はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

薮内正幸(やぶうち まさゆき)絵本原画展

新しくリニューアルした近くの図書館で、子供が幼い時に読み聞かせをした絵本の挿絵に見覚えがあった
薮内正幸さん(1940~2000)の原画展をやっているというので出かけてみました。

ひとまわり飾ってあった絵を見た後に、同図書館で絵本を探してみたら運よくありましたので
一冊借りてきました。

20160314薮内正幸絵本1

生命感あふれるこれらの絵はきっと、どなたも一度は見覚えがあるのではないでしょうか。

20160314薮内正幸絵本2

驚くべき詳細画で正確に描いた一本一本の線が際立って、素敵な絵にで仕上がっていました。
数々の絵本の挿絵とそして行き末は、広辞苑の挿絵にもなったようです。

生い立ちや行き様を見てみると、動物が好き絵が好きだけではない天才肌を感じます。

初めの頃、これがなんと本物を前にして描いた絵ではなく、(カメラの普及してない時代でしたから)
動物園で本物をじっと見て、帰ってから何枚も何枚も描いて描き上げたとか。
ペンギンの絵だったか、八百数十枚も描いてやっと納得したとか。
粘り強い情熱が素晴らしいです。
粘り強いということは、人を大成させるには大事な要素のひとつですね。

興味を持って眺めてみると、日本には存命中には広くその名前が知らなかったけれど
埋もれた天才も数多くいることに、今更ながら知ることが出来ます。
絵を見れば画家の名前は分らないけれど、見覚えがある人は多いと思います。
(サントリー愛鳥キャンペーンの絵も賞を受賞している。)

息子さんが父さまの絵の美術館を作ったそうです。(2004年開館)

薮内正幸美術館 ←クリックで

いつかチャンスあらば、訪ねてみたい美術館です。
展覧会は今月27日まで。無料です。





晩御飯
赤カレイ煮 ハスとベーコンの炒め もやしのチャプチェ
201600314banngohann.

 [ 2016/03/16 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(9)
絵本
これは子どもはもちろん大人でも、わかりやすく描かれていますね。
動物が好き絵が好きだけではない・・本当にそうですね。
性格があらわれているのでは。
子供用の図鑑っておもしろいですね。
そして楽しいです。
はなこさんもおうちのなかやお庭に作品がいっぱいあるでしょう。
すばらしいことだと思います。
[ 2016/03/16 20:02 ] [ 編集 ]
広辞苑の挿絵になったのは余程詳しく描かれていて
写真を見るよりよく分かるからでしょうね。

夏、子供の虫取りに付き合って虫の図鑑をよく見てました。
虫が得意でなかったので一緒に勉強してる感じでした。
絵本は「エルマーのぼうけん」シリーズなど、
冒険ものをよく読みました。
話が盛り上がるところではピッタリくっ付いてきて
集中しているのが分かりました。
[ 2016/03/16 23:18 ] [ 編集 ]
才能と努力
こんにちは!
何時も思う事ですが 人は生まれながら持っている才能がそれぞれ有るのでしょうが やはり努力は欠かせませんね 小さい時 母が毎日のように 努力は天才に勝る・・と言っていたけど 本当にそうですね。
根気のいる事を一生懸命なさり才能が磨かれるのですね 息子さんがお父様の作品を管理・展示なさっている事も素晴らしい事だと思います 幸せな方ですね。

↓ヒマラヤユキノシタ 古株で花が豪華ですね 木瓜の蜜に集まるアオジですか 黄緑色で綺麗ですね 棘には気を付けてね 赤い花と黄緑色のアオジがとっても綺麗です。

体調を崩していて 毎回コメントを入れられなくてご免なさいね!
[ 2016/03/17 16:38 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しています。
こんにちは。
ご無沙汰しております。
素晴らしい図鑑ですね。見ていて楽しいです。
才能がある方がうらやましい私です。
はなこさんの毎日のお食事も素晴らしいです。私も見習い参考にさせて頂いています。
気持ちに少し余裕を持たせたいと思いコメントさせて頂きました。
またお邪魔します。
[ 2016/03/19 13:37 ] [ 編集 ]
精密画
こんにちは~

ソメイヨシノの開花宣言がもう間もなくですかね
開花が待たれます。

薮内正幸美術館へは行ったことが有りませんが
上述の鳥の観察図鑑は見たことが有りますよ
細かいところまで実写のように描かれてたのを
思い出しています。

野鳥を撮影するものとして非常に参考になりますね。

機会が有ったらぜひ美術館へ行って見てみたいものです。
[ 2016/03/20 11:13 ] [ 編集 ]
サクラは咲いたが、また冬に戻ってしまったような気温で。。。
v-252はるるさんへ
子供向けの本って、中々面白いですね。
今でも時々、絵本は図書館で借りて読む時がありますよ。
大人向けと違ってすぐに読めるし、深くて短い物語がいいですね。

