買ったもの。
2000年前のハーブと言われて香りもよいです。
古くはこのスミレから香水を作ったとも言われています。

♪アリス・ウィスター
20120412アリス・ウィスター

こちらも何年も前に、園芸店で買ったのもが増えたもの。
北アメリカ原産の愛くるしい可愛いスミレで最近の外来種のスミレなのでしょうか。
ものすごい勢いで増えていきます。こんなに可愛い人ならいくらだって・・・と言っては×ですね。

♪黒葉スミレビオララブラドリカ
20120412黒葉ビオラ

親株が冬の間かなり傷みましたが、これはこぼれ種で咲いてきたもの。
こちらが親株。種からもド~ンと増えそうですね。

20120416ラブラドリカ

冬の酷寒の間は葉が黒銅色になり、それもまたきれいです。

そして、♪パルマスミレ白(八重)
20120416パルマスミレ白

こちらは♪パルマスミレ青
20120416パルマスミレ

パルマスミレの青色は早くに花を咲かせ満開です。
白色はやっと咲いてきたところですが、かなり減ってしまいましたね。
どちらも多分3年目の苗です。

この花は芳香が強く、古くは香水の原料にされたようでニオイスミレと呼ばれることもあリますが
パルマスミレも「匂いスミレ」の一種ということでしょう。
この花はランナーを伸ばして増えていきます。

昨年はトリアシスミレや大輪スミレもありましたが、多分今年は消えてしまったかも・・・



晩御飯
トマトペンネ サラダ 肉じゃが ピクルス
20120413晩御飯

ペンネは、スパゲティとは違って冷めてもまぁ、美味しくいただけます。
同じパスタですがスパゲティとはまた違った美味しさです。ホタテとマッシュルームを入れて。

 [ 2012/04/16 13:57 ]  花 と庭 | TB(0) | CM(-)

春の妖精(スプリング・エフェメール)

庭には春の妖精(スプリング・エフェメール)と呼ばれる花が5つほどあります。
今日は、咲いてきたふたつの妖精たちです。

5年くらい前にほんの小さな一鉢を庭に植えたヒメリュウキンカが、長年のうちによく増えて
この頃は仲間で咲いて来るようになりました。

♪ヒメリョウキンカ
20120411ヒメリュウキンカ

古くはイギリスの野草のようですが、花茎を伸ばして表面に光沢のある3~4cmの黄色い花を咲かせます。
花後は種ができ初夏には(いつの間にかと思うほどです)葉が枯れて地中に根茎を残して夏の間は休眠に入ります。
このようなライフスタイルの植物を春の妖精(スプリング・エフェメラル)と呼びます。
セツブンソウ、カタクリ、福寿草、ニリンソウ、キクザイチゲ、アズマイチゲ、ユキワリソウなどもこの種類です。

そして今年はお花屋さんで見た山野草、丹頂草をお隣に植えました。

♪タンチョウソウ(イワヒメヤツデ)
20120411タンチョウソウ

タンチョウソウは中国東北部、朝鮮半島の原産。
ユキノシタ科イワヤツデ属。多年草:草丈 ~30センチ:花期 ~4月)
葉に先駆けて花茎が伸び、しろい花をたくさん咲かせるとありました。

秋の終わりには葉が枯れて休眠するところをみると、これも春の妖精と言われるライフスタイルを
持っていますね。

庭には、プルモナリア・カリビアンナイトというのもあったけれど、まだ花は見つけていません。
もう少し先になるかもしれません。(cf,昨年記事)

春には葉より花が先に先に芽を出し咲いてくるものが多くありますが、それには理由があるそうです。
そういう植物の葉は、寒さに大変弱く、なので花が先に咲くと聞きました。
梅や桜もそうですね。モクレンやこぶしも。

春の妖精とは、詩的な優雅な呼び方だこと。

追記(4月16日朝)
出かけてきた翌朝、気になっていたプルモナリア・カリビアンナイトはどうしているかな~?と思って
見に行きましたら、咲き出していました。

20120416プルモナリア・カリビアンナイト

蕾の内は赤紫を帯びていますが、花が開いてくるに従って鮮やかな真青になって行きます。
嬉しいことに、今年は新しい株もつれてやって来ていました。(写真の後ろに)
この花は真夏は苦手で日陰の花ですが、夏になって来ると周りの草花に囲われて陽が当らなくなって
しまうところに植わっています。

