はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

被災地に 花を・・・・1

2日間、被災地宮城県亘理郡山元町に出向いて、春の花を植え込むボランティアに参加してきました。

20120414被災地花植えボラ5

震災後、義援金で被災地を応援するだけでなく、何か自分でも出来ることはないかとずっと考えてきました。
果たして自分のこの歳で出来るだろうか?との迷いはありましたが、町田市の法人会の主催で
「花に託す復興への思い 被災地に花を咲かそう」のボランティア募集を知り、迷うことなく参加を決めました。
自分の目で被災地を見てみたい、という思いもありました。

市長を含む私達は約90人。バス2台です。
出向いた被災地は、宮城県亘理郡山元町という町でした。
仙台市のすぐ南、TVニュースでもよく報道された相馬市の北に位置する小さな町です。

作業に入る前、簡単なセレモニーがありました。
山元町のボランティア50人と関係者の方々が、私達を歓迎して横断幕を持って拍手で迎えてくれました時は
何か胸にほろりと来ました。

植えつけは山元町のボランティア50人の方々との共同作業です。
場所は山元町の庁舎前と国道沿い(坂元町)の2か所でしたが、私が作業したのは庁舎前花壇でしたので
こちらでの写真しかありません。

植えた花の数は約8000株強、町田市からトラックで輸送されました。
市の花の施設がこの8000株の花を昨年から作っていたのです。

作業中は写真を撮ることが出来ませんでしたから、植え付けが終わって翌日の水やり風景です。

左手上の方が庁舎。

20120414被災地花植えボラ1

庁舎に入る両脇の花壇に花を植えました。

20120414被災地花植えボラ3

ダリアの球根も植えてあります。
山元町と町田市のマークを形どった花壇の一部。友好の印かな。

20120414被災地花植えボラ4 20120414被災地花植えボラ2

きれいに出来たでしょう?
嬉しかったです。
仮設住宅から参加したという70歳になる方のパワーのすごいこと、忘れません。

出発の日の14日は朝から中程度の雨で、雨でも作業はすることになっていて空模様が心配でしたが
調度作業に入ったころから雨は少しづつ上がって、順調な運びで進みましので、2日間で植え付けを終わらせる予定が
一日で終わり、二日目は、被害が多かった場所や被害で廃校になった小学校跡を見せて頂けることになりました。

花壇の花達がきれいに咲いていくのを見て、被災地の町の人たちが「きれいだなぁ。」「花も元気に咲いているなぁ。」と
感じて下さったら、今でも嬉しく思います。


さて「自分の目で見る被災地」が、どんな風に私の目に写ったかを次回にお伝えします。

 [ 2012/04/18 12:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(13)
はじめまして!
はなこさま
コメントありがとうございます

初雪かずらがご縁で はなこさんのブログを見るようになりました
その初雪かずらのさやですが 寒い冬を越し 割れて中から綿毛がでて どこかへ飛んでいき なくなっています はじめて さやを見たとき なんだこれはと・・・・ ありがとうございました

はなこさんのブログを見て お庭のたくさんの木々や草花に圧倒され また最後に必ず 晩御飯が登場
そのパワーに元気付けられます 私もがんばらなくっちゃと・・・・

そのパワーを被災地の方々にもと ・・・・ なんて 立派な素晴らしいことでしょう
花開くのが楽しみですね 

これからも よろしくお願いいたします
[ 2012/04/18 13:24 ] [ 編集 ]
お忙しいなかボランティアをして来られたんですね。

去年、長男が瓦礫の処理のボランティアに行った時の無残な写真を思い出し
花を咲かそうのボランティアは、
被災地の方にとても喜ばれたと思います。

はなこさんは少しだけ年上だと思うんですが、
そのパワフルな行動力に刺激を受けますし
これからのお手本です。
[ 2012/04/18 14:26 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/18 14:29 ] [ 編集 ]
こんにちは~
花を植えるボランティアは、はなこさんにぴったりね
現地の人達も花に癒されて元気になれることでしょう
何時もの行動力には驚かされます。
[ 2012/04/18 16:20 ] [ 編集 ]
花を植え込むボランティア
こんばんは~

東北の被災地に花を植え込むボランティアに参加されたのですね
宮城県亘理郡山元町も大きな被害を受けたところですよね
町田市の法人会の主催なのですか、バス2台もの大勢で行かれて
地元の方々も一緒になっての花植え素晴らしいことですね。
はなこさん良いことされてきましたね~

沢山の綺麗に植えられた春の花々から
地元の方々も明るさと元気を感じてもらえることでしょう。
[ 2012/04/18 17:52 ] [ 編集 ]
はなこさんへ
こんばんは、
素敵なボランティアを見つけて、参加されたんですね!
お花の好きなはなこさんの、
素晴らしい気持ちが、形になって、
お写真で拝見しただけでも感動しましたので、
現地の方は、もっと、感動されると思います。
[ 2012/04/18 19:27 ] [ 編集 ]
いいことをなさいましたね。
大変だったと思いますが、達成感とかあったのではないでしょうか。
とてもきれいに出来上がっています。
はなこさんらしいと思いました。
ご苦労様でした。
[ 2012/04/18 21:08 ] [ 編集 ]
こんばんは。
お疲れ様でした。

この花壇だけを見ていると、被災地かどうかわからない普通の風景ですね。
早くどこも、普通の風景になりますように。
[ 2012/04/18 21:30 ] [ 編集 ]
ボランティアで行ってきたんですね・・・。
町田市ではとても素晴らしい主催があっていいですね~。

