はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

赤ずきんちゃんのポーチNO.2

20161018akazukinnposyetto

今月我が家での「絵遊びの会」の出来上がり作品です。
私のカルチャーの先生の計らいで、このポーチのキットを作って頂きましたので
再び“赤ずきんちゃんのポーチ”を、今度はこの仲間と縫ってみました。

2回でほぼ仕上がりましたが写真は、この日大体仕上がったところです。
簡単なクロスステッチですが、刺繍に時間がかかりました。
黒地は見にくくて目を拾うのが大変なのです。ポーチに縫っていくのは簡単です。


この日のお昼は近くにワイコインランチのお店が出来たので、「一度、行ってみましょう。」と
いうことになり案内しました。

20161015easobikai

6月にオープンして、私は近所の友達たちとも来ていて今回は3度目です。
こんな山の中にお店が出来て、やっていけるだろうかと案じることもあって
いろいろとお節介なアドバイスをするものですから、オーナー(私と同世代の女性)の方と
大層仲良くなりました。

季節によっては、ハイキングで多くの人がこの辺りを歩きますから、「今のところは赤字にはなっていない。」と
おっしゃいますので安心いたしました。

この辺りを通りかかったら、ちょっと寄ってみて下さい。
年中無休です。
ランチは肉(生姜焼)か魚(鯖か鮭の焼きもの)どちらかと、ほかいろいろ。
お里(秋田)からの新米で炊いたご飯や、夏は丸茄子の丸ごと塩漬けがお代わり自由でした

夏休みには子供連れだけで「おかぁさんに、食べておいでと言われて。」と、中学生の兄弟だけで来た人たちも
居たと、中々安心なお店でワンコインは重宝なのでしょう。

「高齢になっても歩けるなら、お弁当を買ったりするよりはいいわね。」と、私たちの仲間でも好評でした。
何と言っても食べに出れば誰かとおしゃべりが出来るということで、それは欲しくてもお弁当には
付いていないものだからです。

手を動かしながら、いろいろな世間話も交歓して今月も終わり、来月は
リース作りをする予定です。





晩御飯  メバチマグロ刺身 烏賊と里芋煮 小松菜お浸し 
晩御飯  メバチのバター焼き きのこバター焼き添え 冷豆腐オクラのせ 小松菜胡麻たれかけ 
20161015晩御飯 20161016晩御飯

烏賊は北からの到来物で、我が家の冷凍庫は急のことに対応できないのでご近所4軒におすそ分けをしたが
まだまだ当分の間は烏賊料理が続く。
とはいっても変わったことは出来ないけれど。
今年は烏賊が不漁らしい。




 [ 2016/10/22 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(8)
すごいなあ!みんな力があるんですね~!
テレビ「べっぴんさん」の仲間達も それぞれ力がある人達だから
即 戦力になったようだと知りました。
たとえば、お習い事の絵を習うにしても有名な先生に習っていた人とか
普通の何もできない女性達じゃなかったと。

ワンコインランチ。貴重ですね。
そして、心強いお客さんはオーナーにも貴重ですね。
親が安心して子どもだけでお出かけさせてってとこ、
ここなら わかります。
[ 2016/10/22 07:56 ] [ 編集 ]
クロスステッチ
60年ほど前に一度だけクロスステッチをやった事を思い出しました。

セットで買ったのでしょうか、クッションカバーに挿しました。
柄ももう記憶の彼方なのですが、暑い夏にやった事、中々仕上がらなかった事、「そんなもんやっとらんと家の事を手伝え」と兄に叱られた事などを思い出しました。

「烏賊と里芋の煮つけが食べたいです。
[ 2016/10/22 08:10 ] [ 編集 ]
こんばんは。
赤ずきんちゃんのポーチ、可愛いですね。
ワンコインランチは貴重ですね。
家の近くでは牛丼くらいしか無いです(^^)
先週金曜日はただで食べてきました、ソフトバンクなので(^_^;)
[ 2016/10/22 17:09 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
可愛いポーチが並びましたね。
同じ図案でも刺す方の好みで雰囲気全然違いますね。
だから楽しいのよね!

