はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ガーデン巡りの旅

蓼科バラクラガーデンと山梨ハイジの村、百名山といわれる入笠山高原を回る旅に出かけてきました。(6・21~6・22)
帰ってからも次々に用に追われて・・・忘れないうちに備忘録を。(もう忘れてしまったかも。)

バラの暮らしの・・・バラクラガーデンは、いつか行ってみたい憧れの場所でした。

20150627バラクラガーデン1

バラクラガーデンも今年25周年記念を迎えて、いろいろなイベントが催されているようです。
梅雨の季節で、この日はやや小雨。

それは美しい♪黄金アカシア。 ここのシンボルツリーです。

20150627バラクラガーデン2

ここから日本中に広まっていった花もいくつもあるそうで、この黄金アカシアやアナベルもここが始まりだったそうです。

トイレの壁面さえ美しい。

バラクラガーデン3

バラはやや過ぎていましたが、この辺りではバラの良い香りが・・・・

バラクラガーデン4

今一番のアリュウム と エキナセア

バラクラガーデン5

ここは 不思議の国のアリス をテーマにした花壇

バラクラガーデン6

レストランだったか、ブティックだったか・・・ と ガーデンスクールの芸術展作品の多肉植物。

バラクラガーデン7

睡蓮の池

バラクラガーデン9

いたるところにあった大鉢の寄せ植え

バラクラガーデン10

バラクラガーデンはそんなに大きなガーデンではありませんがそれはあふれんばかりの花々で
調度25周年を祝っている最中だったからかもしれませんが、ブテック、フードコート、プランツセンター、ガーデンスクールなどと
多様な経営スタッフが後ろで働いているのが分ります。
この日も、イギリスからやってきた園芸家のキッチンスタジオや歌手、また、イギリスを代表するランチ、
フィッシュアンドチップスを作るシェフがやって来ていました。


二日目。
百名山とも呼ばれる花の宝庫、入笠山高原(長野県富士見町)へゴンドラに乗ってすずらんを見に行きます。

ゴンドラの頂上1780Mまで八ヶ岳連峰を後にして登ります。

20150622入笠山1

20150622入笠山6

そろそろ盛りを過ぎたか・・・すずらんの湿原を歩きます。
高原の朝の空気がとても美味しい。

20150622入笠山2

一面黄色の花のウマノアシガタ。

20150622入笠山3

今が見ごろの希少種のホテイアツモリソウ。

20150622入笠山4

百名山と呼ばれる入笠山の花の時期は7~8月のこれからがいい。

20150622入笠山5

お土産に頂いた ♪イワヒゲ・・・鐘形の花 が咲く

イワヒゲ・鐘形の花 


清里高原Hで昼食後、“ハイジの村”(山梨県北杜市)へ。
アルプスの少女ハイジをテーマにしたテーマビレッジ。

2015062ハイジの村1

園内を一周するハイジ号。可愛らしいね。

ハイジの村2

ハイジの村3

バラの回廊は終わっていましたが、最盛期を想像させるバラ、バラ・・・・

ハイジの村4

これから咲いてくるラベンダーが一面。来月は見れるでしょう。

ハイジの村7

静かな時間が流れていました。
チャペルもあって結婚式もあげられるよう。

ハイジの村5 ハイジの村6


ハイジの村8

季節ごとの花々に囲まれるハイジの村。
夏のひまわり、冬にはイルミネーションも楽しめるらしい。

ここはなかなかまた見てみたいと思いましたね。(調度来月また来る予定です)

梅雨の時期でしたが、小雨に降られながら憧れの花のガーデンと自然の中も訪ねてきました。
自然に親しむと免疫力が上がるそうです。実験によるとその効果は、1週間持続するとか。
私も狭い庭ですが、庭にいると元気がもらえ、いろいろ考えていることの答えが出るような気がします。
花が咲いてくるときのものすごいパワー、枯れ行く時のつつましやかさ。
自分の人生も充分に生き、去る時は静やかに受け入れることを教えられると感じます。
そして何より、自然は人を謙虚にさせると改めて思いました。

ゆったりとしていい旅でした。
長々と備忘録。

 [ 2015/06/29 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索