はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

日本水仙がもう、咲いてきました

私の庭では、毎年1月新年が明けてから咲き出すのですが今年は早いですね。
もう日本水仙が咲いてきました。
日本水仙の花から私が連想するものは「早春」なのですが、今はまだ初冬ですね。

  091214日本水仙

日本水仙は他の水仙よりひと際、香り高い。

母の一生のお別れに手向けた庭の日本水仙が今年も咲いてきましたよ、お母さん。
来年はもう、三回忌です。
そちらでの生活は慣れましたか?
お母さんのお母上やお父上、私の息子らが幼かったときに飼っていたジャック(犬)にも会えたでしょうか?

今年も母さんのお墓に持って行きますね、お母さん。

母が亡くなってから庭の日本水仙は、納棺の日を思い出す花になりました。


晩ご飯
焼カレイ 小松菜と厚揚げの煮びたし 山芋おろしのバター焼 白菜漬け 御飯 みそ汁
  091214晩御飯

焼きカレイがとても大きいので、2尾を3人で頂きました。

 [ 2009/12/16 00:00 ]  | TB(0) | コメント(12)
歌は世につれ、世は歌につれ・・・
はなこさん おはようございます。
・・・とは言いますが
ひつじにとって『一面のコスモス畑』も『ブライダルベール』も『ガーベラ』も『ツユクサ』も一緒に見て話した今は亡き従兄を思い出させます・・・悲しい事だと思っていたけれど・・・それでいいのですよねv-22花が思い出させているのではなく一緒に癒してくれているのかもしれませんよね。
・・・はなこさんに泣かされたぁ~・・・。泣きオサメ・・・かな・・・。
[ 2009/12/16 08:19 ] [ 編集 ]
目が潤みます
お早うございます。
今朝は目が潤み ご馳走が目に入りません 日本スイセンにそんな思い出があったのですね。

今年は 本当に早いですね 我が家も蕾が大きくなりました でもはなこさんとこの方が 成長が早いです。
スイセンの香りをかいで お母様の思い出に思いっきり 浸ってくださいね。

[ 2009/12/16 08:32 ] [ 編集 ]
おはようございます。
水仙を見て、思い出させる人・・・・・
お母様は、素敵な方だったんでしょうね。

この日記を拝見して、暫く逢っていない母を思い出しました。


それにしても、もう、水仙ですか?
こちらは、5月始めですね。
こちらは、大雪で、雪掻きです。
[ 2009/12/16 10:51 ] [ 編集 ]
NoTitle
こんにちは
水仙咲くのは雪解け後と思ってたので春だと思ってました。 この時期に咲くんですね。

水仙見るたびにお母さんを思い あの世ではどうしているかなって心配されているんですね。
私も昨日は姉と母の事を思い出し いつまでも母が生きていてくれたらよかったねと、実家が無くなった感じだと話してました。
母親の存在は大きいですね。


[ 2009/12/16 15:13 ] [ 編集 ]
NoTitle
胸が熱くなりました。
かぐわしい香りを放つ水仙に残された思い出。
これからは、水仙を見るたびにはなこさんのブログを思い出す事でしょう
[ 2009/12/16 17:51 ] [ 編集 ]
母親の思い出
こんばんは~

日本水仙の花が咲きましたか、少し早いようですね
伊豆の我が家のはフラワーボックスで植えましたが、
植えるのが遅かったのか、やっと蕾が膨らんできた程度ですよ。

お母さんの思い出の水仙なんですね、
素敵な話を聞かせてくださって有り難うございます。
私の心も熱くなりましたよ。
[ 2009/12/16 18:14 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/12/16 21:21 ] [ 編集 ]
NoTitle
もうスイセン咲いたのですか~?
早いね。よっぽど日当たりのいいところに植えられてるのね。
お母様も待ってらっしゃるかもね。
良い香りを届けてくださいね~

