はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

被災地に花を NO.4

宮城県・山元町へ花を植えに行くことも、4回目になりました。
震災の翌年、市の法人会被災地復興支援事業の呼びかけで被災地に花を植える
ボランティアに参加したのが始まりです。
考えてみれば、こういう機会に恵まれたので続けることができたことに感謝です。

今年は春のような暖かい日に恵まれたうえ(雨の日の年も、極寒の年もあった)、
2015年03月1日に常磐自動車道 常磐富岡IC~浪江IC間が開通したので、出発から5時間で目的地・山元町に
到着することができたので今年は、余裕を持って花植えができましたし
山元町の方々の幾分明るくなってきた表情を感じることが出来たのがよかったかと思いました。

山元町

では記録を・・・・

バス1台で出発しました。
3月1日に全線開通した、常磐道を走ります。
(昨年までは、この道は通れなかったので東北道で行ったので時間がかかり到着は午後3時近くから
作業に入りバタバタしての植え付けでした。)

この常磐道の最後に開通した区間は、今も帰宅困難地域となっている常磐富岡IC~浪江IC間です。
今まで何度もTVニュースで見ていた地域ではありましたが、目の前に広がる左右の風景にショックでした。

南相馬・鹿島まで、黒い袋が数えきれないくらい延々と見えます。
あるいは、青いビニールシートで覆われた原発廃棄物の置き場になっていました。

20150315東北ボラ1

20150315東北ボラ2

20150315東北ボラ3

この区間には、放射線量を測っている表示板も設置されています。
私たちが走った時は3,0マイクロシーベルトと表示されていました。
ここを出ると、低くなっていきましたが災害放射線量が一番多い時は、5.5あった時もあったとか。

住居はありましたが辺り一帯廃墟になっている雰囲気が見てとれます。
なんという風景のことか・・・・

20150315東北ボラ4

山元町到着は午前11時45分で、やや復興してきた住宅地にあるお食事処で
流石海辺の町の美味しい昼ご飯を頂きました。(昨年までは時間の都合上、バスの中でお弁当をかっ込んでいました)

20150315東北ボラ5

今年花を植える場所は、「深山山麓少年の森」という公共施設で、私たちの市でいえば「ひなた村」と呼ばれるような
ところでした。
被災地を応援しているAKBUSも利用されていました。

20150315東北ボラ12

昨年まで植えていた庁舎前は、復興が進み新しい駅ができることや道路ができて花壇が引っかかるので代わったそうです。

いつも温かい出迎えをしてくださいます。

20150315東北ボラ6

いつもお元気な生涯学習課のSさん。
津波で大きな家を流されてしまいまた、ご両親もなくされています。

20150315東北ボラ8

印象に残ったお話では、
1年目は、どうしてよいやら途方に暮れた
2年目は、月日の経つのもうとましい年だった・・・
3年目は、いったい自分たちはどちらを歩いていったらいいのかと思案に暮れた
4年目は、やっと自分らの方向を歩き始め、大きく変貌をはじめてきた・・・
ということでした。
こちらの皆さんが元気に歩かれているお姿を嬉しく思いました。

10000株の花の苗が、前の晩に市から搬送されてきています。

20150315東北ボラ7

さぁ、トラックから苗を下して植えつけ始まりです。

20150315東北ボラ10

20150315東北ボラ9

沢山の花がきれいに植えられました。

20150315東北ボラ11

植えつけ後、ご一緒に植えつけをした山元町のボラの方々と和やかな時間も持ち、いつものように
送られて、来年の再会を約束しました。

20150315東北ボラ12

皆さまどうぞお元気で、また来年もお互い元気でお会いしたいものです。

毎年見ている町もバスでめぐり見せて頂きました。
震災後廃校となりメモリアルとなった中浜小学校と復興を願う黄色いハンカチ。
この辺りは海には近いが駅もあって、住宅地であった。

20150315東北ボラ15

写真の遠方に見える白い塀は、震災後つくられた防潮堤。高さは7,8メートルある。

地震ではなく津波の被害で24人の死者が出た常磐山元自動車学校の慰霊碑と
復興が進んだ農業ビニールハウス。イチゴのハウスだろうか。

20150315東北ボラ16

そして、宿泊地の穴原温泉に向かいます。

二日目は江戸時代の町並みを今に残す宿場「大内宿」と、南会津の搭のへつりを観光して帰りました。
雪の磐梯もまたよし。
若いころはスキーに、10年くらい前には秋に訪れたことのあるところです。

