FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ふぐの子糠漬け

食の話題が広い夫の友人から、珍しいものを頂いた。

発酵学の世界では著名な、N大のK教授が食の世界遺産と
称した、ふぐの子糠漬け。

ふぐの卵巣は、猛毒と広く知られているが、
その卵巣を3年糠につけて、毒を解毒し(発酵解毒というらしい)
食べてしまう驚くべき日本人ということのよう。

江戸時代から作られているらしいが、K教授によれば
「この地球上でもっとも珍奇な食べ物は何か」と聞かれたら
この毒抜き発酵食品と言っているようだ。

お味はどんな風かと言えば、
「コクのある、塩辛!」と私が言ったら、家族も「そうそう....だね。」
と同意した。
3年も糠に漬けたシロモノだから塩っぱい。

食べてしまってから、「毒だったら、どうしよう...?」と
言ったら、
「毒だったら、食べてすぐ来るよ。」
「口に入れたらもう、すぐ唇がしびれるよ。」と言われて
一安心した。

もっぱら、お酒のおつまみにしたが、お茶漬けがグーらしい。
珍味にゃ、珍味だが、わたしゃ、明太子のほうがいいかな?

ふぐの子糠漬け 1


晩御飯
ラーメン鍋 いよかん
ラーメン鍋

 日曜日だって主婦には休みなし、御飯作りも皿洗いも~。
  今日は簡単にさせてね。
伊予カン

  みんな、みかんは自分でむいてよね。
  頼むよ、もう。
 [ 2007/03/12 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索