はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

季節の台所仕事 梅酒・ラッキョウ漬け・小梅漬け

これは昨年作ったラッキョウ漬け。
少しだけ残っていましたが、歯ごたえは漬けたときと変わらずにパリパリです。

20160603季節台所1

そしてこちらが先日ぱぱっと終えた、ブランデー辛口梅酒とラッキョウのレモン酢漬け・・・小梅漬け少々です。

20160603季節台所2

かれこれ30年くらいこの時期の台所仕事です。

我が家では甘い梅酒は、飲み手がいません。
そこで、う~んと辛口の梅の2割の砂糖しか入れずに作ったところ好評でした。
昔の梅酒作りは砂糖を6~8割くらい入れて甘いのが主流でしたね。
砂糖は少な目、これはとてもキリっとして美味しいです。

大体の分量は、梅酒(ブランデー漬け)は
ブランデーVO 1,8L  青梅1,5kg 氷砂糖200g です。
青梅は半日ほど、水につけてあく抜きします。(昔は青梅はあく抜きはしなかったが。)
翌日、水気を綺麗な布巾で拭き取り清潔な瓶に漬けこみます。
お酒はホワイトリカーやウィスキーでもよいのですが、私はブランデーが一番口にあったのです。

ラッキョウのレモン酢つけは
ラッキョウは泥つきをよく洗い、皮や根を綺麗にしてざるにあけて、熱湯をよく回しかけます。
ここがポイントですが、これが1年経ってもパリパリになるのです。
漬け酢のレモン酢は、ミ○カ○から出ているものにラッキョウ1キロに対し塩小さじ1、砂糖大サジ1と好みで鷹の爪を。
レモンの輪切り5枚くらいを一緒に漬けこみます。レモン汁も入れてもいいでしょう。
漬け容器にラッキョウを入れてかぶるかかぶらないか程度の酢を注ぎ入れます。
1日経つと、かぶってきますから。
2週間程度から食べられますが、時々味見をして自分の好みにするとよいでしょう。
レモンは後で取り除きますが、さわやかなラッキョウ漬けに仕上がります。

私は使ったことがありませんが聞くと頃によると、この会社のラッキョウ漬けの液で漬けても
かなり美味しく手軽に漬けられるとか。
ラッキョウ漬けは、男の人でもできる仕事ですね。(ご自分のお酒のおともに)


梅干しは、長年ビニール袋で漬けています。塩分は12%です。もちろん焼酎(35度)を殺菌に使います。
南紅梅はこれからですので(今年は10日前後がピークとか)、小梅だけ漬けました。
長年シソ漬けにしていましたが、昨年ただの塩漬けにしましたら、これがまた気に入って
今年はだた塩で漬けるだけの梅干しのみで仕上げようと思っています。

長年生きてくると、季節季節の食材というものは、その時々の人の体を守るようにできているものと
分ります。

若い人は長い間に自分流を見つけて、難しい手のかかり過ぎることのない作り方を探ってみて下さい。
忙しい世の中になっています。
ご飯作りに多くの時間を取られてしまったら、出来あいでいい・・レトルトでいい・・・に
なってしまいます。

自分の健康や生き方は自分で守り、食で豊かな生活を実践していきたいものです。
蓄えた健康で、社会を回していってほしいですね。
老婆心で一言つぶやきました。





晩御飯
豚カツ サラダ添え きゅうり酢物 五目煮    ブラックベリー酒(ブランデーVO)
20160603晩御飯

我が家はお昼ご飯が軽いです。歳を取って三度しっかり食べなくなってきました。
夕方にはお腹が空くように、調節して食べるようになりました。
夜は習慣で、割にしっかり食べてしまいます。。。。。

 [ 2016/06/05 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(6)
素敵!
今の時期 忙しいですね 我が家も友達からラッキョが送られてきて 昨日慌てて漬けた所です 先日テレビで とっても丁寧な漬け方を見ましたが 私には真似が出来ません 簡単な漬け方で今年も漬けました。

詳しく色々レシピの掲載して頂き有り難うございます 多分 はなこさんは私の記録よーと言われるでしょうが 大変参考になります。又 再度ゆっくり拝見させて頂きます。
[ 2016/06/05 09:45 ] [ 編集 ]
こんばんは
はなこさんのつぶやき耳に痛いです。
自分流につけると、合ったものが出来上がり、体にもいいですね。
よくわかります。
食で豊かな生活、その通りです。
今、私、小さくなっています。
[ 2016/06/05 20:12 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
はなこさん頑張りましたね!
今年も予定通りいろいろ漬け終わりましたね。お疲れ様~
食べごろになるのが楽しみですね。

私もこだわりのラッキョウ酢は買ってあるのですが、ここのところでかける日が多くてまだつけてないのよ。
早くしないと無くなるよね~
今週漬けられるかな~・・・・
何とか時間を作らないとね。
[ 2016/06/05 22:21 ] [ 編集 ]
v-295ケイコさんへ
やり方はいろいろあるでしょうが、あんまり手のかかる方法は今の時代は受け入れられないでしょう。
小林カツ代さんや平野レミさんやcook padが、簡単に出来る方法を開拓してくれていますから
大いに活用しましょうよね。
(私もあの・・・見ました。あれはできんワ。)

それぞれのお家で好みも違いますから、他人のレシピは参考程度で調度いいのでは。

v-295はるるさんへ
あやー、はるるさんは正直な方ね。
こんな記事の時は、スルーして通り過ぎたらいいのに・・・・
それぞれに生活の優先順位も違いますしね。

v-295misakoさんへ
まだ大丈夫ですよ。
私もどうせお値段もそんなに変わらないでしょうから、早めに済ませたけど。
まだ、6月になったばかりだもの。
美味しいの、作ってねー。


[ 2016/06/05 23:03 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/06/13 19:46 ] [ 編集 ]
勿論OK
v-295鍵コメさんへ
オーケーですよ。
気に入ったのですね。
またその内、作って差し上げますね。
[ 2016/06/14 01:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索