はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ピカソ展へ行く

ピカソ展に出かけてきました。

20160225ピカソピケット  →ピカソ展

ピカソは、とてもエネルギーにあふれた人でした。
絵画や陶芸、鋳造、素描、彫刻と広い分野で作品を残し、最後の結婚も80歳で、92歳で亡くなりました。

絵を描くものは、キャンバス以外にも多岐にあり、一見イタズラ描きのような絵も多数ありますが
(天才に何を云うか・・・これは凡・凡人私の評です。)
それがピカソの自由な世界観ではなかったかと感じました。
たまたま拾った水道管や蛇口、スコップ、フォークなどで作りあげた鋳造作品(鶴)。
へこんだジョウロや釘でできている作品(花の咲くジョウロ)など・・・
大皿に描いたという絵も、今回初めて見ましたね。(これが凡人私の評価の的だったか・・・?)


今年年頭の誓いは、「月一度美術展へ出掛けたい。」でした。
1月は行けなかったけど、今月はまぁ、クリア。

どこでどんな展覧会をやっているか、なるべく今まで私が行ったことのないものをやっている展覧会へ
行ってみようと思っているところです。

Eテレの「日曜美術館」も毎日曜日、楽しみに見ています。
作品を通して作家の人柄、世界観、生きざま、生い立ちなどを知るのが楽しみです。



今回はイヤホンガイドはありませんでした。
ですから解説の文は自分で読まないといけません。
特に女性の方、観ながらお連れ同士で、おしゃべりを側でしないで下さいましね。
集中して読めません。観れません。
ご婦人方は見た後、お友達同士でお昼のランチをするのでしょうからその時にお話ししてねと、
こんなところでお願いいたします。

私も友人と入り口で「自由に見てね。出口で待ち合わせましょう。」と言って、各々好きなように
観てきました。

展覧会は、特に一期一会の出会いの場所ですから。




晩御飯                    晩御飯
牛肉焼 マグロ山掛け 芽かぶお浸し         鯖焼き のもの残り ホウレンソウお浸し
20160223晩御飯 20160224晩御飯


 [ 2016/02/27 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(4)
こんばんは。
こういうものにもご趣味があったのですね。
高尚な趣味ですこと。
でも画はいいです。そして静かに見るものです。
はなこさんは画をお描きになるので、共通しているのでしょうね。
[ 2016/02/27 20:41 ] [ 編集 ]
「ピカソ展」!!!
あれ?へんね~。
私達の所でも開催中なんですよ。
愛知県美術館で、1/3~3/21です。
同時期に開催したら、
作品がお互いに減っちゃうんじゃないの?
って思います。
[ 2016/02/27 22:00 ] [ 編集 ]
美術展
こんばんは。
ピカソ展へいらっしゃったのですね。

我が家は、亭主がよく美術展へ行きます。
先日は、江戸東京博物館の「レオナルド・ダヴィンチ」を見に行きました。
TVで宣伝番組をするので、混むからやめてほしいと言いながら、そのTVを見ています。
暖かい季節だと、カメラを持って、その近辺を撮影していますが、今回は寒い日だったので、
家で留守番していました。

見たかった絵は、人数制限をしていたようで、「並んで待ったけど、よく見ることができた」と
喜んでいました。

亭主も、昔は絵を描いていたようです。
[ 2016/02/27 22:53 ] [ 編集 ]
v-460はるるさん、こんばんは。
若い時(独身時代は)は、絵を見に行ったり演奏会を聴きに行ったりよく出かける人
でしたが、結婚をしてからは足は遠のきましたね。
今はまた、時間を持てるようになりましたので出かけられそうです。

どこへ行っても女性のパワーを感じますが、美術館は見に来る人は男性も多いですね。

v-460ざくぁざさんへ
よくは分りませんがそれは多分、絵をお借りして来るところが違うのではないかと思いますがどうでしょうね?

v-460 Hana-Photoさんへ
そうでしたね。ご主人様は絵がお好きでしたね。
上野の美術館でやる大物の展覧会はもの凄い混みようで、昔などロープが張られてミロのビーナスを見た覚えです。
どこに行くにもちょっと遠くて・・・・
日本橋の高島屋デパートには、エレベーターガールが今も居て、驚きました。
昔は花形の職業でしたね。
新宿や私の町のデパートではもう、20年くらいかもっと前にエレベターガールは姿を消しましたが。
おきれいどころですね。

わたしもやりたいことが出来ると、気分が修正されてまた、日常を頑張れそうな気がします。
行動することは大事ですね。

[ 2016/02/29 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索