はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ドール 新しく仲間入り

こんな時に、こんなものを作っていて、こんなものをアップして・・・気が引けます。

TVニュースは毎日見ています。
私たちのような年代では、被災地に何かしようにも遠かったり、体力が無かったり
して差しあがられるようなことが、狭まります・・・
こんなところでも、「歳を取った・・・」と感じざるをえないのが残念です。

お金で解決できるとは思いませんが、それでも出来ることは、やはり募金くらいのことしか。
そしてできると思うことは、被災地の人たちと共にあり平安を祈ることですが。



19日今月の教室で手掛けた、ウッドドール。 家に帰り仕上げました。

20160426ドール1

大きさは17センチくらい。
以前作ったものの中に仲間入り。

20160426ドール2

そしてこちらは自己流で。
今回の工夫ところはただの襟ですが、襟なんです。

20160428手作りドール

大きさは30センチ。
ボディが太めに出来上がってしまったのでしばらく放っていましたが、仕上げました。




晩御飯                            晩御飯
烏賊と葱の炒め 里芋煮っ転がし 納豆 グレープフルーツ        キンメの煮つけ 筍蕗煮 葉玉ネギとベーコン炒め
20160427banngohann 20160428晩御飯

ご飯は、結局・・・食べれませんでした。




 [ 2016/04/29 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(7)

美しい野菜の花

知っている野菜の花の中で、この花ほど美しいと思う花が今のところ他にありません。

2016046ルッコラノ花

でも『美』については、非常に個人的でありますから、「これはチャンチャラ笑っちゃう」と思う人も居るものです。
ハンサムや美女と思う対象も人それぞれで、万人がそう思うのではないところが面白いのですが。

ルッコラの花は小宇宙にプロペラの羽根を広げ、咲いて来た喜びを全身で謳歌している。
花の色も、オフホワイトの絵の具に黄緑色をぽつんと混ぜたそんな感じが初々しい。
花には珍しい色使いのあずき色で十時に切ったクロスが、シャープ。

♪ルッコラはサラダに入れる為に、小さな鉢で栽培しているのですが勿論花も食べられます。。
お味は胡麻に似た味がするので、ミックスサラダに入れても食べた時に分ります。

我が家では新玉ネギを主にした、ミックスサラダを12月(新玉ネギが出てくると)~6月、
新玉ネギが、ただの玉ネギになる(辛味を帯びてくるまで)まで、ひたすら生の玉葱サラダを作っています。
新玉ネギ2個、水菜やサニーレタス、パプリカの赤と黄(各3分の1くらい)などを刻んで密閉容器に入れて
冷蔵庫で保存しています。
3回くらいで(一日2回は食べる)食べきるように作り置きをしています。(晩ご飯写真に時折出てきます。)

その時々に切った方がいいのは充分、分っていますけどその・・・冷蔵庫を開けてひとつつまみ皿に盛れば
もう、一品出来上がるというこの手間なしの素早さが素晴らしく、私には魅力的なのです。
血液サラサラに一役かっているサラダです。
玉ねぎは繊維を断ち切るようにスライスし、手作りの胡麻ドレッシング(練りゴマ、すりごま、醤油、酢、砂糖、塩、味醂)で。


こちらは、遅れて咲いてきた見納めのような最後のチューリップ。

20160426見納めチューリップ

ふむふむ、見納めらしいあでやかな赤。
脇芽に、小さな子供連れっていうところがまたイイネ!


