はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

『遠藤彰子の世界展 ~COSMOS~』へ

『NHK 日曜美術館』のアートシーンで紹介された「遠藤彰子 世界展」が近くでやっているというので
見に行ってきました。
この夏は旅行に出なかったので、8月は美術館巡りをと決めていたのです。

この展覧会は珍しく、写真を撮ってもOKで、写真を撮っている人も多かったです。
素晴らしい世界でしょう?
私もこんな大きな絵の展覧会は、初めてかな。

キャンバスの大きさにまず驚きます。500号~1500号(500号=3333x2485)と、ビックサイズで80点。
500号以上が続くと、見上げるので首の後ろが痛くなります。

20160826遠藤彰子展1

画家の目線が、時間を越えて幾重にもあるように感じられます。

20160826遠藤彰子展2

これは画家の経験からイメージした絵だろうか。
日常なのか非日常の絵か・・・
迫力がすごい。

20160826遠藤彰子展3

動物や建物の階段、扉、波、空、人々の表情と・・・
現代版 若沖 のようでもあり・・・

下の3枚の写真の絵は、画家が20歳少し超えた頃の絵。

20160826遠藤彰子展4

このシリーズの絵は「楽園シリーズ」と、名づけられていました。

20160826遠藤彰子展5

絵の中に一抹の不安も無く、ややファンタジーも感じます。

20160826遠藤彰子展6

遠藤彰子さんは現在、M美術大学の教授だそうです。

オーソドックスな絵の画家の視点の方向は、多分一方向から描く絵だと思いますが
一場面に描かれた絵の奥・・・そしてまた奥、上の上と空間が深いのです。
うまく説明できないし、「ただすご~い絵だなぁ・・・。すごく迫力がある絵だなぁ…。」と、感動して見て来ました.

ネットから、補足を。
遠藤彰子official web saite
遠藤彰子の世界展

もう一度チャンスがあれば、見たい絵の数々でしたね。


この日は車のナビで初めて走ってみた道でした。

帰りは、あの怖い(と思っていた)16号線に行けと、車のナビがどうしても私に誘導するものですから
勇気を振り絞って走ってきました。
「この道から抜けたい・・・。」と、2度ほど左折を繰り返しても、再び16号線へ戻されてしまいましたが
一方通行の道が多くて走りにくかったですが、まぁ、自信にはなったかも。

いい一日になりました。





晩御飯 ピーマン肉詰め サラダ 煮豆(市販品)
晩御飯 焼鮭 揚げ豆腐あんかけ 肉じゃが(残り物)
20160829banngohann 20160830晩御飯
 [ 2016/09/01 22:26 ]  美術館 | TB(0) | コメント(7)
圧倒されます
きっと実物を見たら圧倒される迫力の絵ですね。
絵など全くと言っていいほどご縁のない私でさえそう感じました。

カーナビは最初に設定したように走るよう指示しますね。
私は運転は出来ませんが設定は私がします。

この施設の傍へ行けば後はOK などというような場合、その施設を設定するとえらいことです。
通り過ぎても何度も何度も元へ戻るように案内します。

カーナビは正直に命令された通りに教えます。
融通が効かないのは自分と同様です。
[ 2016/09/02 08:20 ] [ 編集 ]
迫力ありますね
まー大きな作品ばかりで迫力ありますね 力が貰えそう!これだけの絵を描くにはかなりのエネルギーがいりますね 命を削る位で描かないと描けないような気もします 凄いですね。写真撮影OKは珍しいですね。

車を運転できるって良いわねー 年齢を重ねると余計にそう思います カーナビが有れば心丈夫でどこでも行けますね 免許取得してもペーパードライバーで終わった事が悔やまれます。

