はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

新たな思い

年が明けたことに、今年は特別な思いと感覚があります。

これはそのひとつ、片づけることにした1000枚の絵手紙。

201401101000枚絵手紙

この1000枚の絵手紙は、両親が存命中に(約20年前)私が送った約1000枚の絵手紙です。
この他にも巻き紙絵手紙もありましたから、数としたら1000通以上になるでしょう。

両親の他界以後の実家の片づけをした時に、几帳面だった父が大事にファイルにまとめてくれていたものを
私が持って帰っていたのですが、その後一度も出して見ることも無くしまってあるだけになっていました。
私以外はこの先も、これらを開いて見ることもないでしょう。
この1月には父も三回忌に、母が七回忌を迎えますので思い切って捨てることにしました。

近々家にも工事が入ることになり、色々と片づけておかねばならない事の山だらけなのです。
見渡せば、14年たったこの家は、物であふれています。
常々、今の内に身の回りを片付けておかねばならないと思っていたものですから、工事が入ることは
よいきっかけです。
もう、開いてみることもない本箱の本やその辺りのものなど再度見直し、本当に必要なものだけを身の回りに
残すことにしています。

新年というものはいいですね。
いろいろなものをリセット出来るような気がします。
大事なものは、今日の暮らしの中の充実した時間や、誰かと過ごす楽しい時間以外には無いと
今の私は思っていますので、思い出は心の中にと、 思い切って、思い切って・・・・片づけることにしています。

過ぎ去ったものに縛られるのではなく、拘るでもなく、前を向いてこれからの人生を精いっぱい暮らしやすく
元気に暮らしていこうと思っています。

まだまだ片づけはこれからで、今年前半期の課題です。



晩御飯                                      晩御飯
ロールキャベツ(豆いり) イカ刺し コハダ酢物                 鶏つみれ鍋  山芋のたたき
20140110晩御飯 20140109晩御飯

ロールキャベツは、豆入り。
白ワインとス固形ープだけで煮ました。
 [ 2014/01/11 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(13)
こんばんわ~
今朝は冷え込んだけど日中はしのぎやすかったね。
ウロウロしてもさほど寒さを感じませんでした。
来週はずっと寒いみたいだね。

処分ですかーーー
惜しげもなく全部?
これってパソコンには取り込んでないのですか?

私は大事なものって言うか記念の物はスキャナーで取り込んで保存してます。
そののち処分・・・・

私の絵も一緒です。今膨大にあるのよねー
私の場合全部パソコンに取り込んであるので小さく保存可能です。

どうしても気に入ってて捨てられない絵はもうしばらく保存しようと思っています。
個展でも出来ればね~(夢のまた夢・・・・)
熱しやすく冷めやすいタイプ、そのうち全部処分する日が来るかも。
[ 2014/01/11 20:26 ] [ 編集 ]
「個展」を提案しますが、いかがでしょう?
折角ですもん。多くのかたの目にふれてから処分されては?

最初は、編集して4枚を1枚にして20枚ずつを
以前ご紹介した「nohana」にして保存されたら?って思いましたが
それでも10冊を超えますねえ。でも、ぺったんこの冊子です。

ん~。そんなこと言ってると 片付けることにならない?
[ 2014/01/11 23:22 ] [ 編集 ]
はなこさんの言葉心にしみます。
いろいろな物を処分したい気持ちを夫にどう話したら
きちんと伝わるだろうと思っていました。

