FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

神宮外苑いちょう祭りへ

20191126外苑銀杏並木1

毎年行っている神宮外苑のいちょう祭りに今年も出かけました。
まずは、同じ駅にある両親のお墓参りを済ませてから。
今年はもう、ずっと雨でこの週も天気予報は雨続きでしたので、出かけるお天気具合にしびれを切らして
もう、お天気はどうでもいいじゃない。いざ、出陣!となりました。

↑この写真の突き当り正面に絵画館があるのですが、横断歩道の真ん中から写真を撮ると
絵葉書のような背景になるのですが、警備の人が、騒音にしかならない拡声器で立ち止まることを
許しませんので、ぎりぎりの場所から。

20191126外苑銀杏並木2

小雨がずっと降っていたので、暗かったですね。
人もそんなに多くはありませんでした。

20191126外苑銀杏並木3

神宮外苑の銀杏の木の姿は、すごく木の先をとがらせる形にしてありますね。
昭和記念公園の銀杏の並木とは形が違います。
今年は雨が続いたので、葉も大分落ちてしまったのではないのでしょうか。
葉がスカスカのところも。

20191126外苑銀杏並木4

色付き具合も、今ひとつ・・・。
午後からは一部、歩行者天国のようになって。

20191126外苑銀杏並木5

これが歴史ある絵画館。
観光バスも止まっていますね。
この辺り、都心にしては緑が多く、銀杏の木々も100年は行っていないかもしれないが
古い太い木でした。
隣り合わせて、新国立競技場が出来上がっていました。
この辺りも、来年はオリンピックでにぎわうでしょう。

いちょう祭りのイベントとして、出店も出ていましたが
今年はこんな雨つつきで、ご商売にならないと言っていました。

20191126外苑銀杏並木6

多国籍の食べ物や、地方のお菓子のお店、お茶屋さん、食器屋さん、輸入雑貨屋さん、家具屋さんなど
それは、いつもの通りの様子でしたね。

今年は道路に進入禁止の赤いコーンが置かれて、並木の景観に合わない気もしたりもして。
昨年には無かったようにも思いますが。
夜にはイルミネーションや、ライトアップもされてまた、違った雰囲気もあるかもしれませんが
私たちは疲れて、寒いので、駅近くで一休みして帰ってきました。

いちょう祭りは12月1日まで。



 [ 2019/11/29 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | CM(-)

柿 スケッチ

20191125柿スケッチ F8

バスケットに入れた柿(富有柿)を描きました。
笊というか、籠というか・・・そういうもの、どういうわけかよく描きますね。

柿は、柔らかいのが好きな人と、硬いのが好きな人がいますが私は固い方が好き。
夫は柔らかくなったのが好き。
大体なんでも、見事に反対です。(笑








晩御飯 肉豆腐 山かけ アスパラお浸し すじこ きんぴら
20191125晩御飯

今回の きんぴらは 人参抜きで鶏肉少々と 。
沢村貞子さんの献立日記の本を見て 真似してみました。

20191127沢村本

古い本で昔に読んだことがあるのですが、また、読みたくなって借りました。
凛とした生き方をした沢村貞子さんですが、もう・・・・居ません。
居なくなっても、清々しい生き方が伝わって来て、「私も丁寧な暮らしをしよう。」と、思いました。
忘れていたエピソードを読み返し、そうだったのかと思い出したりしました。

私たちのすぐ上の年代の河合 隼雄先生も日野原先生も筑紫哲也さんもそして味わいある俳優さんたちも
居なくなって寂しい限りです。

忙しくしながらも、手を抜かないその方なりの懸命な生き方が、眩しいです。

 [ 2019/11/28 00:00 ]  水彩画 | TB(0) | CM(-)

頂き物 スケッチ

20191124頂き物スケッチ F6

夫が散歩の途中、近所の方から頂いてきたミカンと柚子を描きました。
帰ってから、おもむろに散歩のチョッキのポケットから、取り出すものですから何かと思ったら
垣根超しに切ってくれた、ぴかぴかの柚子たちでした。
見てすぐに新鮮と分かるものですから、描きたくなりました。

ミカンはこの辺りでは珍しいです。
何ミカンかな?温州かな?
さっぱりとしたお味の爽やかなミカンでした。
いつもごちそう様です。

スケッチはここ2~3日、雨降りだった日の調度よい時間になりました。







晩御飯 鶏唐揚げと野菜揚げ おから煮 ほうれん草おひたし すじこ
20191121晩御飯
 [ 2019/11/26 00:00 ]  水彩画 | TB(0) | CM(-)

