はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

2年目の ケマンソウ(タイツリソウ)

渡りの鳥は、帰っていったのでしょうか?
冬ほど、やってくる鳥を見なくなりました。

居残り組の鳥なのでしょうか、いつも夫婦2羽でやってくる鳥がいます。
①キジバトは年中居ますが、いつも2羽でやってきます。
一羽が水を飲むのをもう一羽が近くで見守っていました。

20140420kizibatoanime

今朝も ②ムクドリ が、やって来て、隣の畑の何やらをついばんでいました。
枯れた小枝のようなものをくわえて飛び立つので、巣作りをしているのかもしれません。

20140421ムクドリ


昨年小さな苗で庭の仲間入りした ♪ケマンソウ(タイツリソウ)の花が伸びてきました。

20140419タイツリソウ

昨年はたった1本の花径の苗木でしたが、今年は4本上がっていました。
見れば見るほど、花の作りが巧妙で自然の織りなす姿に感心します。
姿が面白い花は他にも、チロリアンランプやツキヌキニントウなどやまだまだ他にいろいろとありますが
イヤリングのようでもありこれはまた別格のような気もします。

ケマンソウの名前は花を寺院のお堂を飾る装飾品「華鬘(けまん)」に見立てて付けられ、また、
釣り竿のように、ぶら下がるように付く花を鯛に見立てた「タイツリソウ(鯛釣草)」の別名でも親しまれています。 とあり
育て方は、難しくないとありました。

冬の間、地上部が枯れている植物は春になって芽を出し始めると、見る見るうちに大きくなって可愛い花を咲かせて
春の訪れに感動します。
昨年、花嫁さんのブーケのように咲いた美しい球根ベコニアや、シャワーのように咲くベゴニア・サンタクルーズ の
芽も動いてきたので、古い土がガチガチなので新しい土に植えかえました。

ブルーベリーの花も清楚に咲きだしました。

20140419ブルーベリーの花

これもまた小さな可愛い花ですが毎年実は、鳥のご馳走になってしまいます・・・・
花冷えの日が続き、晩にはまだストーブをつけたりしています。


晩御飯
アボガド丼 蕗と鶏肉煮 さつまいものレモン煮 味噌汁 胡瓜即席漬け
20140421晩御飯
 [ 2014/04/22 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索