5月の晴れの天気が2日続いた。
朝、新聞などゆっくりと読んでいると、水枯れしてしまう鉢も出てきた。
こんな調子だと、家の周りをぐるりと一周して沈んでゆく真夏の太陽に今から思いやられる。
今年の夏も大そう熱いという予報です。



晩御飯
焼赤魚 高野豆腐と筍の卵とじ 菜の花お浸し
20160426banngoahnn



 [ 2016/04/27 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(10)

雨上がりには、蝶がやってくる

雨上がり。
庭に降りたら、蝶が遊びに来ていた。ひらひらと。

2011160425庭

水をあげに庭に下りただけのつもりが、あれこれと冬の鉢の片づけをしている間に気が付いたら
すでに14時を回っていました。
いつも土いじりは、あっという間に時間が過ぎてゆく。


今日の花は
♪ミヤコワスレ(青・紫)

20160425miyakowasure

♪シラー・カンパヌラータ 

20160424シラー  青と白

白い花が1本・・・何だろうと思って考えてみたら、昨年友人が「白いのは無かったよね。」と
持ってきてくれた球根が咲いていたのだ。
白色は中々可憐です・・・

♪チェリーセージ

20160421チェリーセージ

♪エロリゲン(源平小菊)  と    ♪アレナリア・モンタナ

20160425?1 20160425?2

みなどれも宿根草です。

そろそろ間引くか刈り込むか、していかなくてはなりません。
伸びたスイセンの葉が汚らしく伸びているだけなので、球根を掘りあげました。
山ほどありましたが、今頃掘り上げたら球根には栄養が付いていないだろうなぁ・・・
場所も無いし、咲かないものもあった球根だったから思い切って処分しかないかと・・・。

大そう、くたびれました。



晩御飯
カレー サラダ イチゴ牛乳
20160423晩御飯

面白半分で茹で卵を糠漬けしてみました。
ただ塩っぱいだけで・・・特に美味しく変わったということも無く、二度としないでしょう。。。

 [ 2016/04/26 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

白い花と 日陰の植物

庭の ♪オオデマリが咲きだし、追って

20160426OOTEMARI

兄弟分のような木の ♪テマリカンボク と ♪ハナデマリも続きます。

201604テマリカンボク 20160424花手毬

ハナデマリはコデマリの斑入り種です。
斑入りの時期は満開までで、花が開くとともに普通のコデマリの感じになります。

♪サンザシの花   と   ♪チョコレートの木の花

20160424サンザシ チョコレートの木の花20160424

サンザシは秋には大粒の赤い実がなります。(食べられますが、渋い・・・)
チョコレートの木はチョコレート色の大粒な実がなります。(これも食べられます、青リンゴのような味ですがイマイチ・・・・)

今年は、オオデマリもテマリカンボクも花つきはよい方です。
2月の寒肥えのせいかなと思います。


日陰では、 ♪エビネ と ♪チゴユリ  他に蕗やもろもろが地下茎でふえて場所の取り合いをしています。

20160424エビネとチゴユリ

そして ♪ホスタ(ギボウシ)3兄弟。

201604ホスタ

どれも初夏の花と言う気がしますが、まだ連休前。

昨日歩きに出かけた里山フットパスでもはや、新緑の季節を迎えていました。
ここ3年くらい?、毎年花が2週間くらい早いと言って来た気がします。
温暖化の影響でしょうか?




晩御飯                   晩御飯
鯵フライ 添え生野菜 筍煮 ・  牛肉とスナップエンドウのオイスター炒め 筍蕗煮 うどとホタルイカ酢味噌和え
20160421晩御飯 20160422晩御飯



 [ 2016/04/24 14:12 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

手縫いでバックを縫いました。

友人に教えて頂き、帯からリメイクで、インナーバックを作りました。

20160421インナーバック

バッグの中にまた、このバックに必需品を入れておきます。
出かける時、行先によりバックを変えることが多いですが、これごとひょいと入れ替えます。
縫いやすい帯ではありましたが、出来上がったら針が曲がっていましたから、それなりに固かったかも。
作り方を覚えるために私は、もうひとつ縫いました。
すべて手縫いです。

そしてもうひとつ、ショルダーバックを。

20160421ショルダーバック1 20160421ショルダーバック2

布地は道行きだとか。
こちらも手縫いで仕上げました。
若い頃、ミシンをガチャガチャと使っていた時はこういうものを手で縫うとは思ってもみませんでしたが
今は古いミシンを出して糸を通して、調子を整えて・・・ということをしているなら
手で縫ってしまう方が早いと思うようになりました。
この頃は何でも、手で縫います。
手縫いの柔らかい風合いを、これまた良しと感じています。

