はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

コトコト・・・チクチク・・・と、歳を重ねる冬の一日

1月もはや、最後の一日。
朝の新聞を読んだ後、沢山は作りませんようにと、冷蔵庫にあるものでおでんを仕込んだ。
さぁこれで日中は、お気楽極楽にチクチクでも仕上げますか。

20170131おでん

一方、物置に置いた、頂いた大根がいつまでも置きっぱなしで気になった。
3本もある・・・・寒の時に切干を作っておこう・・・・。刻むだけだもの。

20170131切干し乾し

皮は・・・待てよ、3本もしたら結構に出た。
何でも皮と実の間に、栄養はあるというではないか。
今の時期、大根は皮だって軟らかい。
大体捨てるところなど、美味しいものとは思わないので、料理は工夫する。
こうやって、料理は進化するものだ・・・などと、勝手にうんちくを・・・。

20170131大根煮

人参とお揚げを足して、大根の皮の金平煮が出来上がった。

自分の時間を自分の好きなことに使えることは、人生ではとても贅沢なことだ。
夫が宮仕えの時代は、私も一緒に暗いうちからバタバタとして来たものだもの。

バラの針刺しはあれから、差し上げたい人の顔が浮かんで更に2個作ってみた。
バラの針刺し姉妹の出来上がり。

20170131バラの針刺し姉妹

まぁ、納得できるものが出来上がらないので、もうひとつくらいは作ってみるかな。
そうしたらバラの針刺しも卒業だ。

A5のノートカバーの刺繍もコツコツと7冊出来上がった。


若いころは冬はとても嫌いだった。
エネルギーみなぎる夏が好きでした。
その頃の夏は今の様子とは違い、こんな気が狂ったような暑い夏ではなかった。
もっと品格ある夏だったような記憶がする。
それから好きな季節は秋が一番、気持ちに合う・・・と思い、今年は「冬ってなかなかいいじゃない。」と
思える日も多くあった。
春などは言わずと知れたいつの時も、いい季節だ。

これは、年を重ねた結果かと思う・・・・。
これで私の人生も、それぞれの季節と仲良くできたと思うと、「これで、よしよし。」





晩御飯  ハンバークのトマトソース煮 蕪と厚揚げ煮 蕪と金柑の梅酢漬け 金平牛蒡 鮭缶スープ
晩御飯 おでん 大根皮のきんぴら 春ワカメの生姜和え
20170130晩御飯 20170131晩御飯
 [ 2017/02/01 00:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(4)
よく乾きました
私も3本の大根を干しました。
3本の大根の重みでファスナー付けの糸が切れました。


太陽と風で、あっという間に乾き、仕上げ段階になりました。

バラの針山はなんて素敵なのでしょう。
全く針を持たない自分でも魅力的に思えます。
[ 2017/02/01 09:24 ] [ 編集 ]
こんばんは
切り干し大根とは買うものと思っていました。
大根があれば作れるんですね。
でも普通のうちには、こんなに大根はありません。
四季折々といいます。
それぞれいいところがありますね。
雨や雪もいやですが、風の吹く日はきらいです。
はなこさんは詩てきな方だと思います。
物を読んだり作ったり描いたり、詩の世界にいるような気がします。
なので四季があっているのではないですか。
[ 2017/02/01 20:08 ] [ 編集 ]
はなこさんは庭仕事に次いで、
お裁縫などの手仕事もお好きですね。
前は自分もやっていましたが、
目が悪くなったり坐骨神経痛(座ってると痛くなる)で
最近はさっぱりです。
ジムで軽めの運動やウォーキングと体を動かす事が増えました。

自家製切り干し大根は美味しいでしょうね。
この時期皮も軟らかいですね。
鮭缶スープが気になりました。
缶詰をお湯で割って作るんでしょうか。
[ 2017/02/02 10:18 ] [ 編集 ]
v-276nekoさんへ
大根はほとんどが水分ですから重いですね。
自作の切干はなんだかとても美味しいのはどういう訳でしょうかね?
大きく短冊切りにしましたよ。

バラの針刺しは薄い色を重ねても素敵でしたよ(友人はそうした)
手持ちの布がこんな風ばかりで、こんな風になっています。
なんやらお色気のある針刺しですよね。

v-276はるるさんへ
そうですか?詩的な人とは難しい表現で・・・・そんな風ですか?
今日は、図書館に行った時、「天然生活・冬の夜なべ仕事」というタイトルの雑誌を見つけて
借りて来ましたよ。
冬の夜なべの醍醐味はなんじゃろか・・・・と。
パラパラするだけですけど。

v-276sachiさんへ
幼いころ、鮭の缶詰めってもっと身近にあったような気がします。
お昼のお蕎麦に入れた残りが半分残っていたので、お椀に入れて、醤油とネギだけですけど、結構いいスープ味になるのですよね。
そうそう、お湯を足すだけ。
写真の色が濃くなっていましたが、しょっぱくは無かったです。

目は本当に、使い過ぎ^^です。
[ 2017/02/02 17:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索