揚げ豆腐は出汁であっさり頂きますが あんかけにすると野菜も採れ ボリュウムも出ておかずになりますね 美味しそう!
[ 2016/09/02 10:37 ] [ 編集 ]
沢山夏の美術館巡りされてますね。
大きい絵、その場で見たら圧倒されそうですね。
感動されたはなこさんの説明を読むと
よけい見たい気持ちになります。
写真が撮れるのは珍しいですね。

うちも今日はピーマンと椎茸の肉詰めにしようと思っています。
揚げ豆腐はトースターで焼いて生姜醤油が多いですが、
餡かけが美味しそうですね。
[ 2016/09/02 14:35 ] [ 編集 ]
こんばんま
車のナビで運転ですか。
すごいです。
これからの自信につながりましたね。
画は実際に生で見るものですね。
感動したお気持ちわかります。
カメラがOKなんて珍しいのではないですか。
[ 2016/09/02 19:33 ] [ 編集 ]
日曜美術館は見たほうがいいとわかったので、録画を始めました。
この画家さんのことは知りませんが、最初の写真ででかさがわかりました。
画家さんのおうちの部屋は相当でかいんでしょうね~!
作品の保存も…なあんて、関係ない所に興味がいってしまいました。

カーナビは好きではありません。
すぐに有料道路を通らせようとします。
[ 2016/09/02 22:32 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/09/02 23:08 ] [ 編集 ]
v-295nekoさんへ
はい、nekoさん、おっしゃるとおりと思います。
PCもスマホも、カーナビもご主人様の指示に従って、忠実に働くのだと思います。
あれこれとやる姿がこっけいですね。
カーナビを使って運転することは、まずありません。
街乗りの買い物用ばかりで、慣れないところへは電車でほとんど出かけるおっかながり屋です。

この日は冒険してみましたが、知らない街は結構都会で驚きましたが、出かけてきてしまったのですから、何とか帰らねばと
もぅ、観念しました。

v-295ケイコさんへ
すごい大きな絵でしょう。これに驚きますね。
大体こういう世界を持っている方は生まれたときから、そのほうに長けたものが
ものがあるのと違いますでしょうか。
いくら描くのが好きで好きでしょうがないとしても、根気が要りますね。
後で分ったことですが、生きざまも(経験も)大いに現れているのだそうです。

>カーナビが有れば心丈夫でどこでも行けますね とは言いますが、運転しながら、これを解釈して
運転するって慣れないと出来ませんね・・・
あんまり使ったことが無いのです。

v-295sachiさんへ
昨日は再度、メアリーカサット展へ出かけて見ました。混んでいましたよ。
秋はますます美術館がいいですね。

生のお豆腐を片栗粉であげて野菜の甘酢アンをかけましたよ。
生揚げはさっと焼いて、ねぎや、生姜が美味しいですね。

そうそう、出かけて疲れて帰った時は、冷やし甘酒にレモンを垂らして飲みますよ。
疲労回復が早いかなと思って。

v-295はるるさんへ
ほんと絵は、実物を見た方がいいですね。
撮って来た写真を見ると、はるるさんのように上手でないのでただ、平面的に見えるだけです。
絵もその時の瞬間を共有するものと思いますね。

多分音楽(コンサート)にも同じことが言えますね。

v-295ざくぁざさんへ
相模原市にアトリエ、住まいがあるようですね。
もう…油絵の具の匂いでいっぱいだと思いますね・・・
子供にも教えていたとありますから、私たちのようなお家ではやれませんね。

カーナビはほとんど使ったことが無いのです。
大抵は厚い地図本やPCで下調べをするほど念入りに、そして車で出かけますよ。
あの・・・70メートル先を・・・うんぬん・・て言うでしょ
あの感覚を運転しながら、解釈するのって大変ね。やはり慣れでしょう・・・

絵が好きならば、日曜美術館は面白いと思いますよ。ナ~るほどが多いです。
日曜の夜8時からも、2チャンネルで再放送かな?やっていますよ。

v-295鍵コメさんへ
ありがとうございます。
とても綺麗なものですね!
[ 2016/09/03 17:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索