はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「暮しの手帖」 古い本

NHK連続テレビ小説・「とと姉ちゃん」が、今週で終わります。
ドラマを見ていて「確か家にもあったな?」と、探してみようと思っていました。
昨晩探してみたら、出てきた2冊の「暮しの手帖」です。

20160929暮らしの手帳1

今、本の多くは図書館で借りるので、本箱は自分の部屋にひとつと一応は決めているのです。
本箱の本はもう何度も整理して来ましたが、この2冊だけは残っていました。

「暮しの手帖96」は1968年に発行されたもので、私が18歳の時のものです。

本のどこかに、編集者のメッセージがあって(本のどこかにそう書いてあった個所がある)

追記 お友達のHana-photoさんのブログです。
書いてあった個所が載っています。 クリックで→Hana-photo さんのブログ


「本はいつか処分する時があるでしょうが、この号だけは後世に伝えるために捨てないでください。」との
覚えが頭の中にあったものですから、今まで処分から外れて来たのだと思います。

本を開いてみると

20160929暮らしの手帳2

説明を入れなくても、どんな時の写真か分りますね。
上写真の、人が座っていない机の上の席札には、「出陣 だれだれ君 いついつ」と、書いてあります。

今思えば、私も18歳の時にこの本を読んでいたとは、当時の発行部数からそんな若い人も
この本を、読んでいたのですね。
2カ月一冊発行される「暮しの手帖」を心待ちして、本屋さんで買っていたこと 覚えています。
この先に読む人がいるかどうかは分りませんが、まだとっておこうと思います。

もう一冊の方は、2000年に発行された「暮しの手帖」です。
今も変わらずに私たちの暮らしを良くしようという、この本の目指すところが
見出しを見ただけで分るというのは「暮しの手帖」が一貫して、市民の暮らしを良くするために本を
創ってきたことが分ります。

あと、私の本箱にある暮しの手帖社の本は、とと姉ちゃん(大橋鎭子)が執筆したものが一冊に
まとめられた「すてきなあなたに」の1,2,3の3冊だけです。
こちらの本も1は、昭和51年6月10日発行となっています。
この方は今でも時々寝る前に開くことがあり、たくさんの付箋が挟んであり楽しんでいる本です。


古い本の料理記事では今は亡き帝国ホテルの料理長、Mさんの洋食を習ったひとりです。
懐かしい思い出です。






晩御飯 エビピラフ サラダ ピーナッツ南瓜のスウプ
晩御飯 チンジャオロースウ シュウマイ(市販品) モロヘイヤのごまだれ掛け
20160926晩御飯 20160925晩御飯

冷凍庫の整理で出てきた小さなエビ・・・・
「これはピラフしかないな。」と、思って20年ぶりくらいで作ってみたピラフです。





 [ 2016/09/29 09:46 ]  生活 | TB(0) | コメント(11)
わ、はなこさん、しっかりと生年月日を明示されているから
わかっちゃった。私より3才お姉さまだったのね。
(て、私もわかっちゃうけど)

私はこの本を1冊2冊買った程度です。
何かの商品テストの時。(何かは忘れた)
とと姉ちゃんの存在は記憶になく、
花森さんの本だと思っていました。

あ、料理の写真にお酒が無くなった!
[ 2016/09/29 11:43 ] [ 編集 ]
こんにちは
はなこさんは若い頃から本を読むのが好きだったのね。
私の母も毎度本を買ってきては読んでいたので暮らしの手帖 母も買って読んでいましたね。
私は本を読むってことは苦手でしたから本のプレゼントされてもそのまま読まずが多いのですが、息子が幼稚園の時に千葉から北海道へと夫の転勤が決まり 息子の園のお友達のお母さんが「すてきなあなたに」の本をプレゼントしてくれ その本だけはしっかり読みました。
本を大切に持っているってことはないのですが「すてきなあなたに」この本だけはいまだに大切に持っているんですよ。

エビピラフとても美味しそうですね 色合いも綺麗 20年振りとは驚きました。i-179
[ 2016/09/29 14:07 ] [ 編集 ]
はなこさんの庭はただいま百華繚乱でしょうね、手入れも大変でしょうね
[ 2016/09/29 14:57 ] [ 編集 ]
暮らしの手帖
私も暮らしの手帖は、結婚以来ずっと読んでいました。
引っ越しの際、処分しなければならず、3人の子供が生まれた期間月のものと
暮らしの手帖96号(戦争中の暮らしの記録)も一緒に残しました。
本棚から出してみて、改めて、編集者の精魂込めた雑誌であったことを
強く感じました。
とと姉ちゃんのドラマをきっかけに、この本をまた開くことができて
よかったと思います。
[ 2016/09/29 15:40 ] [ 編集 ]
母が読んでいてうちにあったのは覚えていますが・・・
私は推理小説のような本ばかりで、
暮らしの手帖を買った記憶がありません。
とと姉ちゃんを見ていると「暮らしの手帖」が
人々の生活のためという意思や情熱を持って
作られた事が分かります。
皆さんちゃんと残してらっしゃるんですね。
「この号だけは後世に伝えるために捨てないでください」の号は、
機会があれば読みたいです。
[ 2016/09/29 19:08 ] [ 編集 ]
こんばんは
はなこさんらしいですね。
暮らしの手帖、昔買ったことあります。
でもほとんど読みませんでした。
買って気が済んでしまったようです。
昔はいやですね。
でも今は今で別ないやなことがおきています。
残り少ない人生、明日のことは?なので、今日を必死で過ごしています。
[ 2016/09/29 20:05 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/09/30 00:01 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
あさドラは見ていますョ~終わちゃいましたね。
暮らしの手帖って言う本の名前は知っていましたが、買ったことがなくて・・・
はなこさんは永久保存版で取ってらしたのね。

