はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

富士山すそ野一周ウォーク 第3回

梅雨入りし、お天気模様を心配しながら富士山すそ野一周ウォークも 第3回目を迎えました。

まだ美しい緑の季節を堪能できたことや、晴天ではなかったものの、雨には降られなかったこと、
そして、富士山が文化遺産として世界遺産に登録されるであろうに相応しい、今まで知らずにいた偉人が
存在した物語を知るウォークになったことなどが、今回嬉しかったことでした。

今回は、須走り冨士浅間神社~伊奈神社~水土野~さくら公園~川柳浅間神社~印野~御胎内までの
約13キロです。
運よくどこを歩いていても、いろいろな姿の富士山を見ることができました。

須走り冨士浅間神社(正しくは東口本宮浅間神社という)前から眺めたこの日の富士山です。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回 浅間浅間神社

先月歩いた時より雪が解けていて、少しばかり男性的と思った富士山の姿です。

前回は最後にここに到着した時に雨に見舞われた須走り冨士浅間神社から、今回はここからのスタートです。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回①

平安の初め、富士山の噴火・地震が止まらず、国司は沈下を祈願するためここに祭事を行ったところ、
翌年噴火が止まったとされる。
以後人々の安泰と平和を祈る信仰を集めた神社。

それから300年以上もの長い間噴火は起こっておらず、いつ噴火してもおかしくはないと今、言われていますが嫌ですね。

緑は濃く美しく、花も芽吹いていました。

モミジ・ミズキの花・ホップのような花のクマシデ・ニリンソウ・ハナイカダ・マムシグサ

富士山すそ野一周ウォーク 第3回②

マムシグサは、雄株で何年か過ごし根っこに栄養を蓄積すると雌株に性転換をする植物だそうです。
後世に子孫を残して行くための、植物の様々な工夫です。

さぁ、これが今回一つ目の富士山周辺の偉人の伊奈半佐衛門忠順(イナハンザエモンタダノブ)の像です。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回③

宝永4年(1707年)11月23日富士山の5~6合目付近が爆発し、この辺りに莫大の火山灰を降らせました。
(約3M、浅間神社鳥居も大部分埋もれたという。)
当時この地方の小田原藩主は藩での救済を放棄し、亡村として幕府に返上しました。
見放された村民は餓死、逃げるもの数知れず、幕府は伊奈半佐衛門忠順に救済を命じたが、復旧は進まず
伊奈氏は老中の連署を得ずに、窮を急ぎ幕府の貯蔵米を放出して多くの人々を救ったのですが、
無許可で幕府の米蔵を開けた罪に問われて切腹を命じられた。
村民はその徳を偲んで、各地に伊奈神社を祀り長く語り継いだという話です。

像がある伊奈神社。270年後の昭和32年に伊奈神社と像が建立されました。小さい神社です。

伊奈神社

私はこの話を聞いた時、第二次世界大戦中、杉原千畝が戦火を逃れてくるユダヤ人難民の窮状に同情し
外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6000人にのぼる避難民を救ったという話を
思い重ねました。
いつの時代にも、正義に満ち溢れて自分の行動を起こす人がいるものだと思いました。

今回はすべてアスファルト道でした。マーガレットが綺麗に咲く国道沿い。
林間学校でウォークラリーをしている千葉県の人なつっこい可愛い中学生にもあったりして
お互いにエールを送り合ったりし、楽しかったです。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回⑤

近くは本州最大の広さを持つ自衛隊の東富士演習場があって、自衛隊の車が多く行きかいます。

そしてここが今回二つ目の、偉人を祀ってある野中夫妻の顕彰碑です。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回④

野中至は明治28年、正確な天気予報は高いところでの恒久的観測が必要との信念から私財で富士山山頂での
冬季観測に及びました。
酷寒での夫の身を案じて妻は後を追って山頂に登り観測をしましたがましたが、高山病、栄養失調、2時間置きの観測作業に
身体を壊し二人ともに救出されました。
後年夫婦はここの地に移り住んで、富士山測候所に勤務する人々にアドバイスと励ましを続けたという話です。
後年新田次郎の小説にも、取り上げられました。(伊奈半佐衛門忠順も。)
そんな時代に女の人が、富士山に登るなどということも皆無だった時代です。

