はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

母の三回忌

早いもので、1月22日は母の命日でした。

これは、白木の「千の風」のオルゴールです。
昨年の春に夫が河口湖のオルゴールの森に行った時のお土産ですが
「何の絵があうだろう・・?」と、ずっと考えていたので今頃になってやっと絵付けを仕上げました。

  「千の風」オルゴール

カサブランカを今までにもいくつも描くものですから、息子が「お母さん、百合の絵が好きだねぇ・・」と
これを見て言います。
オルゴールの曲が「千の風」ですから、母に因んだものを・・・と思っていたのです。

昔、素麺の板に母が描いた山百合の絵があります。

  母の山百合の絵 母の作品

それを見ていると、母の絵を模写をしようか・・・?カサブランカにしようか・・・と迷った末
PCに残っていた庭のカサブランカの写真を見ながら やっと仕上げました。 

母の三回忌の日にあわせてやっと完成になりました。


母の眠る都心のど真ん中にあるお寺さん
  三回忌・お寺さん

冬晴れの日、三回忌の法要を行いました。

時は駆け足で流れていく・・・・




 [ 2010/01/24 00:00 ]  | TB(0) | コメント(10)
こんにちは~
月日のたつのは早いものですね
お母様が亡くなられたのはこの間のことのようにおもっていましたが~
箱に描かれたカサブランカの絵が素敵
お母様もきっと喜んでいますよ
山百合もいいですが清楚なカサブランカがぴったり
静かにオルゴールの音が聞こえるようです
[ 2010/01/24 14:10 ] [ 編集 ]
こんにちは
「千の風」の曲のオルゴール はなこさんの気持ちを思ってご主人がプレゼントされたんですね。
優しいご主人ですね。
お母さんの描いた山百合もなんて素敵なんでしょう。
素敵な絵を見ながら育った はなこさんも上手なはずですね。e-454

[ 2010/01/24 16:38 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
良いのが出来たね。
思いでたっぷりで忘れられない品になりましたね~
オルゴールのふたを開けるたびに楽しかった思い出がよみがえってくることでしょう~

ユリでよかったと思いますよ。
お母様も絵が上手かったのね。はなこさんが上手いのもきっと血筋なんでしょうね~
お母様から良い物頂いたね。
[ 2010/01/24 17:11 ] [ 編集 ]
母への想い
こんばんは~

「千の風」のオルゴールに描かれたカサブランカの花が
とっても素敵ですよ。
優しいご主人様にも感謝ですね。

山百合を描かれたお母さんの絵も素晴らしいです、
はなこさんの絵の上手なのもうなずけます。

お母さんへの思い出が又一つ出来ましたね。




[ 2010/01/24 19:35 ] [ 編集 ]
1月20日が従兄の誕生日でしたので・・・
今日はお墓参りに行ってきました。
「何ていう花なの?」と珍しく尋ねてきた従兄に「ガーベラ♪」と答えたらニッコリ笑っていたので・・・必ず花束に添えるようにしています。
はなこさんの『カサブランカ』には透明感と若々しさが・・・お母様の『山百合』には奥行きと力強さがv-352
・・・世界初の八重咲きカランコエ『カランディーバ』は顧客へのクリスマスプレゼントの残りなんですけどv-388クリーム・ピンク・淡いオレンジ色です・・・可愛らしさとたくましさを見習いたいv-527なのです。
[ 2010/01/24 23:12 ] [ 編集 ]
お早うございます。
ご主人 気が利いていて素敵!
素敵な曲のオルゴールに素敵なはなこさんの絵 似合いますね。

お母様も絵がお上手だったのですね 以前にも彫刻を見せていただいて覚えていますよ どちらのユリも素敵です。
私の母もユリが大好きで 生前一緒にちぎり絵で色紙を作ったことがあります 思い出します。

お母さんの良い所を一杯受け継いだはなこさん 無事三回忌を済ませられ良かったですね。
[ 2010/01/25 08:02 ] [ 編集 ]
お母さまのユリの絵も素敵ですね。。。。
はなこさんの絵心はお母さま譲りなのですね。
白木のオルゴールにカサブランカ、とても素敵です。
[ 2010/01/25 13:32 ] [ 編集 ]
こんにちは・・・。
はなこさんのお母さんに対する思いが、やさしく伝わってきます。
私も母の事少し思い出しちゃった。

カサブランカとても素敵です。
[ 2010/01/25 15:44 ] [ 編集 ]
高貴な香りが!
はなこさん
 お母様の三回忌だったのですね。オルゴールを開くと曲と一緒に供養の香りが周辺漂っている様です。これからは心の中でお母様といつもご一緒できますね。お母様の描かれた山百合の絵魅せて下さり有難うございました。私も亡き母の事を思い出しました。
[ 2010/01/25 18:35 ] [ 編集 ]
v-280tomikoさん、こんばんは~
折りしも新聞で、千の風の原作者らしき人が見つかったと報じていて
わたしにとっては、明るいニュースになりました。

v-280アマリリスさんへ
母が絵らしきものをやり始めたのは60歳を過ぎてからでした。
80歳くらいまで習いに通ったりと、せっせと描いていたのを覚えています。
80過ぎてからは足も思うように運ばなくなってだんだん家でも描かなくなりました。
気力の衰えや痴呆もすこしずつ、進んで・・・

v-280misakoさんへ
ユリでよかったと思いますよ・・といわれて安心しました~。
misakoさんはお父さん似なんですよね。
わたしの兄弟では、絵らしきものを描くのは、わたしだけです。

v-280はたやんさんへ
オルゴールの蓋を開けると、母もあちらで元気にしているような気がしてきます。
時々、蓋を開けて偲びます。

v-280めぇめぇひつじさんへ
めぇめぇさんは、亡くなってしまった従兄さんを慕っていたのですね。
思い出を思い出したり、何かを見てそうありたいと思うことは
またひとつ自分への成長かも知れませんね。
八重咲きカランコエは『カランディーバ』というのですね。ありがとう。

v-280ケイコさんへ
いろいろ覚えていてくださりありがとうね。
ケイコさんも優しい方なので、お母様もきっとケイコさんみたいな優しい方だったのでしょうね。
お花が好きだったのですよね、菊も育てていらっしゃったのですよね。
一緒にやったちぎり絵の思い出、いいですね~

v-280小麦さんへ
時々、DNAは・・・いいものばかりでもないですね。
でも、ずっと前の人のかもしれないし・・・
まぁ、わたし達が操作できるものでもないので、偶然の不思議・・としておきますか。

v-280ぽかぽかようきさんへ
亡くなったばかり時は「母はどこへ行ったのだろう・・・」と思うこともありましたが
この頃は、むこうで元気にくらしているだろうと思うことのほうが多くなりましたよ。
そうね、思い出す年頃は、母が70歳ころの姿かな・・

v-280銀杏の樹 一期一会 さんへ
わたし達の年齢になると親は亡くなっている人が多いですね。
まぁ、長生きしてもらったから幸せでした。
94歳で・・・大往生ですね。
こう言っていた、こう言うだろう・・・と思いでは尽きませんね。



[ 2010/01/25 23:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索