いつ使うかもしれない物や
自分達以外は欲しがらない思い出の物を溜め込んで
今の生活の場を狭めているいるという気がしています。

>前を向いてこれからの人生を精いっぱい暮らしやすく・・・
本当にそう思います。
[ 2014/01/12 00:56 ] [ 編集 ]
はなこさん
一千枚ですか・・素晴らしいです!!
何でも簡単に断捨離なんて流行り言葉で捨てるのが
美徳の様に言われていますが・・・勿体ないです
↑書いてらっしゃる通りPCに保存するとか
個展でもなさったらどうでしょうか~♪
毎日届く絵手紙を楽しみにしてらしたご両親はお幸せですね~
[ 2014/01/12 08:26 ] [ 編集 ]
再考を
おはようございます!
厳しい寒さが続いています。
一千枚の絵手紙、もう処分されるお気持ちは固いのでしょうか。
洋服や雑貨を処分するのとちょっと違うような気もします。
私などは、届いた年賀状さえ何年分も処分できないでいます。
このブログで時々、ご両親の思いでとともに載せるのはいかがでしょう。
私は拝見したいですが・・・。
[ 2014/01/12 10:12 ] [ 編集 ]
断捨離するのって エイヤッと踏ん切りの要る物ですよね。
小麦も作品は全て写真に撮り、ジャンルごとにディスクに落として保存してます。
お洋服や靴、バッグ等も捨てる前に全部 写真に撮ってますよ(笑)
昨年、業者さんにお願いして処分しなくてはならないことがあり
高額な費用にビックリ!!
身軽にしておかなきゃね~と家族とも話しましたよ^^;
[ 2014/01/12 13:03 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/12 16:23 ] [ 編集 ]
こんにちは
1000枚以上のの絵手紙 処分するにはもったいない気がしますね。
お父様が大切にされていたと思うと そのまま残しておいて欲しいなとも思いますね。
上の方が「このブログで時々」と書いておられますが 私も同じ気持ちかな。
「本当に必要なものだけを身の回りに 残すことにしています」のはなこさんのおっしゃる事も理解出来ますけどね。
子供達に後々面倒をあまりかけたくないお気持ちから整理をきちんとされているんでしょうね。
「思い出は心の中に」はなこさんらしいわ。
いつも美味しそうな晩御飯 寒い時の鍋はいいですね。

[ 2014/01/12 16:43 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/12 18:08 ] [ 編集 ]
ご提案ありがとうございます。
v-280misakoさん、こんにちは
これらは1995~から3年間ぐらいに描いた、絵手紙中毒時代のものです。
このブログをやり始めてからのものは、皆PCに取り込みその後、バックアップを取っているのですが
何せ20年前のもの・・・取っていないのよね。
今更、取り込む時間も惜しいのです。
拘らず。。。というところですね。

misakoさんも膨大にあるでしょうね~

v-280ざくぁざさんへ
いつも色々教えて下さってありがとうございます。
ううふふ、今も色々なものに熱中しているので、個展など開く時間も妄想もないです。
それに今までは、部屋に人形やら絵遊びのもの飾っていましたから、いつも家は個展状態にはなっていましたね。
遊びに来たら見れますよ。
1割だけは手元に残すことにしました。

ざくぁざさんの作品はどうしてありますの?

v-280sachi さんへ
両親の家を終うのに兄弟5人で遠方から通ってきて片づけました。3カ月かかり、
最後は片づけ業者が来てボンボンとトラックに積んで片づけて行きました。
みな還暦過ぎの兄弟です。
私たちとは時代も好みも違う親の年代ですから、感傷を持たなければ、みな捨てられたかもしれませんが
それぞれに両親の思い出の品を持って帰りました。
お嫁さんたちは義妹たちたちに遠慮してか、何も要らないでしたが実の子供である私たちは、いくらかの思い出の品は
手元に置きたかったのです。
私の場合は、人が亡くなったら生活したものは多分みなゴミになるのではないでしょうか?
着物でさえ、処分の昨今ですが、それも仕方がないことと思います。
私たちは(この時代の日本人は)物を持ちすぎたのではないかと思います。
狭い家にも洋風の大きな家具を置いていますし。

実家の片づけを経験しない夫には常々、私たちの将来について話していますが、それも在職中は
実感がわかないかとも思いますね。
多分sachiさんちもご主人様がが定年になったら、見えてくるものが今までと全然違うことに気がつくかもしれませんが・・・・

v-280kamomeさんへ
お提案を有難うございます。
ブログを始めてからはみな、PCに取り込んで保存しているのですがこれは20年前のもので、
私もPCをいじって無かったものですから・・・
それに今は、今で余裕もなくてその時間もなくて、作業は難しい課題になりますね・・・・。
この絵手紙を出すことで、自分も大いに鍛えられたし学びも出来ましたし
両親もその頃は楽しみにしていてくれて、私も幸せでしたね。
でもこの私が書いた絵手紙は、相手に届いたことでその使命は遂げられたと思います。
後は記念にしかならないかも・・・

v-280Akiko.H さんへ
お勧めのご提案を有りがたく頂きます。
でもこれは私が描いたもので、誰かに頂いたものはものはこの他にも沢山ありまして、そちらはまだとっておこうと
思っています。
↑に書いたように、これを描くことで私は学ばせてもらったし鍛えてももらったので充分と思っています。
両親については折に付け思い出しますが、両親を思う以上に思い入れのあることは今は他にもあるので、
それはそれで。
でも100枚くらいは取っておこうと思います。
ありがとうございます。

