FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

トリカブトの花

大分夏が衰えてきました。
湿度が低いので、暑いけれど過しやすくなってきて・・・ホッとします。

庭の片隅で ♪トリカブト の花が咲きだしました。

20130827トリカブト1

解毒出来ない毒を持っているので、嫌う人が多いでしょう、多分。
側にあった大きな木を切ってしまったので、日当たりが良すぎて、葉が日焼けをしています。
園芸種と思います。もう、8年ぐらいたっている株で花も何本も出来ています。
まぁ、なぜこんな花をとお思いでしょうが、ただただ、植物好きだからです。

♪吾亦紅も秋への空に映えます。

20130827吾亦紅

吾亦紅のほとんどは、昨年から薔薇の黒点病が移り、大きくなる前にみな枯れてしまいます。
たったひとつこれだけが咲いて、存在を証明するようです。

ミモザアカシアにあったセミの抜け殻・・・

20130827セミの抜け殻

抜け殻だけを残して、セミは生を楽しんでいったでしょうか。



晩御飯
買ってきたお寿司                      カレー
20130825晩御飯 20130823晩御飯
 [ 2013/08/28 16:20 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(12)
こんばんは
トリカブトと聞いたらすぐに毒と思ってしまいますが、綺麗な花が咲くんですね。
吾亦紅の画像がとても綺麗 すっきり青空で、見ていて気持ちがいいです。
このような青空 私のところではあまり見られませんね。
お寿司色々で美味しそうですね。e-454 
[ 2013/08/28 19:23 ] [ 編集 ]
やはり・・・・。
お早うございます しのぎやすくなりましたが 週末 台風15号が接近するらしいので豪雨が心配です 何事もなく過ぎれば良いのですが。

やはり はなこさん宅 植物園だわー 珍しい花が一杯 凄いわー 吾亦紅 風情が有る木ですね バラの黒点病は怖いですね 最近 バラを育てるのは諦めました。

人間は考える葦である なんて言ううけど セミさんもアリさんも人間以上に色んなことを考えて生きているのでしょうね 何時も どんなことを考えているのか知りたくなります 分かればノーベル賞 貰えるかな?

お寿司大好き人間は 見ると食べたくなるわー。
[ 2013/08/29 09:41 ] [ 編集 ]
植物好きなはなこさん。
お庭が広いからなんでも植えられますね。
そして地植えというのは楽ですね。鉢ばかりあると、どうしても思ってしまいます。
カレーは大好きで、でも夕食の量とか腎臓が悪い主人では、あまり作らなくなっています。なので昼間一人でレトルトで食べています。
[ 2013/08/29 19:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/08/30 01:49 ] [ 編集 ]
吾亦紅 好きです、、、、
中国の皇帝が「赤い花を集めよ!」と言った時に、見向きもされず、、、
「我も赤なり、、、、」 何か、、、健気で好きなんですよね。。。。。

お寿司 カレー どちらも美味しそう~♪
お昼にお寿司 買ってこようかな^^
[ 2013/08/30 08:22 ] [ 編集 ]
こんにちは。
はなこさん~素敵なお花ですね。
トリカブトと聞くと事件を思い出してしまいます。

でも綺麗なお花ですね。
はなこさんも市販のお寿司を買うのですね。いつも美味しい物を作るので・・・正直驚きました^^

カレーを見たら食べたくなりました。
[ 2013/08/30 12:49 ] [ 編集 ]
トリカブトにワレモコウ
こんばんは~

先日箱根にある湿生花園へ行ったときに
このトリカブト、ワレモコウの花を見ましたよ。

ワレモコウの花の撮影はなかなか難しいですよね、
はなこさんの撮った秋空に向かって咲く姿が何とも素敵ですよ!

暑いこの時期には大好きなカレーをよく食べてます
最近では安直なレトルトカレーも
美味しいのが多くなってますね。
[ 2013/08/30 21:20 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
お~トリカブトですね。
以前車山に登った時この花を初めて見ました。
草原で見るトリカブトは物すごく濃い紫でちょっと怖かったです。
もちろん高山植物なので採取してはいけません。

はなこさんのところで園芸種があるんだ~ってびっくりしましたよ。
まだ園芸ショップで見たことがないです。

宿根そうなんですね~毎年咲いてくれるのね。
それにしても面白い形をしてますよね~
[ 2013/08/30 21:39 ] [ 編集 ]
一時期に比べれば過ごしやすくなりましたね。
トリカブトの花、普段見れないので見せていただいて嬉しいです。
やっぱり先入観を持って見てしまいますが微妙な色合いですね。

カレーがとっても美味しそう~
缶詰のタイカレーも美味しかったですが手作りが一番ですね。
[ 2013/08/30 21:59 ] [ 編集 ]
こんばんは🎵

トリカブトは、ドラマでは飲ませますが、
触れるだけではかぶれたりしませんか?
お世話をしている花子さんは免疫ができて
カリカブト殺人事件の時はなこさんは無事だった
なあんて妄想しました〜。

