はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

紅葉の京都へ 2

紅葉の京都、2日目です。

岩倉実相院の床もみじを見学です。
寺の室内の黒漆塗りの床に外の庭のもみじ風景が映っている光景を、「床もみじ」と言っています。

岩倉実相院1 岩倉実相院2

室内から庭の方を見る風景は写真を禁止されていますので写真は無です。
多分この辺りの正面のお庭が、室内の漆塗りの黒塗りの床に映っていたのでしょう。

岩倉実相院3

鮮やかなもみじの紅葉の庭が、黒塗りの額を掛けた絵のように見えました。なるほど・・・

外でも、このあふれんばかりの も・み・じ です。

岩倉実相院4

午前中にあと2か所・・・

細い道を入って、古知谷・阿弥陀寺へ
ここも隠れたお寺ですが、

中国風の楼門
古知谷・阿弥陀寺

ここからが昨日と同じように急坂を上って行きました。
またも心臓がバクバクしました。きつかったなぁ・・・

古知谷・阿弥陀寺4

ここのお坊さまが感じのとてもよろしい方で、この寺の歴史について説明してくれました。
この本堂の右奥に、薄暗く、少々気味の悪い空間の奥に即身仏となった弾誓上人のミイラを納めた岩窟が
ありました。
弾誓上人が修行に入った日が5月23日と聞いて、私は思うところがあって・・・(何かのご縁があるかもと思った)
お坊様が温かみあるよい感じだった印象でしたので、財布の底の硬貨を全部ぎゅっと握ってみな
お賽銭箱に入れ手を合わせました。

枯山水の庭

古知谷・阿弥陀寺2

古知谷・阿弥陀寺3

秋にはカエデの紅葉が絶品のお寺だそうですが高いところにあるだけに、すでに盛りは去って11月半ばだったそうです。

そして最後の目的地は、過去何回か訪れたことのある 大原・三千院
かつては青蓮院や三千院は貴人や仏教修行者の隠棲の地でしたが
                              
                                極楽院阿弥陀堂
三千院1 三千院2 

宸殿前に広がる苔の密生した樹林 可愛らしい苔生した童地蔵もいて。

 三千院3 三千院4

今や、門跡まで続く来道はいろいろなお店が並び、観光に訪れた者には楽しい参道になっています。
霜が降りるのももうすぐという感じの京都の三千院でした。

今回は隠れた紅葉の名所を訪ね 美しい紅葉を満喫してきました。
次は桜の頃、また違った景色を見に行きたいと思いましたね。

午後は、一途帰途へ。

 [ 2013/12/01 18:07 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(10)
はなこさん京都に旅行でしたか。
京都の秋はいいですね。
みなすてきな写真ばかり、昔むか~し行きましたが、今この年になって行くと良さがわかるんですよね。緑の苔のうえの落ち葉はきれいです。
[ 2013/12/01 19:11 ] [ 編集 ]
京都へようこそ
なんと近くに来られてたのですね。

光明寺は檀家です。

家から車で10分ぐらいですよ。毎年ここは行くのですが今年は行けなかったです。

京都の紅葉楽しまれて、京都の人より他府県の方がたくさんおいでくださlますね。

写真綺麗です。楽しませていただきました。
[ 2013/12/01 20:26 ] [ 編集 ]
写真で楽しませて頂きます
こんばんは。
やっぱり京都は いいですね。
しばらく行っていないので、
ステキな写真に 見とれてしまいましたよ♪
紅葉も、苔も、ライトアップも…
みんな 良く撮れてますね。
何回も見てしまいました。
あ~ 京都に行きたい!!

京都は無理だけれど…
鎌倉 長谷寺の ライトアップを見てきましたよ。
でも 明るいうちのほうが、良かった気がしましたね。
強いライトが目に入ったり、建物がグリーンに照らされたり、ちょっぴり残念でした。

近所では、 まっ黄色の銀杏がハラハラハラ。
紅葉も、もう少し楽しめそうです。

[ 2013/12/01 22:15 ] [ 編集 ]
ん?この記事はコメント欄が開いてるんですね。

お忙しくされていても、更新だけはされていたので

はなこさんが体調不良ということではなくて 充実されてるんだなあと感心していました。

「床もみじ」ですか。またお勉強させていただきました。

中国風の楼門は「浦島太郎」の挿絵に出てきたような気がします。

「不思議なご縁」に出会えてよかったですね。

そういう出会いが何かに結びつくかもしれません。
[ 2013/12/02 07:51 ] [ 編集 ]
満喫!
お早うございます!
京都の紅葉を満喫なさったようですね どれも素敵な写真で見入っています どれも ばっちりよく撮れていますね 関西人が言うのもおかしいですが 京都は 見どころが沢山で まだまだ 知らない所が一杯だと分かりました 有り難うございました。
[ 2013/12/02 10:26 ] [ 編集 ]
京都の紅葉ざんまい
こんばんは~