こちらも大きさをかえて、もうひとつ縫ってみるつもりです。
ふたつ縫ってみて、作り方をやっと自分のものに出来ます。

3月、4月の絵遊び会の作品です。



こんなときに、ごめんなさい。
晩御飯
筍おこわ 焼キンメ鯛 サラダ 筍お刺身
20160420晩御飯

産地の方から大好物の筍を頂きました。
下処理をするときから、めちゃ柔らかいことが分りましたので、お刺身(と、言っても茹でたが)で頂くことにしました。
ワサビちょいと付けて頂きましたが、これはカルパッチョ風に、オリーブオイルと塩がきっと美味しいと試し食べてみました。
それはとても柔らかくてえぐみも全然なくて、それはそれは美味しい筍でした。
季節のお味を、御馳走様でした!!

 [ 2016/04/21 14:27 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(10)

うふふのアーチ

アーチに絡めた、クレマチスの♪レーベンスが花開いてきました。
冬咲きクレマチスの剪定の難にあったので、この花は今年はこれだけです・・・・ちょっとさみしいですね。

20160418クレマチス

おばかちんの、庭の管理人さん!


九州福岡に、若い頃の友人がいます。
震源が動いているので心配で、返信なしでということで(立て込んでいるでしょうから)メールを
しましたら、晩になって返信がありました。

自分のところは大丈夫だが、熊本の親戚のことが心配でいても経っても居られなくて
車に積めるだけ食品を(筍ご飯、ぜんざい、パンもろもろ)積んで会いに行って来たのだそうだ。
だが水はどこを探しても無くて、水道の水を詰めるだけ詰めて行って来た。・・・と。
叔母が涙が止まらないくらい喜んでくれて疲れもすっ飛び、今、帰ってきたとのこと。
生きて行くのは大変ですね。人生には予期せぬことが起こりますね。改めて思いました。

と、ご本人はまずは無事だと分り一安心しました。
近くの人たちが必死で助け合っているのですね。

水ってやっぱり一番大事なんだと思いました。
災害に限らず、人生で言葉にならない予期せぬことが起きてほしくはないですが
残念なことに起きてしまうことありますね・・・。(私も経験しています。

今は・・・・見守っております。
そして被害が大きくならないように祈っています。



晩御飯
鱈のつぶマスタード焼きと葉玉ネギ炒め 筍油揚げ煮 サラダ
20160418晩御飯

ひょっとしたら・・筍の調理法はこれが一番好きかもネ。・・・筍と油揚げ煮

 [ 2016/04/20 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

花の命は短くて

♪カロライナジャスミン が五分咲きです。

カロライナジャスミン 20160416

フェンスの角をぐるりと覆って咲いていますが、大きくしないように剪定で苦心しています。
こんな激しく鮮やか黄色に咲いても、一年に1週間~10日で終わってしまうのですから
花の盛りは短いものですね。

♪シロヤマブキ(一重)です。

20160416シロヤマブキ

ヤマブキは白の一重がいいですね。好みですけど。
この場所でなければ、この人の美しさをもっと発揮できるのに残念です。
下の塊の上に伸びた枝群もあるのですが、こんな咲き方をして変ですね。
上の方にも花は咲いています。
友人宅で実生で増えて苗を頂きました。
黄色の八重もあるのですが、広がり過ぎたのでうんと切られてもう咲かないようにしてあります。(咲いてしまうかも・・・)

♪タイツリソウ (ケマンソウとも)が咲き始めです。
昨秋に地に下しました。

20160416タイツリソウ

花芽はまだまだ出てくると思います。
何と複雑な花姿でしょうか?誰がどうやって作ったの?って聞きたくなりますね。

そして ♪十二単(アジュガ) です。

20160418azyuga

広がっていく行先をはばからないので、狭い庭を勝手に走り、咲きまくっています。
斑入りや別の色もありましたが、やはり希少品種は弱いのか?
原種帰りをしたようにも思えましたが、もういません。

