はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

日々の楽しみ  季節の楽しみ

外は雨に日になっていますが、6月はなかなか忙しい日々が続きます。
季節の台所仕事も今年は少しだけと思っていたら梅干しのリクエストが入り、また駆け出し回りました。
ついでにラッキョウもと思ったら、今年は不作で近所のスーパー(5店舗)ではもう、出荷がが終了して・・・
と言われ、そう思うと余計にほしくなり、デパートならばあると買いに出かけてきました。
相変わらず、バタバタした日々です。

通っているカルチャー教室で、「刺繍がやりたいわ~」と言ったら、先生が新しい刺繍を探してくれました。
イーラーショシュといってルーマニア発の大ぶりな刺繍です。

イーラーショシュ刺繍 ヘ・タ・ク・ソですが・・

この刺繍生地に裏を付けて、カボチャ型のポーチに仕上げるのです。
フランス刺繍は本を見て自分でもできるので「(若いころにもやったでしょ?)」、このあたらしい刺繍を
紹介してくれたのです。

『イーラーショシュは、トランシルヴァニア(現在のルーマニア)にあるカロタセグ地方の村々で、古くから受け継がれてきた
伝統の刺しゅう。今も昔も変わらず村の女性たちが手仕事として興じ、暮らしのなかで、この美しい刺しゅうを目にすることが
できます。19世紀末に注目を浴びた後、栄枯盛衰を繰り返しながらいくつもの時代を越えてきたイーラーショシュ。
のびやかに植物を描いた太い線も農村的で、どこか懐かしくもあり、自然豊かな大地の力強さとやさしさが感じられます。』

と、ネットから。

極寒の地で、ルーマニアの女の人々は外に出ることが少ない冬の間は、こんな手仕事をして
冬の時間を過ごしたのでしょうか。
糸もフランス刺繍のようにパレット色が揃っているわけではなく、赤、青、茶、白・・・くらいの色糸です。
ボタンホールステッチの連続ですから、難しくはありません。
ぼちぼちとTVを見ながら、宿題をやっていかなくては。

こちらは今、庭の花をドライフラワーにしているところです。

20150619ドライフラワー試作

花後刈り取った♪オレガノ・ロタンダフォーリア
ドライフラワーにしてリースを作ってみようと思って乾かしています。
他に雨で折れたアナベルや香水の花のヘリオトロープ、アスチルべなど。
時々除湿機(洗濯物用)を、掛けていますが、ドライになるかどうかも分らないのですが試作です。

本も読みたし、旅の支度もせにゃあかんが・・・本日は雨なりの日です。(まだ、何にもやっていないわ~)


晩御飯
焼き烏賊 胡瓜とホヤの酢物 切干煮 糠漬け
20150618晩御飯


 [ 2015/06/20 00:00 ]  生活 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索