はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

手縫いでバックを縫いました。

友人に教えて頂き、帯からリメイクで、インナーバックを作りました。

20160421インナーバック

バッグの中にまた、このバックに必需品を入れておきます。
出かける時、行先によりバックを変えることが多いですが、これごとひょいと入れ替えます。
縫いやすい帯ではありましたが、出来上がったら針が曲がっていましたから、それなりに固かったかも。
作り方を覚えるために私は、もうひとつ縫いました。
すべて手縫いです。

そしてもうひとつ、ショルダーバックを。

20160421ショルダーバック1 20160421ショルダーバック2

布地は道行きだとか。
こちらも手縫いで仕上げました。
若い頃、ミシンをガチャガチャと使っていた時はこういうものを手で縫うとは思ってもみませんでしたが
今は古いミシンを出して糸を通して、調子を整えて・・・ということをしているなら
手で縫ってしまう方が早いと思うようになりました。
この頃は何でも、手で縫います。
手縫いの柔らかい風合いを、これまた良しと感じています。

こちらも大きさをかえて、もうひとつ縫ってみるつもりです。
ふたつ縫ってみて、作り方をやっと自分のものに出来ます。

3月、4月の絵遊び会の作品です。



こんなときに、ごめんなさい。
晩御飯
筍おこわ 焼キンメ鯛 サラダ 筍お刺身
20160420晩御飯

産地の方から大好物の筍を頂きました。
下処理をするときから、めちゃ柔らかいことが分りましたので、お刺身(と、言っても茹でたが)で頂くことにしました。
ワサビちょいと付けて頂きましたが、これはカルパッチョ風に、オリーブオイルと塩がきっと美味しいと試し食べてみました。
それはとても柔らかくてえぐみも全然なくて、それはそれは美味しい筍でした。
季節のお味を、御馳走様でした!!

 [ 2016/04/21 14:27 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(10)
今日は 長野地方は午後雨になりました。

はなこさん 素敵なバッグが出来ましたね

着物から帯からとリメイクが出来る事って良いですねぇ

私は不器用で何もできませんが 只今85才になる大阪の母は

手提げ袋やスモッグ風上着(必ず袖口はゴム)デザインは

大阪人らしく カラフルにポケットとか斜めの線に見覚えのある布

違う物を作った残りの布がデザインに使われていました

本人は「世界にひとつのものだからねぇ!」が口癖でした

私の「あめちゃん入れ」も縦10㎝横6㎝の小袋ですが

チャックが付けられていて重宝しております。

今はミシンは使っておりませんが物忘れ状態の一人暮らしですが

編み物は健在のようで靴下等が送られてきます

娘の私はどちらも苦手の不器用です。v-406
[ 2016/04/21 15:04 ] [ 編集 ]
固かったのでは?
嫁入りの着物はほとんど私がお稽古に通いながら縫いましたが 帯は結構かたくて苦労をしたことを覚えています 大変だったのでは?と思っています 二つも凄い!
インナーバッグですか? これは便利ですね 帯だとしっかりしていてもってこいですね 皆さん色々工夫なさって偉いですね 頭は帽子を乗せるためだけではないのですね 私も使わなくては。

産地の筍 さぞ柔らかくて美味しかったでしょうね 旬の食材が揃った食卓 何よりのご馳走ですね。
[ 2016/04/21 18:21 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
仕上がりましたね!はなこさん。
いい感じだわ~
しっかりしてるので入れ替えするのも便利だね~
良いアイデアだと思います。

又、病みつきになりそうですね。
ショルダーバックも変わった色みで、世界に一つしかない貴重品ですね。
手縫いの良さが伝わってきますョ。good!です~
[ 2016/04/21 18:34 ] [ 編集 ]
こんばんは
物づくりが上手な方はいいですね。
着物など何年か前にほとんど捨てました。近くに作り直してくれるお店もないので、とっておいてもしょうがないし、その時はもったいないとは思いませんでした。今も後悔していません。
このように作ってもらえれば帯も嬉しいでしょう。
それにしても、はなこさんという方はすばらしい方ですね。
[ 2016/04/21 20:43 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/04/22 00:11 ] [ 編集 ]
素敵~♪ 帯地で作るインナーバックは固くて大変でしたね
でも覚える為にもうひとつ作るなんて
さすがはなこさん!凄いです パチパチ~
こうして再利用するって満足感でいっぱいですね

この時期筍料理を家族にも催促されるのですが
私はえぐみが苦手で・・・・食卓に上りません
やっぱり新鮮ものなのですか・・・
[ 2016/04/22 06:40 ] [ 編集 ]
おお!インナーバッグ!
はなこさん、作っちゃわれるんですね。
帯で、ですか!
ショルダーもリメイク!むむむ!
知人が小袋を和物で作る人がいます。
その人もミシンではなく手縫いですって。