辛い経験をされたのに歓迎してくれたことにはなこさんが、胸にこみあげてくるものがあるのはとても良く分かる気がします。

被災地に何ができるのか?
本当に今何をしたら喜ぶのかわかりませんでしたが、こういうボランティアもあるのだと思いました。

先月東北の地元の方々が「3.11桜プロジェクト」と行って桜の木を植えようというのがあって申し込もうと思ったらもう春はもういっぱいで、秋からまたやるようです。
主人と地元に行って植えたいねと・・話していたところです。

お花は、人の心を和ませ笑顔にします。
これからここを通る方の笑顔が増えますよね。

はなこさんお疲れ様でした。

[ 2012/04/18 22:05 ] [ 編集 ]
こんばんは
ボランティアの参加 お疲れ様でした。
花壇の花々を丁寧に植え付け とても綺麗ですね。
この花壇を見て被災地の方々の心も和むことでしょうね。
被災地のがれきを映像で見てるだけでも気持ちが暗くなりますが ボランティアの方々や地域の方の頑張りで町も少しずつ綺麗になっていってるんでしょうね。
忙しくても色々な協力を惜しみなくされる はなこさんに頭が下がります。
[ 2012/04/18 22:31 ] [ 編集 ]
花ばたけ
お疲れさまでした。綺麗で心和みます。

みんな何かしたい思いはあります。

でもどうしたらいいのかわからない・・・・先日宅配便の方が東北の食品を買ってそれに一部を義援金にの活動しておられ進めていただき購入いたしました。

わが町の職員が被災されたところに水配給のボランティアに行った。
中学から
お礼にひまわりの種が送られて今これを種まきをされてます。
このひまわりの種は阪神淡路大震災の時こちらで咲いていたひまわりの種を、東北の方が取り寄せそれをお世話になった方に送っているそうです。

もう1年、まだ1年薄れないようにみんなで支えたいですね。
[ 2012/04/18 22:36 ] [ 編集 ]
はなこさんらしいボランティアへの参加 お疲れ様でした。
立ち上がろうとする方々の強さ、心が震えますね
春の花々 咲き競い 綺麗ですね~
[ 2012/04/19 09:16 ] [ 編集 ]
v-483akikoさん、こんにちは
私のところにもお出で下さりありがとうございます。
長らくいらしていただき、ほんと、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

v-483sachiさんへ
sachiさんの息子さんも早くに被災地へ行っていましたね。
この目で今を見たかったのもあって、私にもその機会が巡って来たのです。
まだまだ私達、小さなことですが充分何かが出来ると実感しましたよ。

v-483鍵コメさんへ
届きました。ありがとうございます。
後ほど、お返事を書こうと思っています。
遅くなってすみません。

v-483tomikoさんへ
花は何時の時も安らぎと、目指すものへの勇気をそっと支えてくれます。
私にやれそうなことがやって来てくれましたの。
ちっとも大変なことはありませんでしたよ。
花植えには自信がありますもの。

v-483はたやんさんへ
町田市の市長さんが頑張って花ケースをトラックからいくつも降ろしていて
中々フットワークの軽い方でした。
はたやんさんの仰るように、ふっと明るさも感じてくれたら、うんと嬉しいです~

v-483keiさんへ
ますます、出会いたいものには出会えるものだという感じを実感しますね。
無理をしなくても、ちゃんと自分にあったものが。

v-483はるるさんへ
ボラがいいことだとか、あんまり感じてはいませんね。
自分のやりたいことをやりに行った、ずっとやりたかったことを、やらせてもらったという感じです。
そう、私らしいですか?
それは嬉しいですね。

v-483Hana-Photo さんへ
庁舎は国道を挟んでこっち側にあります。
国道を挟んで、海沿いに大きな津波がやってきたそうです。
なので、この写真のところには、津波は来なかったそうですよ。

中々まだまだ復興には時間がかかると思いました。
それまでに予測されているような次の地震がやってこないことを望みますね。
被害のあったところは壊滅的っていう言葉が、そのままのまんま・・・でした。

v-483ぽかぽかようきさんへ
年配のご夫婦でやって来た人も何組もいましたよ。
自分に出来そうなものをやれるといいですね。

v-483アマリリスさんへ
被害に遭って家を流されたり家族を亡くされた人たちの中には、今は前向きに歩きだしている姿が印象に残りました。
「もう70歳だからとは言わない。これからなんだって思うようにしているの・・・。」と言った向こうの方が忘れられません。パワーがあるでしょう?
私はずっとやりたいと思っていたことが出来ただけで、別段に良いことをやりに行ったとは思っていないのよ。

v-483ミーばぁちゃんさんへ
復興にはまだまだ長い時間がかかるように思います。
神戸とは比較にはならないかもです・・・・
原発もまだ静かに眠る狼のようでもあり、いつどうなるかも明言できる状態ではないからです。(煙の上がっている福島の煙突を見てそう思いました)
しかし現地の方々に元気が無ければ、どうもこうも前に進むこともできません。

花は何時でも優しい思いで、私達に力をくれますね。

v-483小麦さんへ
ほんと、小麦さんの仰る通りなんですよ。
現地では、多分言葉では言えない辛い大きな山をやっと越えてきたところではないかしらね。
「頑張って。」とは言えませんでしたので、「お元気でいてくださいね。」と申し上げてきました。




[ 2012/04/19 18:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索