お人形のリボンがとれて、なかなかしばれず、
大騒動しました。もう、そうならないように
ボンドでしっかりとめました。
[ 2013/08/30 23:15 ] [ 編集 ]
トリカブト
解毒剤のないトリカブトを植えてしまうはなこさん!ただ植物好きだから?
うん、わかるような気がします。結構身近に毒をもった植物って多いんですよね!
あの繁殖力の強い朝鮮朝顔も毒をもっていると聞いたことがあります。
「棘のある花ほど・・・」ではなくて、「毒のある花ほど美しい」でしょうか。
[ 2013/08/31 10:40 ] [ 編集 ]
v-278アマリリスさん、こんにちは
またまたすごい暑さにぶり返していますね。
早く秋になって欲しいですが、今日あたりはそちらでは雨になっているでしょうか?
羨ましい・・・
買うお寿司も中々大盛りでした。

v-278ケイコさんへ
暑くて参っちゃいますね。
そちらの方では台風の心配ですね。こちらはカンカン照りで参っています。
お寿司美味しいですね。
酢の物、若い時は苦手だったかもしれませんが、この頃はいいですね。
毎日お寿司でもいいかな~
私も薔薇はミニ薔薇でも今年、最後にするつもりなんです。相性も悪いわ。
手に負えないというところです。

v-278はるるさんへ
夕方水撒きに庭に出ると、頻繁にカレーの香りがしてくるのよね~
ご近所でも手軽に作っているのでは?

最近レトルトでも美味しいのありますよね。
缶詰でもありますよ、私んちは、いなばの「タイカレー」という缶詰時々使いますよ。ほとんどお昼ご飯になっていますが。
チキンとツナがあります。
量が少ないですけどお味は辛くって中々いいですよ。探してみて~

v-278鍵コメさんへ
後でお返事しますね。

v-278小麦さんへ
中国では吾亦紅はそう言うお話があるんですね。
こういうお話大好きだわ~
教えていただきありがとうね。

こう暑くて、作ってばかりいられませんよぉ。

v-278子豚のママさんへ
トリカブトはお近くの高原で見ることもあるのではないでしょうか?
自然のものは色がもっと濃いの。原っぱで咲いていても、すぐにわかるわ~
トリカブトはとてもオーラがあります(笑

お寿司もお総菜も買いますよ。
この暑さで三度三度に飽き飽きしているの。
でも食べてから、やっぱり家で作った方が美味しかったな・・・と後悔もあるけど
便利さにはかないませんよ。

v-278はたやんさんへ
お暑いのにはたやんさん、フットワークが軽いですね!!お元気で何よりです。
私も家にいるのに飽き飽きしているのですけど・・・秋に期待していますよ。

箱根にある湿生花園の吾亦紅は見たことがありますよ。
間違っていなければ、一群でずーと広く咲いていましたね。
そうそう、カレーはレトルトでも美味しいのが出来ていますね。
とても便利ですよね。

v-278misakoさんへ
私は昔近所でトリカブトの野性を見たことがありますよ。
そう、色がもっと濃い紫色していたわね。草むらの中でもトリカブトはとてもオーラがあって
「あー、これがあのトリカブトか!!」と感動した覚えがありますよ。
怖くは無いけど、あの、九州の方であった事件をいつまでも忘れませんね。
植物には毒を持っているもの、沢山ありますもの。
ヒガンバナだって、カロライナジャスミンだって、ジキタリスだって・・・
でもこれは人間がまだ発見してない解毒出来ない毒を持っているのよね。
フグの卵巣と同じかな。

v-278sachiさんへ
そうだわね・・・本物はもっと色が濃い。
でもこれも毒はあるかもしれない・・・・とても鶏の鶏冠に似ていてオーラが強いの。

夕方庭に水撒きに出ると、頻繁にカレーの香りがしてくるの。
どこかの家でも、カレーよくしているのね。

v-278ざくぁざさんへ
そうね、あんまり触らないようにはしていますね。
葉にも茎にもねっこにも毒があるらしいね。
植物を切った時に白い汁が出るものは大抵毒らしいよ。

で・・・お人形さんのリボンはきっちりつけられたのね?

v-278Akiko.Hさんへ
そうそう毒を持っている植物は多いですよね。全体の3割以上はあるんと違う?もっとかな?

昔、あるお花屋さんがとっても色々な種類の花を持ってきてくれて、私はとても勉強させてもらったのです。10年以上も前かしら?
思えば、花の流行もみなこの花やさんから流れてきて、いつの間にか花屋さんは
そこを閉めざるを得なくて閉店し、どこへ行ってしまったのかしら?と思っていたら、ある時別の場所で偶然に
再会できて向こうが覚えて下さって・・・。
そして、そこも閉店してしまって(区画整理で)
つい先日、3回目ですけどまたスーパーのテナントに入っているそのお花屋さんと偶然に再会することが出来たの。
その時も、お店に入って来た時から、私だと分かったと言ってもらいちょっと
話しましたね。
その時つくづく思ったのですが、人のご縁というものはこういうもので、どこかで繋がっているものと思いましたね。
お花屋さんは、35歳で居ない息子と同じ年でした。
お客さんをよく覚えて下さって、きっと将来は大きなお花屋さんになると思います。
長くなっちゃった・・・
[ 2013/09/01 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索