はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ターシャ・テューダー展

買い物に出かけたデパートで、「生誕100年・ターシャ・チューダー展」をやっていましたので
見てきました。

  20160820ta-syatenn

この展覧会は全国巡回展のようですから、ずっと前から回っているようだしもしかすると
これから皆さんのところへも回るかもしれませんね。
実はターシャ展を見るのは3回目です。
初めは、日本橋まで見に行った覚えがあります。
でもどの時も展示物が違っていて、今回も違っていました。


私たちの日々の生活は楽しいことばかりではありません。
家族のこと、老いていく体のこと、自然環境への不安も増すばかりです。
アメリカ・バーモントの山奥でガーデニングを楽しみ92歳で亡くなるまで創作活動を続けた
ターシャの美しい庭やつましいシンプルライフは、今の現代社会とは少し距離を置いたものではありますが
こうした暮らしが日本に紹介されると、大きな反響を呼び今なお多くの女性の憧れになっています。
(抜粋)


今回は生活用品や晩年まで描いた「コーギビルのいちばん楽しい日 」の本の可愛らしい挿絵が
沢山展示されていました。
今でもターシャの息子や孫たちが、その生活ぶりや教え、庭などを守って暮らしています。
長男のセスも見た感じは、かなりお年を召されていましたました。(VTRメッセージがあった)

会場の出口のところで、古い友人にばったりと会いましたが、やはりターシャ展を見にいらしたと
いうことでしたが、こんなところでお会いするのは何かのご縁ですから、今度ゆっくりと
またお会いしましょうと近況を交歓してお別れしました。

ターシャの展覧会を見ると何時も、「毎日の暮らしを大切にしよう。」「手作りを楽しもう。」と
スローライフへの憧れを心に思います。

展覧会を見た余韻でやっと、「そうだ、息子が残していったシャツの処分も兼ねて
折角習ったフックド・ラグを作ってみようか。」と、手芸屋さんへも寄り麻布を買い求め
帰ってきました。






晩御飯  素麺 茄子煮びたし ピーマンサラダ 天ぷら(市販品)
晩御飯 刺身 納豆 茄子の揚げびたし(玉ねぎおろしで)
20160817banngohann 20160818晩御飯

☆ピーマンサラダ
ピーマンと玉ネギの分量は2:1位の好みで、塩こしょうして、オリーブオイルと酢で和えるだけです。
ピーマンの旬、あまり生のまま大量に食べることが無いので、こんな食べ方も。

☆茄子の揚げ浸し(玉ねぎおろし
茄子は縦半分に切ってから縦に切り目を入れて、さっと揚げます。
その上に生の青み(ピーマン)と人参の線切りをのせた上に、玉ねぎおろしをのせ醤油、酒を
掛け回します。

どちらも作り置きして2~3日。便利です。



 [ 2016/08/23 05:20 ]  美術館 | TB(0) | コメント(7)
豪雨で心配して訪問しました
台風の影響で大変かと思い心配して訪問すると 穏やかな記事で安心しました。
娘も本を買って持っています 素敵な生き方ですね でも 苦労も沢山有ったと思います 人生楽しい事ばかりでは無いですものね。

茄子が有るから 早速 揚げ浸し 作ってみます 有り難う!
[ 2016/08/23 11:02 ] [ 編集 ]
こんばんは
ターシャ、テレビで見たことあります。
お年のわりにお元気ですごいなと思いました。
展覧会で思い立ったのですか。
またいいものが作れそうですね。
お友達にであったり、出かけると何かめぐり会いがあるものなんですね。
[ 2016/08/23 18:55 ] [ 編集 ]
台風9号は強かったですね。
お庭は大丈夫でしたか?
昨日は友人のご主人のお通夜があり
テレビの台風予報をずっと見ていました。
出かける直前に小降りになってよかったです。

ターシャ・テューダーや
京都で生活されてるベニシアさんの生活、
なかなか真似できないけれど
テレビで見ているだけで癒される気がしました。
[ 2016/08/23 19:35 ] [ 編集 ]
私も今年、名古屋でターシャ展に行ったばかりです。
岐阜にターシャの庭がある所もあります。
http://www.hanafes.jp/hanafes/modules/map/index.php?content_id=17