シクラメンと国産レモン スケッチ

20191120スケッチ F6

シクラメンが出てきましたね。
12月が近いなぁと思います。
部屋に一鉢あると、ぱっと明るくなって、シクラメンってそういう花ですね。

鉢の色とシクラメンの花色、レモンの黄色が、引き立てあっていいかなと組み合わせました。
サークルの時に描き始め、帰ってから仕上げました。

問題は私の絵はいつも大きくなってしまうので、画用紙の大きさをもうひとつ大きいサイズにすること。
描いているうちに絵が縦に伸びてしまうので、スケッチの段階で時々スケッチブックを立ててみて確認すること。
どうも昔から絵は、小さくは描けない人です。
なので画用紙を大きくしなさいということです。(笑

スケッチが描き終わってしまって、先生が「ここまで描いたら今回はこのまま描いてしまった方がいいですね。」との
アドバイスでしたので描き進めました。
今、ほんの少し絵を描くことに気持ちが乗ってきました。







晩御飯 カレーライス サラダ 柿のワイン漬け
20191119晩御飯


 [ 2019/11/24 00:00 ]  水彩画 | TB(0) | CM(-)

ふたつのリース

20191111リース1 直径約25センチくらい。

秋のリースをふたつ作って遊びました。
中々おしゃれなヘクソカズラの実と蔓、南天のまだ赤くならない若い実とそろそろ色付いた赤い実。
リースの材料は、秋の小道で見つけた自然からの贈り物。
ただリースの輪っかに飾っただけの地味なものですが、それも秋らしい。

もう一つは、仲間と、ススキの穂のスワッグを。
リース作りは材料に苦労しますが、これはセンニチコウや赤い唐辛子、シナモンステックなど
友人が揃えてくれました。

20191111リース2

都会では材料を見つけるのは難しいかもしれませんが、秋の公園や野道を歩けば
何か探せるでしょう。

作って楽しみ、飾ってしばらくの間は楽しめます。
秋の小さな思いで作り。

今年は庭のビナンカズラの実が大きくて、豊作。
あれもなにかにして遊べるかもしれませんね。
それとも、鳥たちの食料にただ上げてしまいましょうか。

今や、生活の遊びの中核がスマホになってしまっているような気もしますが、めぐる季節を相手に
また、違った楽しみがあります。







晩御飯 チキンレッグロースト モツ味噌煮 柿のワイン漬け
20191117晩御飯

柿のワイン漬けは、硬い柿の皮を剥いて白ワインに漬けただけ。
2~3日すると、フルーティで美味しくなります。

 [ 2019/11/22 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | CM(-)

ピーナッツ南瓜とさつまいも、八つ頭 描く

20191116p南瓜スケッチ F6

ピーナッツ南瓜、さつまいも(シルクスィート)、と、八つ頭を描きました。
ピーナッツ南瓜は、美味しかったので再度買ったもの。
さつまいもも美味しそうなおしゃれな名前が付いていました。

この頃カメラのレンズの中に点があって、たぶん汚れだと思うのですが、写真に写ります。
この場合はカボチャの胴のあたりに黒点が出ます。
手入れに出さねば。。。



前回買ったピーナッツ南瓜は、蒸しただけでジャムのような甘さで驚きましたが、スープで美味しく頂きました。

20191031朝御飯

大きいので、再度買う時迷いましたが、めったに売っていないので、それに何か愛敬のある姿なので
つい…そして買ったからには、描かねばと。

蒸したものをバーミックスで潰し、小分けにして冷凍しました。
1個で3回のポタージュスープが作れます。








晩御飯 はらこ飯 生揚げと南瓜、茄子煮物 鶏レバー煮 ニラかきたま汁
20191115晩御飯
 [ 2019/11/19 00:00 ]  水彩画 | TB(0) | CM(-)

「ゴッホ 永遠の門」 映画を見る

201911ゴッホ映画

写真はネットからお借りしました。
「ゴッホ 永遠の門」の映画を見てきました。

結局のところ、映画を見ても新しい発見は私にはなかったように思う。
私は映画に詳しくないので分からないが、ゴッホほど、映画になった画家は他にいるのだろうか?

短い不遇の人生。
ゴッホは画家だし、ゴッホの絵も人もどう見るかは鑑賞者それぞれでしょうし。

私は映画俳優についても、全く分からない人ですが、ゴッホ役の俳優ウィレム デフォーが
もうゴッホそのもので、錯覚しそうでした。

ゴッホには本当はもっと長く生きて、北斎みたいに長生きして、もっとたくさんの絵を描いてほしかったと
思います。
画家人生10年で作品850点も描いた。
ゴッホは、描かずにはいられなかったのでしょう。

以前には分かりにくかったように思う、「月星夜」や「夜のカフェテラス」の絵もゴッホらしくて
わたしは好きです。

最晩年に描かれた画もあんなに力強かったのにと思うと
何故あんな最後だったかとまた、ゴッホについてぐるぐる回りして
結果、映画を見ても目新しいこともなくて変わらなかった感がしました。

