はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

老母図

横浜の歴史博物館で五姓田義松の作品が展示されていると日曜日美術館で放送されていましたので
気になった「老母図」の原画を思い切って見に出かけてきました。

義松老母図・展示

今回は、博物館蔵品のみの展示で数か少なかったのですが、見たかった絵を見ることが出来て
納得して帰ってきました。
なぜこの絵が気になったかというと、昔私も自分の母をスケッチしたことがあったからでしょうか。

母が入院中のころ見舞いに行ったが母は午睡の最中で、しばらく私も側の見舞人用の椅子に
座って母が目を覚ますのを待っていたが、することも無かったので自分の手帳に母の顔を
描いたことがあったのです。


母07.5.21

義松も私もその絵を描いた時には、母のその日がそんなに遠くでないことを感じていたのかもしれません。


今回の展示があった桜木町の県立歴史博物館は、今は横浜の歴史に関する博物館なのですが
(五姓田義松が絵の修行した地でもあり墓が横浜にあることので展覧会が。)建物は株式会社横浜正金銀行の建物で、
(現在の三菱東京UFJ銀行)の前身とありました。

こんな立派な建物なんです。
NHK朝ドラの「あさが来た」と同じ時代の頃の建物ですね。

正面入り口
20160302横浜歴史博物館

交差点から望む  現在のビルと並んで
20160302横浜歴史博物館2

横浜は素敵な街です。
この時代の建物が街の中に多く残されています。
それらは、西洋への憧れを多分に漂わせた空気を今に感じます。

一日は短く、何もできなかった・・・で終わるような毎日ですから、思い切って出かけて
よかったと思います。
それでなにか、これでよしと思えるようであれば、それはそれでとても有意義な一日になりますから。




晩御飯                    晩御飯
豆とじゃこのおこわ おでん風煮物 マグロ山掛け     じゃが芋と鱈のクリーム煮 焼油揚げ 果物
20160301晩御飯 20111160302banngohann




 [ 2016/03/03 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(6)
はなこさ~ん~♪
私も同じテレビを見て同じ絵を是非見たいと思い
検索したら横浜で遠かった・・・
それにしても大画家と感性が同じはなこさんも凄いです
見たい絵がすぐ見れた充実感に浸るお気持ちよ~く分ります 
良い一日で心地良かったでしょう~!
私もチャンスを見付けて是非見たいものです

献立をジロジロ~
焼油揚げって大好きなの~美味しいですよね
朝食前でお腹が反応押しますぅ~♪
[ 2016/03/03 06:23 ] [ 編集 ]
お母さまの雰囲気や様子がよく分かって、
「その日がそんなに遠くないことを感じ」ながら
見つめた自分の母の寝顔を思い出しました。
納得の一日を過ごされたんですね。

横浜三塔キング(神奈川県庁)・クイーン(横浜税関)・ジャック(開港記念館)に
(エースのドーム)歴史博物館を加えて横浜四塔と言われる事もあるそうです。
エースがあるのをはなこさんの記事を読んで検索して知りました。
[ 2016/03/03 15:56 ] [ 編集 ]
こんばんは
出かけてみれば何かしら得るものはあると私は思っています。
横浜は見どころたくさんあるところです。
うちからはちょっと遠いので、あまり行けませんが。
お出かけしてよかったですね。
いろいろな神経を使ったことになると思うのです。
端から端まで。そう思って私は出かけていきます。
うちは実家の母が入院している病院へ行くとき、あるときのことです。
もう病院へ通うのに精神的にも疲れたと思ったころ行ったら、ふうっと一回息をしてそれっきりになりました。
みんなの疲れ具合がわかったかのようにです。物を食べなくなって三か月くらいで亡くなりました。
[ 2016/03/04 20:46 ] [ 編集 ]
久し振りです!
やっと我が家の花が咲き 描く気になりブログ更新しました 久しぶりの訪問です お元気にお過ごしの様子嬉しく思います。

