はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

着物リメイク   つづく・・・

台風16号は各地で被害を残していきましたが、幸いなことに私のところでは
午後9時に暴風雨と予報されていましたが、午後9時にはもう去っていっていました。
私のところでは何時もこんな風で、肩透かしを食らったような感じです。(幸いなことですが)

20190921着物服

襟つき七分袖ともうひとつ長袖上着を、着物リメイク縫ってみました。
襟つきは前回と同じ型紙で、袖を七分にとひらひら襟を付けました。
飾りは好きな包みボタンで。着ると襟は無造作な感じになります。

オレンジ色の方は、他の本に載っていたリメイクの基本形とありましたが、丈が短くて足しました。
胸と袖に飾りポケットが付いているのですが、分りませんね。
どちらもウール地ですが、素材の違う布で縫ったら、また感じも変わるかと思います。

残念ながら、まだ自分好みでリメイク着物は縫えません。
なにせ、古い着物などの手持ちはいくつも無いわけですから好き嫌いを選んでいることが出来ません。
縫う服の種類が、その生地に合うかどうかで決めて今のところ縫っているのです。

その内に、着物で無い生地でも縫うかな~
しかしながらミシンの魔力にかかったマイブームも、そんなに長~く続くとも思えません。
何時もその時の自分の中の「熱い鉄は、熱いうちに打て」の言葉通りに、従っているだけです。

さて次は何か変化したものを・・・・。




晩御飯 焼秋鮭 ゴーヤチャンプル トマトの玉葱ドレッシングかけ 
晩御飯 空審査委と牛肉の炒め 納豆オクラ 氷頭の酢漬け
20160918banngohann 20160920晩御飯

いなり寿司はお昼ご飯の残りもの。
夫は白ご飯。

氷頭の酢漬けを作る人はもう都会では皆無ではないでしょうかね。
鮭(塩鮭)を下した時、頭の部分の軟骨も5ミリ位の厚さに切って酢で洗い、もう一度酢に漬け直すのです。
作ったすぐでなく、 冷蔵庫で2~日すると骨が軟らかくなり塩分も抜けて、お酒に合うのです。
もう40年も前、職場が一緒だった秋田の栄養士さんから教わりました。
鮭の頭からしっぽ(?)まで命を頂く調理法です。

「食品ロス」などという言葉が無かった時代のことです。

 [ 2016/09/22 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(7)
すごい〜!ステキです❤️さすが、はなこさん。

グイグイ進む所が、私、はなこさんと似ているな、って思います。
でも、悲しいかな、その水準がずいぶん違っています。
はなこさんみたいに何をされてもそつなくできるのでしたら、
本当に楽しいだろうと思います。

食材をいただく精神、わかります。
ただ、それには、鮮度の良い食材と調理力が必要で…。

あれ!?弁解ばかりになってるぅ!
[ 2016/09/22 11:07 ] [ 編集 ]
暖ったかそう
そろそろ日差しが恋しくなりました。肌寒いです。
はなこさんの着物リメイクを拝見して「暖ったかそう!」と思わず
どんなパンツと組み合わせるのですか。
今度は、ファッションも見たいなーー
相変わらず、充実した食卓ですね。
たっぷりの白いごはんを見て、「あれっ!」ご主人様のだったのですね。
[ 2016/09/22 11:40 ] [ 編集 ]
はなこさん~どんどん捗るマイブーム~♪
涼しい毎日が続いてるので暖かそう~で素敵です
着物の処分の仕方に迷っていましたから
こうして自分の物に再生出来たら踏ん切りも付きますね
↓の眼鏡も興味津々 しかも素敵なケースに仕立てて~パチパチです

氷頭~~昔 魚屋さんに並んでいた様な・・・
そんなかすかな記憶を辿るだけです
暑い時もきちんとお味噌汁を作って反省しています
ビールは毎日ですか~♪
[ 2016/09/23 06:38 ] [ 編集 ]
涼しいので歩きたいですが毎日雨です。
カラッと晴れて欲しいですが止むと又暑くなりそうですね。