筍はこの頃、スーパーへ行かなくなってるんで
存在を忘れておりました。(生協宅配)
季節のものを楽しむには、スーパーもいいですね。
[ 2016/04/23 07:45 ] [ 編集 ]
じっくり拝見します
先日はご訪問頂き有難うございました。ちょこっと様子を見ました、これはちょっと違うぞと思い、初回から見始めました、一日一日見るたびになにかわくわくするので、一気に拝見するのがもったいないのでじっくり拝見します、まだ2006年の10月です、遅くまで起きて明日の計画を立てておられるのでしょう、お身体お大事に。
[ 2016/04/23 11:59 ] [ 編集 ]
素敵ですね。
こんばんは。

帯なんですね。素敵な柄と色だなぁと思って見ました。
私は、今のところに引越しをしてきたときに、お茶の先生をしている友人に
帯も着物も、ほとんど差し上げました。
成人式の時の振袖関係だけ残りました。
その友人も、大病をして、お茶の先生もやめて、着物も着ることがなくなり、
彼女の家の箪笥の肥やしになっています。

バッグのない生活をしています。
美容院などでは、預けるものがないので、よく笑われています。
散歩や近場では、小さな小銭入れに、各種ポイントカードと現金を入れて、
ティッシュと小さなタオルのハンカチも、全部ポケットに入れて、出かけています。

どうしてもバッグが必要な時も、本当に小さなバッグを持っています。
小さなバッグは少ないので、買う時に、なかなか探せなくて困るのですが。

だんだんおじさん化しているのかも。
[ 2016/04/23 20:41 ] [ 編集 ]
v-5まめのママンさんへ
ママんさん、素敵なお母上様ねぇ。
おひとり様でお暮らしなのですね。
これからは子どもがいても多分おひとりさまは増えて行くでしょうねぇ。
私もその口とおもいます。。。

おひとりでチクチクやっていられるお姿を想像すると、なにかわたしは先々の
私を見ているような気もしてきますよ。(私は素敵じゃないけどね、ただのおばさんですがね)

v-5ケイコさんへ
2個、根をつめたから正直は手が痛くなっています。
私やる気があると、熱中する方でしょう?だから・・・
そして翌日、庭のクリスマスローズの茎をみんなカットしたらはさみを握るのが固くてねぇ。
でもそれもやっちゃう方でしょう。
その後カルチャーの宿題もあったりで、手と目ばかり使ったね。

目途というものをつけられなくなるのも年寄りの証拠なんて、いじわるも言われた・・・(友人に)

v-5misakoさんへ
misakoさんのように綺麗には出来上がらないのですけど、物事完成させるのが
好きでね。
時間を空けてまた、トライしようと思っています。
見て頂きありがとうございます。

v-5はるるさんへ
私のこのリメイクブームの前に、姪の子の娘たちに着物をほとんど譲ったばかりで
私のところにはあまりないのです。
私も取っておいても仕方ないし、活用してほしいと思ったからね。
バンバン出来る人はいいけれど、私はそんなではないから、手持ちでそぞろにやっていきますかね。
えへへ、褒めて頂くって照れくさいワ。

v-5鍵コメさんへ
似た柄でしたか?
前スカーフも似たようだったですね。うふふ・・・

v-5Kamomeさんへ
kamomeさんも吊るし雛の女と男バージョンをお作りになりますから
きっと、和布の活用方法も御存知ですよね。
そうそう、私のは小物ですけど達成感がいいですよね。

えー、筍が×だなんて。。。。もったいな~い。
調理法があんまりないのね、私。

v-5ざくぁざさんへ
手縫いの人は手縫いが好きみたいですね。
私はそぞろに縫っているだけで大きいものなどはできないのですよ。

ざくさんは生協に入ってそれで間に合っているのですね。

私はパンフを見てる時間が無いかも・・・
スーパー行くのも楽しみはあるのですが、この頃ロスが多くて、気をつけようと思っています。

v-5くんざんさんへ
まぁ、お出で下さりコメも頂きまして、ありがとうございます。
そんな古いのを・・・お恥ずかしい限りでっすよン。
記事の多くはタイマーでアップにしてありますから、更新の多くは真夜中0時、シンデレラ時間ですよ。
ありがとうございます。

v-5hana-photoさんへ
hanaさん、おじさん化ですか~(笑
私はいつも、「はなこさんて荷物が多いね?」と言われてしまう、ヤドカリ化してるかもですよ。

着物を活用しリメイク出来る人って羨ましいです。
だって服にしてもお洒落だし、経済的ですよね。
わたしも着物はこのマイブームが来るちょっと前にやはりほとんど手放してしまいました・・・
あーーー、もったいなかったかも・・・
まぁ、いろいろあったんだけどな・・・・

[ 2016/04/24 15:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索