ワンコインのお店が近くにあって良いですね。
この頃はなんでも500円以上出さないとおなかが満たされないものね。
羨ましいわ~

今日は曇天の一日で寒かったね~
[ 2016/10/22 17:52 ] [ 編集 ]
こんばんは
「絵遊びの会」ではなこさんのおうちに皆さん集まるんですね。
それはsyばらしいし、いいことと思います。
山の中でランチですか。
今、住宅街のなかに普通のおうちでお店をやっているのが多いです。
そういうところを見つけて行くのもおもしろいです。
ワンコインというのもいいかもしれません。
[ 2016/10/22 19:43 ] [ 編集 ]
クロスステッチ
クロスステッチ、私にとって懐かしい手芸です。その昔クッションやテーブルクロスなど
よく刺しました。
今は老眼がすすんで、ちょっと手芸が億劫になりました。
まして、黒い布地は昼間でないと、とても見にくくて・・・。
はなこさんとお仲間、凄いです。作品が出来上がるのはうれしいものですね。
来月はリースですか。拝見するの楽しみです。
[ 2016/10/23 17:08 ] [ 編集 ]
v-34ざくぁざさんへ
おはよございます。
わたしんちの会では、先生がいるわけではありません。
人のやるのを見てとか、まぁ、おしゃべりをしながら何か作るのを楽しみにして
切磋琢磨する人はするでしょう。

そう近所は(ここはちょっと別ですけど)私のところでは全くお店は出せない規制地域ですから
隣接するここでも、営業すれば人の入り具合が心配になります。
夜は夜で、ご近所の男の人の集まりなどでお酒が出れば利益率は良くなるとか。
女の人はお洒落なお店を好むかもしれないですが、こんなところもまたよしですね。

v-34nekoさんへ
昔やりましたよね、中学生ころだったか・・・?
そうそう、あの頃はみな子供が家のことを手伝うことが当たり前でしたね。
お家が農家などでは特にそうだったかもしれませんね。
みんな総協力で、戦後を乗り越えてきましたものね。
あの頃の外国から入ってくるものってまた、豊かに見えましたね。
1960年代頃かしら。

v-34アシタカさんへ
ご飯が出来上がるまでにはいくつもの工程と時間もかかりますから、ワンコインで定食を提供するって
量が出ないと赤字になってしまいそうですね。
中年のサラリーマンは、あんなに働いても、ワンコインでご飯を済ませなくちゃならないって
なんか大変だわね・・・
主婦もお昼は残り物なんですけど・・・。

うちの息子など、お金を貯めなくちゃいけない頃なんて、ワンコインさえもかけられないって言ってました。
体の方は大丈夫かって心配しましたよ。
親としては、そおっと見ていましたが・・・・。

v-34misakoさんへ
外食って、味を優先して作るでしょう?
美味しければ、油を多く使ってもとか、何の油でもいいとか・・・
和食のワンコインはそれなりに昔の食事みたいだけど、満足感はあるのね。
見た感じは今風ではないかもしれないけど、ちょっと休憩に入って食べるワンコインの和食って
健康的に思えましたよ。メニュウがもう少し増えればいいと思うのですが。

赤ずきんちゃん、可愛いわね。
私はクリスマスにプレゼントしたい人がいるの。

v-34はるるさんへ
お料理が好きという主婦が多く、昨今食べることは流行のように情報が流れていますから
やってみたい人は多いかも。
でもお店をやるにはやるでいろいろ条件もあって大変そうです。
勇気がなくっちゃ出来ないわぉ。
私も昔、一主婦がやっているというところへ紹介で連れて行ってもらったことがありますよ。
神奈川県の綾瀬でしたが・・・。
よその家のひと部屋が、その場所だと、その家の生活まで見えて、感激が多かったのを覚えています。

v-34akikohさんへ
何かを作り上げるということは、満足感があっていいですね。
「フランス刺繍」は、今でもまたやってみたい気もしますね。
そんなに教えてもらわなくても本など見ながら経験で上達していくのも楽しかったですね。

「古き良き時代」という言葉の中には、いろいろな人の営みや技術やの生活があふれています。
今もそれは色あせずに、やり始めれば流れるものがあるのではと思います・・・。
[ 2016/10/24 11:05 ] [ 編集 ]
黒の生地
こんにちは。
可愛い赤ずきんちゃんの刺繍が出来上がりましたね。
黒の生地に刺繍をしにくい、よくわかります。
以前は、よく編み物をしましたが、やはり黒や紺の毛糸は目が見にくくて、編みにくかったのを思い出しました。
若いころは、フランス刺繍をしたこともあったなぁなんて、思い出しました。
今の家に引越しをしたときに、たくさんあった刺繍糸も刺繍の木枠も捨ててしまいました。
編棒など、編み物関係は今でも押し入れにしまってあります。

普通のレストランでは、できないおしゃべりの時間ですね。
そういうところが側にあるのって、いいですね。
いつまでも続くといいですね。
[ 2016/10/24 15:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索