私、彼女が手マンのうに赤いリボンを付けていると知り
マネしようと思ったのにしてなくて、旅行から帰って
なぜやらなかったんだと自分を責めました。

旅行中、お父さんがどっかへやっちゃったんです。。
(赤いリボンはおしゃれではなく、
目立つからとターシャが教えてくれてたのにぃ!)
[ 2016/08/24 19:20 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
ターシャ展に行かれたのね。
本当に憧れますよね~
何冊か本を持っててたまに眺めますが、美しくてため息が出ます~

↑のざくぁざさんの岐阜のターシャの庭拝見しました。
本当い素晴らしいお庭ですね!
感動でしたよ。ありがとうございました。


今日は雨も大したことなく暑い一日でしたね。
明日は少し落ち着いてくれるらしいですが...暑いでしょうねぇ
[ 2016/08/24 21:35 ] [ 編集 ]
ターシャ・チューダーの人生
また、暑さが戻ってきましたね。
ターシャ・チューダー展に行かれたのですね。
広い庭を素足・素手で手入れするターシャ、庭の植物を愛おしく育んでいる
姿に、いつも心打たれていました。
あの優しい絵本からは、ターシャの辛い人生を垣間見ることはなかなか
できませんでしたが、庭のターシャはいつも幸せそうでしたね。

お野菜がこのところ、高騰していますね。
玉ねぎなどは、3個で200円を超えていました。
ナスは比較的安く手に入りますね。さっそく、ナスの揚げ浸し、作ってみようっと
[ 2016/08/25 13:13 ] [ 編集 ]
v-278ケイコさんへ
今日はまた、暑さが戻りました。
ケイコさんの方、物価が高いのですね。
私の方は競争が激しいせいか、案外に安いの。
だからサクラランも小さい根がついたのならば¥250してるかな~?

そうそう誰も幸せそうに見えるけど、そんなことも無いのよね。
ターシャだって、苦労したという顔しているときもあるわよね。
でも絵を描く人って、描くことで昇華するような気がします。
ケイコサンもでしょ?

v-278はるるさんへ
歳をとるって、個人差が大きい気がします。
でも昨今は平均的に、すごく生き延びるわよね。
歳に負けないようにしなくっちゃね。

外へ出るといろいろ勉強することが多いですね。
楽しむだけで無くてね。

v-278sachiさんへ
つまり・・・気持ちの持ち方や物に対しての解釈の仕方じゃない?
目先ばかりを見ているでなくて、もっと大きなものを捉えて今を見つめている感じかな?
あんな風に、裸足で庭を歩きたいと思いましたが、自分の庭さえ、履物なしでは歩けない私なんだから
距離があり過ぎ~
せめて心かけだけでもお手本に・・・

余談ですが、ベニシアさんのお言葉で、「私たちは起きることのすべては結局、受け入れなくちゃならないのね。」という言葉が
私の頭に印象的に残っています・・・・・


v-278ざくぁざさんへ
へっぇ~、こんなところがあるのですね!
こういうところに弱いわ~
機会あったら行ってみたいですね。

どんなに茂っている庭なのかしらね?
でも無くさないように、置き忘れても目立つようにとシャベル(スコップ)にリボンをつけたんだよね。

v-278misakoさんへ
岐阜にある日本版ターシャの庭があるのを知りませんでした。
misakoさん、行ったことがあるのね。
やはり季節か初夏がいいのでしょうね?

家にいてもダラダラしてしまうだけの日になってしまうので、今日は思い切って
「遠藤彰子の世界展」に出かけて来ました。
すっごい絵でしたよ。あんなの見たことが無かったです。
大きさも500号~1500号まで
迫力とパワーを感じて帰ってきました。
今は、武蔵野美術大学の先生のようです。
相模原在住なんですって。展覧会は無料で写真も撮ってOKでした。
いい日になりました。

v-278akikohさんへ
人生の出来事を、辛いものととらえるか、輝きととらえるかは、結局のところ
自分次第ということなのだと思います。
中々そう思えない時間もありますが、いずれ人生の出来事はみな自分に帰って、それを抱えて
私たちは旅立つ時が来るのですから、辛い思い出は持って行きたくないですよね。

嬉しいことに、夫が朝の散歩で茄子や胡瓜、ミニトマト、ピーマンなどの夏野菜を
買って来てくれます。
スーパーのとは段ちがいで美味しい、安い、超新鮮なのです。
よく買うので生産者のおばさんと、懇意になって何時ももぎたてを頂いてくるみたいです。
あり難いことぉ。
[ 2016/08/25 16:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索