前回の記事から京都へ行かれたのは知ってました~

前回UPの、光明寺のすばらしい紅葉景色、
ライトアップの青蓮院門跡や
竹林のライトアップも幻想的でしたね~

岩倉実相院の床もみじは以前TVで見てましたが
黒塗りの床に映った庭園の真っ赤なモミジは
実際に見たらさぞかし見事なものなんでしょうね。

やはり京都の寺社のモミジ紅葉は抜群の美しさと
規模の大きさが違いますね。

京都のモミジ紅葉はず~~~っと前に関西に勤務でいたころ
何回か見に行ったことがあるだけで
最近はまだ行ってませんので
来年あたり出来たら見に行きたいと思ってます。

素晴しい画像を見せて下さって
有難うございます。


[ 2013/12/02 21:34 ] [ 編集 ]
充実したお出かけが続いてますね。
京都の紅葉、綺麗です~
黄色い銀杏と紅いモミジはどう違うんでしょうか・・・
散り際にこんなに鮮やかに紅葉することでより感動しますね。
ライトアップは幻想的で違う美しさもありますが、
昼間の自然な紅葉がいいですね。
[ 2013/12/03 16:55 ] [ 編集 ]
v-482はるるさん、こんにちは~
風邪、流行っているようですね、お大事にしてくださいね。
京都の紅葉に魅せられて、ここ何年かは美しい京都通いをしましたが、秋の京都はこれで
やや満足しました~
また、違う時に行けたらと思っています。

v-482ミー様へ
へぇ、檀家が光明寺ですか~!それでお近くなんですね。
この紅葉の参道はとってもきれいですね!
京都は奥の深いところだと思います。
今回仲間から二条城の桜の時期が素晴らしいと聞きました。
ほんといいところにお住まいですね、羨ましいです。
また、いつか行きたいです~

v-482花ボラさんへ
11月は、遊ばせてもらいました。
来年に向けての、英気も少し育ちました。やはり旅ですね。
先々のよい経験もしました。うふふ、花ボラさんをまねて・・・
やればできるの勢いでしたよ(笑

いよいよどこも、晩秋の風情になってきましたね。
今年の紅葉よかったですね。
この頃ウォーキングに、近くの公園へ行っています。あそこも晩秋になって来ていました。
人生も晩秋の始まりっぽいですね。

v-482ケイコさんへ
ケイコさん、お近くでいいですね~
近すぎると、あまり出かけないものですが。
ウィークディならば人混みを避けられるかもですね。
よかったですよ、京都。

v-482ざくぁざさんへ
開けたり閉めたり、気ままにやっていてすみません。自己満足のブログでやんすのよ。ごめんちゃね。
私にとっては、ブログは自分の記録の意味があるので書くだけは書いておこうと思いますのよ。
遺書代わりかな?家族や周りの人がこんなことして暮らしていたんだ・・・と思ってもらえればとも思っているのです。
PCもサッサかできない人なので、手短に記録だけと思ってね、これからもそうなるかもです。

ほんとですね、楼門は「浦島太郎」の挿絵ですよね。
あそこに不思議とは思います・・・
だってとってつけた感じで・・・また、暇な時調べてみたいです。
なんであんな門があそこにあるのか。

v-482はたやんさんへ
流石「JR 東海」は魅力的なコマーシャル作りをしていますね。
どこもここも、あのコマーシャルのロケ地で、TVで見るだけで「行ってみたい!」と
心を温めるような、京都はどこも美しい出来栄えになっていますから。

日本は本当に美しい国と思います。
春、夏、秋、冬・・・どれをとっても、絵になる国です。
すこしばかり英気も養い、旅への自信もついてきました。
両父母も亡くなり、つれあいの介護が始まるまで(自分が先になるかも?)、
また、自分の健康が許すだろうつかの間の許された時間を、悔いなく過したいと思っていますよン。

v-482sachiさんへ
紅葉と黄葉の違いは、その植物のもともと持っているカロチノイドの違いや量で
赤くなったり黄色くなったりするそうですよ。
日のよく当たりところではもみじが真っ赤に紅葉し、また、陰の方の葉っぱは紅葉が遅いか緑色に近い色(オレンジとか黄色っぽい)なのです。

そうねぇ、元々人工的に作りだすっていうものがよい場合もあるでしょうけど
私は、どちらかというと自然のままが好きなので・・・昼間がいいと思うのですけど・・・
第一暗いと足元が見えなくて・・・危ないです(笑



[ 2013/12/03 17:32 ] [ 編集 ]
京都の紅葉
やはり、京都の紅葉は格別ですね。
そのカエデの多さでしょうか。真っ赤に染まって
「床もみじ」、なんと風流な呼び名なんでしょう。是非、見て見たいものです。
京都のご旅行は、モミジの名所でも選りすぐりの場所ですね。
私は京都には、実家のお墓もあって、年に何回は行くのですが
紅葉の時期には行っていないのです。人出も多いと聞いて
でもはなこさんのお写真からは、十分観賞できそう。来年は是非行ってみます。
[ 2013/12/03 18:17 ] [ 編集 ]
v-280Akiko.Hさんへ
ウィークデイだったせいか、そんなに混んでいませんでした。
いつかの清水寺はものすごかったです。床が落ちてしまうかと思われるくらい・・・・

Akiko.Hさん、京都がご実家なんでしたね。
何時の季節もよいでしょうが、また行きたいが重なって、続けて3回も訪れてしまいました。
真っ赤な紅葉が、華やかな京都のイメージにも相まって、鮮やかなこと。
よかったですよ。
[ 2013/12/03 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索