今の気象観測の土台になったことでしょう。

さて、終着地の樹空の森公園。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回⑨

富士山がよくわかるビジターセンター、アスレチックやゴルフ場もありました。
隣には御胎内温泉があります。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回⑩

この日、この富士山すそ野一周ウォークを完歩された方がいました。
富士山がよく見える3階屋上で、完歩証が贈られました。記念の富士山腕時計も。
ウ~ン、すごい。
ツアーガイドの先生がオカリナで「富士山」を吹いてくださり、みんなで完歩を祝福しました。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回⑧

そしてここがこの日の温泉。御胎内温泉です。

富士山すそ野一周ウォーク 第3回⑦

一回一回が、辛抱や努力や運やいろいろのおかげの積み重ねです。
今日も勇ましく、美しい富士山と歴史をありがとう。
辛抱や努力、運ですか。
そのとおりでしょうね。皆さん偉いです。
知識も得られてすばらしい富士山も拝むことができました。
富士山はやはりパワーがありますね。
[ 2013/06/10 18:56 ] [ 編集 ]
富士山すそ野一周ウォーク
こんばんは~

富士山すそ野一周ウォークに挑戦されてましたね、
今回は3回目らしいですが
一周完歩にはあと何回ウオークされるのでしょうか

今回はいたるところで霊峰:富士山が眺められてラッキーでしたね
この時期はなかなか姿が見られないものですがね。

偉人の伊奈半佐衛門忠順氏の件
さらには野中夫妻の話は私も初めて知って
おかげでまた一つ賢くなりました。

富士山樹空の森公園へは行ったことが有りますよ
桜の時期だったのでとても綺麗だったのが思い出されます。
御胎内温泉へは入らなかったですがね。
[ 2013/06/10 22:29 ] [ 編集 ]
畏敬の気持ちになる富士山の姿ですね。
富士山が活火山だという事を時々忘れています。

植物の緑が眩しいです~
マムシグサは不思議な生態ですね。

どの時代にも徳のある方はいらしたんですね。
伊奈半佐衛門忠順氏や野中夫妻のこと知りませんでした。
辛抱や努力や運を積み重ねて毎回達成されてますね。
[ 2013/06/11 00:04 ] [ 編集 ]
もう3回目なんですね!
お元気に3回目のウォークおめでとうございます。

歴史の勉強にもなるし 珍しい花達にも会えて なんて素敵な企画なんでしょう 今回 富士山の珍しい姿を見る事が出来ました これまで見た富士山と少し雰囲気が違いますね そう言えば男性的かな?

富士山腕時計 どんなんかな? 富士山の写真が入っているのかしら?はなこさん 貰えたらアップして下さいね お疲れ様でした。

[ 2013/06/11 09:43 ] [ 編集 ]
v-279はるるさん、こんばんは
富士山、特別な思いがありますね。
実ははるるさん、私、大変に足が痛いのです・・・
膝も今調子のよい時でもないし、甲高足で靴に当たって今回もやっと。
靴を脱いでしまえば、2^3日で治るのですが毎回、最後まで歩けるだろうか・・・と
心配しながら歩いているのです。

v-279はたやんさんへ
今回で4分の一を歩いたことになります。(全12回)
雨が降ろうが、雪の月もありそうですが、1年で終えなければいけないというわけではないので
無理をしないで歩きたいですね。
おかげでいろいろなことを知るチャンスに恵まれ、楽しみも倍増です。
歴史も苦手なので、知らないことばかりで物珍しいです、私。
全体のペースで移動するので、ツアーは忙しいですが・・最後には毎回温泉に入ってきます。
自分の街まで帰ってきたら、ビールを飲んで帰ります。それがまた、美味しいのですよ。

v-279sachiさんへ
sachiさんの生活圏では、お天気が良ければ富士山は見えますか?
ホントに世界に誇れる素晴らしい山ですね。
私も何ひとつとして、知っていることはないので、楽しく歩いていますが
私足があまりよい状態ではないので、苦労もしていますよ。
何とか最後まで私も世界遺産の記念に歩き遂げたいと思っているところです。

v-279ケイコさんへ
あはは、おめでとうというほどの事ではないよン
富士山腕時計、もらってみたいね、どんなのかな?
多分文字盤が富士山かしらね?
ケイコさん、膝の具合はいかかですか?
私あまりよくないので歩くのがちょっと大変でした。靴も甲高の骨に当たってそれはそれは痛い・・・
[ 2013/06/11 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索