今朝は、近くで雉がよく鳴いているのが聞こえます。




晩御飯
生鮭ムニエル 生野菜 サトイモ煮 セリの胡麻和え 味噌汁 ご飯 漬けもの 
20120412晩御飯


☆何時も訪問してくださり、ありがとうございます。
庭仕事も生活も大いに忙しい時を迎えていますので、申し訳ありませんがコメント欄は
時に閉めさせて頂く時があります。

長々を読んで頂き、そして、いつもあなた様の大事な時間を頂きありがとうございます。

 [ 2012/04/14 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | CM(-)

4月の里山ウォーク 二が領用水を歩く

4月の里山ウォークは南武線・宿河原~ソメイヨシノ咲く二が領用水~川崎緑化センター~東高根公園~
市営の緑が丘霊園の見事な桜~南武線・津田山駅を歩きました。

二が領用水は、多摩川用水を水源とし神奈川県下で最も古い人工用水路ですが、16Cに周りの水田に
農業用水を引き、水田を開発するために造られました。
今はすっかり住宅地になって、このあたりの人々の憩いの場所となっています。

20120410里山ウォーク1 全長約32km

この水路脇に咲く、春の野の花や木々植物を観察しながら歩きました。

イヌコハコベとミドリハコベ
ハコベ

左側はイヌコハコベ・・・花弁が無いだけでなく花が無い 閉鎖花。帰化植物。蟻が種を運ぶ。
右はミドリハコベ・・・ミドリハコベ は茎の色が通常名前の通り緑色である。
植物のの知識の少ない私達の多くはハコベはハコベ、一種類で何種類も無いものと思っているのではなかろうか。
一般にハコベといった場合は、コハコベを指すようです。(今回は写真は無い)

オニタビラコとヤブタビラコ
20120410里山ウォーク12

この植物もよく野原で見かける花だが、同じような花でも右のように枝分かれしているものは
ヤブタビラコといって区別される。

ハキダメギク、ハルノノゲシ、キュウリグサ、トキワハゼ(左上から右回りに)
20120410里山ウォーク3

おなじみの野の花だが、右下のキュウリグサは葉が丸く、葉をこすってみると胡瓜ににた匂いがする。
左上もよく見る花、ハキダメキクとは可愛そうなお名前・・・

タンポポと白花たんぽぽ
20120410里山ウォーク5

いわゆるタンポポ(黄花)は関東に多く、白花タンポポは関西に多いとか。
この辺りでは白いたんぽぽはほとんど見ない。清楚で可愛い。

ヒサカキ、ブナ、アオキの花、高い木にあったヤドリギ(左上から右回りに)
20120410里山ウォーク4

ヒサカキは常緑小高木で家の生け垣にされているのも見かけますが、雑木林にも多く、この花の匂いで
私はこの木が近くにあるのが分かりました。私には沢庵の匂いのように思いましたが。。。

ブナの木の葉は冬の間枯れて落ちずに新芽が落ちる頃に古葉は落ちるそうです。
これも見ただけでは「この木は枯れてしまったのかしら・・・」と、思いますね。

高座丘陵で多く見かけたヤドリギでしたが、ここに大きいのがありました。
これも知らなければ、「鳥の巣がある~」と、思うかも。

アオキの花、よく見ると、小豆色したきれいな花。雌雄別株でしたね。

木も名前の札が無ければなかなか何の木か分かりません。

20120410里山ウォーク6

木肌と葉が決め手のようですが、私にはまださっぱり・・

またまた野でおなじみの花たち。

ムラサキケマン、キランソウ、タチツボスミレ(左から右回りに)
20120410里山ウォーク8

キランソウは地面に蓋をしたように横に広がって咲くことから、“地獄の釜の蓋”とも呼ばれますが
花がとてもきれいで私は好きな野の植物。
タチツボスミレも色々な種類があるそうです。