そうそう、私のところはこのいっぱいをどうするかが課題とならないようにしなければね・・・
ガラクタですから。

v-252sachiさんへ
「エルマーの冒険」シリーズ・・知っています。
福音館の出していた絵本を8年くらい取っていたので、お気に入りの何冊かはまだあると思う・・・段ボールに入って。
いい時代でしたね(つくづく・・・
sachiさんのところコメが入りませんね?
もしかして両国行った日が同じだったか。。。と。思ってしまいました。

v-252ケイコさんへ
ケイコさん、気温のせいで、風邪をひいてしまったのかしら?
お大事にしてくださいね。
庭も小さな花が次々に咲いて来て、もう、踏み石以外のところは中々はいれません、踏んでしまいそうで。
室内の鉢ものは外に出してしまい、片づけなくてはいけないのですが、風が冷たくて
そとにだしたまんまで手が付きません。。
やらなくちゃね・・・・。

v-252子豚のママさんへ
私の方こそ、ご無沙汰していますが、時々見ていますよ。
相変わらずお忙しい様子ですが、それは何よりの印ですね。
ママさんのところが閑になったら、いけません。
御家族も増えて、クルクル回って次々にお仕事をこなしてこれ以上他に
素晴らしいことはありません。
皆様もお元気で何よりです。ママさんのお力によるところが大いにありますね。

コメントをくださってありがとうございます。

v-252はたやんさんへ
サクラは開花始めた様子ですね。
が、気温が下がったままの一週間で、サクラの花が長持ちするのではないかと・・・。
ゆるりと咲いてくるのではないかと。

私もこの子供向けの本を手にして、そうだ!これで学ぶのも楽しそうと
基本の基を知れると、ちょっと嬉しくなりました。
大人の本ばかり続くと疲れますので、これは頭休めに調度いいって思いました。

サクラのいい時期をぜひ楽しみたいですね。
三寒四温のためお気をつけて下さいね。



[ 2016/03/21 17:35 ] [ 編集 ]
すばらしい描写力で カメラの無い時代に
よくぞこれほど、と絶句の作品ばかりですね。
どこかで見たことがある絵ですが、お名前は知りませんでした。
はなこさんのブログでいろんなことを教えてもらっています。

きのうは梅を見に行きましたが、もう終わりで、
今朝のテレビはもう桜ばかりを取り上げています。
日本は季節があってボケ防止にいい刺激があると思いました。

[ 2016/03/22 08:42 ] [ 編集 ]
鳥と100歳
こんにちは。
ご無沙汰しています。

鳥と言えば、最近鳥を追いかけて、小さなカメラを持って、散歩をしています。
今日は、黄セキレイを撮りました。
カラスが十数羽いて、道路上で激しい喧嘩までしていました。
小さな女の子を連れたお母さんは、怖がっていました。

最近絵では、細密画?というのを、TVでよく見ます。
千葉にある美術館を見に行きたいようですが、ちょっと遠いようです。

だいぶ前の記事の100歳の方の本のお話。
アラハン・・・アラウンドハンドレッドの略とのことで、流行っていると
TVで放送していました。
学生時代は、本好きでしたが、今は、読まなくなりました。
自由に動けなくなったら、何をして暮らすのか、想像できません。
[ 2016/03/23 17:26 ] [ 編集 ]
楽しみ、自由に。
v-252ざくぁざさんへ
私も一緒なんです。名前など中々分りませんし、覚えていられないの。
でも絵は見たことがあるとか思い出すのね。
こんな絵が描けたら素敵ねぇ。
何か凛々しい絵ですよね。
生き生きとした鳥や動物・・・・
作者が無くなっても、絵は残る。

そんな言ってもらって、ドコガ・・・テカンジデスケド・・・ネ


v-252hana-photoさんへ
ご主人様は、千葉にある美術館へ行らっしゃいたいのですね。
ご主人様は、奥村土牛の日本画はいかがでしょうか?山種美術館(恵比寿)です。
券が2枚ありますので、いらっしゃるならば、一枚お送りします。
期限は5月15日までです。
私もいつ行くか分りませんがこの界隈、美術館通りが出来て中々面白そうです。
よかったらお知らせくださいね。

この頃のTVの影響は強いですね。
お花さん、本は面白いですよ。
もうひとつの自分の世界が持てますよ、無限に広がって。
昨日から「107歳 生きるならきれいに生きよう!」を図書館から借りて読みだしました。
字が笑っちゃうくらいに大きくて、すぐに読み終ってしまいそうです。
まだまだ沢山読みたい本が溜まっていますの。
定年年者っていいわね、時間が自由で思う存分あるようで無くてね・・・・
先が短いから急いでいるの、私。

では、無理でなく、お知らせください。日本画お好きならば。


[ 2016/03/24 00:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索