大内宿
20150315東北ボラ13

搭のへつり
20150315東北ボラ14

「山元町のみならず被災地東北は、世界中の方々からの応援や支援を沢山いただきましたが
何もお返しすることができません。
私たちが自立した生活を取り戻していくことが、そのお返しだと思っています・・・・。」と
力強く語ったSさんの言葉に、私たちも強く励まされました。

そして帰還困難地域を見て思うことは、やはり「原発は持ってはいけない。」と思うこと。
どうか日本の国が原発に頼らずまた、原発で働いてきた人たちに代わる仕事に就けることへの
道筋を国も方向を見出していくことを願ってやみません。

被災地東北の皆さんの姿が、自然災害の多い国日本のこれからの教科書になります。
「どうぞ、お元気で。」と、願わずにいられません。



過去記事
被災地に花を1-1
1-2
被災地に花を2
被災地に花を3

 [ 2015/03/18 22:20 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(9)
お疲れ様でした!
お忙しそうだなーと思っていたら 被災地に花を植えに行っておられたのですね 有意義な時間を過ごされ良かったですね 元気に参加できることも幸せな事ですね。

原発は廃止すべきだと私も思います 簡単には行かないかも知れませんが努力はすべきですよね 地震の被害も大きかったけど原発問題はどれだけ大きな問題を残したか想像も出来ません 今の私に出来る事は 被災地の方々の事を忘れない事そして祈る事しかありません はなこさんの行動力に比べるとお恥ずかしい事ですが。
[ 2015/03/19 11:27 ] [ 編集 ]
はなこさん~四回目になるのですね
前にも書きましたら妹夫婦が早期退職をして山本町に越しましたから
それから通ったのが山本自動車学校なのですよ
きれいな海辺を散歩するのが楽しみでしたが 
震災後の瓦礫の山は信じられず声も無かったです
でも~皆さんのお蔭で少しずつ復興の跡が見えて嬉しいです
一泊でしたか~大内宿にも寄られて強行軍でしたね
お疲れが出ません様に~お疲れ様でした そして有難う~♪
[ 2015/03/19 11:48 ] [ 編集 ]
お疲れさまです。
マスコミのきれいな写真よりはなこさんの車からの写真の方が胸に迫ります。
震災(原発事故)も戦争のようです。
今までの生活は壊れて家族も欠けてしまうのですね。
考えこんでしまう記事でした。
[ 2015/03/19 15:26 ] [ 編集 ]
分かってる積りでしたが、
はなこさんが撮って来られた写真と思うとより生々しいですね。
離れた所に住んで写真も見ないでいると
生活にまみれてボンヤリしています。
地震が多くて津波も来る日本で
みんな拒否して最終処分場も決まらないのに
続けてどうなるんでしょうか。
[ 2015/03/19 18:57 ] [ 編集 ]
こんばんは
いつもご苦労さまです。
いいことをなさって頭がさがります。
続けるということ、立派なことと思います。
私には思ってもできません。
はなこさん、いいお話をありがとうございました。
[ 2015/03/19 19:03 ] [ 編集 ]
お疲れ様~
こんばんは~

被災地花訪問4回目だそうで、お疲れ様でした
沢山の心温まる花々、地元の方々にとって
どれほど嬉しいことでしょうか。

はなこさん、とっても素晴らしいこと
継続されてますね。
なかなかできないことですよ。

[ 2015/03/20 20:02 ] [ 編集 ]
v-209皆様へ
コメントを頂き、ありがとうございました。

最近思うことは、花を植えてくることよりも何かもっと
私たちにしてほしいことは他に無いのだろうか?
花は確かに希望であり、慰めではあるけれど、
何か・・・他にあるような気もして、少しモヤモヤとしています。
[ 2015/03/20 21:54 ] [ 編集 ]
被災地のかたたちとの交流を続けておられるのですね。
地域で声援を続けておられること、たのもしいです。
町民のボランティアで何をしたら良いのか、難しいです。
でも、応援してくれるボタンティアの存在が心強いと思います。

報道はだんだん縮小しているように思います。
はなこさんたちのような市民情報の大切さを思いました。

お花を植えることも心が形として伝わる有効なことだと思います。
[ 2015/03/20 23:03 ] [ 編集 ]
v-209ざくぁざさん、ありがとう
[ 2015/03/21 09:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索