[ 2014/01/12 20:25 ] [ 編集 ]
v-280小麦さんへ
小麦さんはこまめに断捨離していていつも偉いと思います。
私は今まで出来なかった分を、今年半年でやろうというわけです。
両親の家を片づけた経験から、人が亡くなったら物は大方ゴミですね。
時代も違うし好みも大きく違います。
私が動けなくなるまで長くて30年あるとするでしょう?
その頃まだ息子は働いていると思います。
とてもこの大きな課題を残すわけにはいかないです。
もし優しいお嫁ちゃんであっても、それはそれなりの労力を課すことになります。
綺麗にしてたって最後は結局、人は誰かの世話にならずには終われないのですから。
なるだけそれは少ない方がよいに決まっています。

片付けには体力がいります。
足や膝が悪くなったら、思うように仕事が捗りませんよね。

捨てるその時は勇気がいりますが、その時だけです。

v-280鍵コメさんへ
実家は片づけられない家だったかもしれません。
それは両親たちは物のない時代の戦争の時代を生き延びて来たからそう、簡単には物は捨てられなかったのだと思います。
使う部屋は台所ともう一部屋ぐらいなものでしたが、他の部屋も押し入れも捨てられないものでいっぱいでした。
私や姉が時々、片づけようとすると、余り動けなかった母が泣きそうに顔色を変えた母の顔を今もはっきり思い出します。
さて・・・・私にはこういう風に強力に片づけてくれる人は居ませんから、自分で出来る今の内に分別をしなくてはなりません。

今までファイルに入っていたのです(写真左の方の)
それを出して絵手紙は燃えるごみに、一度しか使っていないファイル本体はリサイクルに回しました。
100枚ぐらいは残しましたが、思いきって捨てることにしましたよ。
これらのハガキは立派に使命は果たしたと思いますし、私は描いて出すことで
自分を鍛えてもらうことができたのです。

v-280アマリリスさんへ
数としてはすごいですね。
絵手紙中毒の時代だったのです。
正直なところは、あまり過去を振り返る時間もないのです。
ブログを書いてからは、皆作品は保存していますけど、何せ20年も前のものですから・・・
よいのだけ100枚は取っておきますよ。
ブログを書いているこの一瞬一瞬が、生活のほんの一部分ですが私の生きざまになっていると思います。

v-280鍵コメさんへ2
そんなに遠くない将来に、あなた様の望みの解決法が見えてくると思います。
いらないものを置いておくことは、そのための無駄なお家賃を支払っているということにもなりますね。

私のように足腰に自信が無くなってくると、済ませておかなくてはならないことが山ほどあるのです・・・・
実家を片づけた経験から。

[ 2014/01/12 20:51 ] [ 編集 ]
1000枚の絵手紙
こんばんは~

正月には娘や息子が来て孫と楽しく遊んだりで
又その後伊豆へも行っていて、何かと忙しかったですが
ここへきて、やっと元のように静かな生活に戻りましたよ。

思い出の絵手紙だけに捨てるのは勇気がいりますよね
少しは残しておかれるそうですが・・・・

我が家でも今後も使わないようなものが
伊豆の家の地下倉庫に残ってます、すぐに使わないものは
伊豆へ持っていってましたから。

整理をしたいと思いながらなかなか進みません
捨ててしまうその勇気がないのかも知れませんがね。
やはり思い切りが大事かと思いますがね。

私も今年こそ思いきって整理をしようと決意してますよ。
[ 2014/01/12 22:49 ] [ 編集 ]
v-280はたやんさん、こんばんは
ゆっくりと楽しく新年を迎えられたことでしょう。
お天気もよくまぁ、よい新年でしたね。

寒くなってますます・・一年づつ、身体が歳をとって来ているのが分かるねと、
夫と話しています。
捨てるその時は一瞬辛いですけど、まぁ、その時だけです。

私の両親も子供たちからのプレゼントなどが捨てられなくて、
物置から、タンスから、押し入れまでいっぱいでした。
気に入らないものもあったのだろうな・・・でももらったものは捨てれないだったのですね。

友人の人生の先輩方からも、片づけなさいよ~と御忠告も多かりしなんです・・・・
[ 2014/01/13 22:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索