庭も春らしく 色んな花が咲き出しましたね ウグイスカグラ 何と可愛い花でしょう!余り見かけません 珍しいですね 綺麗な縞々のクロッカス 色も鮮やかで素敵! プリムラも華やかで可愛いピンクですね パンジー2色 揃いの白い鉢に植えると とってもお洒落! ヒメリュウキンカの黄色の花は輝いているようで美しいですね 楽しみだわー。

彼方此方お出かけになり 有意義な時間を過ごされた様子 暖かくなってきたので そろそろ私も動き出したいと思っています 色々と楽しい話題に幸せな食卓 それに大好きな花を色々見せて頂き有り難うございました。
[ 2016/03/05 15:29 ] [ 編集 ]
前の4人のかたのコメントを拝見しました。
皆さん、しっかりと生きておられる方たち
だなあと感心しました。

私は母を訪ねに行ったら、
写真を撮って息子たちに送信しています。
こうしていられるのは、あと何年?何回?と 
さびしい気持ちです。

晩ご飯ですが、豆とじゃこのおこわを一度も、
というか思いつきませんでした。
いつも参考になります。
[ 2016/03/05 17:39 ] [ 編集 ]
v-252kamomeさんへ
義松さんの老婆図の絵はあまり大きくないものでした。
私は義松さんはもっと有名になっていい絵描きさんだったと思うのですが、
(黒田清輝さんらと同じくらいに)人ってなぜか運のない巡り合わせにある人っているようですね。
時代の巡り合わせがちょっと悪かった・・・・

最後は人物画が多く宮内庁から呼ばれることもあったとか。
最後のほうは、肖像画が多かったようですね。

今のように寿命が延びた時代でしたら、もっともっと沢山のいろいろな絵を残した人だったのではないかと思います。

苦労が多かった絵描きさんでしたね。

v-252sachiさんへ
多分、どの建物も見たことはあると思いますが・・・そういうように呼ばれているとは知りませんでしたね。
山手界隈の外国人の家や墓地の周りにも開港した当時の建物が多く残っていて異国情緒ある街になっていますね。
またゆっくり訪れてみたいと思いますよ。
横浜もいろいろ知識を知ったら面白いところに違いないと思います。

v-252はるるさんへ
どの方もいろいろなドラマを持っていますね。そして家族の人の思い出になって
生き続けていますね。
死んだかもしれないけど、そうして思い出す人が生きてる限り心にはいつまでも生きているのですね。

私、斎藤茂太さんの本で面白い言葉を見つけたのよ。
「あの世は、今生きてる人が思うほど悪いところではない。」ってさ。
その証拠には、だってあの世に行った人は一人としてこの世に帰って来た人はいないからってね。
本当ですね、うふふ~。

v-252ケイコさんへ
ケイコさん、お久しぶり!
お元気でしたか~?ちょっと長いお暇ですこし、どうしているかと思っていましたよ。

ウグイスカグラはあの時ひとつふたつの花つきでしたが、今日見たら、星をちりばめたように咲いていましたよ。
これ、お墓から頂いてきた枝を挿し芽にしたら運よくついて、3年目かな。
時々里山などに入ると自然に見ることもありますよ。
小さなピンク系の花はまさに早春を感じる花ですね。

クリスマスローズが随分と咲いてきましたが、まだみんなうつむき加減で写真が撮れないです。

v-252ざくぁざさんへ
ざくぁざさんの母さま、お元気で何よりですね。
産まれたときからその日へ向かうのは人の常です。
私たちももう少し若い時は、親って言うものはいつまでも元気なものと思っていましたよね。
ざくぁざさんが母さまのところへ行くと、とても喜ばれるでしょう?

私の母も、子供に会った時はいつも「夢のよう・・・」と言って、会うことを待ち望んでいましたっけ。

今は心の中で生き続けていますけど。









[ 2016/03/05 18:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索