弟のテオもなかなか偉い・・・自分の人生以外に売れない画家の兄の生活を生涯支えるなんて。

ゴッホがテオに出した手紙の本もあるが、機会があったら読んでみたいと思いました。



 [ 2019/11/17 00:06 ]  美術館 | TB(0) | CM(-)

大きなりんご 描く

20191110 F6

大きなりんご、トキと秋映を描きました。
りんごは5個ほどあったので、それを全部描くつもりだったが、紙の大きさが6号だったし
(私が描く絵が大きすぎて)描き切れず、3個のみにした。
自習作品。

今、スーパーの果物売り場は賑やかだ。
柿など、買ってきてすぐに柔らかくなってしまうのに、売り場はピカピカの柿の山で溢れんばかり。








晩御飯 アスパラ肉巻き ポテトサラダ もづくきゅうり酢物
20191108晩御飯

 [ 2019/11/15 00:00 ]  水彩画 | TB(0) | CM(-)

おから床の漬物

20191111おから床 セロリ、キュウリ、ニンジン、赤カブなど。

おから床の漬物、作ってみました。

ある本を読んでいたら、糠床ならぬおからを床にして漬物を作るというものが出ていたので
興味がわいて作ってみました。
出来上がりはおからのほんのり香ばしさもあって美味しかった。

ぬか漬けは確かにおいしいが、何でも縮小の今となっては、手入れが大変。
おから床は毎日かき混ぜることもしなくてよくて、漬けた野菜は洗うこともしなくてそのままを頂くという。
漬け込むときは、野菜を切りそのまま漬け込んで一日。
床は冷蔵庫に入れたほうがよいでしょうね。
漬けた野菜を出すときは手ではなく、箸を使って出した方がよいでしょう。(雑菌の侵入を防ぐため。)

作り方を。

20191110おから床

①おから500グラムは10分位炒って、パラパラにする。(香ばしさと保存性のため。)
②冷えたら、塩大匙2、甘酒200~300cc、生姜すりおろし適宜を混ぜ込みビニール袋に入れる。
③切った野菜を漬けこんで袋の空気を抜き、一日くらいで食べられます。(冷蔵庫で保存)

おから床が柔らかくなってきたらおからを足す。(そのあたりは、糠床と同じ。)
本では一年も持つと書いてあったれど、どうでしょうか?無理がある気がしますが。
これは昔からあったそうで、山間部では作られていたとかですが、私は聞いたのも初めてでした。

お漬物があるというのは 、食卓が豊かになりますね。







晩御飯 刺身 ブロッコリーとハムの煮込み。 茶碗蒸し風 むかごご飯
20191111晩御飯

むかごは子育ての懐かしい思い出があり懐かしくて、売っているのを見ると一度は買ってしまいます。
フライパンでバターで火を通すのも美味しいですね。

 [ 2019/11/13 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | CM(-)

柿、柚子などスケッチ

20191108柿スケッチ F8

柿、柚子、山ぶどう…描きました。
柿は多分、次郎柿。
柚子はこの後、皮のみを冷凍しました。
山ぶどうは2年前の鳥の置き土産。


寒くなってきました。
暑い時期は午後と言わず、昼寝は必ずといってしてたが、涼しくなってからしなくなった。
暑いのは私にとっては、かなりのストレスだった。
もう、おかしいくらいに眠かった。
家事にしろ、何にしても一日、こなせるのはケジメがついて、大変に良いことだ。
ガンバロウ。






晩御飯 かやくご飯 四角豆とむかご、てんぷら シラスおろし 切り干し煮
20191028晩御飯

 [ 2019/11/10 21:37 ]  水彩画 | TB(0) | CM(-)

近くの公園で「菊花展」を見てきました。

20191101菊展

近くの公園で紅葉まつり(11月1日~12月8日)があり、「菊花展」が始まったので見てきましたが
菊花展はそろそろ終わりではなかろうか?
初日に散歩がてら出かけたので、花の咲き具合はまだぽちぽち。

公園の催しものとしても年々縮小の様子で、以前は露店が出ていたりバザーが出ていたりと
賑やかでしたが、何でも縮小の寂しい限り。
こういう立派な菊を作る人も少なくなったことも確かでしょうが、金賞、銀賞、特別賞を取った作品は
見事なこと。

このえんじ色の小菊が見事で、買いたかったのですが大鉢で、「買ってもいい?」と連れに聞くと
「自分で持つなら。」と、言われて、とても無理なので諦めました。
散歩の歩きではとっても無理。
たったの1000円だったのに~。

