はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

再び被災地東北へ、花植えのボランテァ

昨年立てた看板が健在でした。

301303花植えボランテァ1 

昨年に引き続き、宮城県亘理郡山元町に今年も花植えのボランティアに行ってきました。
町田市法人会が一年間集めた義援金で花の苗を山元町へ届けることが目的です。

町の花植えのボランティアの方々と一緒に、山元町庁舎前の花壇に色とりどりのパンジー、忘れな草
金魚草、アリッサム、ノースポールなどを植えました。

4tトラックで町田市から運ばれた約10000株の苗を植えて行きます。
到着が遅くなったので着いたらすぐに作業に入ります。

花植えボラ・東北7

山元町の花植えのボランテァグループの方たちと、交流もしながら・・・

花植えボラ・東北2

花植えボラ・東北1

あっという間に植え付けられていきます。

花植えボラ・東北3

私たち一行は関係者を含めて、バス1台分の人数です。

花植えボラ・東北5

だんだん出来上がってきたかな~

花植えボラ・東北6

花植えボラ・東北4

行きの交通渋滞で、始めたのは午後3時ころになってしまいましたが、何とか植え込み出来たでしょうか。

こちらはお昼のお弁当を調達したお弁当屋さん。昨年もお店が出来たての時伺いましたね。
復興後早くに出来た美味しいお弁当屋さんです。復興作業をする人たちにとってはただ一軒のお弁当屋さん。

2013山元町のお弁当屋さん・

町の風景と言えば、がれきの山は1か所だけバスの車窓から見ました(見た場所がほんの狭い地域のみでしたが)
こちらの産物のいちごのビニールハウスは、数が増えていて嬉しかったです。

山元町・イチゴ 美味しいイチゴでした

ですが、まだまだ新しい家は建っていません。
大きな重機がやっと動き出したのではないかという感じでした。
新しいお墓がひと集まりして建っているところを何箇所か、バスの窓から見ました。

2013山元町

一緒に花植えした地元の方が、「町庁舎の近くに震災復興住宅の一号舎が50戸建てられてその内の
20戸はもうすぐ入居になるのですよ。」と、嬉しそうに話されていたことが印象的でした。

到着が遅くなったので、ちょっとしたセレモニーも花植え終了後に行われました。
「お元気でいてくださいね。また来ます。お身体お大事に。」と言って地元の方々とお別れしました。


夜は会津磐梯・飯坂温泉で一泊し、翌日は観光で、鶴ケ城天守閣まで登り美しい山並みの展望を眺めました。

吾妻山連峰と磐梯山(車中から撮る)

吾妻山連峰と磐梯山

お昼を取った磐梯  では郷土料理も入ったお昼ご飯を頂き、白虎隊を物語るおどりも見せていただきました。
ここ会津磐梯は原発から100キロ離れたところだそうですが、3.11後は車も入ってこれなかったのもありますが
3か月間は人ひとり訪れる人も無くお店の従業員も離れざるを得ない人もいて・・・翌年やっと
以前の4割くらいの人が訪れるようになり、
今は7割くらいの観光客に戻ったと踊りを見せてくださった若い従業員の方が語っていました。

被災地東北の方がたは広範囲で、被害を被ったことが伺えます。

また来年、お互い元気でまたお会いしたいと思いました。


☆昨年第1回花植えボラの記事です。
被災地に花を1
被災地に花を2

 [ 2013/03/20 00:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(7)
久しぶりの一番乗り^^
はなこさん。こんにちは。
春の展示会や料理教室で忙しかったので中々お邪魔出来ませんでした。
ごめんなさいね。