高根公園の里山の最後は、カタクリ、シュンラン、ニリンソウなどの山野草に
出会いました。
20120410里山ウォーク9

さてここからは、サクラがが見事に咲く市営の緑が丘墓地を通って、今日の里山ウォークを終えました。
家に帰ったら、20000歩近くまでになっていて、久々にとっても疲れました。


☆今日観察した植物
イヌハコベ ミドリハコベ  ヒメオドリコソウ ヤエムグラ 大島桜 ダイオウショウ オニタビラコ
ヤブタビラコ ハキダメギク ハルノノゲシ トキワハゼ タケイヌノフグリ キュウリグサ スズメノカタビラ  
ミチタネツケバナ ヒイラギナンテン ヒサカキ リョウブ ニシキギ ハナモモ アオキ キランソウ 
カナウツギ ナズナアカカシ タチツボスミレ ムラサキケマン イカリソウ  ニリンソウ シロバナタンポポ 
ヒメウズ ツタバウンラン オトコエシ キブシ イチヤクソウ シュンラン ハナイカダ アミガサユリ(バイモ)
ムラサキケマン アミガサタケ セントウソウ ヤブニンジン キツネノボタン レンゲ エンコウソウ ニワトコ など。

ニワトコの写真はありませんが、若い花を天ぷらにすると美味しいとか。
また大雑把な話ですが春の花の60%は白と黄色で占められるとか・・・。


晩御飯
ビーフカレー サラダ ピクルス
20120410晩御飯

ギンギアナム

冬の間、室内で過ごした『ギンギアナム』の花が咲きました。

201204ギンギアナム1 20120409ギンギアナム

大きめの花の方は、花が白いのでTVの前で黒をバックに写真を撮りました。

比較的初心者向きの洋蘭です。
花が終わったら、室外に出し陽に当てます、やっと。
夏は休眠するので水は出来るだけ切って半日だけ陽が当たるところに置いて過ごします。
強い日では葉が焼けてしまうのです。
乾燥気味に育てます。
寒くなったら室内に取り込む。と、こんな感じで花は咲いて行きますね。

小さくてもやはり蘭です。
香りが辺りにたちこめます・・・・・


晩御飯
ししゃもフライ 生野菜添え 分葱のぬた ヒジキと厚揚げ煮 ご飯 味噌汁
                タンドリーチキン ジャーマンポテト 芽カブポン酢 ご飯 味噌汁
201204晩御飯2 201204晩御飯1

写真を毎日撮っていると、「あぁ、よく食べたものだ。」と思います。
しかし、お腹がすくというものはなんて厚かましいものだろうか。
親が死んだその時だって、お腹は空くのですもの・・・・

 [ 2012/04/11 13:37 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(7)

4月絵遊び会 と 母の絵(碑文谷彫り)

私の近所ではサクラはまだ満開には少し遠く、風の冷たい日が続いています。

4月の絵遊び会でした。
色々なものに絵付けをしました。

20120405絵遊会1

その時間は何を描いても自由なので他に私は、久しぶりに絵手紙も描きました。

20120405絵遊会2

仲間と描いて、忙しくて描けなかった絵も又描けるかなという気持ちになりました。


黒いこのレッスンバッグは、先日実家の片づけの時もらってきた亡き母のレッスンバッグです。

母のレッスンバッグと母の遺品の碑文谷彫りの絵(60センチ×60センチ 玄関に飾っています。)
20120405絵遊会320120405母の遺品

サロンまでなんやかんやの絵道具を昔、母がお稽古に通っていた時のバッグに入れて持って行きましたが
大きな袋で結構重く、「母はこんな重い絵道具を持って通っていたのか・・・。」と今更のように
思いました。

これで、バスをふたつ乗り継いで「碑文谷彫り」に都内まで通った遠い日の母の姿をぼんやりと
思い浮かべました。
子育てが終わり、子供たちがそれぞれに家庭を持ってから始めた母の趣味でした。


