はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

仲間旅

ここ数年の、信州白馬までの小さな旅に出かけました。

NHK大河ドラマでやっている松代城へ。
真田十万石の城下町 信州まつしろですが綺麗に整備されて訪れる人を歓迎しています。

20160628-1

ちょっと変わった城への門(写真下段真ん中)
敵の侵入をいち早く阻止する工夫が・・・。
歴史ある地でしたがTVのドラマも見ていないし、歴史の苦手な私には残念ながら興味を魅かれるものは少なくて・・・
城壁の積み石塀が美しいと思いました。

小さなお城でしたがガイドさんの話にくっついて回った後は、時間があったので私ひとりは、
すぐ隣に隣接する 「池田満寿夫 美術館」に入りました。

20160628-2 美術館建物玄関口と中庭の展示物。

池田満寿夫さんが活躍してた頃は、あまり興味を持っていませんでしたが、館内に飾ってあった版画や絵は
綺麗な色合いやユニークな画風で、「なかなか素敵。」と思いました。
池田満寿夫さんは、長野県出身だったのですね。
版画家、画家、芥川賞作家、映画監督、彫刻家、陶芸家etc・・・と多彩な才能を持って活躍していたようです。
私の若かりし頃のTVを賑わした頃の、ぼさぼさ頭の姿とは違う、若かりし頃の純粋っぽい
池田満寿夫さんの大きなポートレートは、よくて、
「人は何かに燃えて生きているときは、純粋に美しいものだ。」と、思いました。

とんだ旅の途中で、この美術館を見ることができてよかったです。
生前の住まいがあった熱海市にも美術館があるそうです。



翌朝早くに、ホテルのガーデン「コルチナ・イングリッシュガーデン」を楽しみました。
花はまぁ、調度よくて、今まで来た中では美しいガーデンの時期でした。

20160629-3

冬はスキー場に。

20160629-4

↑ガーデンの壁に誘引された極小のバラの可愛かったこと。

20160629-5

花は、力強く生き生きとして美しい姿でしたね。

その後、サクランボ狩りをし(多分、若い頃に行った時の半分の量のサクランボは食べたと思う・・・。)
すぐにもぅお腹がいっぱいになって、果物の果糖は、超スピードで血糖値を上げると分りましたね。
こんなにお腹いっぱいサクランボを食べることはありませんね。

20160629-6

小布施のまちで、美味しい信州そばを食べたり。。。。
界隈をぶらついて、東京へ帰途になりました。

大きな雨に降られることも無くて、幸いでした。

20160629白馬




 [ 2016/07/03 00:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索