暫く来ないうちに公園のようすもちょっと変わったように思い?、紅葉もまだまだ早くって
池の側のもみじが紅葉するころ、また来てみたいと思いましたね。
お野菜だけを買って帰りました。
何処へ行ってもこの辺り、散歩すれば、数は少ないけれど新鮮野菜は楽しみです。
秋の一日。

今年は初めての試みで、池の周りのライトアップも17時から20時まで
点灯式:11月16日(土)17:00~
11月16日(土)17日(日)23日(土)24日(日)30日(土)12月1日(日)17:00~20:00
点灯式以降のお祭り期間中の週末に池周辺のカエデ類や、隣接する薬師堂の大イチョウをライトアップしますと・・・・
ありました。
出店などはまだ、これからなのか?よく分かりません。



何でも縮小で、これは最近の我が家の縮小もの。白菜の漬物。

201910白菜つけ

白菜刻んで塩でもみ、少し~の漬物の素を呼び水で入れる。
でもやっぱり、樽で漬けてしっかりねかせた(発酵させる)方が格段に美味しいね。
すぐには漬かって来るけど、お味はそれなりで。








晩御飯 鮭の麹漬け焼き ほうれん草お浸し 大根と鶏元の煮物
20191031晩御飯

 [ 2019/11/08 15:16 ]  生活 | TB(0) | CM(-)

修正しました。

20191106修正スケッチ F 8

先日描いた洋梨の絵、暫く側に置いて眺めていましたが、なにか物足りなさを感じていたので
修正しました。
絵は見たとおりに描かなくてもよいということもあり、洋窓前に置かれた洋梨ということにして
描き足しました。

サークルで、絵の背景を上手に描くひとがいて、私も色付けだけでバックを描くだけでない描き方を
してみたいと思っていましたので。
こういうことは一人で描いているだけではなかなか道が開けませんが、人の中で描いていると
何かしら影響しあって、また模倣したりして、楽しく描けますね。


近年夏が長くなって、しみじみと秋を楽しむことが無いうちに年末を迎えたりしていますが
朝晩の気温の、昼間との寒暖差に急に秋めいて、お天気が続くうちに布団の手入れをし用意しました。

台風の被害地を思うと、自分のこんな話は言えないとか、こんなブログを書くこと自体
自責の思いもありますが、あ~ぁ、渋谷のハロゥインの警備にだけに一億円もの警備費に掛かったと
何とかならんのかこの平和ボケ!と、いつもの老婆心が・・・。

今日のニュースでは、「あの被害地のごみの山を見ると、これだけの数、困っている人がいると感じる。」と
言った人がいましたが、私はこの頃よく、共同体感覚を持つ人、それによって行動できる人は
尊いと思うのであります・・・・。
どんな環境においても。








晩御飯 クリームシチュー シラスおろし きゅうりトマトのサラダ
20191105晩御飯

出かけていたのでスロークッカーでシチューを作ってもらいました。便利ですね~。

晩御飯 焼塩鯖 小さなキムチと豆腐鍋 さつまいものシナモンシュガーかけ
20191104晩御飯

寒くなるとお鍋はいいとはわかっているので、だしを取って小さなキムチ鍋を。これからは度々作りたい。
残ったものは翌朝、具を足して朝のスープに変身しました。


 [ 2019/11/06 09:56 ]  水彩画 | TB(0) | コメント(6)

「春になったら、会おうね。」

20191102チューリップ植え付け

午後から、久しぶりの庭仕事。
チューリップの植え付けと、パンジーの植え付けをしました。
この鉢にはお気に入りの赤と白のツートンカラーのチューリップの球根を植えて、その上に
ガーデンシクラメンと、スィートアリッサムの白を植えました。
「来年の春になったら、きっと会おうね!」

他に、買ってきた黄色系のパンジーとシロタエギクの寄せ植えを。

20191102uetuke

あっという間に、庭に力が付いた感じになりました。
花の力はすごい。

門の外にグリーンベルトの部分にも、何か植えようと思っていますがまだ、秋の花が咲いていて
また、後日。
台風の風の強い時に鉢が割れて強剪定していたレモンユーカリも葉が復活していたので
新しい鉢に植え替えをしたり(これはその内には室内へ)、
夏の間に大きくなったユーホルビア・ダイアモンドフロストも今年は、室内に取り込んでみようと
小さく選定してから植え替えたり、散らかっていた空いた鉢類を片付けたりと久しぶりの庭仕事。

そうそう、この夏の間はたまらなく暑くて庭仕事はしばらくしていなかったなぁ。
やることはまだまだあるけど、今日のところは庭灯を付ける時間までやって夕刻の鐘はとうに
鳴っていったね。








晩御飯 昨日の残りのおでん 貝の刺身 ほうれん草胡麻たれかけ
20191102晩御飯
 [ 2019/11/02 21:40 ]  花 と庭 | TB(0) | CM(-)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索