今は私がこうして、母と似通ったことをしている自分が何となく可笑しくって・・・
ひとりクスリと笑ってしまいました。



晩御飯
ホタテのベーコン巻 ポテトサラダ ぜんまい煮 セロリと烏賊ドレッシング ご飯 味噌汁 漬けもの
20120408banngohann

ヒマラヤユキノシタなど

桜の満開情報がつたえられて、街中ではモクレン、ミツバツツジ、レンギョウ、椿、沈丁花などが
目立って咲いていました。

庭のヒマラヤユキノシタもやっと咲いてきました。
この辺りは賑やかな感じになって来ました。

20120406ヒマラヤユキノシタ1

地植えで年々花が頼りなくなってきたヒヤシンスも。

20120406ヒヤシンス黄色

ピンク色も

20120406ヒヤシンスピンク

今年植えた球根はこんなに丸く花も豊か。隣に伸びてきたものはオレンジ色かな。

20120406ヒヤシンス青

半日陰のところでは、フッキソウの白っぽい花。

20120406フッキソウ

          追記。。  
          フッキソウの白い実が今もついていることはまれというので、
          家のはどうかな~?と思って見に行ってみましたら
          ふたつ白い実がついていました。
        20120408ふっきそう2


昨年から、ぐっと細くなってしまったチューリップも伸びてきました。
百合も芽を出しはじめ、ヒメリュウキンカも花咲く気配です。
スミレの類も・・・いろいろと。

今年はどの花もみんな一緒になって咲いてきましたね。

門の外に芽が出はじめたギボウシを6個に分けて移殖しました。



晩御飯
鶏のネギ焼き エリンギ焼き 冷豆腐 漬けもの 佃煮 玄米 味噌汁 
20120406晩御飯


 [ 2012/04/07 00:40 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

多肉植物植え替え、ほぼ終わりました。

わずか残して、おおむね多肉の植え替えは終わりました。
これは、ふたつの多肉棚です。

20120405多肉棚1

20120405多肉棚2

毎度、似かよったものばかりですが植えかえしました。

20120405多肉植え替え2

花芽を持っているのに切って植え替えてしまっても、花はちゃんと咲いて来ます、大丈夫。
そのくらい多肉植物は丈夫です。

↓こちらは大きな多肉です。

『神刀』          と           『高砂の翁』
20120405多肉3

この『神刀』という多肉はなんとも、不思議なかたちですね。ほんとに刀が何枚も重なっているようです。
背丈は20センチくらい。 とても男性的な多肉植物です。

高砂の翁は、大きなバラのよう、冬の色がとてもきれい。直径は15センチくらい。
大きさは大きいですがこちらは女性的。
どちらも家に来てから、3~年ぐらいたっているでしょうか。
どんな花が咲くのでしょうか?まだ咲いたことが無いのです。

↓こちらは、一年前寄せ植えにしたもので、このくらいでしたら今年の植え替えはしません。

20120405多肉4

植え替えてもどうしても2年もすると、こんなに伸びて来てしまいます。こちらは後ほど植え替え。

20120405多肉5

実はまだ、吊るしの多肉があるのです・・・・
グリーンネックレス、ルビーネックレス、ハートカズラ、藤子宝など・・・

考えたら、多肉植物は、育て始めて30年近くなるかも・・・
育てるだけで、名前も何も、なかなか覚えず進歩はしないのですが、いつの間にか年だけは取って
数だけは 多くなってしまいました。

はじめて育てたもの、覚えていますよ、『十二の巻』。
実家から来たものでした。



最近の晩御飯
鯖味噌煮 サラダ 芽カブポン酢               ハスの肉巻焼き 生野菜添え 蕗煮 フルーツヨーグルト
200120404晩御飯 20120405晩御飯

太巻きはお昼に作った残りです。

 [ 2012/04/06 00:46 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(5)

多肉の植え替えはじめました

台風並みの大嵐が過ぎ去っていきました。
春の嵐というには余りに奇妙。家がゆれる程の風がドカンと吹きました。
ニュースでは、竜巻が発生したり、あの重そうなトラックの横転も相次いだとか。

