はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ごく最近読んだ本

20160306本

もうすでにこの本を読み終わった方も多い頃かもしれませんが、図書館からやっと私のところへ
回ってきた本2冊です。
半年近く待ったかもね・・・

桃紅さんは、昨年NHKのETV特集を見ていましたから、ご本の内容もそんな感じでした。
口述筆記で出来上がった本だったのでしょうか。
さらさらと読み終えましたが、
「この一冊を読んだだけで、人を分ったなんて思わないでくださいね。
それは思いあがりというものですよ。」と、言われそうです。

物事を前向きに捉えて、行動もしてきた人生が読み取れました。
粘り強く(ご本人はそうではないと言っていらっしゃいますが)自分の信じる道を
自分がすることも自分の力を信じてやってきた100歳の人生は、篠田桃紅さんそのものです。
一昨年頃から一躍、時の人になられた感じがします。
現在は103歳、もうすぐ104歳ですね。
(私の母と同じ年で私と誕生日が同じ日生まれの偶然に驚きました。)
まだまだお元気で活躍して頂きたいです。

実は狭い我が家にも抽象画が何点か飾ってあるのですけど
(これは昔、私がパートで働いた一年分の年収でやっと買ったものでしたが)
抽象っていうものは感じるもの(理解するものではない)であるという
具体的な理解の仕方が今になってやっと分りました。
そういえばその絵は見る時々に、感じるものがいろいろに違って思うことがあります・・・・・

100歳を超えて出版している人は、結構いらっしゃるのです。
101歳、103歳、107歳、111歳とお元気に活躍されている方の本も検索してみたらありました。
皆、女性でしたが・・・・。なぜか芸術家が多いかな?




晩御飯                        晩御飯      
烏賊とアスパラのバター焼き 金平牛蒡 煮豆   牡蠣とベーコンのスパ サラダ 切干しスープ
20160305晩御飯 20160306晩御飯

☆切干しスープ(これはTVで見たレシピですが、簡単で美味しいので度々作るようになりました。)
切干しはさっと洗い切ってマグカップに、刻みネギと、鶏ガラスープの素(ウェイパー)も加えてお湯を注ぐだけです。
(この日は新鮮春菊も加えましたが)


 [ 2016/03/09 00:00 ]  | TB(0) | コメント(6)
ひえ!私、本を全然読まないんで、
桃紅さんを存じ上げません。

長生きのかたで、しっかりされているかたが
私もこの頃、多いなあと思います。

篠田桃紅さんの美術館がこちらにあるようです。
作品所有も有数だし、今、桃紅さんの企画展が開催中だし
その美術館の地名も桃紅なんです。ビックリ!情報感謝です。

「切りぼしスープ」は初耳なのでたずねようと思いましたら
最後に教えてくださってました。
重ね重ね ありがとうございます。
 
[ 2016/03/09 09:24 ] [ 編集 ]
春ですね!
↓プリムラ綺麗ですね! 配色も良いわー 暖かいと草むしりをしたくなりますが 私もいよいよ花粉症が出て来て目が痒く 先ほどお医者さんで目薬を貰ってきました 辛い季節ですね。
季節の食材を使い 豪華なスパ カキフライも美味しいですね 烏賊 切らずにこのままかぶりつきたい位美味しそう!

大学の先生とか芸術家に長生きさんが多いとか ある程度自由な生活をする事がストレスも少なく長生きするのかしら? 自活して長生きして社会に影響を与える位の地位におれる人は幸せですね 理想の生き方だわー。

切干スープ 是非作りたいと思います 有り難う!

[ 2016/03/09 11:12 ] [ 編集 ]
篠田桃紅さんの「百歳の力」、私もこの本持っています。
少し前に読んだので、すでに103歳(まもなく104歳)になられているとは、驚きです。
お元気なんですね。
それで、私はこの方書道家だと思っていました。ゆるぎない筆使いに感心したのですが、
日本画家でいらしたのですね。
「老後破産」、こちらの本はいかがでしたか。
NHKの番組で見たことがあります。身につまされたというか、少し重い気分になった
ことをおぼえています。
[ 2016/03/09 11:40 ] [ 編集 ]
こんばんは
芸術家は長生き。一日を楽しいことだけをして暮らす、またはぼーっと過ごしてしまうより、
何かに打ち込めるものをもっていたり、ときには苦しいこともある生活のほうが長生きするのでしょうか。
そうではない方もなかにはいますが。
先のことはわかりません。
こうしたいと思ってもどうにもならない時がそのうち来るような気がします。
それまでは生きていかなければ。
抽象画があるのですか。その時々で感じ方がたしかに違うと思います。
はなこさんは物作りや画を描いたり本も読まれるし、芸術てきなものをもっていらっしゃいますね。