今日も寒かったね。
[ 2009/12/16 23:22 ] [ 編集 ]
NoTitle
確かに今年は、水仙が咲きだすのが早いですね。
すでに咲き出した水仙をよく見かけますし、我家のも背が伸びて、やはり蕾をもっています。(いつも2月ごろ咲くのですが)
今朝、クロッカスの球根をまだ土の中に入れていないのに気が付き、あわてて入れました。これって、暖冬ではどうなるのでしょうね。
水仙は亡きお母様の思い出の花ですね。以前このブログでお母様の写真を拝見したことがありました。日本水仙のような楚々としたお写真でした。
[ 2009/12/17 12:00 ] [ 編集 ]
NoTitle
こんにちは・・。
お母さんとの思い出の花のスイセン今年も早かったけれど立派に咲いていますね。
お母さんを、、はなこさんはきっと大好きだったんですね。
私は、母が64歳で亡くなりましたが、はなこさんのお話を聞いて私も母をおもい出してしまいました。
娘たちを見てほしかったし・・。
やはり母は偉大です。
[ 2009/12/17 14:24 ] [ 編集 ]
泣ける・・・
何だか胸が熱くなって玉のような涙がこぼれてきそうになりました・・
いつかは訪れる永遠の別れ・・・
私は幸いなことに現在両親は健在ですが
もし・・・って考えたらそれだけでも号泣してしまうほどです
以前にはそんなに考えなかったですけど
週に一度か10日に一度会うたびに年をとっていく母、父。
もしかしたらこれが最後になるかもしれないと
考えてしまうようになりました(人の運命は分かりません)
会うたびごとに その一瞬一瞬を大切にしたいと思っていますが・・
はなこさんとお母さまのエピソードをお聞きし
ますます 母への想いが募っていきました
[ 2009/12/17 17:32 ] [ 編集 ]
NoTitle
v-280めぇめぇひつじさん、こんばんは~
花好きの人は花が道案内で、音楽好きな人は音楽が道案内で
そのものを見たり聞いたりすると、芋ずる式にいろいろな光景が浮かんでくるものですね。
思い出は一杯持っていた人の勝ち。
めぇめぇさんにとって従兄弟さんは、思い出沢山なんですね~
きっと従兄弟さんもあちらから、めぇめぇさんを見ていますよ。
「あははン、泣いてるー」と、思っているかもしれませんよ。

v-280ケイコさんへ
イベントに花は付き物ですので、いろいろな花にいろんな思い出があります。

この頃は病院と自宅とを当番で泊まったりしていたものですから
納棺の日(お葬式の日)は、花屋にも行けず、棺の母に最後にあげたいものを添えたのですが、
寒い冬のことで、この日本水仙が何本か咲いていたので持って斎場に行ったのです。
思い出ですね。

v-280キラあ~ちゃんさんへ
ご実家は遠いのでしょうか?
いつか思い出していらっしゃいましたね。

5月の花なんですか~?
やはり日本列島南北に長いですね。
雪かきお疲れ様です。

v-280アマリリスさんへ
そうなんです。
ニホンスイセンノ花の芽が出たときも蕾が膨らんできたときも
母の最期にあげた花・・・と思い出していましたよ。
なかなか忘れられませんね。

v-280mazicoさんへ
あらら~、思い出話が繋がっていったみたいですね。
それはありがとうね。
わたしも、この花が咲いたら、時々思い出すわ、mazicoさんが
そう言ってくれたことを。

v-280はたやんさんへ
伊豆でもこの花はまだなんですね?
水仙の球根は植えっぱなしで、手入れを怠ると花つきが減ってくるか、咲かなくなりますね。
でも、もっと冷え冷えしてから咲いた来たほうが水仙らしいですね。

v-280カギコメさんへ
近況コメントをありがとうございます。
時々思い出していましたよ。
白髪の髪とか、若々しいスタイルとか・・・ジーンズもはいていましたよね?
お元気でいてくださいね。

v-280misakoさんへ
ところが日当たりはあんまりよかぁないところです。
テマリカンボクやアジサイの根元・・・
もしかしてそっちの花のおこぼれ肥料が流れてきているのかな?
この水仙は描いても寂しい感じがするわね。

v-280 Akiko.Hさんへ
花好きな母でしたので、いろいろな花が母を思い出す材料になりますね。

わたしもチューリップの球根、今頃に植えました。
けど、そんなに変わることもないんじゃないですか?
しかしいろいろな花が早いのは確かですね。
球根結構芽が出てきていますね。
枯れたギボウシの葉をどけたら、もう、次の芽が出てきていました。
だって、フキノトウが早かったもの・・・
どの花も驚くくらいに今年は早いかも・・・ですね。

v-280ぽかぽかようきさんへ
ぽかさんのお母様、早くなくなったのですね。
私の年とあんまり変わらないワ

娘さんたちは見てもらえなかったかもしれないけど
今だってきっと、ぽかさんを見ているわ。
娘さんたちのこともきっとね。

v-280marikonさんへ
母は大好きでしたし、死ぬなんと考えていませんでしたが
死んだ時は涙が出ませんでした。
悲しいことは悲しいのですが、悲しいというよりはあ~やっと楽になれただろうなぁと思いました。
約1年半、水や御飯を食べれず管で繋がれていましたので
亡くなった時は「あ~、お疲れ様でした」という気持ちでした。
年を取っていくこと、老いるということ、愛する人が死ぬということ、を母に見せてもらいました。

お互い生きているときが花ですね。

[ 2009/12/17 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索