はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

奥村土牛 展(山種美術館)

奥村土牛 (1889年(明治22年)2月18日 - 1990年(平成2年))展へ出かけました。

奥村土牛展20160511

代表作は、切手趣味週間の切手にもなった(1997年・平成9年)「醍醐」という題の桜の絵です。
切手の収集の趣味は無いので桜の季節には使用していますが、この80円切手は80円切手としては
やや大きめの切手の絵柄になっています。
他に懐かしいと感じたのは「兎」と題された何点かの作品。

「僧」「富士宮の富士」「枇杷と少女」「鳴門の渦潮」もよかった。
「門」も平面的なものを描いていたのだが、そんな風に(地面の色ややや傾いた屋根が奥行きを表す)
工夫したのかと思って見ると面白く、美しい絵だった。

いつものごとく、画家の生き方や様を知るのが面白かった。
土牛さまは、探究心と情熱、対象物に愛をもって描いていた人。

どの絵もまじめな美しさがあり、「兎」や「枇杷と少女」の枇杷の実のふさふさしている質感のぼかしの
タッチがよかったです。
お人柄が偲ばれる絵でした。


4月、市の美術館でも浮世絵師小林清親(1847-1915)没後100年、文明開化の街並みから日清・日露戦争まで、
明治を描いた浮世絵展が開かれていました。
凡人にはあまりなじみも無い錦絵でしたが、近くなのでぷらっと寄ってみました。
市民の生活や江戸の風景が懐かしく感じられるようでした。
最後の浮世絵師とも言われたようでした。

洋画の印象派もいいけど、日本画もしっとりと落ち着きあっていいと思って観賞して来ました。


最終日が迫った上野で開かれている「伊藤若冲展」と、サントリー美術館でやっている「広重展」にも
折を見て出かけてみたいと思っています。

渋谷区広尾の山種美術館~青山の根津美術館~六本木の国立新美術館~赤坂のサントリー美術館などが
ひとつの道で繋がる「美術館通り」と呼ぶアートスポットを巡るルートが出来ていますが、
お昼に入ったレストランで聞いた話では、歩いていくにはちょっと遠いそうで、また美術館に寄りながらでは
体力も要りそうで、また出直すことにしました。
この通りには他、森美術館や岡本太郎記念館などもあります。
季節によってはかなり楽しめる場所になりそうです。


この日は、雨交じりの風が超強い日で閑日を返上するにはよい日でしたが、風邪をこじらせてしまいました。





晩御飯                        晩御飯
牛肉と新玉のソース炒め 筍蕗煮 トマト砂糖掛け  茄子の肉巻き 厚焼き玉子 トマトとアボガドのオリーブオイル掛け
20160507晩御飯 20160508晩御飯

牛肉・新玉のソース炒めは、調味料はウスターソースとバミサコ酢のみで味付け。
ウスターソースだけでも可。


 [ 2016/05/12 22:35 ]  美術館 | TB(0) | コメント(4)
奥村土牛展に行かれたんですね。
優しいタッチの絵を描かれる方ですね。
特集番組を見て行った若冲の絵とは全く違う印象です。
美術館は殆んど洋画を見に行ってて
日本画にあまり関心がなかったのですが、
はなこさんのブログを読むと見たいと思うようになります。

[ 2016/05/13 11:17 ] [ 編集 ]
美術館巡り
風邪を引かれたとのこと、その後いかかですか。
連休の疲れが出たのかしら。どうぞ、お大事に!
小林清親展にも行かれたのですね。
昨年、横浜歴史博物館で、やはり没後100年展をやっていて観ました。
てっきり、横浜に縁の深い浮世絵師かと思っていました。
作品も当時の庶民の生活がわかり、興味深いものでした。
伊藤若冲展もぜひ観たいのですが、あれだけテレビに取り上げられていると
人出もすごいのではと思い、ちょっと躊躇しています。
[ 2016/05/13 16:25 ] [ 編集 ]
こんばんは
はなこさんも最近よくお出かけになって、いいことですね。
ぴったりのお出かけ場所だと思います。
あまり画のことはわかりませんが、これからもいろいろなものをご覧になってください。
風邪はよくありませんね。
お大事になさってください。
[ 2016/05/13 19:13 ] [ 編集 ]
v-254sachiさんへ
早々と行って観てしまったsachiさんが羨ましい・・・
東京都美術館は3時間待ちだって・・・
あの本だけ見て諦めるか・・・本物を見なくては意味が無い・・・
見てエネルギーを感じたいと思うのだが・・・。

v-254akikoHさんへ
何年かぶりに風邪ひきました。たるんでいたのだと思います・・・
今日の待ち時間220分ッテありました。
それは無いでしょ。会期を伸ばしたとしても(それは無いでしょが)同じでしょうね・・・。
20万人めに記念品が出たよう。
18日のシルバーの日って、どんなになるのか知りたいですね。

v-254はるるさんへ
綺麗な絵を見るのは、美しい自然の中にいるのと同じよう・・・
流れる空気が似ているよう。人が自分ひとりだとなおいい・・・
大勢に気を使いながら見るのは疲れるから。女の人はどこでも遠慮なくよくしゃべるから・・・・
はるるさんみたいに続けて出かけられるパワーがあったらな。

[ 2016/05/13 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索