青い色はいろいろ咲くガーデンには、新鮮な色ですね。
そうそう、自然界から色を絵具として探すと、青と黒はとても希少の色だって言っていましたっけ。
余談ですけど。

青の色も花の世界では中々作り出せない色ということで、青いバラを作るのに成功した時は
話題になりましたね。
ヒマラヤの青いケシ・・・・も希少ですね。




晩御飯                      晩御飯
焼き鮭 ホウレンソウお浸し 揚げ茄子の肉味噌はさみ 里芋煮っ転がし    筍ぺペロンチーノ サラダ 果物
20160416晩御飯 20160417banngohann

パスタはひとり分、80G。
筍、アサリ、ベーコン、ミツバをぺペロンチーノ(ニンニク、鷹の爪)で、味付けます。
オイルはバターとオリーブ油を半々に使いました。


 [ 2016/04/19 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

春の大嵐にも負けず

今年のチューリップも盛りを過ぎました。
長く咲いた方ではなかろうかと思います。
昨日吹いた春の大嵐でも、影響なく咲いていました。でも、そろそろ終わりです。

201160410チューリップ1 201160410チューリップ2

201160410チューリップ3 201160410チューリップ4

寄せ植えの中のチューリップも・・・

20160416tyu-ripputoseue クリーム色チュー20160416

昨年は暮れ12月に入って球根が半値になって、いつまでも買ってしまいました・・・
植えるところに困って、友達にあげたけど。

花がどんどんと進むので、私もスピードアップしますよ~。




晩御飯                        晩御飯
菜の花寿司 鮪と新玉ネギの漬け 切り昆布煮    ポークソテー 揚げ豆腐 ブロコリー胡麻和え
20160409晩御飯 20160410晩御飯




 [ 2016/04/18 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)

多肉の花 春~

多肉の春の花をまとめました。
今、花が咲くというのは、冬春に成長する型(冬型)のものではないかと思います。

上段右回りに大まかな種類名は
♪エケベリア・ ♪朧月 ♪プラエアルツム ♪エケベリア・   ♪ハナキリン ♪乙女心 ♪ハオルチア・花鏡 ♪秋麗 ♪紅稚児

201150414多肉花

↓こちらは今年初めて見た、多肉♪ハオルチア・花鏡  の花。
十二の巻とよく似た花が咲きました。

201604多肉花・

こちらも初めて見た極小の花

♪リトルジェル   ♪猿恋葦

2011160416リトルジェム 2011160416sarukosi??

こんな超小さな植物でもちゃんと花をつけるのですね。
花をつけるということは、子孫を増やそうっていう意志なのよねー
名前はリトルってつくのですからとても小さいです・・・


モリモリと成長を始めた♪ミセバヤ3種(園芸種ミセバヤ・ヒダカミセバヤ・黒いミセバヤ)

201604misebaya

家にある多肉は真夏を除けば、ほぼ何かしらの多肉の花は咲いている。
またハナキリンのように、落葉後の冬の3ヶ月間と真夏の一時期を除く以外はずっと花をつけているというものもある。





晩御飯                         晩御飯
刺身 胡麻和え 湯豆腐                唐揚げ サラダ 蕗筍煮 筍ご飯
20160413banngohann 20160416晩御飯
 

 [ 2016/04/17 00:00 ]  多肉質な植物 | TB(0) | コメント(4)

小さなクッション2

昨年9月末から手を休めてしまった、イーラーショシュ刺繍の小さなクッションが
やっと出来上がりました。
クッションの裏と表を違う色の糸、図案でやってあります。

20160415イーラークッション1

こちらは昨年出来上がっていたもの。

20160415イーラークッション2

これでサーモンオレンジとブルーの小さなペァクッションの出来上がりです。
(大きさは32センチ×32センチ)

あれこれ別のものに取りかかっていたり、庭仕事をやっていたりするので完成までこんなに時間が
かかってしまったなんて・・・取り合えず「小さなペァクッション」は完成しました。
次は、テーブルセンターラグのようなものに、白い糸でこの刺繍をやってみたいと思います。