[ 2016/03/09 20:08 ] [ 編集 ]
この方の「一〇三歳になってわかったこと・・・」、
本屋さんへ行く度に部分々立ち読みしていました。
100歳過ぎてこんな風に頭も心もハッキリして長く生きられたら好いですね。
認知症になる人もいれば老後にも差がありますね。

牡蠣とベーコンのスパゲティが美味しそうです~
そう言えば最近パスタ食べていません。
切り干しスープ作ってみます・・・水で戻したりしないんですね。
[ 2016/03/09 22:04 ] [ 編集 ]
芸術はナチュラルキラー(若返りの免疫細胞?だったか)が生まれるとか?
v-252ざくぁざさんへ
ご存じでなくたっていいんですよぉ。
皆それぞれに生きている分野が違いますもの、当然です。

今朝タイムリーにNHKあさイチでこのことやっていて驚きました。
え~そちらに、桃紅という地名があるのですか??
昨年軽井沢に行った時も偶然に桃紅さんの展覧会に遭遇し見せて頂きましたよ。(桜の木というギャラリーでした)

切干スープもあさイチだったのですが皆さん見ていなかったみたいですね。
私は好きです。

v-252ケイコさんへ
絵を描くと脳にはナチュラルキラーがいっぱい生まれるって聞いたことがありますよ。
何か若返りのッ免疫細胞が?生まれるんですって、聞いたことがありますよ。
もしかすると何かそんなところが寿命と関係するかどうか・・・分りませんですが

v-252akiko,Hさんへ
天皇陛下のお家の居間には桃紅さんの絵がかけられているそうですよ。

「老後破産」は今日読み終えました。
まぁ、誰でもなりえる可能性はあるってことですかね。
ふたりが元気なうちは何とか。ひとり者はもっと大きな確率で危ないかも。
年金制度がまずい・・・古い形のままで、あの金額で生活できるわけがないです。
病気をしたら、年金に占める医療費の割合が大。(我が家でも今、2万円はかかっています。3割負担)
ひとりになったらひとり分の年金しか出ない。(国民年金)
病気やけがをしないように元気で仲良くつつましく暮らすこと。が大事なことかな。
どの時代もそうかもしれませんが、社会の問題山積み。
お金が無いのが老後破産かと思いきや、繋がりが無いのも繋がり破産→老後破産への可能性大。
2035年には一人世帯が7割とか?
すでに都心では5割がひとり世帯とか。
厚い本でしたが、すぐに読めましたよ。世の中にはいろいろな境遇の人がいるもの。。津々浦々・・各各隅々に・・・
年を取るってならなくっちゃ分らないけど、大変なことですね、きっと。(今だって結構きつい、歳を取って。)

v-252はるるさんへ
昔絵を描く人(音楽をする人も同じと思うけど)は描いているときにナチュラルキラー細胞が増えるって聞いたことがあります。
そんなことが関係するかどうか?免疫に強い細胞だったか?
そんな訳で長生きと関係するのかなって思ったけど、間違っているかもしれないです。

私はただのお遊びよ、中学生みたいな。

v-252sachiさんへ
この頃すごい年齢でもすごく若い人がいて、歳を取ることって個人差が大きいのだと思います。
一説によると、人間は生まれたときから細胞の数が決まっていて、その細胞を作り終えたら寿命は終わりになるっていうのもあったわよ。
でも誰にも分らないと思っている方がなんかいいわね。

認知しょうも3人に一人は罹るといわれているでしょう?
私も入っているかも。
そういう人は40歳代からちょっとづつなり始めているとか言っていたわね。
せめて錆び付かないようにしたいものです。

[ 2016/03/10 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索