ドラマを見て今なら見たかったな~って言う気がします。

今日もなんとも言えないお天気でしたね~
秋晴れっていつ見れるのでしょうかね~?
[ 2016/10/01 21:04 ] [ 編集 ]
きちんと
きちんと本を整理されているのですね 残念ながら 我が家には暮らしの手帳は有りません。雑誌を発行すると言う事は大変な事ですね 特に 商品テストは 気が遠くなるような話で 本当にご苦労なさったと思います 頭が下がります。
生れてきた以上 何かの役に立ちたいと思いながら 平凡な主婦で終わりつつありますが 私なりに精一杯生きて来たから 良しとしています。
↓ 彼岸花 目を引きますね 我が家の球根は腐ってしまったかもしれません 今年は咲きませんでした。お彼岸が来たとたん 彼方此方で芽を吹き出し 今は 賑やかに咲き誇っています。
[ 2016/10/02 14:22 ] [ 編集 ]
v-279ざくぁざさんへ
あらそう、今頃分りましたの?
私結構言っていますけど・・・誰誰と同じ年とか。
隠しようもございませんが、危ないことは無いでしょう?あはは。

お酒は大体写っていなくても飲んでいますのよ。

v-279aoiさんへ
まぁ、そういう世代だったのでしょう。
若いころのおこずかいは半分は本に消えたかも?
図書館通いはしてなかったし。

小さな小エビが・・・aoiさんなら何にするでしょう?

v-279くんざんさんへ
花は全然咲いてなくって、雑草が菜っ葉のようになっていましたよ。
雨ふりが多くて、中々庭を・・・という気になれませんでしたね。
でも誰もやってくれないので自分で始めましたけどね。
それを考えると夜も眠れない?

v-279akikohさんへ
akikoさんちにもあったのですね。
あのメッセージが無かったら、とっくに手元には無かったかもしれませんね。
魂はちゃんと伝わるのですね。
もう一度読んでみようと思っていますよ、私も。

v-279sachiさんへ
一世を風びした本だったかもしれませんね。
ただ女の私から見ると、花森さんよりやや大橋鎭子さんの生き方が気になります。
花森さんは編集者という立場であったけど、改革家の要素を持っていたと思います。
この本は図書館にあるかもしれませんね、もしかして。

v-279はるるさんへ
この頃読みたい記事があると本屋さんでさっと見て満足してしまう時もあります(本屋さん、ごめんなさい)
どんどん増えてしまいますから・・・

そう今を大事に生きることが大事ですよね。
あの時はもう2度と帰ってきませんから。
来世なんて無いですから、今の今が大事と私も思いますよ。
それでいいと思っていますよ、私も。

v-279鍵コメさんへ
いやぁ~、存じませんでしたか?
大人になったら、何歳だなんて関係ないです~
若作りもせず、歳に負けないように生きるだけですねん。

v-279misakoさんへ
やっと秋らしいような日があったと思ったら、また今日は雨になりましたね。
これでは植物の根も(特に鉢もの)痛んでしまいますよね。

やっと庭の手入れをしましたが、超疲れた~
筋肉が無いのか!って思いましたよぉ。

v-279ケイコさんへ
みんな何かの誰かの役に立っているではありませんか?
ケイコさんが居なかったら困ることばかりだと思いますよ。
ふつうは(の人は)そんなに大したことはできません。
こういう人はほんの、ひと握りの人たちですもの。
でもそれも私たちとうんと違うかと言えば、そうでもないと私なんかは思いますが。
ケイコさんもあんなに素敵な絵をいっぱい描いて、
誰が代わりになれるっていうのでしょうよ。
[ 2016/10/03 15:21 ] [ 編集 ]
とんでもないカメレスですが・・・
こんにちは。
akikoさんのお宅にも、我が家にも、この本があったんですね。
凄いなぁと思いました。
亭主が買った本ですが、そのうち、図書館に寄付しようかなとも、考えています。
とんでもなく遅いコメントですみません。


[ 2016/10/24 15:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索