またも大きな地震の大災害のニュースが飛び込みました。
ハタと、つい先だって電話で話した友人のことが頭をかすめます。
つい、メールを打って仕舞いましたが、こういう時は私のようなもの遠方者はちょっと待て、でしたね。

ブログの友人も心配・・・
こういう時は、手を動かして心を鎮め、ニュースを聞くしかない、まずは落ち着いて。




晩御飯                   晩御飯
カレー サラダ グレープフルーツ        餃子 サラダ フルーツヨーグルト       
201600407晩御飯 20160412ばんごはん

餃子は1袋20枚入りで、3~4人分はありました。
この日は、残った餃子、ヨーグルトも食べられませんでした。
写真のものを毎日完食という訳ではありませんので、念のため。

食事の初めに生野菜(サラダ)を一番に食べるというのを、やっています。
毎食サラダを食べるので、それで何か満腹感出来あがって、後の方が食べられなくなるのです・・・
後の方はご飯、つまり、炭水化物や果物ということです。





 [ 2016/04/16 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(4)

プリムラ

♪プリムラ・ケティマックスパローン   庭で二度目の春です。
       は、人の名前でしょうかね?

2016-416♪プリムラ・ケティマックスパローン

花は、まだ大きくなって咲いていくでしょう。
プリムラがみな咲きそろうのを待っていたら、雨で降られたりと他のはそろそろ終わりになってきました。

20160403purimura

上段まん中は原種プリムラ・ジュリエと言うらしいが、他のプリムラより小さめの花で私の庭では
株分けして何か所に、もの凄く増えています。
分けても分けても翌年には大きな株になっていくが、中には気難しいプリムラも居て、おしゃれな
♪プリムラ・トートイズジェルは、どういう訳か買ったその年だけしか咲かなかった。

蒸れに弱いし、日が当らなくても株は大きく育たない。

プリムラが消えずに何年も地植えで咲くと話たら、「それは土が柔らかい庭なのでしょう。」と
花屋さんは言う。
私のところでは庭の天地返しはしないから、もしかすると“もぐら”のお陰かもしれないと思った。

ピンクのバラ咲きプリムラ(6株)は今年からの新顔。
来年に向けてどう成長するかが楽しみ。今日は肥料を上げておきました。

プリムラの花ことばは  『運命を開く』・・・いいわね。
もう手遅れかもしれないけれど、いいお言葉ですね。




晩御飯                        晩御飯
マーボウ豆腐 南瓜レンジチン 春キャベツとアサリ酒蒸し      筍ご飯 筍蕗鶏肉煮  赤魚焼き 
201600408晩御飯 2016-412banngohann



 [ 2016/04/13 12:01 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(9)

桜は散りゆき・・・・

清楚な ♪アリウム・トリケトラム  が咲きだしました。

2016-410♪アリウム・トリケトラム1

球根の引っ越しを繰り返したものですから、取り切れなかったものがあちらこちらで咲いていますが
その引っ越しが、かえってよかったみたいです。
葱の仲間で、葉っぱを折ってみるとネギの匂いがします。

2016-410♪アリウム・トリケトラム

♪黄金シモツケ の親と刺し芽した2世

黄金シモツケ親 220160401黄金シモツケ1

このカラーは今のうちだけ。
咲き進むにつれて花の咲く頃だったか・・・、普通のシモツケと同じになっていきます。

柳のような木形の ♪ハクロニシキ と ♪ワイルドストロベリー

ハクロニシキ20160401 ワイルドストロベリー20160408

ワイルドストロベリーは長い期間、甘い実がなり(ジャムは高価)遊べます。
実が落ちてそこから株になり、いく株にもなりました。
秋には葉の紅葉がとても美しいのです。

♪ヒメフウロソウ も咲いてきました。

ヒメフウロソウ20160410

4月というのはこんなに花が咲きだすものかと、思いました。


ところでこれは、もしかすると失敗!
これから咲いてくるモンタナ系クレマチスの♪レーベンスが蕾を膨らませていたので
冬咲きクレマチスを剪定しようと、やったのですが、アーチに2種のクレマチスがからんでいたものですから
見分けが難しく、切っているうちにこんな具合になってしまいました。