素敵な活動をされていますね。
あれから2年ですが、何も変わっていないのが現状かしら。
心がお花で少しでも和むかと思います。はなこさんたちの活躍は素晴らしいです。

少しでも被害を受けた方たちの生活が戻る事心からお祈りする私です。
吾妻山連峰と磐梯山が綺麗です。
[ 2013/03/20 11:56 ] [ 編集 ]
こんばんは
再びボランテァに行かれたのですね お疲れ様でした。
2年が経ってもまだまだ現地は厳しい状況なんでしょうね。
私はニュースで知るくらいなので 現地がどの程度復興しているのかわかりません。
ボランテァの皆さんが心を込めて植えた花々は被災地の皆さんに、これからもまた頑張ろうと元気づけられた事と思います。
上の方がおしゃっているように、素敵な活動だと思います。
翌日は観光もされたのですね 吾妻山連峰と磐梯山 清々しくとても素敵な眺めですね。
「また来ます」の言葉に被災地の皆さんは、嬉しかったと思いますよ。
[ 2013/03/20 18:50 ] [ 編集 ]
いいことをなさいましたね。
それも続けてというところが偉いです。
翌日の観光はいい山々が見られてよかったでしょう。
でも復興は長い時間がかかること、テレビで見ていてもわかります。
お互い頑張って続けていきたいですね。
[ 2013/03/20 20:41 ] [ 編集 ]
今年も花植えのボランティアに行って来られたんですね。
どういうお仲間かな~って思ってました。
お花や緑があると被災地の方も気持ちが潤いますね。
福島の現在の様子をテレビで見て、
「なんてことが起きたんだろう」とあらためてショックを受けます。
復興が進んでもっと沢山の人が住めるようになるといいですね。

吾妻山連峰も磐梯山も美しいですね~
[ 2013/03/20 21:25 ] [ 編集 ]
Akiko.H
交通渋滞の中、午後3時からのお花の植え付けボランティア、たいへんお疲れ様でした。
がれきの山はだいぶ姿を消したようですが、何もない風景に心が痛みます。
山元町のボランティアの方々との共同作業、10000ポットの花苗はやがて、花一面に
なるのでしょうね。植物の力は、すごいと思います。きっとたくさんの方々の心を癒すことでしょう。
ほんとにお疲れ様でした。
[ 2013/03/21 18:25 ] [ 編集 ]
こんばんはv-266

きちんとした活動をされていますね。
「被災地に花を」は まさに はなこさんにぴったりです。

数日前の停電騒動で、2年たっても 変わっていないなあと
思えましたが、こうして 人の心がある所は すこしずつ
変わっていってますね。でも、撮ってこられただだっ広い
何もない風景はさびしいです。
[ 2013/03/21 18:25 ] [ 編集 ]
長々と読んで頂きありがとうございました。
v-278子豚のママさんへ
進んでいないのは「何も。。。」ではないと思いますが、復興への道のりはゆっくりで遠いと。
たまたま今回又お誘いがあって、友達も出来たので行ってきたのです。

v-278アマリリスさんへ
花を植えた所には津波は来ていなかったのですが、再建となるといろいろな問題が
あり、解決しながらということになると牛歩の歩みになるのでは・・・?
皆さんは昨年の感じより少しお元気になられたかな・・・?とお見受けしましたがどうだったでしょうね?

v-278はるるさんへ
人生のいろいろの物事は本当のところは、実際に自分に降りかからない限り
人間分からないのと違うのではないでしょうか?
綺麗事では片づけられないとおもいますね。
明日は我が身です・・・・

v-278sachiさんへ
初めは、広報紙で募集が載ったのです。
今回は、昨年参加した人にだけ通知されて参加したのです。
参加したら、昨年顔見知りになった方々ばかりで・・・また親交を深めましたね。
お友達が出来ましたね。

v-278Akiko.H さんへ
山元町には富山県からも昨年チューリップの植え付けのボランティアが来ていたようです。
その前面の花壇に今回の花を植えました。
富山のチューリップと町田の花々、時期になったらきっと綺麗に咲くと思います。
綺麗に咲くといいですね。

v-278ざぁくざさんへ
そう・・わたしにぴったり!と最初思って参加したのです。
これくらいのことしかこの年では・・・出来ないかもしれないか・・・?
出来そうなボランティアだあってよかったです。
それに来年もまた行くらしいので、続けられるということは、お世話してくれるところがあるからです。
有りがたいことと思います。
[ 2013/03/22 11:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索