着物リメイクの服、形も色柄も素敵~
次々に出来上がってお仕事早いですね。
今まで見せて頂いたものを着ている人にどこかですれ違ったら
お顔知らなくてもはなこさんと分かりますね。
美術館等ではなこさんいらっしゃるかもと思ったりします。
[ 2016/09/23 12:52 ] [ 編集 ]
こんばんは
今一番やりたいことをやる、というのが理想的です。
ブームが去れば、やめればいいことですから。
でもいいものが出来ましたね。同じものはないという洋服になります。
氷頭の酢漬け、作りませんが売っていますね。
昔、義母が青森生まれで、好きでした。
[ 2016/09/23 20:18 ] [ 編集 ]
お洒落!
素敵な秋物が出来ましたね 柄も色も良いですね 何時も気になっているのですが 着物だから 生地は絹? それとも木綿かしら? 紬も有りますね 絹だったら洗濯は?

塩鮭は大好きで いつも 切り身は 頭を買いますが 酢漬けはしたことが有りません 骨も食べられる位柔らかくなるのですね。1度試してみます。

[ 2016/09/23 20:54 ] [ 編集 ]
v-295ざくぁざさんへ
家にてこんなことばかりやっていては・・・いけませんね。
どこか秋の旅行に出たいわー。
完成すると満足感はありますが、いつまで続くものやら。

私結構、食品ロスを出してしまうのです。
これを作りたいと思ったら、すぐしたい方ですので、買い置きをダメにしてしまうことがしばしば
ありますね。
買い物行かないと中々献立も浮かばないし・・
計画性が無いのかもね。

v-295akikohさんへ
こう毎日雨降りが続くと、衣替えをしたくても出来ませんね。カラッと晴れた時にしたいから。
我が家は、お昼は軽くお茶程度で晩ご飯はしっかりになりますが、決まっていません。
昼をちゃんと食べてしまうと、晩はお腹が空かずに食べることになってしまうので嫌です。
昔ほど食べられなくなりましたね。
ご飯が多い日は多分お昼がいい加減な日でしょう。

下は何時もはいているズボンですよ。上がガバですから細身のズボンがいいかな。
スタイルはとても見せられないです。

v-295Kamomeさんへ
氷頭酢漬けは売っていたのですか~?それは見たこと無いです~
味噌汁は夫が好きで、でも薄いもので一日に1回のみ。
ご飯が晩だけなのです。
ビールは夏はよく飲みました。大体毎日少しだけなにかを飲んでいますね。
kamomeさんもお酒、召し上がりますか?

v-295sachiさんへ
うふふ、どこかで見かけましたら、お声をかけて下さいね。
今度は、「ゴッホ・ゴーギャン展」には必ず行きたいです。
若沖のように躊躇してしまわないように、混まないよう内に早めにと思っていますが・・・
私も、sachiさんはどこかで出会ったら分るような気がしています。

v-295はるるさんへ
やっぱり氷頭の酢漬けは売っていたのですね。
私は見たことが無いです~
今回はデパートの魚屋さんの日変わり売り出し品で一尾を切って頭も付いていたのでやってみました。
鮭は小分けにして冷凍しました。
家も夫が魚好き。

v-295ケイコさんへ
この2点はウール(毛)です。繊維を燃やしてみたわ。
絹も燃やすと似てるけど、ウールとはちょっと違う燃え方と匂いです。
着物の木綿は・・・・・(浴衣は木綿ね)
化繊はありますよね。2番目に縫った襟のついた水色は多分ポリエステルだったみたいです。
絹は、笑いごとのようにちじみました。大島紬も絹?らしいけど、縮まなかったです。

着物のものの洗濯は洋服のように、しょっちゅう洗わないものらしいですね。
考えれば一回着ただけでそんなに汚れませんもの。
洗い針も全部ネットで洗濯機でやりましたよ。洗剤はウール用のもの、絞りは30秒で軽く。
半乾きでアイロンね。
洗濯機もいろいろコースを自分で指定できますからそれで。
着物は必ず水で洗うこと。お湯はダメです。

冬の夜なべ仕事に、針仕事はいいですね。
でもこれで無くても人形作りでも、刺繍でもってところかな。


[ 2016/09/24 07:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索