20160410庭アーチ120160410庭アーチ2

なんたることか、笑いごとではないわね。
これは誰が見ても失敗ですね。・・・・・アハハ

♪レーベンスは1ツルだけは残ったのでわずかですが、咲いてはきますって。
それに季節がいいので、もしかすればツルから新芽が出るかもしれないとわずかな望みを託しています・・・
風通しがよくなったことは、絶対確かです。




晩御飯                      晩御飯
鰆のクリーム煮 茄子と豆腐の揚げ 菜花お浸し ・ 豆腐ステーキきのこソテー掛け サラダ 手羽蕗煮
20160403晩御飯 20160405晩御飯





 [ 2016/04/11 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(8)

一年中花が咲いているような葉色のヒューケラ

庭の花をカテゴリーごとに記録していこうと思うと、中々足並みがそろいません。
あっちでは散り始めたチューリップこちらはやっと花径が伸びてきた鉢ものの・・・という具合なのです。

すべてが咲きそろうのを待っていると、長いことがかかりますので今回は、先を急いで
大好きなヒューケラをまとめてみました。

初めはみな小さなものから育てたヒューケラです。
春はよく生長します。
20160408ヒューケラ1・ (この春植えかえた)

早々と花茎が伸びてそろそろ花を咲かせます。

20160408ヒューケラ2

寄せ植えですが、なるべく色の対比がある者同士を一緒に植えています。(その方が引き立手合うので。)
種類によっては、葉が比較的小さいままのものもあります。

20160408ヒューケラ3

小さい葉の種類のものは小さい者同士でひとつの鉢にするといいですね。
大きくなるものと一緒ですと押されて、もっと小さな株になってしまいます。

20160408ヒューケラ4

色の対比が強すぎて福神漬けのような感じになってしまっているのもあります。

20160408ヒューケラ5

↓このヒューケラは、春のうちはこんなに緑ですが、秋にはとても魅惑的な大人のピンクの葉色になっていきます。
ちょっと信じられませんが、それも育ての楽しみです。

20160408ヒューケラ6 クリックで→秋色・ピンクのヒューケラ

20160408ヒューケラ7

こちらはとても古参の大鉢です。
黄色い葉のものも花茎を伸ばし始めました。

20160408ヒューケラ8

同株のものは冬にはほとんど同じ葉色になってしまいますが、春成長し出すと
新しい葉の色がなんとも言えず、古い葉とのハーモニーがまた、よいです。

20160408ヒューケラ9

古くなった葉は取り除きます。
株が古くなると茎の部分が立ち上がって草姿が乱れますので伸びた径は切って別の鉢で
刺し芽として育てます。
真冬を越せますし、一年中花のような葉色を楽しめます。
日陰の植物としてよく紹介されていますが、一日のうち何時間は日が当っていくところに置くのがいいです。
肥料は一年に2度ほどあげています。

随分増えたものだと思いますが、長年の賜物と、時々の花病のせいだろうと思われます。




晩御飯                     晩御飯                  
鮪とアボガド丼 おから煮 もやしチャプチェ    アスパラ人参のベーコン巻 納豆 胡麻豆腐 
20160328b晩御飯 20160405banngohann
 [ 2016/04/08 22:40 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(5)

桜の余韻を・・・

という訳で・・・
木のスプーンに、さくらのワンポイントを描きました。

sakurasupu-NN0160402 

今年のサクラの余韻が消えぬうちに・・・・・・。

大きさはカレースプーン大。
カレーと桜はミスマッチ?
何でもありのこの時代だから、それもOK。




晩御飯                    晩御飯
ニシンみりん漬け 新玉レンジチン(ポン酢)サラダ 
                ステーキ・ジャーマンポテト 芽かぶ豆腐 おから煮 卵スープ
20160401晩御飯 20160331晩御飯
 