昨日から伸び切ってしまった多肉の植え替え始めました。

20120402多肉寄せ植え

植え替え前の姿から思うと、まるで伸び切った頭を散髪したようにとてもすっきりしました。

嵐は静まったか晩御飯の後、外をのぞいてみましたら、昨日植え替えたばかりの20センチもになった
「神刀」という多肉の頭が重すぎて鉢ごと倒れていましたっけ。



最近の晩御飯
ビーフシチュウ サラダ                     フルーツティ
20120402晩御飯 20120402フルーツティ

この日は昼間には「八ヶ岳倶楽部」のフルーツティを、晩御飯には、ビーフシチュウを真似て作ってみました。
フルーツティの味はほほ似たような味になったものの、深みが足りず70点ぐらい。
濃く深き味になるように入れれば良いでしょうね。

鯵干物 ヒジキと生揚げ煮 あさりと分葱の酒蒸し 味噌汁 ご飯
20120403晩御飯

追記
「八ヶ岳倶楽部」のフルーツティのレシピです。
「八ヶ岳倶楽部」のフルーツティのレシピ

ニルギリという紅茶をお土産に買ってきましたらついていたフルーツティレシピです。
著作権は多分無いと思いますので・・・

 [ 2012/04/03 23:49 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(11)

気になっている多肉植物

多肉植物も成長の時を迎えています。
冬の間の管理が少し難しかったので、我が家の多肉は大荒れでこの春は、うんと手入れをしなくてはなりません。

花を咲かせ紅葉したミセバヤも枯れて、一年のサイクルを終えたのですが
春と共に、こんな可愛らしい新しい芽が出てきました。
まるで小さな子供達がワイワイとやって来た感じです。

ミセバヤ
20120331気になる多肉2

こちらは
何年もちっとも変化なしだった日輪玉 という多肉です。
20120331気になる多肉1

ところがこの春になって、二つの葉がとじたところがゆっくりと開いて、新しい葉ごときものが 初めて現われてきました。

上の息子が小学校の理科でこの植物を使ったことがあるというのです。
それはどんなところが理科の教材になったのか・・・調べてみたら
葉の頂面が透明な窓になっていて天辺のみ砂上に出して日光を体内に取り入れ側面の葉緑体で光合成が
できるようになっていて、どうも光合成の学習だったようでした。
横に二つに切ってみると、レンズのようになっていたというのです。

この日輪玉は、自身を動物等の食害から保護するために周囲の石ころと同化した形になっています。
彼らはこの窓のみを地表より出し沈黙の生活を太古より現在まで生存を保ち得た砂漠(南アフリカ)の華なのだそうです。
2枚の葉が合体して球形になったものですが、うまくいけば毎年新しい葉が成長して古い葉が枯れるのだそうです。

新しい葉が2つ出れば2倍に成長しますが、一枚の場合は少し大きさが変わるだけでそれだけなのです。
形も、また持っている性質にも面白い気になる多肉です。

人間の体もそう思うのですが、地球上の生きものの巧妙な出来上がり方につくづくうまく出来ているものだと
驚きを持って感心します。

そして可愛らしい紅稚児
20120331ベニチゴ

年中赤っぽいのですが冬の寒さにあたった発色は一層赤く可愛らしい色です。
白っぽい花も咲きました。
根元にある暗褐色をしたちびっちゃいものもの(名前はよく分かりません、カメレオン?かも)も、とっても可愛い~
紅稚児を買ったときに一緒に根元に生えていたのです。
この可愛い付録の子を沢山殖やしたくなりました。

そして
胡蝶の舞
20120331気になる多肉4

おかしなことに胡蝶の舞は花が咲かず次世代の子供が付き始めました。
ネットで見る胡蝶の舞の花は赤いランプのような形の花が咲くのですが、私のところでは
蕾のような形が出来たので花は何時なるのか待っていたら、この子供が付きだしたのですが・・・
う~ン、そんなことがあるのか?、どうしてだったのか気になります。

短く、短くと思いながら書いてはいるのですが、今日も長くなってしまいました。


最近の晩御飯
豆腐チゲ カボチャレンジでチン いちご金柑              カレー サラダ ラッシー
2012030晩御飯 20120331晩御飯

辛いものが続きました。
 [ 2012/04/01 23:30 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(12)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索