 [ 2016/04/05 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(8)

近所の桜

今年は2日がサクラ満開の予報日だったので、昨年満開を外した近所に咲く桜を見に行きました。

ひとつはダリア園裏の通称双子のサクラ。

20160402双子の桜1

二本のうち一本は今が満開。
片方はすでに葉桜。
こうなると、双方がヤマザクラかどうかは定かではない。
2本並んで勇壮な姿が気持ちよい。

20160402双子の桜2

双子のサクラから歩いて3K離れたところにある、図師の五反田谷戸の棚田の最奥部に咲くヤマザクラは
まだ一部咲きというところ。樹齢は200年の畔桜。

20160402五反田・畔さくら

これは昨年見に行った時は葉桜になり始めていたので、今年は・・・と思ったけれど、また
うまく合わなかった。
マイペースで往復8キロを歩いたが、足が弱ったと感じた。

そしてこちらは私の部屋から見るサクラ。(自室からサクラは他にも見えるのですが)
昨年枝切りをしていたので、少々枝っぷりが物足りない。

20160403じしつからみるさくら

桜散るまで、まだ一週間は楽しめるかもしれません。




晩御飯                      晩御飯
鶏の柚コショウ焼 じゃが玉ネギ炒め ホタルイカ酢・青ネギの酢味噌 芽かぶポンス
                          焼鯖 ハスのさつま揚げ 小松菜炒め 赤飯
20160326b晩御飯 20160327晩御飯

 [ 2016/04/03 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(8)

春の妖精たち

今年はこんなに増えた ♪ヒメリュウキンカ
西日が少し当たる程度のところに植わっています。
小さな一輪ポットで買って来て何年経ったろうか?8年くらいだろうか。

20160331 ♪ヒメリュウキンカ 

♪タンチョウソウ(イワヒメヤツデ)
タンチョウソウは中国東北部、朝鮮半島の原産。
春に先駆けて花茎が伸び、白い花をたくさん咲かせる。好きな植物。

20160331setubunnsou

昔はまだまだ本物の春の妖精と呼ばれるものがあったけど、消えてしまったね。
夏の暑さに耐えられないのかもしれない。
ヒメリュウキンカとタンチョウソウは、どちらかと言えば日の当らないところ(短時間だけ当たる)に
植えてあるので生き延びているのかもしれない。


こちらは極小ビオラの ♪極小ビオラ・ラブラドリカ と、北米産の♪アリスウィスター
↓この二つは春の妖精とは言わないけれど、本当に妖精のいで立ちのようで・・・・超可愛らしい。

20160331スミレ

黒葉スミレとも黒葉スミレとも呼ばれる。
そして白い方はアリスウィスターでは検索では出てこない。
丸葉スミレのようでもあり・・・買った時のタグにはアリスウィスターとあったのを覚えてきたが
定かではなくなった。

夏でもスミレは種を飛ばす性質を持っているので、あちらこちらで増えて行く。

一晩で咲いてきた ♪ハナニラ。

20160401ハナニラ

遅れて咲いてきた スイセン。
今年は咲かなくなったスイセンやチューリップの球根を掘りあげよう。

20160401suisenn

花屋さんの花に並んで野菜のベビーリーフが売られていました。
この葉を好んだ小動物はもういないけれど、思い出したのだろうか、買ってきてしまったので
ブルーデージーとひと鉢にしました。

20160401ベビーリーフ

春、どの花も息を呑む美しさ。




晩御飯                       晩御飯
鶏手羽都蕗の煮物 ホウレンソウお浸し 五目豆    パプリカ肉詰め さらだ 芽かぶポン酢 納豆         
20160330晩御飯 20160329晩御飯

小さめのパプリカで肉詰めを。
普段は生で食べるパプリカが、煮るととてもジューシーで美味しい。
本場スペインでもパプリカは、どうも生では食べないらしい。焼いて焦げた皮をむいて食べるが多いとか。

 [ 2016/04/02 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(6)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索